京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

京都精華大学生通り魔殺人事件は2007年に京都市左京区で発生した未解決事件です。今回は犯人不明のままの京都精華大学生通り魔殺人事件の詳細、被害者が襲われた場所、事件を題材にした漫画、再現イラスト、その後や現在、真相考察についてまとめます。

京都精華大学生通り魔殺人事件とは

 

引用:https://aurora-design.sakura.ne.jp/

 

2007年1月15日午後7時50分頃、通っていた大学から帰宅する途中であった千葉大作さん(当時20歳で)が、京都市左京区の歩道で何者かに刃物で襲われ、殺害される事件が起こりました。

 

警察が駆けつけた時にまだ息があった千葉さんの口から「見ず知らずの人に刺された」という証言があったことから、犯行は通り魔的なものであったと考えられていますが、事件から15年が経過した2022年現在も犯人は見つかっておらず、未解決のままとなっています。

 

なお、この事件は被害者の千葉大作さんが京都精華大学のマンガ学部の1年生に在籍していたことから、京都精華大学通り魔殺人事件と呼ばれています。

 

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件の詳細や場所

 

 

千葉大作さんが襲われた場所は、京都市左京区岩倉幡枝町の歩道上です。この日、千葉さんは午後7時40分頃に京都精華大学を出たあと、自転車で友人の家に向かっていました。

 

そして午後7時50分頃、京都精華大学から600メートル、叡山電鉄木野駅の南100メートル程度の場所に差し掛かったところで、自転車に乗った見知らぬ男に絡まれて口論となり、激昂した相手に幅約1〜2cm程度の小型の刃物で切りつけられたとされます。

 

事件現場は閑静な住宅街で、駅から近いとはいえ頻繁に人の行き来がある場所ではなかったようです。

 

そのため不運なことに事件発生時に、千葉さんが襲われている様子を目撃して止めに入った人や警察に通報した人はいませんでした。

 

千葉さんが倒れた直後に事件現場を通りかかった人がいたため、その通行人によって通報されることになります。

 

そして事件発生から2分後の7時52分、京都市消防局救急隊員が現場に到着して千葉さんを救急搬送しました。しかし残念ながら、搬送から間もなく千葉さんは息を引き取っています。

 

 

第一発見者が現場を通りかかった時の様子

 

第一発見者が事件現場を自転車で通りかかった時、最初に歩道の下にある畑に向かって座り込んでいる男が見え、その向こう、畑のなかに倒れているような人影が見えたといいます。

 

第一発見者は不審に思ったものの一度は通り過ぎ、その直後に気になって戻ってみたところ、畑から自力で上がってきたのか、歩道で千葉さんが血を流してうずくまっているを発見したそうです。

 

第一発見者が戻ってくるまでの30秒の間に犯人は姿を消しており、事件現場には血を流した千葉さんと、その横に彼の携帯電話がありました。襲われた千葉さんは自ら警察を呼ぼうと試みたものの、犯人に追撃されて叶わなかったのかもしれません。

 

事件直後は千葉さんに意識があり、第一発見者に対して「救急車を呼んでください」と伝えてきたといいます。

 

また、第一発見者によると事件現場に最初に通りかかった際、犯人と思われる男性は「アホ」「ボケ」などと大声で千葉さんを罵倒していたとのことです。

 

 

事件が起きた原因は自転車の通行を巡ってのトラブルか?

 

事件時、千葉さんは歩道の右側を自転車で走行しており、犯人は歩道の左側を向かいから走行してきたため、うまくすれ違うことができすに口論になり、激昂した犯人が刃物を取り出したのではないかと考えられています。

 

現場となった歩道はわりと幅が広めで、自転車がすれ違うことは可能とのことです。しかし、歩道の約1.5メートル下には畑が広がっており、ガードレールも車道側にしか設けられていないため、すれ違う時に自転車が接触すれば畑に転落するおそれがあります。

 

下記は京都府警が公開している事件現場の画像ですが、真冬の夜8時となると辺りは相当暗かったのではないかと思われます。自転車や歩行者の接触事故が起きても不思議はありません。

 

引用:https://www.pref.kyoto.jp/

 

亡くなった千葉さんの全身には十数か所の刺し傷があり、人目につきやすい路上で、殺傷能力のあまり高くない小型の刃物で何度も切りつけていることからも、犯行は計画的ではなく、衝動的かつ短絡的なものであった可能性が高いとされています。

 

実際に事件直後、通報を受けて京都市消防局救急隊員とともに事件現場に駆けつけた京都府警下鴨警察署の警官に、千葉さんは「知らない人に刺された」と話していました。

 

また、千葉さんは自宅ではなく友人の家に向かっていたため、何らかの恨みを持った人間が待ち伏せをして襲ったとは考えづらいでしょう。

 

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人の目撃情報とイラスト

 

引用:https://www.pref.kyoto.jp/

 

事件直後、第一発見者以外の近隣住民からも「近くで不審な男を見た」という情報が多数寄せられました。そして複数の目撃証言から、京都府警は京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人像として以下の情報を公開しました。

 

・年齢…20〜30歳

 

・身長…170〜180cm

 

・靴のサイズ…27〜28cm

 

・体格…やや痩せ型

 

・髪型…単髪でセンター分け。ボサボサ

 

・事件当時の服装…黒色のジャンパーに黒色の長ズボン、靴は外国製の登山靴を履いていた可能性あり

 

・動作や癖など…事件時に大声で「バカ」「アホ」と叫びながら顔や上半身を左右に振っていたことから、興奮するとこのような癖が出る可能性あり。目の焦点が合っていなかったという目撃情報もあり

 

・その他…黒っぽい婦人用自転車(ママチャリ)に乗っていた

 

目撃証言から京都府警が作成、公開した犯人のイラストを拡大したものが以下の画像です。

 

引用:https://www.pref.kyoto.jp/

 

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件の被害者・千葉大作さん

 

引用:https://livedoor.blogimg.jp/

 

京都精華大学生通り魔殺人事件の被害者である千葉大作さんは、快活で努力家な好青年で、大学のクラスでもリーダー的な存在だったといいます。

 

出身は宮城県仙台市で、大学進学にともなって実家を離れて一人暮らしをしていました。

 

漫画家になるのが夢で、浪人をしてマンガ学部という珍しい学部がある京都精華大学に入学、入学後は作品制作に没頭していたそうです。

 

またクラスメイトからも「誰かに恨みを買うなんて考えられない」「トラブルとは無縁の人だ」といった証言が多数出ており、周囲から慕われていたことが窺えます。

 

千葉さんの母親も、産経新聞の取材に対して以下のような回答をしていました。

 

--大作さんはどんな息子だった

芯が優しく強いです。思い浮かべると、優しい笑顔が浮かんできます。失敗したり、うっかりすることもあったりしますが、一生懸命さが伝わってきます。大作の下の子供たちのことは、大作がいてくれたのでどことなく安心しておりました。

 

引用:「息子、大きな存在だった」 精華大生刺殺事件15年で母が手記

 

千葉さんの家庭は母子家庭で、実家にいた頃や帰省時には、千葉さんが年下の兄弟の面倒を見る様子もたびたび目撃されていたといいます。そのため母親も、しっかり者で明るい千葉さんのことを頼りにしていたのでしょう。

 

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件の真相考察① 犯人は岩崎友宏?

 

引用:https://king06.com/

 

2016年5月に歌手活動をしていた冨田真由さんをナイフで刺して重傷を負わせ、殺人未遂罪で懲役14年6月の刑に処されている岩崎友宏受刑囚と、京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人の特徴が酷似していると話題になったことがあります。

 

  京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人の特徴                         岩崎友宏受刑囚の特徴
     身長170〜180cmで大柄         身長180cm
    目の焦点が合っていなかった  外斜視で焦点があっていないように見える
手配書のイラストでは鼻の左にホクロがあるように見える       鼻の左にホクロがある
   髪型はセンター分けでボサボサ     髪型はセンター分けでボサボサ
  犯行手段は小型の刃物でのめった刺し   犯行手段は小型の刃物でのめった刺し

 

また岩崎友宏受刑囚は京都精華大学生通り魔殺人事件が発生した2007年当時、京都府内で庭師の修行をしていたことがわかっています。

 

さらに冨田真由さん殺人未遂で逮捕された際、なぜナイフを持っていたのかと尋問された岩崎友宏受刑囚は「お守りとして持っていた」と返答していました。

 

非力な女性を襲うのに、身長180cmで学生時代は柔道を嗜んでいた岩崎友宏受刑囚が刃物をお守りとして携帯するというのは不可解な印象を受けます。

 

そのため、冨田真由さんを襲う前から岩崎友宏受刑囚はナイフを持ち歩いており、気に入らないことがあると脅しに使っていたのではないか、千葉大作さんを刺したのも岩崎友宏受刑囚だったのではないか?と考察されているのです。

 

ただ岩崎友宏受刑囚が学生時代に柔道に打ち込んでいただけあって単に背が高いだけではなく、筋肉質で体格が良いのに対して、京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人は「背は高いが、やや痩せ型」との証言があることから、同一人物ではない可能性も考えられます。

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件の真相考察② 警察は犯人を知っている?

 

事件時にママチャリに乗っていたという情報から、犯人は近隣に住んでいた可能性が高いと予想されます。

 

また犯行時に「アホ」「ボケ」と大声で喚く、体を大きく揺らすなどの特徴的な奇行が見られたことから、近所に住んでいた人ならば「あの人が大学生を刺した犯人かもしれない」とわかったのではないかと思われます。

 

実際に事件後から現在までに1200件を超える不審者情報が寄せられているうえ、事件から7年が経過した頃の報道でも「未だに毎月必ず1件は情報提供がある」と発表されていました。

 

さらに近隣住民の情報によると、事件現場となった岩倉幡枝町の周囲は山に囲まれており、町の外に逃亡するルートは限られているとのことです。

 

このように一見すると容易に犯人に辿り着けそうな状況でありながら犯人が捕まらないのは、警察に何らかの圧力がかかって、わざと見逃しているのではないか?とも指摘されています。

 

圧力の理由としてネット上で囁かれているのが、犯人が大物政治家の息子説、犯人が日本国籍ではない説、犯人が被差別部落出身説などです。

 

また京都市の岩倉には精神病院が多くあり、明治時代に岩倉癲狂院が開設されてから、精神病患者の療養に力を注いでいた地区としても有名です。

 

そのため犯人は精神病患者で、人権問題などの理由で逮捕されないのではないか?とも噂されたことがありました。

 

しかし、仮に犯人に何らかの精神疾患があったとしても、逮捕、起訴されたうえ裁判で責任能力が問われるでしょうから、精神病患者だから逮捕されないという可能性は極めて低いでしょう。

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件のその後① 現在も捜査は続いている

 

 

事件から15年が経過した現在も、京都府警は捜査を続けています。なお、本件は捜査特別報奨金制度の対象になっており、事件解決につながる情報があった場合、情報提供者には300万円を上限とする懸賞金が支払われることになっています。

 

千葉さんには歳の離れた弟がいるそうですが、母親の話では兄を慕っていた幼い弟も、事件時の千葉さんの年齢を弟が追い越してしまったといいます。遺族の心労を慮り、京都府警は京都新聞の取材に対して「(2022年からの)5年が解決に向けての正念場」と回答していました。

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件のその後② 京都府警が再現動画を公開

 

 

京都府警は『神童』、『トトの世界』で知られる漫画家のさそうあきらさんが制作した、事件の再現漫画をYouTubeで公開しています。

 

さそうあきらさんは京都精華大学で教鞭をとっており、もともと再現漫画は冊子として配布するほか、情報提供を訴えるサイトにて公開していました。

 

しかし京都府警の刑事企画課の担当者が「紙媒体での拡散には限りがある。拡散力の強い動画形式にしてはどうか」と発案し、警察の方でナレーションをあてて動画化したのだといいます。

 

 

また京都府警は事件後に、犯人はこのような動きをしていたという再現動画も公開していました。この動画を見るかぎり、犯人はかなり特徴的な癖がある人物だと思われます。

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件のその後③ 漫画のモチーフになった

 

 

京都精華大学で千葉さんと同級生であったという漫画家の榎屋克優さんも、事件について描いた漫画を公開しています。

 

榎屋克優さんの漫画からも、どれほど千葉大作さんという青年が周囲から愛され、また将来を期待されていた人物だったのかが窺えます。

 

引用:https://www.amazon.co.jp/

 

また、藤本タツキさんの漫画『ルックバック』も、京都精華大学通り魔殺人事件をモチーフにしているのではないかと考察されています。

 

『ルックバック』の主人公の1人、美大生の京本は大学構内に乱入してきた男によって殺害されており、その通り魔的な犯行で命を落とす様子から京都精華大学通り魔殺人事件をモデルにしたのではないか?と言われているのです。

 

なお、京本が襲われるシーンでは他の美大生たちも犯人の男に襲われており、2019年に起きた京都アニメーション放火殺人事件を彷彿とさせる、2つの事件をモデルにしたのでは?とも指摘されています。

 

 

京都精華大学生通り魔殺人事件についてのまとめ

 

この記事では2007年に発生した未解決事件、京都精華大学生通り魔殺人事件について紹介しました。

 

事件後に発表された周囲の証言や事件解決を願って作成された漫画を読むにつけ、被害者の千葉大作さんは人に愛される温厚な青年であったことがわかります。しかしだからこそ、理屈が通じないような相手に絡まれても、話し合えばわかりあえると思ってしまったのかもしれません。

 

存命であれば千葉さんも漫画家としてデビューし、今頃は同級生の榎屋克優さんらと切磋琢磨していたはずです。一日でも早く、事件が解決することを願います。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

【エク哲】エクアドル人見哲夫と事件まとめ!なんJネタ・名言と語録・嫁や犯人のその後も徹底紹介

竹島叶実の現在は無罪!生い立ちや家族・高校/高専や韓国人の噂・統合失調症と裁判の判決まとめ

ツキノワグマ

乗鞍岳クマ襲撃事件とは?女性の被害者や後日談・事故の場所や外傷例もまとめ

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

赤城神社主婦失踪事件の真実!宗教や保険金など真相考察・志塚法子の顔写真や家族などもまとめ

宇都宮宝石店放火殺人事件の犯人・篠沢一男の生い立ちや家族・犯行動機・死刑執行など現在までまとめ

江東マンション神隠し殺人事件と犯人/星島貴徳の現在!被害者の東城瑠理香さん・大島てるの場所と住所・心霊の噂・事件の判決もまとめ

八戸市女子中学生刺殺事件の犯人と真相は?詳細や場所・被害者・時効やその後もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

加茂前ゆきちゃん失踪事件と現在!怪文書の解読・父親と母親など家族と自宅・北朝鮮が犯人の噂や霊視の話題もまとめ

桐生のぞみの現在!家族(父親/母親)と学歴(高校/大学)・事件の判決も総まとめ

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の犯人は住田紘一!被害者/加藤みさとの関係・生い立ちと実家や家族・死刑執行と最後の言葉まとめ

藻南公園の都市伝説!事件と事故・場所や心霊スポット・熊の出没情報まとめ

ホテルセリーヌ(長野の廃墟)の妊婦絵の落書き・電話番号・事件や真相!場所や心霊スポット化・現在もまとめ

牛首村の場所は実在する坪野鉱泉!実話の事件・怖い話と都市伝説・現在も総まとめ

イエティ(UMA)の正体と現在は?写真と目撃場所・伝説や実在する証拠もまとめ

秋葉原通り魔事件の犯人/加藤智大の生い立ち&弟と母親など家族!事件のおかしい点・死刑執行などその後も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

テレゴニーは真実?嘘?理論の概要と歴史・人間や犬の実例・なんJの議論まとめ

軍艦島の歴史!事件と心霊の噂・上陸できない理由と当時の写真・廃墟化した現在まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す