制服警察官女子大生殺人事件の犯人の松山純弘&その後と現在!被害者や事件の判決も総まとめ

日本の治安は警察官の方々が守ってくれています。でも、過去には制服を着た警察官の松山純弘が残忍で凶悪な犯罪を起こしたことがありました。

 

制服警察官女子大生殺人事件の詳細や被害者、犯人の動機、裁判の判決と事件のその後や現在をまとめました。

制服警察官女子大生殺人事件とは

制服警察官女子大生殺人事件とは、1978年1月10日に東京都世田谷区経堂で現職の制服警察官が起こした殺人事件です。制服警察官がひとり暮らしの女子大生の部屋に強引に押し入り、強姦した後に絞殺しました。

 

 

大家の通報で発覚

 

1978年1月10日午後4時40分ごろ、110番通報が入ったことで、制服警察官女子大生殺人事件は発覚しました。

 

通報内容は「アパートの一室でその部屋に住んでいる女子大生が死んでいる」というもので、通報者はそのアパート「東荘」に住む大家からでした。その通報を受けた警察は現場に急行しました。

 

警察が駆けつけた時、東荘のアパートの現場には被害者の女子大生が窓際にあるベッドの下にうずくまるようにして倒れていて、ストッキングで絞殺されていました。また、レイプされた形跡、さらに室内を荒らされた形跡があり、玄関のドアはカギがかかっておらず、サッシのガラス戸は割れていました。

 

現場近くの北沢警察署は殺人事件として特別捜査本部を設置して、捜査を開始します。

 

 

第一発見者は制服警察官だった

 

警察が捜査を進める中で、通報者であるアパートの大家に事情聴取をすると、第一発見者は通報した大家ではなく、警察官であることが発しました。

 

大家は午後4時半過ぎに外出のために、被害者の部屋の前を通りかかりました。ふと、被害者の部屋の方を見ると、室内に若い男性警察官が立っていて、大家に向かって「女性が死んでいる、通報してください」と言われて、大家は慌てて110番通報をしたと大家は証言しました。

 

警察はこの証言を聞いて、最初はその第一発見者の警察官は「偽警察官」であると考えました。なぜなら、大家が通報して現場に戻った時、その警察官は姿を消していましたし、もし本当の警察官なら他人に通報を依頼せず、無線などでその場で報告するはずだからです。

 

しかし、捜査本部が捜査を進めた結果、第一発見者の警察官は北沢警察署経堂駅前派出所に勤務する松山純弘(当時20歳)であることが分かったのです。

 

 

現職の制服警察官が逮捕

 

捜査本部の刑事たちは、第一発見者の松山純弘が犯人ではないかと読んでいましたが、松山は取り調べで犯行を否認しています。しかし、取り調べを進めていく中で、矛盾点が多く出てきました。

松山は午後4時30分ごろ、パトロール中に現場から20m離れたところで窓ガラスが割れた音を聞いたため、現場に急行したら、絞殺された被害者の遺体を見つけたと証言しています。

 

しかし、近隣住民の証言から、ガラスが割れたのは午後4時前であることがわかっているので、時間に矛盾が生じています。

 

また、遺体を発見した後、大家に通報を依頼して大家が通報している隙に現場を離れ、派出所に戻っています。しかも、松山は派出所に戻った後に何も報告せずに、普通に勤務に戻っているんです。

 

しかも、なぜ無線で通報せずに、大家にわざわざ110番させたのか?などの理由をきちんと説明することができませんでした。また、大家が犯行現場で松山を見た時には、服装が乱れていて、制服のボタンが引きちぎられていたという事実も判明しています。

 

これらの矛盾点を刑事たちが追及していくと、最初は松山純弘は否認していたものの、顔に不自然な引っかき傷があり、それを指摘されると、松山は犯行を認めて逮捕されました。

 

松山純弘が逮捕された後、さらに調べを進めると、松山の制服内のパンツからは被害者の女子大生の血液が検出されています。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件の犯人の犯行と動機

出典:japancraim.exblog.jp

 

制服警察官女子大生殺人事件の犯人である松山純弘が、被害者の女子大生を殺害した動機は一方的な恋心と性欲です。

 

松山は以前から被害者の女子大生に一方的に恋心を抱いていて、パトロールの時に部屋を覗いたりしていました。現代で言うストーカー行為ですね。

 

そして、事件の2日前の1978年1月8日に、松山は新宿歌舞伎町でポルノ映画を見て、性欲が高まり、興奮状態になり、意中の被害者の女子大生をレイプすることを思いつきます。

 

そして、1月9日の勤務中に犯行を決意して、1月10日の午後に制服姿のままで被害者のアパートに向かいます。そして、両隣が留守なのを確認してから、「巡回連絡に来た」と告げて、ドアを開けさせました

 

ドアが開くと、松山は被害者が1人であることを確認してから、無理やり部屋に押し入り、内側からカギをかけてレイプしようとします。犯人の顔をひっかくなど(この時の傷で犯人は自白)被害者は必死に抵抗し、抵抗している時に被害者の手がガラス戸にあたってガラスが割れてしまいます。

 

松山はこのガラスが割れた音で、近隣住民にバレたと思い、被害者を殺害することに決めました。ストッキングで絞殺した後、松山は被害者を屍姦し、強盗に見せかけようとして被害者の洋服ダンスなどを荒らして、財布から現金8,650円を盗んで逃走しようとします。

 

部屋を出ようとしたその時、大家が覗いていることに気づき、咄嗟に「女性が死んでいる。110番してください」と告げ、大家が110番をしている隙に、その場を離れて、勤務先の派出所に戻りました。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件の被害者

 

制服警察官女子大生殺人事件の被害者は、清泉女子大学キリスト教文化学科の4年生の長谷川優子さんです。

この被害者には婚約者がいました。被害者は変な制服警察官に目をつけられていることを感じていて、婚約者に「若い警官にしょっちゅう部屋を覗かれている」と相談していました。

 

変な警察官に部屋を覗かれていることをわかっていて、婚約者にまで相談していたということは、この被害者の女子大生は普段以上に警戒心が強くなっていたと思われます。それなのに、ドアを開けてしまったのは、犯人が制服警察官だったからでしょう。制服警察官にドアを開けろと言われたら、さすがに拒否することは難しいです。

 

現代ならいろいろと言い訳して、警察署に確認するなんてこともできるかもしれませんが、事件当時は今よりも警察官の威厳は強かったと思いますので、ドアを開けることを拒否できなかったのでしょう。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件の犯人の生い立ち

 

制服警察官女子大生殺人事件の犯人の松山純弘は、1957年1月28日に鹿児島県指宿市で生まれました。実家は理容店を経営していました。子供のころから素行が悪かったんです。

 

・中学3年→洋品店に盗みに入る
・高校1年→タバコを吸って停学処分
・高校1年→バイクの無免許運転で家裁送致
・高校3年→バイク事故や不純異性交遊

 

このように次から次へと問題を起こしていましたが、高校は何とか卒業することができました。その後、上京して警察官になることを思いつきます。そして、東京の警察官採用試験に合格し、警察学校で1年間訓練を受けた後に警視庁北沢署に配属となりました。

 

また、警察官になってから、国士舘大学経済学部2部にも進学しています。

 

ただ、警察官になってからも素行は悪く、給料の大半をキャバクラや風俗につぎ込み、足りない分は空き巣などを繰り返していたことが逮捕後に発覚します。窃盗事件は5件、さらにそこで盗んだクレジットカードで買い物・飲食した詐欺事件は23件もありました。

 

警察官になって大学に進学するという真面目さを見せる一方で、空き巣を繰り返すという二面性を持つ人物だったようです。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件の判決

 

制服警察官女子大生殺人事件では、すぐに犯人の松山純弘が逮捕されました。

 

松山は逮捕当日に懲戒免職になりました。その後、裁判が開かれて、一審の東京地方裁判所では無期懲役の判決を受け、事件から約5年後の1982年11月には東京高裁で控訴が棄却され、無期懲役の判決が確定しています。

 

松山純弘は千葉刑務所で服役することになりました。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件のその後

 

制服警察官女子大生殺人事件は、現職の制服警察官が起こした凶悪事件でした。そのため、マスコミにも大きく取り上げられ、警察の責任問題に発展しています。

 

この制服警察官女子大生殺人事件で犯人が逮捕された後、1月19日には国家公安委員会と警視庁は上司の監督責任を問うことになり、警視総監が減給処分、さらに警視庁幹部3名も処分されました。翌月には警視総監は引責辞任し、北沢署の署長も引責辞任に追い込まれています。

 

また、制服警察官の信頼は失墜し、この事件後はしばらくの間、巡回連絡を中止せざるを得なくなりました。

 

さらに、東京都は国家賠償法に基づき、被害者の遺族に4360万円の損害賠償金をしはらうことになりました。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件の現在

出典:amazon.co.jp

 

制服警察官女子大生殺人事件の犯人の松山純弘は、現在も千葉刑務所で服役していると思われます。

 

1976年に強盗殺人事件を越して無期懲役判決を受け、31年間の服役生活後に仮釈放された金原龍一は、「31年ぶりにムショを出た―私と過ごした1000人の殺人者たち」の本の中で松山純弘との交流を記しています。

 

その本によると、松山は精神を病んでいて、千葉刑務所と八王子医療刑務所行ったり来たりしていたとのこと。また、訳の分からない発言をしたり、「孫がいる」などの妄想的な話をしていたそうです。

 

インターネット上の一部情報によると、松山純弘はすでに仮釈放されているのでは?と言われていますが、無期懲役判決を受けた受刑者が仮釈放されるには最低でも30年は服役しなければならず、法務省の「無期刑及び仮釈放制度の概要について」によると、反省していて、更生の意欲があり、再犯の恐れがなく、更生のためには保護観察にするのが良いと判断されるなどの条件を満たした場合のみ、仮釈放されると記されています。

 

金原龍一の証言が本当で、松山が精神を病んでいる状態であれば、仮釈放の条件に当てはまらないので、おそらく仮釈放されることはなく、現在も千葉刑務所に収監されている可能性が高いです。

 

 

制服警察官女子大生殺人事件のまとめ

制服警察官女子大生殺人事件の詳細や犯人の犯行や動機、被害者について、犯人の生い立ち、判決や事件のその後と現在をまとめました。

 

制服警察官への信頼性は高いからこそ、被害者はドアを開けてしまったのでしょう。たった1人の凶悪な犯人のせいで、制服警察官の信頼が失墜してしまいましたので、真面目に職務を遂行している警察官も犯人の被害者と言えるかもしれません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

八王子市歯科医師フッ化水素事故の原因とその後/被害者の母親やなんJのコピペ・医師の現在まとめ

生坂ダム殺人事件の犯人と真相!場所や被害者・現在まで紹介

下山事件の真相や真犯人は?犯人候補と謎・最後の証言や映画化も総まとめ

桜田門事件(昭和天皇暗殺未遂)と犯人/李奉昌の現在!死刑判決と死因・動機やその後を総まとめ

弘前大教授夫人殺し事件の真犯人は滝谷福松!那須隆の冤罪・被害者の松永藤雄の妻・詳細とその後まとめ

免田事件の真相と真犯人!免田栄の生い立ちと家族・結婚や女性関係・保証金や死因も総まとめ

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

ひかりごけ事件の犯人は船長!少年の食人の真相・判決などその後・現在の映画化や漫画化もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ツキノワグマ

乗鞍岳クマ襲撃事件とは?女性の被害者や後日談・事故の場所や外傷例もまとめ

池上町(川崎市)の現在!出身芸能人・治安や事件・不法占拠とスラム化の経緯などを総まとめ

神戸大学院生リンチ殺人事件の犯人/佐藤高行はヤクザ組長!発生場所と被害者・裁判の判決・その後と現在もまとめ

小林雅尚ちゃん行方不明事件と現在!真相の考察や概要もまとめ

茂原市重機オペレーター殺害事件の犯人と現在!事件の詳細や被害者・裁判の判決とその後まとめ

チャイニーズドラゴンの事件22選!メンバーや組織図・初代総長の現在や怒羅権との違いを総まとめ

アステカの祭壇の現在!場所や心霊写真・生贄や心臓の扱いと真相・危険の理由・アンビリバボーや映画も総まとめ

リンチ事件の犯人の凶悪度ランキング36選!凄惨で胸糞悪い殺人事件【最新決定版】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

浄蓮の滝で車の転落事故!心中事件や伝説も総まとめ【スピリチュアルな場所】

エベレスト大量遭難事故(1996年)の原因とメンバー&不適切行為とは?映画やその後もまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す