ネバダたん(辻菜摘)の現在!佐世保小6事件加害者の生い立ちや家族・事件の動機・改名と結婚や病気の噂もまとめ

2004年の佐世保小6女児同級生殺害事件の加害者・辻菜摘はネットでネバダたん(NEVADA)と呼ばれていました。

 

事件の概要とネバダたん(辻菜摘)の家族や両親との関係・虐待の噂、動機、事件のその後と現在(改名や結婚、多発性骨髄腫の病気)などをまとめました。

ネバダたん(辻菜摘)は佐世保小6女児同級生殺害事件の加害者

出典:agency-inc.com

 

ネバダたんは、2004年に起こった佐世保小6女子同級生殺害事件の加害者である辻菜摘のことです。

 

インターネット上で、特に2ちゃんねる上では辻菜摘のことを「ネバダたん」と呼ぶようになりました。ネバダたんと呼ばれるようになったのは、公開された加害者と被害者のクラス写真(集合写真)の中で、加害者の辻菜摘が「NEVADA」と書かれたパーカーを来ていたからです。

 

ネバダたん(辻菜摘)は、インターネットユーザー(特に2ちゃんねるの住民)に人気となって、ネバダたんのイラストがいろいろとアップされるようになりました。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)が起こした佐世保小6女児同級生殺害事件の概要

出典:twitter.com

 

まずは、佐世保小6女子同級生殺害事件の概要を見ていきましょう。事件は2004年6月1日の給食の時間に、長崎県の佐世保市立大久保小学校で起こりました。

 

・事件発生:2004年6月1日12時15分~35分
・被害者:御手洗怜美(小学6年生)
・加害者:辻菜摘(小学6年生)
・犯行:カッターで首を切りつけての失血死

 

この事件を時系列で簡単にまとめました。

 

・5月下旬:被害者と加害者(辻菜摘)にトラブルあり
・5月31日:運動会の代休でお休み
・6月1日12時15分:4時間目終了、給食準備。
        辻菜摘が被害者を学習ルームに呼び出して殺害
・12時35分:辻菜摘が血まみれの状態で教室に戻ってくる
      担任が学習ルームに行くと、遺体を発見。
・12時43分:教頭が119番通報
・12時52分:救急隊到着。救急隊から警察に通報
・12時58分:警察到着。同じころ、被害者児童の父親も現場に到着
・13時55分:辻菜摘が警察署に移送
・20時30分:警察が殺人事件と発表
・21時00分:被害者児童の父親が記者会見を開く     

 

次は、この事件の詳細を見ていきましょう。

 

 

被害者と加害者がトラブルに

 

被害者と加害者(辻菜摘)は小学校の同級生で仲が良かったのですが、5月下旬から険悪な状態になっていました。

 

その原因は、被害者が辻菜摘をおんぶした時に「重い」と言ったことです。おんぶされた時に「重い」と言われた辻菜摘は「失礼しちゃう」と言いました。すると、被害者はインターネットの掲示板で加害者のことを「ぶりっ子」とからかったのです。

 

おんぶして「重い」と言われて、「失礼しちゃう」とクレーム

被害者が「ぶりっ子」とネットの掲示板でからかう

辻菜摘は被害者パスワードを使ってそれを削除

再び被害者が「ぶりっ子」と書き込む

辻菜摘は再び削除

被害者は「荒らしにアッタンダ。マァ大体ダレがやってるかワかるケド」と書き込む

辻菜摘は被害者のアバターをカボチャに変える

 

さらに、辻菜摘は交換日記で自分のオリジナルの書き方を真似しないでほしいと被害者女児に伝えるなど、2人は険悪になっていました。

 

このような中で、ネバダたん(辻菜摘)は、被害者女児に対して『この世からいなくなってしまえ』と思ったようです。

 

 

学習ルームでカッターナイフで首を切りつける

 

そして、6月1日。午前中に被害者から辻菜摘(ネバダたん)に「交換日記を抜けたい」という手紙が渡されました。

 

4時間目終了後の給食の時間、12時15分に辻菜摘は被害者を教室から離れた無人の学習ルームに呼び出して、カーテンを閉めて椅子に座らせます。そして、辻菜摘は椅子の後ろ(被害者の背後)にまわり、手で被害者の目を覆って、カッターで首を切りつけました

 

被害者は椅子から立ち上がって体を振るようにして抵抗しましたが、辻菜摘は何度も首を切りつけます。頸動脈を切りつけたため、血が大量に飛び散り、被害者はその場に倒れました。

 

被害者の首の傷は深さ10cm長さ10cm、さらに左手の甲には防御創があり、骨が見えるほどの傷でした。成人の首の直径は13~15cmですから、小6女子の首のサイズを考えると、ほぼ首を貫くほどの深い傷だったことがわかります。

 

辻菜摘は被害者が倒れた後も動かなくなるまで被害者を観察し、さらに何度も体を触るなど

被害者が死んだことを確認し、血液で汚れた自分の手をハンカチで拭いてからその場を離れました。

 

 

血まみれで教室に

 

学習ルームを離れたネバダたん(辻菜摘)は教室に戻ります。この時の辻菜摘は返り血を浴びて服が汚れ、手には血まみれのカッターナイフと手についた血液を拭いたハンカチが握られていました。

 

その様子を見た担任教師は、まずカッターを取り上げます。その後、辻菜摘が出血していると思い、ケガがないかを確認します。そして、被害者女児の居場所を尋ねたところ、「私の血じゃない、私じゃない 」とつぶやき、学習ルームを指差しました。

 

担任教師が学習ルームに駆け込むと、血まみれの中に倒れている被害者を発見しました。担任が「救急車!救急車!救急車!」と叫び、止血を試みます。この時、被害者はまだ息があったという情報もありますが、真偽のほどは明らかではありません。

 

その声を聞いた別の教師が職員室に駆け込み、教頭に報告して、救急車を呼ぶように依頼しました。

 

教頭は気が動転して、学習ルームに自ら駆けつけて惨状を確認してから、救急車を要請しています。

 

この騒動中、辻菜摘は廊下にたたずんでいました。それを見けた教員(殺人事件が起こっていることを知らない)は服に血がついているのを見て、辻菜摘を保健室に連れて行き、着替えさせて、手や足を洗わせました。

 

この時、辻菜摘は泣きそうな顔で声を震わせながら、次のようにつぶやいていたそうです。

 

・「救急車を呼んで。怜美が死んじゃう」
・「私、どうなっちゃうの…」

 

この時点で、辻菜摘は我に返っていたと思われます。

 

 

辻菜摘の身柄を確保

 

到着した救急隊は現場を確認し、死亡しているとして、警察に連絡しました。救急隊はよほどのことがない限り、病院に搬送するものですが、到着してすぐに死亡していると判断して、搬送せずに警察に連絡するということは、出血量が尋常ではなく、傷が深くて、首と胴体が切断間近のような状態だったのかもしれません。右の頸動脈は完全に切断されていました。

 

教頭は救急要請と同時に被害者の父親にも連絡をしていたので、警察と父親はほぼ同時に学校に到着しました。

 

警察が到着する前に、救急隊から辻菜摘(ネバダたん)に質問がありましたが、辻菜摘は「私がカッターで切りました」と犯行を認めました。その後、警察が校長室で40分に渡り事情聴取して、辻菜摘は13時55分に警察に移送されています。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)はかわいいとインターネットで話題に

出典:agency-inc.com

 

ネバダたんの写真が流出すると、インターネット上でかわいい!と話題になりました。たしかに、ネバダたん(辻菜摘)の画像を見ると、シュッとしていて美少女のように見えます。

 

カーテンを閉めて、後ろから首を切りつけるという処刑スタイルで頸動脈を切断するという残忍な方法で同級生を殺害した小6女子。でも、ルックスはかわいい。

 

このギャップが2ちゃんねらー達に受けて、辻菜摘は「ネバダたん」と呼ばれ、まるでアイドルのように祀り上げられたのです。

 

ただ、唯一の画像は解析度が悪く画像が荒いため、顔ははっきりとはわかりませんでした。

 

顔ははっきりわからないけれど、かわいく見えるため、絵師たちがネバダたんのかわいいイラストを描いて、さらにネバダたんはアイドル化していきます。

 

ネバダたんのコスプレをした人も現れます。

 

出典:twitter.com

 

その画像を見て、「これがネバダたん」と勘違いする人も多く、「ネバダたん(辻菜摘)はかわいい」という認識が2ちゃんねるの外にも広がっていったのです。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の家族…両親は韓国人という噂も

ネバダたんの家族(辻菜摘)の家族構成を見ていきます。ネバダたんは韓国人ではないか?という噂もあるんです。

 

 

家族構成

 

ネバダたん(辻菜摘)は5人家族で育ちました。

 

・父親
・母親
・母方の祖母
・姉
・辻菜摘

 

父親は婿養子でした。生命保険会社でサラリーマンをしていましたが、1995年ごろに脳梗塞を発症し、一時は寝たきりの状態が続きました。しかし、リハビリで回復し、自宅で保険の代理業をやりながら、おしぼりの配達のアルバイトをしていました。

 

母親は専業主婦をしていましたが、父親が脳梗塞で倒れた後にはジャスコでパートをしていました。

 

姉は事件当時、商業高校(おそらく佐世保商業高校)に通っていましたが、事件後に中退しています。

 

草薙厚子の本によると、事件後には「母と祖母と姉は故郷を離れ、姉は高卒認定試験のための勉強をしていた」とのことですので、事件をきっかけにネバダたんの両親は離婚したのかもしれません。

 

 

日記にハングルが!

ネバダたん(辻菜摘)の両親は韓国人(朝鮮人)ではないか?という噂もあります。なぜなら、事件後の報道でネバダたんのイラストが公開されていたのですが、そこにはハングル文字が書かれていたからです。

 

2004年当時、ちょうど日本では冬のソナタが大ブームになりましたので、ネバダたんも「ヨン様大好き!」でハングルを勉強した可能性はあります。

 

しかし、当時の韓国ブームは現在とは違い、おばさまを中心としたブームで、若者は比較的冷めた目で見ていましたので、冬ソナブームでハングルを覚えたとは考えにくいです。

 

出典:girlschannel.net

 

出典:girlschannel.net

 

となると、両親が韓国人(朝鮮人)で日ごろから韓国語が身近にあったと考えるのが自然です。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)は両親から虐待されていた?

 

ネバダたん(辻菜摘)は、両親から虐待を受けていたという噂があります。ジャーナリストの草薙厚子は「父親から加害者への虐待があった」としています。ただ、ほかのマスコミの報道では虐待の事実は認められなかったようです。

 

実際に虐待があったのかどうかは分かりません。ただ、父親は非常に厳しく、さらに辻菜摘ときちんとかかわっていなかったようです。

 

2ちゃんねるには次のような情報がありました。

 

当時は厳しいお父さんと率直に感じた
でも今振り返ってみると抑圧ぶりが強烈だったように思う
小3の運動会の時だったと思うけど
Nが思いっきり怒られてて周りも引いてた
それからも度々父親を見る機会はあったけど
厳しい部分しか見たことない

 

引用:【NEVADA】長崎小6女児カッター殺人事件 3切り目

 

また、次のようなことが、事件後の長崎県教育委員会の調査で判明しました。

・父親は矢継ぎ早に質問するなど、教育熱心さを感じた
・子供の成績に強いこだわりがあった
・成績が下がったから、ミニバスケを辞めさせた

 

また、家庭裁判所では次のように結論づけています。

 

情緒的な働きかけは十分でなく、おとなしく手のかからない子として、加害児童の問題性を見過ごしてきた。
その監護養育態度は 加害児童の資質上の問題性に影響を与えている

 

引用:佐世保市立大久保小学校児童殺傷事件調査報告書(最 終 報 告)

 

両親(特に父親)はとても厳しく、さらに「手がかからないから」と問題性を見過ごし、そのことで問題性に影響が出たということですね。

 

国立きぬ川学院に入所後に両親が面会に来ることがありましたが、辻菜摘は冷淡な態度を取っていたということからも、両親との関係には何らかの問題があったことが伺えます。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の生い立ち・性格

ネバダたん(辻菜摘)の生い立ちや性格を見ていきましょう。ネバダたんがどのような女子児童だったのかを知らないと、この佐世保小6女児同級生殺害事件の動機は理解できないかもしれません。

 

 

家は山の中

 

辻菜摘は佐世保市内の山の中に住んでいました。大久保小学校に通っていましたが、全校児童の中でも数少ないバスで通学する児童でした。

 

 

趣味嗜好

 

辻菜摘(ネバダたん)は「バトル・ロワイアル」や「ボイス」などのホラー小説が好きでした。また、コンピューター研究部に入り、ミニバスケットボールクラブにも入っていましたが、成績を理由に小学5年生の3学期にミニバスケを辞めさせられています。

 

特に、「バトル・ロワイアル」はお気に入りだったようで、R-15の映画だったために、姉のレンタルビデオ会員証を使って、映画「バトル・ロワイアル」を何度も借りてみていたそうです。

 

小学5年生の時には「好きな小説」に「バトル・ロワイアル」を挙げています。さらに、事件後には辻菜摘のランドセルから、辻菜摘が書いた小説が出てきましたが、その小説の内容は「バトル・ロワイアル」を模したものでした。

 

そして、自作小説の中で「御手洗遥香(みたらいはるか)」という少女が惨殺されています。「はるか」というのは被害者少女のインターネット掲示板でのハンドルネームでした。

 

 

真面目な努力家

 

辻菜摘は真面目な努力家だったようです。

 

・係活動や授業に熱心に取り組んでいた
・まじめでいい子という印象
・跳び箱ができなかったが、何度も何度も練習するなど最後まで頑張る気持ちがあった
・学習においては努力家
・教師に手伝いを申し出てきた

 

このような聞き取り結果がありました。ただ、1人で物思いにふけることがあったり、小学5年生の終わりごろからは精神的に不安定になり、壁に頭を打ち付けるようなこともあったようです。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の動機・犯行のきっかけ

 

ネバダたん(辻菜摘)の犯行の動機・きっかけは何だったのでしょうか?

 

 

事件前にトラブルはあった

 

加害者の辻菜摘の犯行動機は、被害者とのトラブルとされています。被害者におんぶされた時に「重い」と言われて、それに対して辻菜摘は「失礼しちゃう」と返します。

 

その後、掲示板に「ぶりっ子」と書かれたため、削除してまた書かれ、また削除という形で、どんどん2人の仲は険悪になっていきました。

 

ただ、小学6年生の女子同士なら、このくらいの喧嘩は珍しいものではありません。もっとひどいケンカをする女子もいるでしょう。でも、ケンカをした小6女子全員がカッターで首を切りつけて殺害するわけではありません。

 

あのような残忍な方法で殺人を犯した理由は、ただ単に「友達と喧嘩してトラブルになったから」では済まされないように思います。

 

 

バトルロワイアルのファン

出典:cinematoday.jp

 

ネバダたんは、バトル・ロワイアルが好きすぎて、現実とバトル・ロワイアルの世界の区別がつかなくなり、犯行に及んだ可能性が指摘されています。

 

ネバダたん(辻菜摘)はネットの掲示板に、「もしうちの学校でバトルロワイヤルがあったら誰が生き残るかな?」と書き込んだこともあったようです。

 

現実とバトル・ロワイアルの境目が自分の中でなくなっていき、ちょっとムカついた友達を残忍な方法で殺害してしまったのかもしれません。

 

辻菜摘はカッターナイフでの殺害のほかに、絞殺やアイスピックでの殺害も考えていましたが、犯行前日の夜に見たドラマでカッターでの殺害が場面があったことから、カッターで殺害することを決めたと供述しています。

 

このことからも、辻菜摘(ネバダたん)はドラマ・映画などに影響されやすいタイプであることがわかります。

 

 

発達障害の可能性も指摘されている

 

辻菜摘は発達障害の可能性が指摘されています。国立きぬ川学院入所後にアスペルガー症候群と診断されました。裁判でも、軽度ではあるものの「対人的なことに注意が向きづらい特性」と指摘されています。

 

アスペルガー障害が犯罪に直結するというような理解は誤りであり、いくつかの動機が理解しがたい「突き抜けた」犯罪でその障害特性との関連が注目されるという意味である。

 

引用:社会問題から見た心の病: 「アスペルガー障害」

 

アスペルガー症候群は、犯罪に直結するというわけではないけれど、ヤバい犯罪には関係しているかもしれないというわけですね。

 

ネバダたん(辻菜摘)が犯した佐世保小6女児同級生殺害事件は「突き抜けた」ヤバイ犯罪ですので、アスペルガー症候群との関連はゼロではないかもしれません。

 

しかし、昭和大学医学部精神医学講座主任教授・岩波明医師は辻菜摘がアスペルガーというのは誤診であるとしています。

 

 

居場所を邪魔されたから?

 

辻菜摘が犯行に及んだ動機は、被害者に自分の居場所を邪魔されたからかもしれません。

 

辻菜摘は親から抑圧され、あまり自己主張せず、精神的に不安定な状態になっていました。そのような中で、辻菜摘にとっては友達との交換日記やインターネットの掲示板が自分を表現できて「自分の居場所」となっていたのかもしれません。

 

その居場所を被害者児童が邪魔をして、「ぶりっ子」と何度も書き込み、「誰が荒らしか知ってる」と書かれ、交換日記を抜けたいと言ってきた。

 

被害者のことを「せっかくできた自分の居場所を邪魔する侵入者」と捉え、殺意を抱いたのかもしれません。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の佐世保事件のその後

家庭裁判所で児童自立支援施設送致

 

2004年6月1日に警察に移送された辻菜摘は、小学6年生の11歳でしたので、刑事裁判にかけられることはありませんでした。そして、2週間後の6月14日から家庭裁判所での審判が開かれました。

 

・6月14日:第1回審判(長崎少年鑑別所にて)
・6月15日~8月14日:鑑別留置のため肥前精神医療センターへ
・8月5日:9月14日までの鑑別留置延長が決定
・9月6日:少年審判再開
・9月14日:広汎性発達障害の可能性を指摘
・9月15日:児童自立支援施設送致が決定

 

辻菜摘は、「児童自立支援施設送致となり、向こう2年間は強制的措置を取ることができる」という保護処分が下されました。

 

児童自立支援施設とは、非行や生活に問題がある児童の自立を支援する施設のことで、辻菜摘は最低でも2年間はその施設に入ることになりました。

 

 

国立きぬ川学院で中学卒業まで過ごす

出典:mhlw.go.jp

 

ネバダたん(辻菜摘)は、児童自立支援施設への送致が決定した翌日の9月16日に栃木県さくら市にある国立きぬ川学院に移送されました。

 

最初は個室で対応していましたが、徐々に集団生活に移行していきました。特に問題行動を起こしたり、反抗的な態度を取ることなく、施設内の分校に通い、小学校・中学校を卒業しています。(小学校は大久保小学校卒業扱い)

 

そして、2008年3月の中学卒業と同時に国立きぬ川学院を退所して、社会復帰しました。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の現在①:改名している可能性大

 

ネバダたん(辻菜摘)は2008年3月に国立きぬ川学院を退所して、社会復帰しています。ただ、現在は「辻菜摘」という名前ではなく、改名している可能性が高いでしょう。

 

未成年の犯罪ながら、学校での凄惨な犯行だったこともあり、実名がインターネット上に流れてしまい、「辻菜摘」は顔も名前も世間にバレてしまいました。

 

その状態では、国立きぬ川学院を退所して社会復帰しても、すぐに「佐世保小6女児同級生殺害事件の犯人」と周囲にバレてしまい、本当の意味での社会復帰はできません。

 

だから、このようなケースでは支援者や人権派の弁護士と養子縁組をして、改名するのです。

 

851 :可愛い奥様@無断転載は禁止:2017/07/11(火) 14:38:49.34 ID:4uINvcDh0
ネバダって改名しているんでしょ?
患者の会でわざわざ私は佐世保の例の犯人ですが・・・って
自分から言ったの?

 

引用:奥さまは見た!!! 因果応報 その50 [無断転載禁止]

 

もしかしたら、苗字だけでなく、名前も変えているかもしれません。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の現在②:結婚して病気(多発性骨髄腫)の噂あり

 

ネバダたん(辻菜摘)は現在、結婚している。しかも、病気を発症して、余命いくばくもない状態であるという情報もあります。その病気とは多発性骨髄腫です。

 

この情報は2ちゃんねるで2017年に書き込まれました。

 

841 :可愛い奥様@無断転載は禁止:2017/07/11(火) 07:58:40.52 ID:4OZxyWAP0佐世保事件のネバダたん、つじ●つみたんは
現在結婚して名前を変えてのうのうと生きています
でもね、彼女は不治の病にかかったそう
多発性骨髄腫
今の医療では決して完治はしない病
しかも25歳という年齢では進行が早くすでに末期だそうです

 

引用:奥さまは見た!!! 因果応報 その50 [無断転載禁止]

 

12少年法により名無し2017/07/13(木) 23:22:59.31ID:yy7Wh+BS0
ねばたたんはブス
ねばたたんは不治の病に罹っていますよw
その病気は多発性骨髄腫
もうすぐ死にますw

 

引用:【NEVADA】長崎小6女児カッター殺人事件 3切り目

 

2ちゃんねるの書き込みですので、どこまで信じて良いのかは不明です。ただ、2017年の時点で末期の多発性骨髄腫であるとすると、現在はもう亡くなっている可能性があります。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)の現在③:謝罪していない?

 

ネバダたん(辻菜摘)は現在も、被害者と被害者遺族に謝罪していないかもしれません。

 

辻菜摘の父親は事件当初、被害者遺族に対して毎月謝罪の手紙を書き、辻菜摘が国立きぬ川学院を退所したら謝罪させに行かせると言っていました。でも、謝罪は実現していないようです。

 

339名無しさん@お腹いっぱい。2015/09/07(月) 21:07:46.94ID:qCHRGF0d>>342
10年経っても謝罪は一切ないみたいだね
出所したら本人に謝りに行かせるって加害者父が言ってたのに
というか父親は今でも毎月謝罪の手紙書いてるのかな

 

引用:【NEVADA】長崎小6女児カッター殺人事件 3切り目

 

また、2014年には被害者の父親の部下が「謝るなら、いつでもおいで 佐世保小六女児同級生殺害事件」という本を出版しています。「謝るなら、いつでもおいで」、これは被害者の兄(当時大学生)の言葉です。2014年の時点でこのタイトルの本を出版するということは、事件から10年経っても謝罪がないということでしょう。

 

 

ネバダたん(辻菜摘)と佐世保事件のまとめ

ネバダたん(辻菜摘)と佐世保小6女児同級生殺害事件、ネバダたんがかわいいという噂、家族や両親との関係、事件の動機やその後と現在などをまとめました。

 

ネバダたん(辻菜摘)は現在、どこでどのように生活しているのか?それを知る術はありませんが、被害者の墓前で手を合わせること、そして被害者遺族に誠心誠意、謝罪をしてほしいです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

名倉佳司(池袋危険ドラッグ吸引RV暴走事故)の現在!生い立ちと兄や家族・結婚・裁判の判決とその後まとめ

中村泰(スナイパー)の生い立ちと現在!國松孝次/警察庁長官狙撃事件の真犯人の噂・共犯者の噂もまとめ

【エク哲】エクアドル人見哲夫と事件まとめ!なんJネタ・名言と語録・嫁や犯人のその後も徹底紹介

桐生のぞみの現在!家族(父親/母親)と学歴(高校/大学)・事件の判決も総まとめ

たつの市小4女児殺人未遂事件の犯人と真相は?詳細やその後も総まとめ

秋葉原通り魔事件の犯人/加藤智大の生い立ち&弟と母親など家族!事件のおかしい点・死刑執行などその後も総まとめ

八戸市女子中学生刺殺事件の犯人と真相は?詳細や場所・被害者・時効やその後もまとめ

ツキノワグマ

乗鞍岳クマ襲撃事件とは?女性の被害者や後日談・事故の場所や外傷例もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ヤマノケの正体や後日談!宮城の場所の田代峠・2chの洒落怖の内容や娘のその後まとめ

東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗/少年A)の現在!生い立ち&父親と母親や弟など・結婚や嫁と子供の噂・今の本名や住所もまとめ

宇都宮宝石店放火殺人事件の犯人・篠沢一男の生い立ちや家族・犯行動機・死刑執行など現在までまとめ

北山結子さん行方不明事件と真相!犯人は露天商の刀根幸広?霊視の結果や現在もまとめ

軍艦島の歴史!事件と心霊の噂・上陸できない理由と当時の写真・廃墟化した現在まとめ

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の犯人は住田紘一!被害者/加藤みさとの関係・生い立ちと実家や家族・死刑執行と最後の言葉まとめ

小室敏勝(小室圭の父親)の死因は?実家や家族・学歴と経歴・結婚や嫁と子供・多摩川での自殺や保険金目的での他殺説まとめ

京都小学生殺害事件(てるくはのる)の犯人は岡村浩昌!生い立ち&母親と兄など家族・高校時代・被害者遺族のその後もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

樹海村(映画)の元ネタと都市伝説の考察!実在やスタッフ死亡の真相も解説

犬鳴峠の現在!犬鳴トンネル殺人事件と犯人・怖い話6選と都市伝説・映画化や心霊スポットも総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す