開成高校生殺人事件の犯人は父親!被害者の佐藤健一と母親の遺書・ドラマ化作品・現在も総まとめ

1977年に発生した「開成高校生殺人事件」は実の息子を父親が殺害するという衝撃的事件でした。

 

この記事では開成高校生殺人事件の概要、被害者の佐藤健一の生い立ちや統合失調症の疑い、犯人の父親と遺書を残して自殺した母親、ドラマ化作品、現在などについてまとめました。

開成高校生殺人事件は父親が高校生の息子を殺害した衝撃的事件

 

出典:https://newsee-media.com/

 

「開成高校生殺人事件」とは、1977年10月30日の未明に、東京都北区の飲食店経営の父親(当時47歳)が、名門進学校として知られる開成高校2年生だった長男の佐藤健一(当時16歳)を、寝ている間に帯で首を絞め殺害した事件です。

 

父親は犯行後、心中を図ろうと妻(佐藤健一の母親、当時44歳)と2人で浜名湖まで行きますが死にきれず、翌31日に自首し事件が発覚しました。父親が進学校に通う息子を殺害した衝撃事件として当時の社会を震撼させました。

 

今回はこの、「開成高校生殺人事件」についてまとめていきます。

 

まず最初に、開成高校生殺人事件自体の経緯を見ていきます。

 

 

 

開成高校生殺人事件の経緯① 父親が息子の佐藤健一を殺害

 

裁判記録やこの事件について書かれた書籍などによると、1977年10月30日、当時16歳の開成高校2年生・佐藤健一は、東京都北区の自宅マンションで、「青春を返せ!人生を返せ!メチャクチャにしたのは親なのだ」などと叫びながら暴れ、その後眠りにつきました。

 

この日、母親は佐藤健一の暴力から逃れるために納戸に隠れ、祖母は睡眠薬を飲んで既に眠っていました。

 

以前から、息子・佐藤健一の激しい家庭内暴力に悩んでいた父親は、「このような事が続いたら、本当に家族が殺されるかもしれないし、息子が犯罪者になるかもしれない、そうなれば可哀想なのは息子だ」と考えるに至り、佐藤健一の殺害を決意しました。

 

午前0時頃、佐藤健一の父親は、祖母の眠っているそばにあったタンスから、長さ1メートル半ほどの帯を取り、それを持って2階の佐藤健一の部屋へと向かいました。

 

父親はしばらく佐藤健一の枕元に座り込み、手を下す事ができないまましばらくその寝顔を見下ろしていたようです。

 

しかし、これまでの壮絶な家庭内暴力を振り返り、やはり殺害するしかないと考え、父親は眠っている佐藤健一の首に帯を回して絞殺しました。

 

 

 

開成高校生殺人事件の経緯② 父親と母親は自殺を試みるも失敗し自首

 

父親が佐藤健一を殺害した後、部屋に母親が入ってきました。父親が泣きながら「俺は健一を殺してしまった。死のうと思う」と言うと、母親も「私も死にます」と言い、そこで2人は30分ほど泣き続けたそうです。

 

父親は眠っている祖母を驚かせないようにと、佐藤健一の遺体を押し入れの中に隠して両手を合唱させタオルをかけています。

 

父親と母親は明け方まで泣き続けた後、午前4時頃に自宅マンションを出て、タクシーで東京駅へと向かいました。

 

父親は東京駅八重洲口でズボンのポケットに佐藤健一を殺害するのに使った帯を入れっぱなしにしていた事に気がつき、地下道のゴミ箱に捨てています。

 

父親と母親はそこから再びタクシーに乗って横浜駅へ行き、そこから電車で新横浜へ、さらに新幹線で浜松へと移動しました。父親と母親は浜松からタクシーに乗り、館山寺という土地で降り、しばらく死に場所を探し浜名湖の周りを2人で彷徨いました。

 

しかし、この日は適当な場所が見つからず、その日は浜松市内のホテルに1泊しています。ホテルでは、夫婦で泣いたり、佐藤健一の事や残される祖母の事を話しているうちに、父親は自首する事を決め、翌日にタクシーで東京へと戻り、妻(佐藤健一の母親)に付き添われて警視庁赤羽署に自首し、殺人の容疑で逮捕されました。

 

この開成高校生殺人事件は、被害者の佐藤健一の生い立ちや事件前の異常行動が大きな要因となりましたが、これについては次の見出しから改めて見ていきます。

 

 

 

開成高校生殺人事件の被害者・佐藤健一の生い立ち① 小学生時代

 

開成高校生殺人事件の被害者の佐藤健一は、1961年2月に長男として生まれました。家族は、神田神保町で大衆居酒屋を経営する父親、その店を手伝う母親、母方の祖父母が同居していました。

 

佐藤健一は幼い頃から忙しい両親とはすれ違い気味で、主に祖父母と接して成長しています。幼少期は内向的で大人しい性格で、叱られる事はほとんどなかったようです。勉強はよくでき、小学校は私立の星美学院小学校へと進学し、成績は常に上位をキープしていたようです。5、6年生時には進学塾「四谷大塚」へと通い、家庭教師もつけていました。

 

ただ、人付き合いを好まず、友人は1人もいなかったようです。その様子を心配した祖母が「友達がいないのでしょう」と尋ねると、佐藤健一は「友達はある。20人くらいある友達はある。」と嘘をついています。

 

佐藤健一は自身の鼻が小さい事にコンプレックスを持っており、同級生にその事をからかわれると、仕返しにその子の持ち物を隠す事があり、父兄会で「性格が悪い」と指摘された事もあったようです。

 

佐藤健一は小学4年生頃から、父親の事を嫌悪するようになります。一方で母親のことはとても好きだったようです。

 

 

 

開成高校生殺人事件の被害者・佐藤健一の生い立ち② 開成中学時代

 

小学校を卒業後、佐藤健一は名門私立「開成中学校」を受験し、300名中56番という成績で合格し入学しています。

 

入学後も勉強はよくでき、2年の夏頃までは常にクラスで10番以内の成績を維持していたと言う事です。この頃は両親も「東大も夢ではない」と大いに期待を寄せていたようです。

 

ところが、2年の終わり頃になると、成績が下がり始め、佐藤健一自身もその事をとても気にするようになります。中学3年に上がる頃からは部屋にこもって読書に耽るようになり、スタンダールの「赤と黒」や、サルトル全集、フッサールなどの難解な本を好んでいたという事です。

 

しかし、勉強には力を入れなくなり、成績はは約300人中236番など、下位を低迷するようになったようです。

 

この頃から、佐藤健一は家族に「口をきくな」と言ったり、母親に対する態度や言葉遣いが乱暴になったようです。ある時、家族旅行に行く際、原因不明のまま佐藤健一が怒り狂い始め、「殺してやる!」などと叫びながら母親を追いかけ回すということがあったという事です。

 

4泊5日の旅行中、父親は佐藤健一に「家族は仲良く生活するように」と諭しますが、佐藤健一は父親を存在しないかのように無視するような態度を取ったと言います。

 

 

 

開成高校生殺人事件の被害者・佐藤健一の生い立ち③ 開成高校時代

 

佐藤健一は、名門私立である開成高校に内部進学していますが、成績は入学してからずっと、ほとんど最下位に近い有り様だったようです。

 

開成高校1年生の2学期あたりから母親に辛く当たるようになり、自分の鼻を気にして「自分の鼻が低いのは父親が鼻の低い母親と結婚したからだ」などと、当たり散らすようになったという事です。

 

そして、佐藤健一は1976年の暮れ頃に「鼻を整形手術したい」と言い出しています。しかし、整形外科医に「18歳にならないと鼻の成長が止まらないので難しい」と言われて諦めています。

 

1977年2月、佐藤健一は母親に「自分の鼻が低いのは母親に似たからだ、そんな低い鼻でよく外を歩けるな」などと罵声を浴びせています。

 

母親はこの言葉にショックを受けて、父親の職場に電話をかけています。それを聞いた父親は怒り、電話で佐藤健一を厳しく叱責していますが、佐藤健一は初めて父親に反抗する態度を見せ「それは命令だ。親でも俺に命令することは許せない。俺は今まで注意されても耐えて来たがもう許せない。お前が悪いのだ。あんな女と結婚したから、俺みたいな鼻の低いのが出来たのだ。お前ら夫婦は教養もないし、社会的地位もないし、そんな奴が一人前の顔して説教出来るのか。夫婦共バカだ」と怒鳴り返しています。

 

これをきっかけにして、佐藤健一と父親は言い争うようになりました。1977年4月には開成高校2年生に進学しますが、教師によれば、授業中に1人に笑い始めるなど異様な様子だったそうです。また、5月にあった修学旅行にも、佐藤健一はただ1人参加しなかったということです。

 

また、5月26日には、佐藤健一が家族内で唯一尊敬していたという母方の祖父が亡くなっています。

 

その後、佐藤健一の家庭内暴力が激化していく事になります。佐藤健一の家庭内暴力の内容については後の見出しで改めて紹介します。

 

 

 

開成高校生殺人事件の犯人である父親の生い立ちと経歴

 

次に、開成高校生殺人事件の犯人である父親の生い立ちや経歴についても触れておきます。

 

佐藤健一の父親は、栃木県宇都宮市の生まれで、2歳の時に小学校の教員をしていた父親が亡くなります。6歳の時に母親は再婚しますが、この時に弟と共に父方の実家に預けられています。

 

1951年、佐藤健一の父親は単身上京し、横田基地内の食堂で2年間コックの修行をし、1953年からは銀座のバーでバーテンとして働いています。その後、独立して上のに喫茶店と貸事務所を開き、この貸事務所の電話担当係として働いていたその後の妻(佐藤健一の母親)と出会って交際しています。

 

1959年に結婚し、妻の両親と共に暮らし始め、1961年2月に佐藤健一が誕生。

 

1966年には、神田神保町に大衆酒場を開店しています。この大衆酒場は成功し、十分な収入があったようです。ただ、非常に忙しく、正月以外はほとんど休みもなく、14時頃に家を出て午前1時頃に帰宅する生活を送っていました。妻(佐藤健一の母親)もこの仕事を手伝っていたため、幼い頃の佐藤健一は両親とすれ違いの生活を送ったようです。

 

 

 

開成高校生殺人事件の要因となった被害者の佐藤健一の家庭内暴力

 

 

ここまででも触れましたが、「開成高校生殺人事件」の要因となったのは被害者・佐藤健一の激しい家庭内暴力でした。

 

1977年5月、母方の祖母が亡くなった頃から、佐藤健一は家の中で暴れるようになり、毎晩、自室の畳や柱を殴り、襖に穴を開けるなどして暴れ、家族の睡眠を邪魔するようになったようです。

 

また、母親に暴力を振るう事もあったため、父親が注意すると、激しい口論となり、これに溜まりかねた父親はついに「家の中で喧嘩をしても仕方がない。俺はお前とは一切口を効かないようにする。だから、お前も母さんに干渉したり、乱暴したりしないでくれ。もし今後母さんを殴るような事があったら俺も許さんぞ、お前を殴るから承知しろ」と佐藤健一に伝えています。

 

佐藤健一はこの父親の言葉を無言で聞いているだけだったそうです。

 

その後も、佐藤健一は夜に自室で暴れ回るのを止めず、家族の睡眠を妨害し続け、両親だけでなく祖母にも乱暴な態度を取るようになったため、家族は自宅内で佐藤賢一に気を使い、ほとんど口を開けなくなっています。

 

1977年8月1日、母親はいつになく佐藤健一が機嫌良さそうにしているのを見て「勉強しているの?」と話しかけています。すると、佐藤健一は突如激昂して母親に殴りかかり、母親は家の中を逃げ回っています。この日、佐藤健一は1日中暴れ続け、これまでとは段違いの暴れ様だったという事です。

 

その日、父親が帰宅後に佐藤健一に注意をすると、「お前ら社会的な地位も名誉もないくせに何を言うか。」「お前らみたいな夫婦が俺を生んだから俺の人生は破滅だ」などと叫び、さらに家の中で暴れまわり、物を投げつけるなどしています。

 

この日から、佐藤健一は父親に殺害されるまでの間、毎日自宅で激しく暴れ回り続けたようです。

 

この頃の佐藤健一は、自宅の家具や窓ガラスなどを破壊するだけでなく、祖母の前で金属バットで仏壇を叩き壊したり、両親に殴る蹴るの暴行を加えたり、家の中に水を撒き散らして水浸しにし、押し入れの布団を池の中に放り込んだり、家の中の本や衣服に火をつけたりと、手をつけられないほどの暴れぶりだった様です。

 

8月の終わり頃には、祖母も佐藤健一に殴りかかられ、ノイローゼ気味になって2、3日の間、旅館へと避難するなどもしています。

 

 

 

開成高校生殺人事件の犯人である父親は佐藤健一の統合失調症を疑っていた

 

 

息子の佐藤健一の異常な様子に、父親は病気を疑って医学書を調べたところ、息子は統合失調症(当時の名称は精神分裂病)なのではないかと疑い始めています。

 

1977年8月中旬になり、両親は佐藤健一を連れて東京都帰宅の精神病院を訪れましたが、医師は「これは精神病ではない。わがまま病である」と断じ、佐藤健一が統合失調症である事を否定しています。

 

それでも両親は息子を入院させてほしいと訴えますが、医師は「入院の必要はない」と拒否しています。

 

それから、佐藤健一の通院での治療が開始され、注射や投薬などが行われています。しかし、佐藤健一の様子は変わるどころか、家庭内暴力はさらに激化しています。

 

佐藤健一は、襖や障子、窓ガラス、ドアや家具などを叩き壊すほど暴れたかと思うと、突然1日中泣き喚くなどしたため、父親はやはり息子は統合失調症だと考え、8月下旬~9月初め頃に、四谷にある別の精神病院へと佐藤健一を連れて行っています。

 

ところが、この病院の医師も「自己中心的なわがまま病だ」などと診断を下しています。この病院の帰り道でも佐藤健一は大声を出して暴れ、父親の着ていたシャツがズタズタに破れるほどの暴力を振るっています。

 

同年9月からは、電気ショックによる治療が試みられています。この電気ショックを受けると佐藤健一は一時的に大人しくなり、「お母さんと一緒に寝る」などと甘える態度も見せた様ですが、その効果が切れると再び暴れ始めたということです。

 

同年10月22日も、病院で電気ショック治療を受けた佐藤健一でしたが、その次の朝に突然ブチギレて、釘の刺さった襖の枠で父親に殴りかかり、包丁を取り出して叫びながら襲いかかるなどしています。父親はなんとかこれをかわしかすり傷で済みますが、さらに佐藤健一は皿を持ち出してきて父親の頭に振り下ろし、流血させています。

 

父親はこれによって救急車で運ばれる騒ぎになり、佐藤健一も駆けつけたパトカーに乗せられて通院していた精神病院に連行されています。

 

10月29日になり、父親は改めて医師に息子は統合失調症ではないかと尋ねますが、医師はこの時も「一種のヒステリーだ」などと答えるだけでした。

 

そして、翌10月30日に、父親はついに息子の殺害を決意したのでした。

 

佐藤健一が統合失調症だったのかどうかは不明ですが、佐藤健一は幻聴や被害妄想などを訴えていたわけではない様です。こうした事から、当時佐藤健一を診断した医師らは統合失調症ではないと判じたのだと思われます。

 

ただ、佐藤健一の一連の行動はあまりにも異常であり、統合失調症ではなくとも、何らかのパーソナリティ障害を患っていた可能性は高いように思えます。

 

 

 

開成高校生殺人事件のその後① 父親に執行猶予判決

 

 

続けて、「開成高校生殺人事件」のその後についても見ていきます。

 

父親は息子の佐藤健一を殺害した罪で裁判を受けましたが、母親は裁判で必死に父親を庇い情状酌量を求め、検察側の求刑懲役8年に対して、東京地裁は懲役3年執行猶予4年という異例の温情判決を下しています。

 

検察側はこの判決を不服として控訴しますが、1979年2月28日、東京高裁は控訴を棄却し、一審判決が確定しています。

 

 

 

開成高校生殺人事件のその後② 母親は遺書を残して首吊り自殺

 

出典:https://newsee-media.com/

 

裁判では父親を庇い続けた母親でしたが、一審判決が下された後、一転して「健一を返して」などと父親をなじるようになり、父親の判決が確定する前の1978年7月2日に、佐藤健一の自室で遺書を残して首吊り自殺しています。

 

母親の遺した遺書には「(佐藤健一が暴れた)主因は自分の教育」などと自分を責める内容が書かれていたという事でした。

 

 

 

開成高校生殺人事件はドラマ化や映画化もされている

 

出典:https://m.media-amazon.com/

 

「開成高校生殺人事件」は、そのセンセーショナルな内容から、ドラマ化や映画化がされました。

 

開成高校生殺人事件をモチーフにした作品は、1978年にTBSで放送のドラマ「七人の刑事・三人家族」、1979年公開の映画「絞殺」、1983年にテレビ朝日で放送されたドラマ「子供たちの復讐 ~開成高校生殺人事件」などがあります。

 

この中でもドラマ「子供たちの復讐 ~開成高校生殺人事件」は、父親役を石橋蓮司さん、母親役を宮本信子さん、息子役を坂上忍さんが演じ話題になりました。

 

このドラマはDVD化されており、現在もオンラインショップなどで購入が可能です。

 

 

 

開成高校生殺人事件の犯人である父親の現在は?

 

「開成高校生殺人事件」の犯人である父親の事件後については、情報が何もなく不明です。現在も存命であれば90歳を超えているはずですが、どこで何をしているのかなどの情報はありません。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1977年10月30日未明に発生した「開成高校生殺人事件」についてまとめてみました。

 

開成高校生殺人事件の被害者は、当時開成高校2年生だった16歳の少年・佐藤健一で、犯人はその実の父親でした。

 

父親は息子・佐藤健一のあまりに激しい家庭内暴力に思いつめ、ついに殺害に至った悲惨な事件でした。

 

父親は佐藤健一のあまりに異常な行動について、統合失調症ではないかと疑い、精神病院に通院させていましたが、当時の医師はそれを否定し「わがまま病やヒステリー」などと判断し、入院などの措置を取りませんでした。

 

その結果、父親はこのままでは佐藤健一に家族が殺されると思い詰め、そうなる前にと殺害に至りました。父親は裁判で情状酌量が認められ執行猶予付きの判決が下されています。また、母親は、自分の教育方針に責任があると書いた遺書を残して事件後に自殺しています。

 

開成高校生殺人事件は、そのあまりにセンセーショナルな内容からドラマ化や映画化もされており、特に1983年に放送されたドラマ「子供たちの復讐 ~開成高校生殺人事件」は話題になり、現在もDVDが購入可能です。

 

開成高校生殺人事件の犯人である父親は、現在も存命であれば90歳を超えているはずですが、事件後にどのような人生を送ったのか、今現在何をしているのかなどの情報は噂も含めて何も出ておらず不明です。

 

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

ホテルニュージャパン火災の場所と原因!イギリス人と横井英樹社長のその後・生存者と犠牲者・プルデンシャルタワーとなった現在と心霊の噂まとめ

八王子市歯科医師フッ化水素事故の原因とその後/被害者の母親やなんJのコピペ・医師の現在まとめ

ひかりごけ事件の犯人は船長!少年の食人の真相・判決などその後・現在の映画化や漫画化もまとめ

帝銀事件の真相と真犯人!平沢貞通は冤罪?死刑囚の家族と養子の悲劇・酒井政利が息子の噂と映画を総まとめ

橋北中学校水難事件の原因は離岸流?場所と心霊や遺体の噂・映画化やアンビリバボーの特集まとめ

みどり荘事件の真犯人や被害者は?宗教との関係や真相の考察・その後現在もまとめ

岡田更生館事件の館長の実名と写真!跡地の場所と現在・映画やひぐらしのなく頃・アンビリバボーの特集も紹介

篠崎ポンプ所女性バラバラ殺人事件の犯人と真相・心霊の噂!事件の場所や内容・被害者もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

カローラ山荘の現在は取り壊し済!場所と歴史・内部と看板・怖い話や心霊写真もまとめ

森祐喜(森喜朗の息子)の死因!押尾学事件や田中香織との関係・タイで生きてる説・結婚した嫁と子供など家族もまとめ

ダークウェブの現在!入り方や買えるもの・事件・赤い部屋など怖い話まとめ

池上町(川崎市)の現在!出身芸能人・治安や事件・不法占拠とスラム化の経緯などを総まとめ

アステカの祭壇の現在!場所や心霊写真・生贄や心臓の扱いと真相・危険の理由・アンビリバボーや映画も総まとめ

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

トムラウシ山遭難事故まとめ/原因とガイドや奇声・生存者の前田和子さん・その後現在も紹介

八王子市歯科医師フッ化水素事故の原因とその後/被害者の母親やなんJのコピペ・医師の現在まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

千葉祐太郎死刑囚の現在!生い立ちや母など家族・高校・嫁の南部沙耶との結婚や子供の情報も総まとめ【石巻3人殺傷事件の犯人】

比嘉和子の現在と死因!アナタハンの女王事件の真相とその後・夫や妊娠と子供・年齢と経歴・ブロマイドやストリッパーの話題も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す