佐藤梢(岩手少女殺害事件)の犯人は小原勝幸?冤罪説や真犯人・真相と現在まとめ

被害者と事件関係者に同姓同名の「佐藤梢」さんがいたことから、取り違え殺人説のある岩手少女殺害事件。この記事では佐藤梢さんの生い立ち、 家族、指名手配中の小原勝幸の冤罪説、結婚歴のあるイケメンなど真犯人・真相考察、現在について紹介します。

佐藤梢さんが被害者となった岩手少女殺害事件の概要

 

出典:https://tarottiara.exblog.jp/

 

2008年7月1日の16時半頃、岩手県川井村の松草沢で、宮城県栗原市に住む佐藤梢さん(当時17歳)の遺体が発見されました。

 

司法解剖の結果、佐藤梢さんの死亡時刻は6月30日から7月1日の間であり、死因は頚部圧迫か頭部の外傷と判明。

 

犯人は佐藤梢さんの首を絞めて意識不明の状態にした後に、橋の上から沢に彼女を突き落として殺害したものと推察されました。

 

その後の調べで佐藤梢さんは事件が起きる3日前の6月28日に、小原勝幸という当時28歳の男に呼び出されていたことが明らかになります。

 

さらに佐藤梢さんの遺体が発見された翌日の7月2日に、小原勝幸が家族や恋人など周囲の人々にメールや電話で自殺をほのめかす連絡をしていたことも発覚。

 

7月3には田野畑村の鵜ノ巣断崖という崖付近で、小原勝幸の免許証が入った財布やサンダルなどの所持品が発見され、小原が佐藤梢さんを殺害した後に自殺をしたのではないか?とも見られました。

 

しかし、崖の下を捜索しても遺体が見つからなかったことから、岩手県警は「小原勝幸は佐藤梢さんを殺害した後に、自殺を偽装して逃走を図った」と判断します。

 

そして佐藤梢さん殺害の犯人である可能性が高いとして、小原勝幸を上限300万円(最初は100万円だった)の報奨金付きで全国に指名手配しました。

 

出典:https://twitter.com/

 

事件発覚直後は岩手県警の見立てが正しいと思われていましたが、これに異を唱える人物が現れます。

 

その人物とは元警視庁巡査部長でジャーナリストの黒木昭雄氏です。黒木昭雄氏は佐藤梢さんの死亡推定時刻の小原の行動などから犯人はほかにいると主張しました。

 

また、殺害された佐藤梢さんと同姓同名の少女と小原勝幸が交際していたこと、2人の佐藤梢さんは友人同士だったことなどが明らかになり、真犯人は小原の元交際相手の佐藤梢さんを殺害しようとして、誤って佐藤さんを殺してしまったのではないかとの説も浮上します。

 

しかし、真相に辿りつく前に2010年に黒木氏が自殺。2024年現在に至るまで小原勝幸の行方は分かっておらず、岩手少女殺害事件は未解決のままとなっています。

 

 

佐藤梢さんが殺害された岩手少女殺害事件の詳細

 

出典:https://www.youtube.com/

 

なぜ小原勝幸が冤罪と言われているのか、2人の佐藤梢さんがそれぞれ事件にどのように関わっているのかを知るために、まず岩手少女殺害事件の詳細を見ていきましょう。

 

なお、ここからは事件を追っていた黒木昭雄氏にならい、彼女の友人で小原の元交際相手の佐藤梢さんを「梢Aさん」、岩手少女殺害事件で殺害された被害者の佐藤梢さんを「梢Bさん」とします。

 

また、後ほど紹介しますがこの話は小原勝幸の弟の証言と、梢Aさんの証言を主なベースにしたもので、別の関係者からは少し異なった証言が出ています。

 

 

小原勝幸と先輩「X」

 

岩手少女殺害事件の発端となる出来事が起きたのは、2006年10月のことです。この頃に小原勝幸は地元の先輩である「X」という人物(当時30代)から、型枠大工見習の仕事を紹介されます。

 

ちなみに型枠大工というのは、建物の土台となるコンクリートを流し込むための型枠をつくる職人のことで、建設業のなかでもかなり仕事がきつく、離職率も高い仕事だそうです。

 

小原もXの紹介で埼玉まで出て型枠大工見習の仕事に就いたものの、あまりの重労働に音を上げて数日で逃げ出してしまったといいます。

 

 

2人の佐藤梢さんと小原勝幸の出会い

 

出典:https://www.youtube.com/

 

小原と2人の佐藤梢さんが出会ったのは、2007年2月、ちょうどバレンタインの頃でした。

 

この日、高校の同級生で友人同士の梢Aさんと梢Bさんは、宮城県内のショッピングセンターにプリクラを撮りに来ていたといいます。

 

そこに偶然、地元の友人とともに遊びに来ていた小原が通りかかり、彼女たちに声をかけました。この後、梢Aさんと小原が交際を開始したとされます。

 

 

先輩「X」に小原勝幸が恐喝される

 

出典:https://www.youtube.com/

 

2007年5月1日の夕方、昨年の10月に型枠大工見習の仕事を紹介してきたXから「お前が仕事をバックレたせいで面子を潰された」と呼び出された小原は、当時22歳の弟と梢Aさんを伴ってXの家に謝罪に向かいました。

 

なお小原には弟が2人いるのですが、この時同行したのは下の弟(三男)だったそうです。

 

X宅に着くと小原は梢Aさんを車に残して、弟とともに家に入っていきました。

 

小原の弟の証言によると、小原は頭を下げて謝罪の品として日本酒を渡そうとしたものの、Xは持ち出してきた日本刀を小原の口に入れて「俺の顔を潰した代償に120万円払え」と脅してきたといいます。

 

抜き身の日本刀を口に入れられ、震えあがった小原に対してXは「今すぐに金が出せないなら借用書を書け」といい、120万円の借用書を書かせました。

 

そして「連帯保証人を立てろ」と言って、小原の小指に包丁を押し当てて傷を負わせたのです。

 

このままでは指を切り落とされると恐怖した小原は、本人に相談なく外で待っている梢Aさんの名前を連帯保証人として120万円の借用書に書いてしまいました。

 

最初は小原も同席している弟に保証人になってくれないかと頼んだそうですが、Xの普通ではない様子を目の当たりにした弟は怯えてしまい、「絶対に嫌だ、無理だ」と拒否したといいます。

 

そのため、小原は仕方なく梢Aさんを連帯保証人にして、Xに梢Aさんの名前と携帯電話番号を教えてしまったのです。

 

小原と弟がXの家で脅されていた時間は2時間にも及んだそうで、梢Aさんによると「帰って来た小原は着ていたシャツにも血がついていて、指も怪我をしていて怯えきっていた」とのことです。

 

 

小原勝幸と佐藤梢さんが警察に被害届を出す

 

出典:https://www.youtube.com/

スポンサーリンク

 

120万円の借用書を書いたものの、その後も小原はXにお金を支払わずに逃げ回っていました。

 

そして2008年の春頃、小原が「全国指名手配・WANTED」という人探しを目的とした携帯用サイトに、自分の名前と顔写真、特徴が晒されていることを発見します。

 

この書き込みをした人物のハンドルネームは「yakuza」で、「こいつは金を返さないくそ野郎です。見つけたら教えてください」などと書かれていました。

 

これを見た小原は書き込みの主はXに違いないと思い、6月3日に梢Aさんを伴って岩手県警久慈署に恐喝の被害届を出しに行きます。

 

警察では5月1日にXの家で起きたことを細かく話し、帰宅。6月22日には恐喝時に同席していた小原の弟も久慈署に呼ばれて事情聴取を受けました。

 

しかし、なぜか6月28日と30日には小原が久慈署に被害届の取り下げを申し出ており、友人も恐喝事件を担当したY刑事に小原が頻繁に電話をして「被害届を取り下げたい」と頼んでいる様子を見たといいます。

 

6月30日の20時頃には小原の父親もY刑事に被害届の取り下げを願い出ましたが、「事件処理をしたので、もう取り下げはできない。X逮捕に向けて警察は動いている」「あと2,3日でXは逮捕できるし、家族の安全も守るから大丈夫だ」と、この申し出を拒みました。

 

 

岩手少女殺害事件直前の小原勝幸と佐藤梢さん

 

出典:https://www.youtube.com/

 

恐喝の被害届を出した後、梢Aさんは急に小原と付き合い続けることが怖くなり、別れたくなって逃げ出したといいます。

 

これが6月28日の午前11時頃のことで、梢Aさんは小原と盛岡競馬場にいる最中に何も言わずに小原を置き去りにして実家に帰りました。

 

その後、14時頃に小原から梢Aさんに「一緒に被害届の取り下げ手続きをしてほしい」という連絡がありましたが、小原に不信感を持ち、同行を拒んだとされます。

 

これだけ聞くと梢Aさんが酷い女性のようにも感じられますが、梢Aさんは小原からデートDVにあっており、これまで何度も別れ話を切り出したり、逃げようとしたりと縁を切りたがっていたそうです。

 

連れまわされてようやく逃げ出せたのが28日で、この日の小原の所持金は1,000円しかなく、車のガソリンも残り少なかったことから追ってこれないと確信して家に逃げたといいます。

 

梢Aさんが戻ってこないことを知った小原は、6月28日夜21時半頃に梢Bさんへ電話をかけました。

 

電話がかかって来た時に一緒にいた友人の証言によると、梢Bさんが小原に呼び出されて家を出て行ったのは22時頃だったとされます。

 

そして22時10分頃、梢Bさんから梢Aさんに電話と6回メールが届くのですが、その内容がすべて小原の話だったため、梢Bさんは「梢ちゃんの横に小原がいて、メールを送るように指示しているのではないか?」と疑い、適当な返しをして話を切り上げました。

 

この後、0時半頃に送ったメールを最後に梢Bさんは消息を絶っています。そして7月1日に変わり果てた姿で発見されたのでした。

 

 

佐藤梢さん殺害の犯人は小原勝幸ではない?冤罪説の根拠

 

生前の梢Bさんが最後に会った人物であることから、岩手少女殺害事件の犯人は小原だとされてきました。

 

しかし、ジャーナリストの黒木昭雄氏によると冤罪の可能性が高いといいます。ここでは小原冤罪説の根拠を紹介します。

 

 

①佐藤梢さん殺害推定時刻にアリバイがある

 

スポンサーリンク

出典:https://www.youtube.com/

 

梢Bさんと会った後、遺体が発見されるまでの小原の足取りから見て犯人ではないという説があります。29日の深夜以降、確認できている小原の行動は以下のとおりです。

 

・29日の午前2時過ぎ…盛岡市内のガソリンスタンドの防犯カメラに小原が1人でいるところが録画される。この時、小原は右手に白い布(包帯?)を巻いていた。

 

・29日の午前7時半…梢Aさんに小原から、被害届の取り下げへの協力を求めるメールが再び来る。梢Aさんは同行を拒否。

 

・29日の午前9時半…田野畑村に住む弟(次男)の家に突然、小原が現れる。小原のジーンズには血痕があり、「もうダメだ」「死ぬしかない」「仕事もない」などと後ろ向きな発言をしていた。

 

・30日~7月1日…日中は田野畑村在住の恩師の家や、幼馴染の家に顔出し、夜は弟の家で寝泊まり。30日に再度、久慈署に被害届の取り下げを依頼するが断られる。

 

司法解剖で判明した梢Bさんの死亡推定時刻の6月30日から7月1日の間、小原にはアリバイがあるのです。

 

 

②手を怪我していて絞殺は難しかった

 

出典:https://www.youtube.com/

 

上の画像は2008年6月29日に撮られた小原の写真です。顔の横にある右手をよく見ると、赤く腫れているのがわかります。

 

小原の弟によると、怪我は自分で壁を殴って負ったもので、箸を持つのも苦労するほど腫れあがっていたとのこと。

 

あまりの痛さから29日の19時に弟夫婦に付き添われて、岩泉町にある「済生会 岩泉病院」を受診した記録が残っていますし、小原を診察した医師からも「日常生活も困難なほどの怪我だった」という証言が出ていました。

 

警察は梢Bさんの死因は絞殺の後、箸から落とされて頭を打ったこととしていますが、右手を負傷していた小原に絞殺は不可能だったのではないか?と見られます。

 

 

佐藤梢さん殺害の真犯人・真相考察① 真犯人は小原勝幸を恐喝した「X」説

 

出典:https://www.youtube.com/

 

岩手少女殺害事件の真相として有力視されているのは、真犯人は小原に仕事を斡旋し、恐喝をしたXではないか?という以下の説です。

 

Xが「恐喝の被害届を取り下げろ。でなければ連帯保証人の佐藤梢を殺す」と脅したため、小原は久慈署に被害届の取り下げを申し出たものの、久慈署はこれを拒否。

 

そして梢Aさんと間違われて同姓同名の梢Bさんが28日の深夜にXやその仲間に拉致され、再び小原のもとにXから「明日までに被害届を取り下げなければ佐藤梢を殺す」と連絡がきたのではないか。

 

そのため30日に小原は被害届取り下げに奔走したものの、失敗。梢Bさんは梢Aさんと間違われたまま殺害され、小原も自殺に見せかけて殺されたのではないか。

 

ただ、Xの方も言い分があるようで、黒木昭雄氏の取材に応じた際に、「小原に面子を潰されたのは事実だが、日本刀など持っていない。2、3発殴って10万円払うように言っただけ。指を切ろうとしたことなどない」と話しています。

 

また、人探しサイトに書き込んだことは認める一方で被害届が出ていたことは知らない、小原に会ったのは2008年の正月頃が最後だとのこと。

 

梢Aさんの名前と電話番号を連帯保証人として書かせたことも認めており、借用書を書かせた理由については、以下のように話していました。

 

「小原のことを可愛い後輩だと思っていたからこそ、これまで飯を食わせたり、泊めてやったりと世話をしてきたのに、紹介した仕事を無断でバックレられて腹が立った」

スポンサーリンク

 

「謝りたいというから来させてみたら、ヘラヘラするばかりでさすがに許せなかった」

 

黒木氏に対してXは「本当に日本刀なんて持ってたら、銃刀法違反でしょっ引かれてますよ」と、もっともなことも言っています。

 

恐喝の目撃証言は小原の弟からしか出ていませんし、Xの主張にもおかしい点は見られないことから、一概にX真犯人説が正しいとも言えないでしょう。

 

 

佐藤梢さん殺害の真犯人・真相考察② 鍵を握る「結婚しているイケメン」とは?

 

出典:https://twitter.com/

 

梢Bさんの遺体が発見された7月1日の21時40分頃、小原は自分の車で物損事故を起こしており、立ち往生しているところを通りかかった男性に助けられ、家まで送り届けてもらっていました。

 

後日、岩手日報などで報じられた情報によると、男性が右手の怪我について尋ねたところ、小原は「女を殴った」と答えていたとのこと。

 

さらに小原は、「仙台で裏デリヘルの仕事をやっていたが、トラブルがあって逃げている」「いろんな組関係者ともめて、もう死ぬしかない」とも話していたそうです。

 

この頃の新聞や週刊誌の報道には、小原には結婚歴があり、子どももいたものの家庭内暴力で別れたという情報も載っており、周囲から「小原は母親似のイケメン」と言われていたことも書かれていました。

 

そのため上記の男性の証言と合わせて「岩手少女殺害事件の犯人は結婚歴のあるイケメンか?」と報じられたこともあった様子です。

 

さて、ここで気になるのが病院では「壁を殴った」と言っていた小原が、男性には「女を殴った」と言っていたことと、「裏デリヘルの仕事をしていてヤクザの恨みを買った」という点でしょう。

 

殴った女性が梢Bさんならば事件に関与している可能性が浮上してきますし、そうでなけれ岩手少女殺害事件とは別件で小原が命を狙われていた可能性も出てきます。

 

 

佐藤梢さん殺害の真犯人・真相考察③ 小原勝幸には共犯がいた説

 

岩手少女殺害事件の犯人は小原勝幸で、共犯者がいたのではないかという考察もあります。

 

黒木昭雄氏のブログにコメントをしていた下田(仮名)さんという盛岡在住の方がいるのですが、この方によると地元では事件後に「小原を鵜ノ巣断崖から逃がした奴がいるらしい」と騒ぎになっていたそうです。

 

噂が飛び交うなか、小原の逃亡を手伝った疑惑が向けられていた男2人と下田さんは知り合いで、下田さんは警察にとくに下の男①が怪しいとして情報提供もしていました。

 

・男①…宮城に住んでいた。前科があり、Xとも知り合いだった。

 

・男②…田野畑村出身で、盛岡競馬場近くに住んでいる。学生時代の小原の先輩で、Xとは面識がない。

 

情報提供をしてから8ヶ月が経った2009年8月、下田さんは「詳しく話を聞かせてほしい」と盛岡の交番に呼ばれたといいます。

 

すると、なぜか警察は男①の話を聞いた後に「ところで、こういう人物を知りませんか?」と男②について尋ねてきたのです。

 

男②のことも知っていた下田さんは、自分の知っている限りの情報を提供しました。結局、交番でした話の8割は男②のことだったそうです。

 

さて、男②が事故当時住んでいたのは、梢Aさんが小原から逃げ出した盛岡競馬場の近くです。

 

盛岡競馬場から所持金1,000円、ガソリンも残り少ない小原がどうやって梢Bさんとの待ち合わせ場所まで移動してきたのか不明ですし、誰か小原にお金を渡した人物がいたと思われます。これも男②だったのでしょうか?

スポンサーリンク

 

だとすると、たびたび小原に手を貸していた可能性がありますし、先輩後輩という関係だけでここまで助けるものなのか疑問に思えます。

 

なお、下田さんが男②に「お前が小原を逃がしたのか?」と聞いたところ、「気持ちの整理がついたら話す」と言われたそうです。

 

 

佐藤梢さんの生い立ち・家族

 

岩手少女殺害事件の被害者となった梢Bさん、関係者の梢Aさんともに詳しい生い立ちや家族構成は公表されていません。また、梢Aさんが事件の後、どのように暮らしているのかも明かされていません。

 

ただ、梢Bさんに関しては生前に「前略プロフィール」という自己紹介作成サイトに個人情報をアップしており、それによると2006年3月に学区内の市立中学を卒業、中学時代はバレー部に所属していたとのこと。

 

2006年4月に県立高校に入学したものの、2007年2月に小原と友人にナンパされ、翌3月には高校を中退。

 

その後はホームセンターでアルバイトをしており、勤務態度は良好だったそうですが、突然無断欠勤するようになって2007年4月にはアルバイトも辞めたといいます。

 

事件後しばらく閲覧できた梢Bさんのブログには「前の仕事なら年収500万円前後」という記載があり、同じブログにアップされていた下のタトゥーの写真も盛んにメディアで取り上げられていました。

 

出典:https://www.youtube.com/

 

このことが独り歩きして、当時はネット上でも梢Bさんについて「非合法な仕事をして荒稼ぎしていたのではないか?」「小原が裏デリヘルの仕事をしていたことと繋がるのでは?」との憶測が飛び交いました。

 

ただ、梢Bさんは事件の前年度まで高校に通っていたうえ、退学後もホームセンターでアルバイトしていたことが判明しています。

 

この状態でさらにバイトや副業を増やし、働ける場所も限られている未成年者が500万円稼ぐののは厳しいのではないでしょうか。

 

「年収500万円前後」というのは冗談、もしくは願望で書いただけの可能性が高いと思われます。

 

 

佐藤梢さんが殺害された岩手少女殺害事件の現在① 黒木昭雄氏が自殺

 

 

小原勝幸の冤罪を疑い、岩手少女殺害事件を精力的に追っていた黒木昭雄氏ですが、2010年11月2日に急逝しています。

 

黒木氏の遺体は駐車場に停められた車の中から発見され、死因は練炭自殺でした。自殺に見せかけた他殺という説も浮上しましたが、遺書も残っているため自殺と見られます。

 

自死をするまでに至った理由には岩手少女殺害事件も深くかかわっていたといい、黒木氏の周囲からは「取材費用を捻出するために自宅を売ろうとしていた」との証言も出ていました。

 

黒木氏は小原の家族にも会いに行き、「勝幸さんのような、冤罪に苦しむ人を出してはいけない」と話していたそうです。しかし、冤罪を証明できる真相に辿りつけず、追い詰められたと考えられています。

 

 

佐藤梢さんが殺害された岩手少女殺害事件の現在② 事件は未解決のまま

 

出典:https://www.youtube.com/

 

事件直後、岩手県警は梢Bさんではなく梢Aさんの家に連絡をしたり、関係者からしっかり話を聞かなかったりと捜査の杜撰さが目立ったと指摘されています。

 

また、岩手医大の司法解剖では「6月30日~7月1日」とされた死亡推定時刻を「6月28日午前9時15分頃から7月1日の16時頃まで」と改変してマスコミに伝えており、最初から小原勝幸が犯人という結論ありきで捜査をしていた様子も見られました。

 

初動捜査に多くの粗が指摘されているため、警察はもう岩手少女殺害事件の捜査を諦めたのではないかと批判ずる声もありますが、情報提供の呼びかけは現在も行っており、有力な情報があれば調査もしているとのことです。

 

 

佐藤梢さんと岩手少女殺害事件についてのまとめ

 

今回は2008年に発生した岩手少女殺害事件と、佐藤梢さんについて紹介しました。

 

事件から15年以上が経ちますが、佐藤梢さんを殺害した犯人は未だにわかっておらず、指名手配されている小原勝幸の行方もわからないままです。

 

この事件は佐藤梢さんが2人関係しているうえ、関係が疑われる人物が多く、真犯人が誰であれ小原の証言がなければ真相に辿りつくのは困難と思われます。

 

亡くなった梢さんや遺族のためにも、冤罪を信じている小原の家族や真相を追い続けた黒木昭雄氏のためにも、小原が生きていること、そして事件が解決することを願います。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

西安義行さん失踪事件と現在!真相の考察や不可解な電話もまとめ

リトル・ヘラクレスのその後現在!身長と筋肉・家族や父親のDV・ステロイド疑惑を総まとめ

宝塚市学童誘拐事件の真相!犯人のその後と現在・被害者が通う学校・判決や映画化も総まとめ

キメセクで逮捕の芸能人/有名人19人!薬物の種類も総まとめ【最新決定版】

徳勝もなみ(佐世保事件の犯人)の現在!父親と母親や兄など家族・高校と犯罪歴・被害者を殺害した動機・出所まとめ

福田和子(松山ホステス殺害事件)の現在!旦那と息子・生い立ちと家族・顔の整形・最期と死因も総まとめ

帝銀事件の真相と真犯人!平沢貞通は冤罪?死刑囚の家族と養子の悲劇・酒井政利が息子の噂と映画を総まとめ

指宿シーサイドホテルのプール事故の原因!女子大生/山田絢子さんの死因・心霊の噂や現在も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

USJの下着ユニバ炎上とその後現在!コスプレ女性の正体と加工なし画像も総まとめ

五彩緋夏の死因は自殺?躁鬱病やワクチンとの関係・本名と年齢などプロフィールまとめ【ひなちゃん5しゃい】

門真市一家4人殺傷事件や犯人/小林裕眞と母親の現在!生い立ちと家族・結婚して改名の噂・その後もまとめ

大西愛(嘉風の元嫁)の現在や死因!結婚と子供・実家や経歴・離婚の原因や事件その後まとめ

美空ひばりの死因!死の原因と真相・晩年と病気や食生活・葬儀とお墓も総まとめ

高井凜の死因!生い立ちと実家の両親や家族・結婚・大学や保険会社など経歴・高槻資産家女性/高井直子さん保険金殺人事件の動機と真相も総まとめ

新小岩駅の現在!自殺事件や人身事故はなぜ多い?理由5選と場所や路線図・心霊現象や対策を総まとめ

宇都宮宝石店放火殺人事件の犯人・篠沢一男の生い立ちや家族・犯行動機・死刑執行など現在までまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

新小岩駅の現在!自殺事件や人身事故はなぜ多い?理由5選と場所や路線図・心霊現象や対策を総まとめ

京阪電気鉄道置石脱線事故の犯人/中学生とその後現在!賠償金と裁判・場所や原因を総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す