悪魔の詩訳者殺人事件の犯人と真相は?内容と問題点やタブー・被害者の五十嵐一や作者も総まとめ

悪魔の詩訳者殺人事件」は筑波大学助教授の五十嵐一さんが大学キャンパス内で何者かに殺害された事件です。

 

この記事では悪魔の詩訳者殺人事件の概要、なぜ被害者の五十嵐一さんが殺害されたか、翻訳した小説の問題点やタブー、犯人や事件の真相などについてまとめました。

悪魔の詩訳者殺人事件の概要

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「悪魔の詩訳者殺人事件」とは、1991年7月11日夜から12日未明にかけて、茨城県つくば市の茨城大学筑波キャンパスで発生した殺人事件です。

 

被害者は筑波大学助教授だった五十嵐一(いがらし・ひとし)さんで、1991年7月12日の朝に同大学筑波キャンパスの人文・社会学系A棟7階のエレベーターホールで首と胸や腹部など複数ヶ所に傷のある刺殺体となって発見されました。

 

死亡推定時刻は、7月11日の22時頃から12日の午前2時頃の間で、首の左に2ヶ所、右に1ヶ所の刺し傷がありいずれも頸動脈を切断するほどの深さでした。また、右側の胸部と腹部に計3ヶ所の刺し傷があり、一部は肝臓にまで達する深さでした。首の傷は「イスラム式の殺害方法」などと報じられました。

 

現場には、被害者の五十嵐一さんのものとは異なるO型の血痕と、サイズ27.5cmの中国製カンフーシューズの足跡が残されていました。

 

犯人はエレベーターを使用せずに階段で3階まで降りた後、非常階段を使って逃亡した事が判明しましたがその後の行方は掴めませんでした。

 

捜査は進展しないまま2006年7月11日に殺人罪の公訴時効が成立し未解決事件となっています。現在も事件の真相は謎のままです。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件はなぜ起きたか…事件の背景

 

出典:https://i.ytimg.com/

 

「悪魔の詩訳者殺人事件」の被害者の五十嵐一さんがなぜ殺害されたのかについて、事件の背景をみていきます。

 

被害者の五十嵐一さんは、インド出身のイギリス系アメリカ人作家の小説「悪魔の詩(原題:The Satanic Verses)」の日本語訳を担当しました。

 

この小説「悪魔の詩」は、イスラム教に対して攻撃し揶揄するような内容(それを示唆する内容)自体をテーマにしており、出版直後からイスラム教徒からの強い反発を招いている曰く付きの作品でした。

 

作者のサルマン・ラシュディや発行に関わった人々は、当時のイランの最高指導者ルーホッラー・ホメイニから「死刑宣告」を受けており、それを実行したものには日本円に換算して3億7千万円もの懸賞金が支払われる事も宣言されていました。

 

日本語版の翻訳者である五十嵐一さんもまた、この死刑宣言の対象者でしたが、五十嵐一さんは「本を読んでもらえれば誤解されるような事はない」と言って警察による身辺警護を断り、雑誌「中央公論」に「私はなぜ『悪魔の詩』を訳したか」と題した記事を寄稿するなどしていました。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の原因となった小説「悪魔の詩」の内容

 

出典:https://www.dailyshincho.com/

 

「悪魔の詩訳者殺人事件」の原因となった小説「悪魔の詩」の内容は、インドのイスラム教徒出身の俳優2人が、ハイジャック機に乗り合わせ爆発事故に巻き込まれた事がきっかけに、それぞれ大天使ガブリエルと悪魔へと変貌する奇跡が起こり、その後、ある1人のイギリス人女性をめぐって争うといった現実世界での出来事と、主人公の1人がみている夢幻パートが交互に描かれるマジックリアリズムの手法が使われた構成となっています。

 

全体的な内容としても、イスラム原理主義を攻撃し批判し、揶揄するようなものになっています。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の原因の小説「悪魔の詩」でタブーとされた問題点

 

出典:https://img.lemde.fr/

 

小説「悪魔の詩」この幻想パートの内容は、イスラム教の預言者ムハンマドを明らかに示唆しているキャラクターが登場し、イスラム教の教えでタブーとされているような行動を繰り返します。

 

タブー的な内容の例を挙げると、預言者ムハンマドの名前をもじった主人公がイスラム教で禁止されている豚肉を貪り食う、イスラム教が掲げる一神教を冒涜する、預言者ムハンマドが生涯にもったとされる12人の妻と同じ名前を持つ娼婦が登場するなどがあります。

 

また、このパートの最終章では、当時のイランの指導者であるイマームを風刺したキャラクターが登場しており、これも事件を誘発した問題点だと見られています。

 

こうしたタブー的な内容に多くのイスラム教徒が怒り、「悪魔の詩」はこうした問題点の多さから政治的配慮によって、インドをはじめいくつかの国で発売禁止処分を受けています。

 

ただし、五十嵐一さんの日本語訳版は誤訳が多く、メタファーを間違って理解している部分も見られ、作者の意図した風刺的なニュアンスはあまり伝わりません。こうした事からイスラム教についての知識をあまり持たない日本人読者からは、タブーとされた問題点がよくわからないという意見も多く見られます。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の小説「悪魔の詩」の作者はサルマン・ラシュディ

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

「悪魔の歌訳者殺人事件」の原因となった小説「悪魔の詩」の作者は、インド出身のイギリス系アメリカ人であるサルマン・ラシュディという人物です。

 

悪魔の詩の作者、サルマン・ラシュディは、主に自身のルーツであるインド亜大陸を舞台にして、東洋と西洋のつながりと混乱、人々の移住などをテーマとして扱い、マジックリアリズムの手法を駆使して幻想的に表現しています。

 

世界的には高い評価を受けており、1981年にブッカー賞受賞、1983年に英国王立文学会のフェローに選出、1999年にフランスの芸術文学勲章を受勲、2007年に英国政府からナイトの称号を授与、2008年にはアメリカタイムズ紙の「1945年以降の最も偉大な英国作家50人」の第13位に選ばれています。

 

 

2022年8月に「悪魔の詩」作者が襲撃され刺される事件が発生

 

「悪魔の詩」作者のサルマン・ラシュディは、2022年8月12日にニューヨークでの講演の前に、ヘイディ・マタールという当時24歳の男に襲撃され、刃物で顔や腹部などを複数回刺されて重傷を負いました。

 

ラシュディは病院に運ばれて手術を受けましたが、翌13日には人工呼吸器を外してジョークを飛ばせるほどまでに回復した事が報道されています。

 

イスラム教預言者ムハンマドを題材にした小説「悪魔の詩」で知られるインド出身の英作家サルマン・ラシュディ氏(75)が12日、米東部ニューヨーク州で講演の直前、男に襲撃された。目撃情報によると、刃物で首などを複数回刺され大量に出血した。詳しい容体は不明。男は現場で拘束された。

 

引用:作家ラシュディ氏刺される 「悪魔の詩」著者、男拘束

 

犯人のヘイディ・マタールは、ニュージャージー州に住むレバノン系のアメリカ人で、SNSにイスラム革命防衛隊を支持する投稿をしていました。また、偽装運転免許証を持っており、これにはヒズボラ(レバノンのシーア派イスラム主義の政治組織、武装集団)の殺された過激派の人物の名前を連想する名前が記載されていました。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の被害者の筑波大学助教授・五十嵐一について

 

悪魔の詩訳者殺人事件被害者・五十嵐一のプロフィール

 

生年月日:1947年6月10日

没年月日:1991年7月11日(享年44歳)

出身地 :新潟県新潟市

 

「悪魔の詩訳者殺人事件」の被害者の五十嵐一さんは新潟県新潟市の出身で、新潟県立新潟高校を卒業後、東京大学理学部数学科へと進学しています。1970年の東大卒業後は同大学院へと進んで、人文系へと転身して、人文科学研究科美学芸術学博士課程を専攻し1976年に修了。

 

大学院修了後は、イランへと留学しイラン王立哲学アカデミーに研究員を務めました。1979年のイラン革命(ホメイニが政権を握った革命)後は帰国し、1986年から亡くなる1991年までは筑波大学の助教授を務められていました。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の犯人の真相① バングラディッシュ人留学生説

 

「悪魔の詩訳者殺人事件」の犯人は捕まらず、事件は未解決事件となりました。

 

犯人の真相としては色々な説がありますが、「週刊文春」(1998年4月30日号)が、「『悪魔の詩』五十嵐助教授殺人に『容疑者』浮上」と題する記事を掲載しています。

 

この記事によると、週刊文春は東京入国管理局が作成した事件の犯人に関する極秘の調査報告書を入手し、それは筑波大学に短期留学していたバングラディシュ人学生が容疑者として記載されていたという事です。

 

この犯人と思われるバングラディッシュ人留学生は、被害者の五十嵐一さんが殺害された直後の1991年7月12日の昼過ぎに成田空港から出国し、バングラディッシュに帰国していました。

 

捜査当局はこのバングラ人留学生が犯人の可能性があるとしてマークしていたようですが、イスラム諸国との関係悪化を懸念する日本政府の意向により、この留学生に対する捜査は打ち切りになったとの情報もあります。

 

この容疑者についての詳しい情報は明かされておらず、その後どうなったのか、本当に犯人だったのかなどはわかりません。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の犯人の真相② イスラム革命防衛隊「ゴドス軍」説

 

出典:https://liputanislam.com/

 

CIAの元職員のケネス・ポラックは、著作「ザ・パージァン・パズル」の中で、五十嵐一さんを殺害した犯人は、イランの軍隊(国軍とは別組織)の1つである「イスラム革命防衛隊」の中の、国外での特殊作戦を担当する特殊部隊「ゴドス軍」の可能性が高いと述べています。

 

同書では、目立ちやすいエレベーターホールで五十嵐一さんを襲撃したのは、見せしめのためだったとも推測されています。

 

 

 

悪魔の詩訳者殺人事件の犯人の真相③ 被害者の五十嵐一の意味深なメモ

 

事件後に警察当局が被害者の五十嵐仁さんの筑波大学デスクを調べたところ、引き出しから日本語とフランス語で書かれた壇ノ浦の戦いに関する四行詩が見つかりました。このメモは事件から見て数週間以内に書かれたと見られ、4行目の「壇ノ浦で殺される」という日本語の1節に対応するフランス語訳では「階段の裏で殺される」と書かれていました。

 

五十嵐一さんは階段横のエレベーターの中で殺害されている事から、このメモの内容は、五十嵐一さんが自分の危機を悟っていた証拠ではないかとの憶測も呼びました。

 

ただ、「悪魔の詩」の日本語版の内容を見ると、五十嵐一さんはあまり翻訳が得意ではなかったようなので、「壇ノ浦」をそのままフランス語で「階段の裏」と訳してしまった可能性の方が高そうです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1991年7月11日夜から12日未明にかけて、茨城県つくば市の茨城大学筑波キャンパスで起きた「悪魔の詩訳者殺人事件」についてまとめてみました。

 

「悪魔の詩訳者殺人事件」は、イスラム世界から強い批判を受けていた小説「悪魔の詩」の日本語版の翻訳を担当した筑波大学助教授の五十嵐一さんが何者かに殺害された事件です。

 

五十嵐一さんは筑波大学キャンパスのエレベーター内で、首や腹など複数箇所を刺されて死亡しており、この殺害方法がイスラム式の処刑方法だと推測されました。

 

五十嵐一さんがなぜ殺害されたのかの真相は犯人が捕まっていないため不明ですが、五十嵐さんが翻訳を手がけた「悪魔の歌」は、イスラム教に対する攻撃とも取れるようなタブーや問題点を多く含んだ内容で、当時のイランの指導者だったルーホッラー・ホメイニが、作者及び出版に関わった人々に対する死刑宣告を行なっていました。こうした背景からそれに応じたシーア派のイスラム過激派による犯行とみられています。

 

犯人は捕まっておらず未解決事件となりましたが、筑波大学に短期留学していたバングラディッシュ人学生が捜査当局の容疑者として浮上していた事が明らかにされています。また、

元CIA職員のケネス・ポラックの著作「ザ・パージァン・パズル」では、真相はイランの軍事組織「イスラム革命防衛隊」の特殊部隊「ゴドス軍」による犯行との説が提示されています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

宮沢みきおさん世田谷一家殺人事件の犯人と真相!経歴や職業・北朝鮮や韓国人と宗教との関係もまとめ

習志野市茜浜女性殺害事件の犯人は楊暁春?真犯人は?事件の詳細と被害者・真相を考察

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

住友銀行名古屋支店長射殺事件の犯人と真相・その後現在!事件の詳細と被害者も総まとめ

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

愛知豊明母子4人殺人放火事件の真相と犯人!旦那(父親)のホステスとの浮気・その後現在も総まとめ

八戸市女子中学生刺殺事件の犯人と真相は?詳細や場所・被害者・時効やその後もまとめ

赤城神社主婦失踪事件の真実!宗教や保険金など真相考察・志塚法子の顔写真や家族などもまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

開成高校生殺人事件の犯人は父親!被害者の佐藤健一と母親の遺書・ドラマ化作品・現在も総まとめ

ズームイン朝の大濠公園で水死体?放送事故の動画と真相・殺人事件との関係まとめ

比嘉和子の現在と死因!アナタハンの女王事件の真相とその後・夫や妊娠と子供・年齢と経歴・ブロマイドやストリッパーの話題も総まとめ

浅沼稲次郎の暗殺事件&犯人の少年と現在!身長や子孫・刺される画像・その後もまとめ

熊取町7人連続怪死事件の真相と犯人!詳細や場所・警察の自殺認定・なんJでの議論などまとめ

八幡の藪知らずはやばい?侵入者や事件の真相・霊視結果も総まとめ

耳かき店員殺害事件と犯人/林貢二の現在!被害者の江尻美保さん殺害の動機・裁判の判決もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ゲド戦記の都市伝説や裏設定14個と6つの謎の考察/解説!原作者激怒やひどい評価の理由を総まとめ

山村貞子の生い立ち&父親と母親!死因や実在のモデル・顔は美人でかわいい説・リングなどの映画&ドラマ作品まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す