仙石直也の現在!父親/母親/妹など家族・出身高校・三重県中3女子死亡事件の動機とその後まとめ

2013年8月に発生した「三重県中3女子死亡事件」の犯人の仙石直也が話題です。

 

この記事では仙石直也の起こした三重県中3女子死亡事件の概要、仙谷直也の出身高校などの生い立ち、父親や母親、妹などの家族、犯行動機、事件のその後や現在などについてまとめてみました。

仙石直也は「三重県中3女子死亡事件」の犯人

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

仙石直也は、2013年8月25日の夜(22時55分頃)に三重県三重郡朝日町で発生した、女子中学生強盗殺人および死体遺棄事件「三重県中3女子死亡事件」の犯人です。

 

仙石直也は犯行当時高校3年生で、逮捕時は高校の卒業式の直後でした。仙石直也は犯行の直前に偶然見かけた面識のない当時中学3年生だった寺輪博美さんの後をつけ、空き地へ無理に連れ込んで窒息死させ、下着以外の衣服を脱がせて遺体を放置した上、寺輪博美さんの財布から現金約6000円を奪って現場から逃走しました。

 

その身勝手かつ残忍極まりない犯行の内容により、現在もネット上で度々話題に上っている仙石直也についてまとめていきます。

 

 

仙石直也の起こした「三重県中3女子死亡事件」の概要

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

仙石直也が起こした「三重県中3死亡事件」の概要を見ていきます。

 

 

事件発生直前までの被害者の行動(友人証言や携帯電話通信記録より)

 

三重県中3死亡事件の被害者は三重県四日市市在住の寺輪博美さん(当時15歳)で、四日市市立朝明中学校に通う中学3年生でした。

 

寺輪博美さんは、2013年8月25日の朝から友人と出かけ、午後から別の友人とイオンモール四日市北付近で遊んだ後、このイオンモール屋上の駐車場より四日市市内で開催された花火大会を見ています。

 

花火大会は20時半頃に終わり、寺輪博美さんは友人と共に22時頃にJR東海富田駅から電車に乗車して、友人の自宅の最寄駅であるJR朝日駅で一緒に下車しています。

 

寺輪博美さんは21時55分〜22時30分頃に姉とLINEでやりとりしており、姉から帰宅を催促され「帰っとるって言っとるやろ」と返信しています。その後、寺輪博美さんは22時45分頃に駅近くのスーパーマーケットで友人と別れ帰路についています。

 

22時55分〜56分にかけて、寺輪博美さんは友人とLINEをやり取りしていますが、23時頃に友人から届いたLINEには既読がつきませんでした。

 

23時17分に姉が寺輪博美さんの携帯に電話をかけていますが、寺輪博美さんは応答しませんでした。

 

 

仙石直也の犯行時の行動(裁判記録、その他報道より)

 

仙石直也はその日の23時頃、友人と別れて人気の無い路上を1人で歩く寺輪博美さんを見つけ、後をつけています。仙石直也と寺輪博美さんには面識はありませんでした。

 

そして、その数分後に仙石直也は三重県朝日町埋縄(うずなわ)の路上で、寺輪博美さんを背後から襲い、鼻と口を手で塞いで近くの空き地へと無理矢理に連れ込み、顎の骨が外れるほどの強い力で地面へと押さえつけて寺輪博美さんを窒息死させています。

 

殺害後、仙石直也は寺輪博美さんの服を脱がせ下着を捲し上げて(検察は裁判で全裸にしたと主張)わいせつな行為(付近で体液は見つかっていないものの暴行された可能性が高いとの警察関係者の見立て)をしました。

 

その後、仙石直也は寺輪博美さんの財布から現金約6000円を奪って、寺輪博美さんの遺体を放置したまま現場から逃走しました。

 

 

被害者・寺輪博美さんの遺体が発見され警察による捜査が開始

 

寺輪博美さんが行方不明になって2日後の2013年8月27日の19時頃、寺輪博美さんの家族が三重県警察四日市北署に捜索願いを提出しています。

 

そしてそのさらに2日後の8月29日の14時30分頃に、三重県三重郡朝日町埋縄地区の県道脇、農地付近にある空き地で、仰向けの状態で倒れて死亡している寺輪博美さんの遺体が発見されました。寺輪博美さんの遺体は草むらの中に倒れており、腐敗も始まっていたという事です。

 

出典:http://breaking-news.jp/

 

現場に残された慰留品からは複数の人間の指紋が見つかり、所持金約6千円が奪われている事も判明し、翌8月30日に三重県警察は強盗殺人および死体遺棄事件と断定し、四日市北署に捜査本部を設置して捜査を開始しました。

 

 

仙石直也が逮捕

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

事件の発生から半年ほどが経過した2014年3月2日、遺体発見現場からわずか500mほどの位置(三重郡朝日)に住む、当時18歳の仙石直也が強盗殺人の容疑で逮捕されました。

 

裁判記録によると、警察による捜査は当初は難航したものの、事件発生から3ヶ月後に被害者の衣服から検出されたDNA型と仙石直也が飲食店で使用した割り箸から検出されたDNA型が完全に一致し、事件現場周辺に設置された約100箇所の防犯カメラの映像解析と周囲への聞き込み調査により、仙石直也を犯人と断定し、逮捕に踏み切ったようです。

 

警察は、仙石直也が当時高校3年生で卒業を間近に控えていた事から、高校の卒業式を待って逮捕に踏み切ったようです。

 

その後、仙石直也は「私が犯人です。1人でやりました」と犯行を認めています。

 

そして、2014年4月25日、仙石直也は津地検によって、逮捕容疑の強盗殺人と死体遺棄ではなく、強制わいせつ致死と窃盗罪で起訴されています。これは、検察が仙石直也の殺意を証明する証拠を集める事ができなかったためでした。

 

仙石直也の裁判での判決については後述します。

 

 

仙石直也は犯行後にTwitter「ごくせん」で自分は事件とは無関係だと偽装

 

仙石直也は、自らが殺害した寺輪博美さんの遺体が見つかった2013年8月29日の18時17分に自らのTwitterを更新し、「地元の朝日町で女子中学生の死体が見つかったって」、「手の震えが止まらん」などと、自身が事件とは関係ない事を偽装するかのような内容のツイートを行っています。

 

 

 

 

仙石直也は「三重県中3女子死亡事件」以前にも器物損壊事件の前科あり

 

仙石直也は、「三重県中3女子死亡事件」を起こす3年前の2010年に現場近くで発生した器物損壊事件にも関与していた事が判明しています。

 

県警科学捜査研究所が、女子中学生のスカート、キャミソール、長袖シャツを細かく切り分けて分析すると、ところどころにDNAが検出された。しかも、2010年に現場近くであった未解決の器物損壊事件の際に残されたDNA型と一致した。「容疑者は現場近くに住んでいるに違いない」。容疑者を割り出す作業に入り、少年が浮上した。少年が飲食店で使った割りばしから唾液を鑑定し、DNA型が完全に一致した。

 

引用:【4】朝日町中3致死事件裁判

 

後述しますが、仙石直也の逮捕後の報道などでは、この男の性格について、学校関係者などの「皆に慕われる明るい性格」、「成績も良く、友人も多かった」などの証言が報じられていました。

 

しかし実際には、2010年にも器物損壊事件を起こしている事などからもわかるように仙石直也の素行は元々悪く、仙石直也の家族も含めて近隣住民の評判はかなり悪かったという事です。

 

マスコミは何を調べてあんなことを言っとるんですか。人間ができとる? 頭がいい? まるっきり違う。警察や教委はよくマスコミをあれだけコントロールしたな、と近所では失笑してますよ」(犯人の少年の自宅近くの住民)

 

引用:ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

少年も睨みつけるようにしてジロジロ見るタイプで、近所での評判はよくありませんでした。

 

引用:ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

 

 

仙石直也の生い立ち① 「三重県中3女子死亡事件」のあった朝日町の出身

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「三重県中3女子死亡事件」の犯人の仙石直也の生い立ちについては、犯行当時未成年の少年だった事なども影響し、現在までに明らかにされている情報量がかなり少なくなっています。

 

仙石直也の生い立ちについて現在までにわかっている内容をまとめていきます。

 

仙石直也は1995年8月14日の生まれで、事件のあった三重県三重郡朝日町で生まれています。地元の朝日町立朝日小学校を経て、朝日町立朝日中学校を卒業しているようです。

 

また、中学時代は野球部に所属していたようです。

 

 

 

仙石直也の生い立ち② 犯行時は三重県立菰野高校の3年

 

仙石直也は中学卒業後に三重県立菰野高校へと進学しています。

 

仙石直也の通っていた三重県立菰野高校の偏差値は「37」とかなり学力レベルの低い高校でした。仙石直也は高校の成績は良かったという報道もありましたが、あくまでも偏差値が37の高校での良い成績という点には留意した方が良いでしょう。

 

高校時代は部活動などはしていなかったという事です。

 

仙石直也は三重県中3女子死亡事件を起こした高校3年生当時、身長185cmの巨漢だった事なども明らかにされています。

 

また、高校卒業後は三菱自動車販売㈱ に整備士としての就職が決まっていたようです。

 

菰野→三菱自動車販売㈱ 整備士なります!!!

 

引用:仙石直也のTwitter(ごくせん)のプロフ欄より

 

 

 

仙石直也の家族① 父親は東芝関連会社勤務

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

仙石直也の家族については、父親と母親、妹2人、祖父母の存在が判明しています。

 

仙石直也の父親については「週刊新潮」によると、東芝の関連企業に勤務する会社員だったという事です。近隣住民によると、缶ビールの飲み口を咥えるようにして手を添えずに飲みながら歩いている所が目撃されるなど、少し粗暴なところのある人物だったようです。

 

この事件のその後について触れた「月刊SPA!」の記事でも、近隣住民は「人に会っても挨拶1つしない」と仙石直也の父親に対して悪い印象を持っていた事を窺わせる証言が紹介されています。

 

お父さんは人に会っても挨拶一つしない。

 

引用:ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

一方で、仙石直也が中学時代に野球部に所属していた頃には、父親とキャッチボールをしている姿も近隣住民に目撃されていたようです。

 

また、仙石直也は、2014年3月2日に逮捕されていますが、父親と三重県鈴鹿市内のイオンで買い物をした帰りに捜査員に声をかけられて連行されています。

 

 

 

仙石直也の家族② 母親は非常識な人物だと言われている

 

仙石直也の母親については、週刊新潮の記事によると事件当時はパート従業員として働いていたようです。(勤務先や職種は不明)

 

仙石直也の母親については、裁判記録から仙石直也や妹らの通っていた学校からはモンスターペアレントと認識されていた事などがわかっています。

 

また、「三重県中3女子死亡事件」の被害者の寺輪博美さんの両親が、仙石直也の両親に損害賠償を求めた民事訴訟を傍聴したという人物のブログにも仙石直也の母親の様子が否定的に書かれています。

 

私が地裁の廊下に居た際もハンカチで顔を覆いながら入廷する姿を見て遺族の母親が泣いているのかと思っていたが再び前を通った際によく見るとハンカチの隙間から記者らをチラ見してて直也の母親が人目を避けるため顔を隠していたみたい

 

引用:三重県よろずや 直也の母がウソ泣き

 

この方のブログでは、仙石直也の父親と母親が小川直也が収監されていた鑑別所に書類を放置したり、民事訴訟の準備書を提出しなかったりといった非常識な場面が見受けられたという批判も書かれていました。

 

思えば直也の父母は鑑別所の書類を放置したり
民事訴訟の準備書を提出しなかったりと
非常識な場面が多々見受けられ

 

引用:三重県よろずや 直也の母がウソ泣き

 

 

 

仙石直也の家族③ 妹が2人

 

仙石直也の兄弟は妹が2人いる事が明かされています。

 

仙石直也の妹2人は、事件当時中学1年生と中学3年生だったという事でした。

 

「三重県中3女子死亡事件」の後、仙石直也の両親と妹2人は逃げるように大阪府へと引っ越したという事です。

 

事件後、少年の両親と妹2人は夜逃げ同然に大阪へ転居。

 

引用:ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

ネットの匿名の情報によると、仙石直也の父親は事件後も東芝関連企業を辞めておらず、大阪の別の支社へと転勤になったそうです。

 

 

 

仙石直也の家族④ 窃盗癖のある祖父と祖母

 

仙石直也の父親と母親、妹が大阪へと逃亡した後も、仙石直也の三重県朝日町の自宅には祖父母が残り住んでいたという事です。

 

週刊新潮の記事によると、この仙石直也の祖父は戦争体験の語り部の活動をしていて、地元の小学校で児童向けの講演もしていたそうです。

 

一方、近隣住民によれば、仙石直也の祖父は窃盗癖があり、近所に物音がうるさいなどと怒鳴り込んできたりもする問題のある人物だったという事です。

 

あの家はお爺さんは窃盗癖があったり、物音がうるさいと怒鳴り込んできたり。

 

引用:ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

仙石直也の父親、母親、妹2人が大阪へ引っ越した後、祖父母は回覧板で事件の謝罪文を掲載したという証言も出ています。これに近隣住民は呆れており、誰も相手にしていないという事でした。

 

祖父と祖母だけが残り、「謝罪文」を回覧板で回したという。

 

「回覧板で謝罪ですよ。もう誰も相手にしませんね。触らぬ神にたたりなしですよ」(近所住民)

 

引用:ある殺人事件が生み出した“地元住民の亀裂”

 

 

 

仙石直也の三重県中3女子死亡事件の動機はわいせつ目的

 

仙石直也は逮捕後は「金銭目的」と犯行動機を供述していますが、家裁での少年審判では、「家族にわいせつ目的と知られるのが嫌で、金銭目的と言ってしまった」と動機についての供述を変えています。

 

少年は逮捕後「金目的だった。1人でやった」と供述していましたが、15日から始まった少年審判では「家族にわいせつ目的だったことを知られるのが嫌だったから、金目的と言ってしまった」などと説明しました。

 

引用:少年、わいせつ目的と説明 三重の中3殺害

 

 

 

仙石直也の三重県中3女子死亡事件のその後① 懲役5年以上9年以下の不定期刑が確定

 

出典:https://img.cdn.nimg.jp/

 

仙石直也の起こした「三重県中3女子死亡事件」のその後の展開についてもまとめていきます。

 

仙石直也は、逮捕後に強制わいせつ致死および窃盗罪で起訴され、一時は少年審判が行われたものの逆送され、津地方裁判所で裁判員裁判が行われています。

 

2015年3月24日、津地裁は仙石直也に対して「犯行は悪質で強い非難を免れない」とし、懲役5年以上9年以下の不定期刑を言い渡しています。

 

検察側はこの判決を不服として名古屋高裁に控訴し、高裁では「懲役の上限を10年にすべき」と主張。しかし、名古屋高裁は一審判決を支持して検察の控訴を棄却し、2015年9月17日に「懲役5年以上9年以下」の不定期刑が確定しています。

 

14年3月、現場近くの少年(当時18)が逮捕され、翌月に強制わいせつ致死と窃盗の罪で起訴された。

 津地裁は今年3月、懲役5~9年の不定期刑を少年に言い渡した。名古屋高裁は9月、検察側の控訴を棄却し、一審が確定した。

 

引用:【4】朝日町中3致死事件裁判

 

また、この裁判では、「損害賠償命令制度」により、仙石直也に遺族への慰謝料など約7700万円を支払う命令が下されています。

 

ちなみにこの裁判で証人として出廷した仙石直也の父親は謝罪を述べた上で、仙石直也が高校1年生の時に「肩パン(肩にパンチをする一部の男子が行う遊び)」でアザを作って帰宅した事を例に挙げて「いじめでストレスがあったのかもしれない」などと供述しました。

 

さらに父親は、性的欲求を募らせていた事なども犯行の一因として挙げて「(刑期を終えた)復帰後はカウンセリングを受けたせて命の大切さを学ばせたい」などと供述しています。

 

この父親の発言に対しては、「判決前に復帰後の話をするのはあまりにも不謹慎」、「謝罪するポイントがずれている」、「加害者の父親の立場で擁護するような発言がよくできるな」などの批判の声が上がりました。

 

また、仙石直也の母親も証人として出廷し、仙石直也への対応について問われて「もっと話を聞いてあげれば良かった」と供述し、被害者遺族に対して「責任を感じている。謝っても謝りきれない」と供述しています。

 

 

 

仙石直也の三重県中3女子死亡事件のその後② 民事訴訟は和解

 

被害者の寺輪博美さんの遺族は、仙石直也の両親に対しても損害賠償計3200万円を求める民事訴訟を起こしています。

 

この民事裁判は2018年5月24日に仙石直也の両親が請求額の一部を遺族に支払うという内容で和解が成立しています。

 

三重県朝日町で2013年8月に元少年(22)が中学3年の寺輪博美さん(当時15)を襲い死亡させた事件で、博美さんの遺族が元少年の両親に損害賠償を求めた訴訟は25日までに、津地裁四日市支部で和解が成立した。両親が請求額の一部を遺族に支払う内容で、金額は公表していない。和解は24日付。

 

引用:元少年両親、遺族と和解 三重、中3女子致死事件

 

仙石直也の両親が遺族に支払う金額は公表されていないという事ですが、事情を知る人によると「極めて低い金額」だという事です。

 

和解を受け入れた理由については、仙石直也の両親が謝罪の場を設けた事などが考慮されたという事でした。

 

 

 

仙石直也の現在

 

仙石直也の現在については情報がありませんが、刑事裁判の判決が「懲役5年以上9年以下の不定期刑」なので、遅くとも2024年に出所するはずです。(未決勾留期間を考慮しない場合)

 

また、仙石直也が現在既に出所している可能性も十分に考えられます。

 

仙石直也の家族の現在についてもほとんど情報がありませんが、三重県朝日町の自宅に残っていたという祖父母も大阪府に引っ越したという情報があるので、現在も仙石直也の家族は大阪で暮らしている事も考えられそうです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、2013年8月25日に三重県三重郡朝日町で発生した「三重県中3女子死亡事件」の犯人・仙石直也についてまとめてみました。

 

仙石直也の起こした三重県中3女子死亡事件は、当時15歳の中学3年生の寺輪博美さんが、花火大会の後1人で帰宅中に、犯行現場近くに住んでいた当時18歳の高校3年生・仙石直也に襲われ、窒息死させられた上暴行を受け、現金約6000円を奪われた事件です。

 

仙石直也の生い立ちについては詳しい情報は不明ですが、1995年8月14日に三重県朝日町で生まれ、朝日町立朝日小学校、朝日町立朝日中学校を経て、三重県立菰野高校へと進学し、その在学中に三重県中3女子死亡事件を起こしました。

 

仙石直也の家族は、東芝関連企業に勤める父親と、パート勤務の母親、事件当時中学1年生と中学3年生の2人妹、祖父母がいる事が判明しています。仙石直也の家族は近所での評判もあまり良くなかったとの証言も出ています。

 

仙石直也は犯行の動機については、わいせつ目的だったと供述しています。

 

事件のその後については、仙石直也には強制わいせつ致死および窃盗の罪で懲役5年以上9年以下の不定期刑が下されています。

 

最長でも2024年には出所するはずで、現在は既に出所している可能性もありますが、現在の仙石直也についての情報はなく不明です。また、仙石直也の家族の現在についても情報はありません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

星野道夫の死因と最後の写真!ヒグマ襲撃事件・嫁と息子・映像作品もまとめ

耳かき店員殺害事件と犯人/林貢二の現在!被害者の江尻美保さん殺害の動機・裁判の判決もまとめ

竹島叶実の現在は無罪!生い立ちや家族・高校/高専や韓国人の噂・統合失調症と裁判の判決まとめ

飯塚事件の久間三千年は冤罪?真犯人は?死刑執行と最後の言葉・生い立ちや家族/息子の情報も総まとめ

小樽資産家女性殺害事件の犯人と現在!被害者女性や事件の発生場所・その後まとめ

名倉佳司(池袋危険ドラッグ吸引RV暴走事故)の現在!生い立ちと兄や家族・結婚・裁判の判決とその後まとめ

たつの市小4女児殺人未遂事件の犯人と真相は?詳細やその後も総まとめ

大阪個室ビデオ店放火事件の犯人/小川和弘の現在!生い立ちと学歴や家族・死刑判決までの裁判の様子とその後まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

遠田高大の現在!失踪事件の真相と考察・会社や出身大学・未発見の現状まとめ

ツキノワグマ

乗鞍岳クマ襲撃事件とは?女性の被害者や後日談・事故の場所や外傷例もまとめ

みどり荘事件の真犯人や被害者は?宗教との関係や真相の考察・その後現在もまとめ

米山豪憲はなぜ殺害?父親や家族・畠山鈴香の事件と心霊写真/幽霊騒動などその後現在を総まとめ【秋田児童連続殺害事件の被害者】

下村まなみちゃん行方不明事件の犯人や真相と現在!父親と母親など家族・失踪の経緯・霊視や近況まとめ

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の犯人と真相!場所や被害者・その後もまとめ

伝説の92は釣り?意味と2chのまとめ・その後と後日談!木下優樹菜で再び話題

宇都宮宝石店放火殺人事件の犯人・篠沢一男の生い立ちや家族・犯行動機・死刑執行など現在までまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

崇仁地区の現在!場所や殺人事件・出身芸能人と有名人・再開発の現状もまとめ

みどり荘事件の真犯人や被害者は?宗教との関係や真相の考察・その後現在もまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す