774保管庫の現在!イラストの絵師・検索してはいけない理由・その後まとめ

「検索してはいけない言葉」にもされているエログロ系イラストの保管庫「774保管庫」が話題です。

 

この記事では、774保管庫が検索してはいけない言葉とされている理由や、絵師の774氏のエログロイラストについてやプロ漫画家として活躍されている現在などについてまとめました。

774保管庫はエログロ系絵師のイラストの保管サイトで検索してはいけない言葉

 

出典:http://blog-imgs-55.fc2.com/

 

「774保管庫」とは、ネット匿名掲示板「ふたば☆ちゃんねる」の二次元グロ板などで活動していた人気エログロ絵師・774氏が運営していたウェブサイトです。

 

774保管庫を運営していた絵師の774氏が当時描いていたイラストは主に小学生から高校生くらいまでの少女が乳房や性器を傷つけられるなど酷い目に遭うといういわゆるエログロ系の作品で、774保管庫にもそうしたイラストが多数掲載されていました。

 

現在も「774保管庫」と検索すると、当時絵師の774氏が投稿していたエログロ系のイラストが多数ヒットするため、そうした内容に耐性のない方が見るとショックを受ける可能性があるため、インターネット上では「検索してはいけない言葉」の1つとして知られています。

 

「774保管庫」の検索してはいけない言葉としての危険度は「検索する際は慎重な判断を」とされる「3」で、見る人によっては不快な気分になるというレベルとされています。検索は自己判断で行いましょう。

 

 

 

774保管庫にあったエログロ系のイラストは現在はほとんどが削除

 

「774保管庫」は現在は既に閉鎖されており、オリジナルのものはウェブ上に存在していません。

 

ただ、「774保管庫 イラスト」、「774保管庫 エログロ」などのワードで画像検索すれば、当時774氏によって投稿されたイラストの一部が現在も閲覧可能です。

 

ただ、その多くは女性が酷い目にあっているイラストなので、不快に感じる人も多いと思われ「検索してはいけない言葉」とされています。

 

774保管庫に投稿されていたイラストは現在もネット上で閲覧可能ですが、性的な描写と過激な描写ばかりなのでここでの紹介は控えます。

 

また、774氏のイラストの中には、エログロ系ではない作品もあるにはあるのですが、後述するように774氏は現在はプロの漫画家として活躍されており、著作権の問題もあるため、過去の作品も含めて774氏のイラストをここに掲載する事は差し控えます。

 

774氏本人も、現在は商業作家として活動されている事から、過去のリョナグロ系の過激な作品が世に出回る事に対してはあまり良い感情を抱いていないと思われます。774保管庫を閉鎖し、一時期はpixivにも投稿していたエログロ系のイラストも全て削除しているところを見ると、774氏本人もそうした過去を「黒歴史」のように捉えている可能性もあります。

 

 

 

774保管庫のイラストの絵師の774氏は現在はナナシの名義で漫画家として活躍

 

出典:https://m.media-amazon.com/

 

現在では「検索してはいけない言葉」になっているイラスト保管サイト「774保管庫」の運営者だった人気エログロ絵師の774氏ですが、2017年より「ナナシ」の名義でプロの漫画家として活躍されています。

 

774氏は、「774保管庫」を閉鎖後は、イラスト投稿型SNS「pixiv」に活動の拠点を移して絵師として活動されていました。

 

774氏はpixivで2011年頃から、ドSな女子高校生という設定のオリジナルキャラクター「長瀞さん」と、同じ高校の美術部に所属するドMで気弱な先輩の若干特殊な関係をラブコメ風に描いた一連のイラスト作品の投稿をスタートさせました。

 

この「長瀞さんシリーズ」は瞬く間にpixiv上で絶大な人気を獲得し、新作が発表されるたびに大きな反響を呼びました。

 

この「長瀞さんシリーズ」の人気ぶりが評価される形で、2017年11月より講談社のマンガ配信アプリ「マガジンポケット」にて、774氏はこの長瀬さんを主人公とする漫画作品「イジらないで、長瀞さん」の連載を「ナナシ」の名義でスタートさせました。

 

この漫画作品「イジらないで、長瀞さん」はかなりの人気を集めており、2023年10月の時点で単行本は17巻、電子版を含めた累計発行部数は230万部を突破するベストセラー作品となっています。

 

また、「イジらないで、長瀞さん」は、アニメ化もされていて、2021年4月から6月まで第1期が、2023年1月から3月まで第2期(第2期のタイトルは「イジらないで、長瀞さん 2nd Attack」)が放送されました。

 

スポンサーリンク

出典:https://www.nagatorosan.jp/

 

2023年10月現在、アニメ「イジらないで、長瀞さん」は、AmazonプライムやU-NEXTなどの動画配信サービスでも視聴可能(現在の時点では会員は見放題)です。

 

「イジらないで、長瀞さん」がアニメ化されるほどの人気コンテンツになった事については、エログロ系の人気絵師だった頃から774氏を応援している方の反応もネット上で多数確認できます。

 

 

 

 

 

商業作家に出世してしまった以上、774氏が「774倉庫」の時代のようなエログロ系のイラストを公に発表する事は今後は難しそうですが、以前からのファンの方にはそれに複雑な気持ちを抱いている方も多いようです。

 

 

 

774保管庫のイラストの絵師・774氏の経歴

 

出典:https://cdn-ak.f.st-hatena.com/

スポンサーリンク

 

「774保管庫」の運営者で、過去にはエログロ系イラストの人気絵師であった774氏は、商業漫画家としてデビュー後に「イジらないで、長瀞さん」を連載しているマガジンポケットのインタビューを受けて自身の経歴について語っています。

 

それによると、774氏は幼少の頃から漫画が好きだったものの、両親が厳しく漫画を読む事を禁止されていたため隠れてこっそり読んでいたのだそうです。特に高田裕三さんの大ヒット漫画「3×3 EYES(サザンアイズ)」のファンだったそうです。

 

774氏は中学生から高校生の頃にかけてイラストや漫画を描くようになったものの、この頃はまだプロの漫画家を明確に目指していたわけではなく、学校を卒業後はゲーム製作会社に入社し、15年間グラフィッカー(キャラや背景、アニメーションや特殊効果などゲーム画面に映る全ての画像や動画を製作する職種)の仕事をされていたそうです。

 

774氏はこのゲーム会社で働きながら、「ふたば☆ちゃんねる」などの匿名掲示板や「774保管庫」、pixivなどでイラストの発表を続け、同人誌を夏と冬のコミケで販売するなどもされていました。この頃に商業誌に読み切り作品を3本から4本ほど掲載され漫画家としてデビューされています。

 

その後も絵師として活動を続けるうちにpixivで発表していた「長瀞さんシリーズ」が人気となり、マガジンポケットでの「イジらないで、長瀞さん」の連載が2017年からスタート。「イジらないで、長瀞さん」の連載とグラフィッカーの仕事を並行して続けていくのは無理という事で15年勤めたゲーム会社を退職されています。

 

現在は774氏は専業の商業漫画家として活動されています。

 

 

 

774保管庫の現在…サイト自体は既に閉鎖されpixivのエログロ系イラストも削除済

 

ここまででも触れているように、人気エログロ絵師の774氏が匿名掲示板などに投稿したイラストの保管サイトであった「774保管庫」のサイト自体は現在は既に閉鎖されています。

スポンサーリンク

 

運営者であった絵師の774氏は、774保管庫の閉鎖後はイラスト投稿SNSのpixivに活動の拠点を移しました。

 

774氏は当初、pixivにも従来の作風であったエログロ系の過激なイラストを投稿していましたが、前述のように「長瀞さんシリーズ」が人気を獲得して以降は、過激な内容のイラストの投稿は減り、2017年にマガジンポケットで「イジらないで、長瀞さん」の連載がスタートして以降は、そうしたエログロ系の内容のイラストは全て削除されています。

 

774氏はインタビューなどでも、過去に自身がエログロ系のイラストで絶大な人気を得ていた絵師であった事については一切触れておらず、「774保管庫」などについてはあまり表に出したくない過去であり黒歴史のような認識であるのかもしれません。

 

とはいえ、ネット上では「イジらないで、長瀞さん」の作者のナナシさんが、かつてのエログロ絵師774氏である事は周知の事実であり、その事については774氏本人も過去は過去として受け入れているところもあるように見受けられます。

 

現在も、過去に774保管庫に掲載されていた774氏によるイラストは、エログロ系の匿名掲示板やまとめサイトなどに多数拡散されていますが、多くのものが現在までに削除されているようです。

 

ただ、現在でもウェブアーカイブ(wayback machineなど)で、かつての774保管庫のURLを入れて検索すれば2008年頃までに投稿されたイラストの一部は閲覧可能となっています。

 

ちなみに、774氏の漫画連載デビュー作である「イジらないで、長瀞さん」は現在も変わらず高い人気を維持しており、2023年10月の時点で既に単行本18巻の準備を始めているという事です。

 

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

今回は、ネット匿名掲示板「ふたば☆ちゃんねる」の二次元グロ板などにエログロ系のイラストを投稿していた人気絵師の774氏が、自らイラスト保管のために運営されていたウェブサイト「774保管庫」についてまとめてみました。

 

「774保管庫」は現在は既に閉鎖されているのですが、現在も「774保管庫」と検索するとかつて掲載されていた女性のキャラクターが酷い事をされているエログロ系のイラストが多数ヒットするため「検索してはいけない言葉」とされています。

 

かつて「774保管庫」を運営していた絵師の774氏は、774保管庫を閉鎖後はイラスト投稿型のSNS「pixiv」に活動の拠点を移されていました。

 

そのpixivで投稿していた、ドSの女子高校生のオリジナルキャラクターを主人公とした「長瀞さんシリーズ」が絶大な人気を呼び、絵師の774氏は2017年に講談社運営のマガジンポケットにて、漫画作品「イジらないで、長瀞さん」の連載を「ナナシ」の名義でスタートさせプロ漫画家としてデビューされています。

 

「イジらないで、長瀞さん」はかなりの人気作となっており、単行本は2023年10月の現在で既刊17巻、累計発行部数は230万部を突破し、テレビアニメ化もされています。

 

「イジらないで、長瀞さん」の大ヒットにより商業作家として成功を収めつつある774氏は、過去のエログロ系のイラストや「774保管庫」については、消したい過去、黒歴史のように認識している可能性があり、現在はSNSやインタビューでも触れられる事はありません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ドラえもんの怖い都市伝説12個と謎・裏設定13個を総まとめ

さんまの東大方程式の溝口晃啓くんが死亡?出演者の現在も総まとめ

Adoが顔を公開しない理由6選!流出した顔写真の真偽・顔出しライブでの素顔を総まとめ

痴漢や盗撮の芸能人/有名人30選!加害者・被害者に分けて紹介【最新決定版】

デカ盛りハンター打ち切り理由はやらせ?出演者死亡?視聴率低下?最終回のその後も総まとめ

風の谷のナウシカの謎を考察!都市伝説や裏設定21選・腐海の正体など徹底解説

清水由貴子の死因は硫化水素自殺!母親と妹の現在・若い頃や結婚情報も総まとめ

ポツンと一軒家はやらせ?殺人事件・打ち切り危機や視聴率の低下・気持ち悪いと言われる理由まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

大西有紀さんタケノコ掘り失踪事件の真相と犯人は?イヌワシやリュックの男・霊視の結果など現在までの情報まとめ

栗岡梨沙の現在!龍野高校テニス部熱中症事故・裁判の判決やその後まとめ

エキスポランド事故の首が飛ぶ噂は真実?ジェットコースター「風神雷神Ⅱ」事故の原因・被害者の体重にまつわるデマ・跡地の現在も総まとめ

千と千尋の神隠しの都市伝説&怖い裏設定10選!謎の考察6個も総まとめ

大杉漣の最期と死の真相!知恵袋の予言・死因の心不全と腹痛の謎・葬儀や墓を総まとめ

平塚5遺体事件の犯人/岡本千鶴子の現在!被害者の利加香さん・生き残りの孫の飯島くうが・大島てるの現場の総まとめ

鈴木泰徳の生い立ち&母親など家族!死刑執行の最後・福岡3女性連続強盗殺人事件の詳細も総まとめ

アステカの祭壇の現在!場所や心霊写真・生贄や心臓の扱いと真相・危険の理由・アンビリバボーや映画も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

中村桜洲の生い立ちと現在!父親と姉・事件の動機のからかわれた・判決まとめ【和歌山小5男児/森田都史くん殺害事件】

田所浩二(野獣先輩)の現在!なぜ人気?消息不明と死亡説・語録や名言・本名や逮捕との関係を総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す