篠崎ポンプ所女性バラバラ殺人事件の犯人と真相・心霊の噂!事件の場所や内容・被害者もまとめ

1988年に東京都江戸川区で発生した「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」が話題です。

 

この記事では、篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細な内容、発生した場所や被害者について判明している情報、犯人や事件の真相、心霊の噂などについてまとめました。

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」は、1988年9月9日に東京都下水道局篠崎ポンプ所(東京都江戸川区東篠崎)で、身元不明の上半身だけの女性の遺体が発見されて発覚した殺人・死体損壊・死体遺棄事件です。

 

被害者の殺害された状況や身元も判明しておらず、未解決事件となったままです。

 

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細① 遺体発見時の状況

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細を見ていきます。

 

1988年9月9日の15時頃、東京都下水道局東部管理事務所維持課管轄の東京都江戸川区の篠崎ポンプ所の地下2階に設置されていた水深2メートルの汚水4号沈砂池(下水道から流れ込んだ汚水から浮遊物や固体を除去するために設けられた池)で、ごみ除け用鉄柵に引っかかっている女性の上半身だけの遺体を同所員が発見しました。

 

前日9月8日の18時20分頃に見回りの作業員がこの遺体が浮いているのを見つけていましたが、この時には一緒にバレーボールや石油缶などの様々なゴミも浮かんでいたため、遺体をマネキン人形だと誤認してそのままにしていました。

 

これらのゴミをベルトコンベアーで引き上げる作業時に、この女性の遺体も一緒に引き上げられた事で遺体発見となりました。

 

被害者の遺体は胸下約10cmへその上で切断された上半身のみで頭部や両腕はついたままでした。着衣はつけておらず、切断面以外の外傷は無し、死後1週間から3週間が経過して腐乱しており、頭皮が剥がれて頭髪は全て無くなっていました。

 

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細② 警察による捜査

 

通報を受けた警視庁捜査一課と小松川警察署は、遺体の状態から殺人事件と断定して捜査を開始しました。

 

遺体発見現場につながる下水道には一般河川からの水の流入が無いことから、犯人は被害者を殺害後に遺体を切断し、マンホールや道路脇の側溝(U字溝)、あるいは工事中の下水の開口部などから遺棄したと推測されました。

 

また、篠崎ポンプ所では、遺体発見の3日前の9月5日に8月27日から溜まっていた分の約2トンのゴミを処理しており、遺体はそれ以降(9月5日処理後〜8日18時20分までの間)に流れ込んだ可能性が高いと見られました。

 

警察は、身元不明者のリストの照合して被害者の身元の特定にあたる一方で、見つかっていない下半身の捜索も開始。また、遺体の奥歯に治療痕があった事から、都内の歯科医院への照会も行われています。

 

9月10日に行われた司法解剖により、被害者の遺体は肋骨の下の肉を刃物で切断された後、第二腰椎の骨がノコギリ状の刃物で切断されていた事が判明しました。また、生活反応はなく、死亡後に切断された事も判明しています。また、頭蓋骨の縫合状況から、被害者は20歳代の可能性が高い事もわかっています。

 

しかし、死因の依然として不明のままでした。

 

9月12日17時40分頃、東京江東区青梅2丁目の地先中央防波堤内埋立地都下水道局東部管理事務所のゴミ焼却設備管理棟ミキシングプラントにて、廃棄物の中に、膝から下で切断された人間の右足が見つかりました。

 

さらに、13日の午前には同じごみ焼却設備管理棟で、切断された人間の左足も発見されました。

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細③ 何もわからぬまま迷宮入り

 

その後も警察は捜査を続け、頭蓋骨から予測復元した被害者の似顔絵ポスターなどを作成して情報提供を行うなどしましたが、有力な情報は得られませんでした。

 

また、捜査員が東北から関西地方までの全ての府県警に出向いて家出人捜索願を調べましたが、該当する行方不明者は見つかりませんでした。

 

さらに、被害者が奥歯の治療を受けていた事から、東京都内だけでなく、千葉県と埼玉県の歯科医院にも捜査員が出向いて照会を行なっていますが、該当する患者は見つかりませんでした。他にも、都内での歯科医の会合での情報提供呼びかけも行なっていますが、そこでも情報は得られませんでした。

 

事件はそのまま迷宮入りし、未解決事件となっています。

 

また、被害者の遺体は火葬され、遺骨は5年間練馬区の霊園に保管されていましたが、その後、他の身元不明遺体と共に合葬されています。

 

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の場所

 

出典:https://i.imgur.com/

 

「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」が発覚した場所は「東京都江戸川区東篠崎2-2-10」にある東京都下水道局篠崎ポンプ所です。

 

上の画像は、事件翌年の1989年の篠崎ポンプ所と周辺の場所撮影した航空写真です。中央あたりの赤い屋根の建物が密集している場所の下にある区画が篠崎ポンプ所です。

 

 

東京都の東のはずれの場所(旧江戸川を挟んだ対岸が千葉県市川市)にあり、近隣の駅は都営新宿線の「瑞江駅」と東京メトロ東西線の「行徳駅」です。

 

旧江戸川を隣接する場所にありますが、被害者の遺体が見つかった汚水4号沈砂池は河川からの水の流入がある場所では無いため、被害者の遺体がいずれかの河川から流れ込んだ可能性はないという事です。

 

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の被害者の情報

 

「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」の被害者についてわかっている情報は以下の内容でした。

 

性別   :女性

推定年齢 :17歳〜30歳

推定身長 :約160cm

推定体重 :40kg前後

血液型  :A型

顔の特徴 :面長(うりざね顔)、鼻が高い、目が大きい

足のサイズ:23.5cm

その他  :耳にピアス穴、指にマニキュア、脇毛が処理されていた、右上の奥歯が治療中だった

 

その他、国内における法歯学の権威である鈴木和夫東京歯科大学教授の被害者の歯形の鑑定では、年齢は19歳〜21歳で、19歳である可能性が最も高いとの見立てでした。

 

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の犯人や真相

 

ここまで見てきたように、「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」は犯人や事件の真相についての確定的な情報や有力な推測情報は全く出ていません。

 

真相や犯人の情報が全く出ていないという点から、ネット上では何らかの犯罪集団による組織的な犯行が真相ではないかという説も出ています。

 

この説によると、犯人の目的は臓器売買やスナッフビデオ(殺害シーンを収めた映像を高額で売買する闇ビジネス)で、被害者は殺害され臓器を取られた後に遺棄されたのが真相ではと言われています。遺体のうち上半身と足のみが見つかり、他の部分が発見されていない事からこのような推測がされているようです。

 

犯人の正体が犯罪組織の人間で、何らかの闇ビジネスに関わる犯罪であれば、事件の真相や被害者の身元が全く掴めないように完璧に証拠を隠滅したのではなどと推測されています。

 

また、被害者の特徴や歯科での治療痕が見つかっているにも関わらず、被害者の身元が特定されなかった事から、被害者は外国(東アジア圏)からの密入国者というのが真相ではないかとの説も浮上しています。こちらは被害者の身元が全く不明である事から出てきた説です。

 

 

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の場所は心霊スポット化

 

「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」が発生した篠崎ポンプ所は、現在は地元では心霊スポットとして知られるようになっているようです。

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件と関係するかはわかりませんが、篠崎ポンプ所付近では雨の日になると女の幽霊が立っているという心霊話が知られているという事です。

 

また、2002年3月16日に、篠崎ポンプ所の敷地内に個人タクシーが放置され、その中から当時54歳の男性運転手の遺体が発見される強盗殺人事件が発生しており、この事件も2022年9月現在において未解決のままとなっています。

 

このように、残忍な殺人事件が頻発している事から、篠崎ポンプ所付近は何か呪われているのではないかといった心霊の噂も出ています。

 

霊感のあるという人によると、この付近の道を通ると凄く嫌な感じがするそうで、篠崎ポンプ所が下水の水が集まってくる場所である事から、悪い霊が集まって吹き溜まりのようになっているのではと推測するような見方もあるようです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1988年9月9日に東京都江戸川区の篠崎ポンプ所で発生した「篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件」についてまとめてみました。

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件の詳細は、同施設の地下2階にある汚水4号沈砂池という場所に、女性の上半身だけの遺体が発見されたというものですが、被害者の身元も犯人も特定できず、事件は未解決のままとなっています。

 

真相については、犯罪組織による組織的な犯行という説や、被害者が外国籍の密入国者で身元が特定されなかったという説などが浮上していますが、いずれも憶測に過ぎません。

 

篠崎ポンプ所女性バラバラ身元不明殺人事件のあった場所は東京都の東端の江戸川区東篠崎2-2-10ですが、この場所では2002年にも未解決の強盗殺人事件が発生しており、曰く付きの場所として心霊スポット化しています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

帝銀事件の真相と真犯人!平沢貞通は冤罪?死刑囚の家族と養子の悲劇・酒井政利が息子の噂と映画を総まとめ

岡田更生館事件の館長の実名と写真!跡地の場所と現在・映画やひぐらしのなく頃・アンビリバボーの特集も紹介

八王子市歯科医師フッ化水素事故の原因とその後/被害者の母親やなんJのコピペ・医師の現在まとめ

橋北中学校水難事件の原因は離岸流?場所と心霊や遺体の噂・映画化やアンビリバボーの特集まとめ

開成高校生殺人事件の犯人は父親!被害者の佐藤健一と母親の遺書・ドラマ化作品・現在も総まとめ

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

日本航空350便墜落事故・片桐清二機長のその後現在!顔写真と自宅や家族・事故原因の逆噴射装置・石川幸史副操縦士とのボイスレコーダーまとめ

ホテルニュージャパン火災の場所と原因!イギリス人と横井英樹社長のその後・生存者と犠牲者・プルデンシャルタワーとなった現在と心霊の噂まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

死体洗いのアルバイト(都市伝説)の真相は?ホルマリン漬けにする内容と元ネタ・題材にした作品を総まとめ

鬼怒川第一ホテル(廃墟)の昔と現在!当時の経営者の夜逃げの噂・心霊スポット化したその後まとめ

牛首村の場所は実在する坪野鉱泉!実話の事件・怖い話と都市伝説・現在も総まとめ

チャンプ(UMA)の正体は?目撃場所・写真や動画・実在の可能性まとめ

開聞トンネルの歴史と現在!場所と地図・写真・心霊スポット化もまとめ

第一ホテル殺人事件の真相!犯人と被害者の女性医師・事件場所や心霊現象を総まとめ

カエル少年事件の犯人と真相の考察!軍の犯行?死因や詳細・映画化も総まとめ

田畑作之介ちゃん連れ去り事件と現在!失踪の現場と地蔵・霊視の結果もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

スカイフィッシュ(UMA)は実在?正体はハエ?目撃場所・写真と動画・正体の解明まとめ

紫雲丸事故の原因!船長と朝日新聞カメラマン・遺体・生存者の現在や呪いの噂もまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す