デカ盛りハンター打ち切り理由はやらせ?出演者死亡?視聴率低下?最終回のその後も総まとめ

テレビ東京の人気番組「デカ盛りハンター」は2023年10月に突然最終回を迎え、打ち切りだったのでは?と噂されています。出演者死亡ややらせ、視聴率低下などのデカ盛りハンターの打ち切り理由と最終回のその後をまとめました。

デカ盛りハンターはテレビ東京の大食い番組

出典:video.unext.jp

 

デカ盛りハンターはテレビ東京系列で放送されていたデカ盛り・早食い・大食いをテーマにしたバラエティ番組です。

 

・放送開始:2020年4月3日
・放送終了:2023年10月1日
・放送局:テレビ東京
・放送時間:30分~60分
・司会:三四郎、パンサー、カミナリ

 

デカ盛りハンターは、テレビ東京の人気番組「大食い王(女王)決定戦」から派生した番組です。

 

この「大食い王(女王)決定戦」でデカ盛りハンター(フードファイター)たちが人気になり、特番が放送されるようになり、2020年1月31日以降は「先生、、、どこにいるんですか?」の1コーナーになって、事実上レギュラ化されました。

 

その後、2020年4月から正式にレギュラー番組になっています。当初は金曜日の18時55分から1時間枠の放送でしたが、その後30分に縮小され、金曜日にお引越し、さらに日曜日に引越しして、2023年10月1日がレギュラー放送最終回となっています。

 

メインMCとして出演していたのは、お笑いタレントの三四郎、パンサー、カミナリで、大食いハンターとして人気だったのはMAZX鈴木やもえのあずき(もえあず)、はらぺこツインズ、木下ゆうか、菅原初代、アンジェラ佐藤、ロシアン佐藤などでした。

 

デカ盛りハンターたちが完食者ゼロのデカ盛りに挑戦したり、人気チェーン店や行列店、海外のグルメなどを食べつくし、必死になって大食い・早食いに挑む姿、チームに分かれて大食い・早食いに挑む姿が人気となりました。

 

 

デカ盛りハンターは打ち切りで終了?

出典:tv-tokyo.co.jp

 

デカ盛りハンターは2023年10月1日で最終回を迎えましたが、これは打ち切りだったのではないか?と言われています。

 

なぜなら、デカ盛りハンターは3年以上続いた人気番組だったのに、「最終回!」という大々的な番組宣伝・アナウンスもなく、サラッと終わったからです。

 

出演者であり人気のデカ盛りハンターであるMAX鈴木は、最終回のバトル開始前に初めてレギュラー放送最終回であることを告げられていました。

 

バトル開始前、レギュラー放送最終回を告げられたMAXは「嘘でしょ!?僕の唯一の地上波レギュラー番組が」と動揺。今後放送予定の特番に出演するためにも、この戦いには負けられない!

 

引用:<COCO’S>人気メニュー爆食!「デカ盛りハンター」レギュラー最終回でMAX鈴木が衝撃行動!? | テレビ東京・BSテレ東の読んで見て感じるメディア テレ東プラス

 

メイン出演者だったMAX鈴木も最終回であることを直前まで知らされていなかったということは、番組終了は突然決まった可能性が高いです(MAX鈴木へのドッキリかもしれませんが)。突然番組が終了するということは、「打ち切り」ですよね。

 

デカ盛りハンターが打ち切りになった理由は明かされていませんが、打ち切り理由として考えらえるものを考えてみましょう。

 

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由①:高橋ちなりさんの死亡

出典:sponichi.co.jp

高橋ちなりさんが30歳で死去

デカ盛りハンターの打ち切り理由の1つ目は、デカ盛りハンターだった高橋ちなりさんの死亡です。

 

高橋ちなりさんは、デカ盛りハンターや「元祖!大食い王決定戦」などに出演していた美人フードファイターですが、2023年7月21日に30歳で亡くなりました。高橋ちなりさんの死はデカ盛りハンター仲間のもえあずさんがXで報告しています。

 

 

高橋ちなりさんの死因は公表されていません。ただ、摂食障害で健康を害したか自殺だった可能性があります。高橋千生さんは、ご自身のSNSで拒食症になったことを公表しました。

 

 

写真もアップしていましたが、かなりガリガリに痩せてしまっている様子がわかります。さらに、肝臓も悪くしていたし、腰椎や肩の骨折もしていました。肩の骨折に関しては原因不明です。

 

高橋さんは昨年12月に自身のXで、「腰の圧迫骨折+拒食気味の為入院2週間目。」「ガンマGTP(肝臓)の値が平均は70とかなのに私2700とかで今度はそっちが原因で入院続くことになりました…」などと明かしていた。

 

引用:大食いタレント高橋ちなりさん死去…元フードファイターが明かした壮絶な摂食障害告白ブログが話題|日刊ゲンダイDIGITAL

 

おそらく、摂食障害から栄養不足になり、肝臓が悪くなり、さらに骨粗しょう症のような状態になってしまったのかもしれません。

 

また、高橋ちなりさんは双極性障害を患っていました。双極性障害とは「躁鬱病」です。

 

 

拒食症になると、自殺のリスクが高まります。また、双極性障害も自殺のリスクが高い病気です。これらのことから、高橋ちなりさんは自殺したのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

高橋ちなりさんの死は「大食い」が関係?

さて、高橋ちなりさんの死とデカ盛りハンターの打ち切りがなぜ関係しているのかと言うと、大食い・早食いが高橋ちなりさんの摂食障害のきっかけになった可能性があるからです。

 

大食いは身体に大きな負担を掛けます。しかも。高橋ちなりさんのように美しい女性は体重・体型を気にするようになり、大食いをした後に吐いていたのではないか?と言われています。

摂食障害になった別のフードファイターの女性は、ブログに次のように綴っています。

 

「大食いビジネス、大食い選手の虚像を明かし、これ以上沢山の人が苦しまないで済む事を祈りつつ・・・」「怪物級に食べてもガリガリなのは、嘔吐で、消化吸収する前に出してしまうから。過食嘔吐の量やタイミング、吐き出す技術に長けたごく一部の「ベテラン摂食障害者」のみが選ばれし「トップフードファイター」として華やかな世界で活躍できるのです。身体と心の健康を削りながら。」などと綴っていた。

 

引用:大食いタレント高橋ちなりさん死去…元フードファイターが明かした壮絶な摂食障害告白ブログが話題|日刊ゲンダイDIGITAL

 

高橋ちなりさんも摂食障害だったのに、無理やり大食いビジネスをやらされて、精神を病んだのではないか?と思う人がいて、そこから番組が炎上することを恐れて、打ち切りになったのかもしれません。

 

 

 

番組常連の菅原初代が亡くなったことも関係か?

出典:tokyo-sports.co.jp

 

高橋ちなりさんの死は、「デカ盛りハンター」に直接関係があるわけではありません。しかし、30歳という若さだったことや拒食症を公表していたこともあり、「大食いがきっかけで亡くなったのでは?」と思う人が少なくありませんでした。

 

さらに、高橋ちなりさんが亡くなる4ヶ月前の2023年3月に、高橋ちなりさんとデカ盛りハンターで共演していた菅原初代さんが大腸がんのため59歳で亡くなりました。

 

“魔女菅原”の愛称で親しまれ、多くの大食い番組に出演していた菅原初代さんが、3月9日に逝去。16日に更新されたTwitterで明かされました。

 

引用:“大食い女王”菅原初代さん、大腸がんのため59歳で逝去 ファンからは悲しみの声相次ぐ「もうご活躍が観られないなんて…」(1/2 ページ) – ねとらぼ

 

菅原初代さんの死因は大腸がんです。そのため、デカ盛りハンターや大食いとは直接的な関係はありません。

 

ただ、デカ盛りハンターで人気だった菅原初代さんが亡くなり、その記憶が新鮮なうちに高橋ちなりさんが30歳という若さで亡くなったことで、「デカ盛りハンター・大食いはやっぱり危険。健康に悪い」と思う人が増えたのだと思います。

 

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由②:視聴率の低下

 

出典:tv-tokyo.co.jp

 

スポンサーリンク

デカ盛りハンターの打ち切り理由の2つ目は、視聴率の低下です。

 

デカ盛りハンターの視聴率の推移はわかりません。しかし、最初は60分番組として始まったのに、30分に枠が縮小され、さらに末期には25分になり、日曜の18時25分~18時55分という放送枠に押しやられました。

 

日曜日の18時25分~18時55分なんて、ゴールデンタイムでもないし、裏番組はフジテレビにはサザエさん、日本テレビにはバンキシャなど超強敵がいる放送枠です。

 

最終的にこの放送枠にデカ盛りハンターが追いやられたということは、視聴率が芳しくなかったのでしょう。視聴率が良くなければ、打ち切りになるのは当然のことです。

 

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由③:番組のやらせ

出典:twitter.com

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由の3つ目は、番組のやらせです。

デカ盛りハンターではチームに分けて大食い・早食いを競う企画がありますが、この企画には大食い自慢のフードファイター(デカ盛りハンター)だけでなく、アイドルやタレントも出演することがあります。

 

アイドルが「私、大食いです」と言っても、たかが知れていますよね。

 

「大食いアイドル」のもえあずならともかく、普通のアイドルはさほど食べません。チーム戦において、大食いを自称するアイドルが参加した場合、そのアイドルがほかの参加者に比べて食べないため、デカ盛りハンターではやらせによる調整・帳尻合わせが行われたと言われています。

 

明かなやらせが行われたというのは、元AKB48の横山由依さんが出演した回です。この回は男女各3名ずつのチームに分かれ、リレー方式で最終的に食べた総重量を競うルールで大食いが行われました。

 

女性チームは先鋒の横山由依さんがあまり食べることができず、アンカーまでに大きな差がついてしまいました。アンカーは男性チームが元ブリリアンのコージ・トクダ、女性チームはもえあずです。コージさんは最初は順調だったものの、途中で明らかにペースダウンをしていて、女性チームとデッドヒートになるように、調整していたようなんです。

 

その結果、もえあずさんが猛烈な追い上げを見せ、横山由依さんの出遅れがあったにも関わらず、女性チームが勝利したのです。この展開に、やらせではないかと疑った視聴者は多かったようです。

 

コージは「辛い食べ物の合間に甘い物を食べることでリセットされる」と説明していたが、もえあずが猛烈に追い上げる展開になってしまった。もえあずと良い勝負になるよう、調整でアイスをたくさん食べていたのでは、と視聴者は指摘している。

 

引用:『デカ盛りハンター』で露骨なヤラセ演出?「調整が露骨すぎる」横山由依らに疑問の声 – ライブドアニュース

 

コンプライアンス遵守が求められ、やらせには厳しい時代です。クレイジー・ジャーニーもやらせ発覚で打ち切り終了になりましたよね。だから、デカ盛りハンターもやらせが発覚して打ち切りになったのではないかと言われています。

 

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由④:有吉ゼミのパクリ?

スポンサーリンク

出典:twitter.com

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由の4つ目は、パクリ疑惑です。

 

デカ盛りハンターは「大食い・早食い」の番組です。しかし、いつからか「激辛」も出てくるようになったのです。

「大食い」「激辛」と言えば、日本テレビの有吉ゼミを思い浮かべる人が多く、「デカ盛りハンター」は有吉ゼミのパクリ番組になってしまったのでは?と思う視聴者が多かったようです。

 

 

 

有吉ゼミのパクリっぽくなってしまったため、視聴者から不満の声が番組制作者に届いたのかもしれません。

 

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由⑤:嫌悪感を抱く視聴者?

出典:tver.jp

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由の5つ目は、デカ盛りハンターの食べ方・食べ残しに嫌悪感を抱く人が増えたことです。

 

 

ギャル曽根よりも食べ方が汚い

デカ盛りハンターに出演している出演者は、決して食べ方が汚いというわけではありません。

しかし、大食い・早食いをしなければいけないので、どうしても口の中にたくさん詰め込んだりします。また、必死に口に詰め込むので、料理が美味しそうに見えないこともあります。

 

料理を食べることをテーマにしている番組なのに、美味しそうに見えない&出演者がみんな苦しそうというのはいかがなものか?と考える視聴者がいます。

 

特に類似番組の有吉ゼミにレギュラー出演しているギャル曽根さんは、食べ方が本当にきれいで、たくさん食べるのにずっと美味しそうに食べるために視聴者からは好評で、それと比べられてしまうという事情もあるようです。

 

スポンサーリンク

 

ギャル曽根は、かつて「食べ方が汚い」とクレームを受けたことをきっかけに、きれいな食べ方を徹底的に研究。一口の量、角度、お皿の持ち方まで考え尽くされた食べ方に、MCの東野幸治も脱帽だ。

 

引用:ギャル曽根、クレームきっかけに"きれいな食べ方"を徹底研究 – 東野も脱帽 | マイナビニュース

 

ギャル曽根さんはきれいに食べる方法を徹底研究して、ここまで生き残ってきた大食いタレントですから、ギャル曽根さんと比べると、デカ盛りハンターに嫌悪感を感じてしまう人はいるのかもしれません。

 

 

食べ残しが現代にそぐわない

これはデカ盛りハンターにかぎったことではありませんが、大食い番組ではどうしても食べ残しが出てしまいます。時間制限で食べきれなかったり、もう満腹で限界のような感じですね。

 

最近は「スタッフが食べました」とか「お持ち帰りしています」のようにテロップが入ることも多いですが、それでも「食べ残し」は現代にそぐわないと思って、どうしても嫌悪感を感じる人が多いようです。

 

SDGsをこれだけ推進している中、食べ残しを多く出す番組に、違和感を感じてしまうのは仕方がないのかもしれません。

 

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由⑥:出演者同士の不仲?

出典:asagei.com

 

デカ盛りハンターの打ち切り理由の6つ目は、出演者同士の不仲です。

 

デカ盛りハンターの人気出演者であるもえあずは、出演者との不仲が報じられていました。

 

今年は出場してくれるとファンは思っていたようです。というのも、他の出場者と不仲が噂されたもえあずですが、大食い王決定戦の派生番組と言える『デカ盛りハンター』(テレビ東京系)では共演している。

 

引用:もえのあずき不出場で騒然!「大食い女王決定戦」放送決定で飛び交う推測 | アサ芸プラス

 

また、江頭2:50のYoutube動画に出演した際に、一緒に出演した大食い嬢王のますぶちさちよさんが嫌いなフードファイターを暴露した時に、もえあずさんもそれに同調していました。

 

続けて「重鎮感を漂わせてる感じが、あまり好きじゃない」とコメントすると、もえのも思わず「私の思ってること言ってくれたのかも」と同意していた。

 

引用:嫌われ重鎮フードファイターは? もえあずも納得「思ってること言ってくれた」 – まいじつ

 

ということは、デカ盛りハンターの出演者同士で、共演NGがあったり、番組の雰囲気が悪くなるほど不仲の状態になってしまったのかもしれません。

 

 

デカ盛りハンターは最終回の後も特番で復活

出典:tv-tokyo.co.jp

 

デカ盛りハンターは2023年10月1日に最終回が放送されましたが、実はこの最終回はレギュラー放送が終了したというだけで、その後すぐに特番が放送されました。

 

11月26日には2時間半のデカ盛りハンターSPが放送されていますし、その翌週の12月8日には30分枠で特番が放送されました。

 

公式サイトでは、まだまだ「デカ盛り店」を募集していますので、今後もデカ盛りハンターは特番として続いていくものと思われます。

 

 

デカ盛りハンターのまとめ

デカ盛りハンターの概要や視聴率ややらせ、出演者の死亡などの打ち切り理由、最終回のその後などをまとめました。大食い・早食いは一定の需要があるコンテンツですから、今後もスペシャル番組として続いていくものと思われます。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ハウルの動く城の都市伝説や裏設定11個・怖い謎の考察/解説9個をまとめ

現場猫の元ネタは「どうして」の電話猫!著作権問題・なんJで人気のコラ画像も総まとめ

高橋ちなりの死因!摂食障害/皮膚病/うつ病・大学と母親など家族・歯の画像・死亡の真相まとめ

タイガークイーンの正体は朱崇花?性別は男?マスク剥ぎや現在もまとめ

新婚さんいらっしゃいの歴代司会者・いとこ夫婦や離婚率・死亡や終了の噂と視聴率まとめ

風の谷のナウシカの謎を考察!都市伝説や裏設定21選・腐海の正体など徹底解説

君の名は。の都市伝説と裏設定16個!謎の考察6つ・その後の2人とネタバレも徹底解説

渡辺徹の死因は敗血症!食生活や若い頃・糖尿病と人工透析など晩年も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

孤独のグルメの俳優が死亡?松重豊の降板理由・黒い噂もまとめ

アンパンマンの都市伝説12個と怖い裏設定&謎10個を総まとめ

クーアンドリクのやばい理由8選!里親の裏事情・内部告発での炎上や死亡対応を総まとめ

渡辺徹の死因は敗血症!食生活や若い頃・糖尿病と人工透析など晩年も総まとめ

東京フレンドパークの神田正輝カツラ事件の真相!都市伝説が生まれた理由も検証

絶対音感は生まれつき?特徴や割合・歌手や芸能人/有名人もまとめ

金縛りに遭った芸能人/有名人18人の体験談とエピソード!基礎知識も総まとめ

調べてはいけない苗字ランキング20選!不吉の理由とは【最新決定版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

小林多喜二の最期の写真や死因は?母親など家族や子孫・拷問死となった事件もまとめ【代表作・蟹工船】

今里新地の現在!韓国人や治安と事件4選・歴史や場所と地図・行き方と遊び方を総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す