新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の犯人と真相!場所や被害者・その後もまとめ

1981年3月から6月に発生した未解決事件「新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件」が話題です。

 

この記事では新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の詳細と被害者の経歴、事件のあった場所の詳細、犯人像や事件の真相の考察、その後や現在の状況などについてまとめました。

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の詳細① 事件の概要

 

出典:https://up.gc-img.net/

 

「新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件」とは、1981年3月20日から6月25日にかけて、相次いで4件発生した連続殺人事件・殺人未遂事件です。

 

第1から第3までの事件は、10代から40代の女性3人が、それぞれ別のラブホテル内で何者かに首を絞められて殺害されているのが発見された殺人事件です。

 

最後の第4の事件は殺人未遂事件で、当時30歳のホステスが、その日初めて会った男にナンパされてラブホテル(第1から第3の事件とは別のホテル)へ行き、そこで首を絞められています。時被害者が抵抗したところ犯人の男は被害者の財布から現金を奪って逃走しています。

 

いずれの事件も犯人は捕まっておらず、未解決のままとなっています。4件の事件の犯行内容は類似していますが、同一の犯人による犯行だとは確定できていません。

 

 

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の詳細② 第1の殺人事件と被害者

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の第1の事件は、1981年3月20日の午前10時頃、チェックアウト時間を過ぎても退出する気配がない部屋に従業員が確認に訪れた事から発覚しています。

 

被害者は当時45歳の和田露子さんで、キャバレー日の丸で働くホステスでした。働いていたキャバレーでは年齢を33歳と偽り、吉田慶子という偽名で働いていました。

 

被害者は前日の3月19日の午前1時10分頃、若い男と2人で同ホテルにチェックインしています。翌朝3月20日の午前7時頃に、男性が先に料金を払わずにホテルを出ています。

 

そして、午前10時頃に従業員が部屋を訪れ、部屋内で首を絞められて殺害されている被害者を発見し事件が発覚しました。

 

事件現場からは覚醒剤の成分が検出されています。

 

 

 

第1の事件の被害者・和田露子さんの経歴

 

被害者の和田露子さんは、1935年12月に兵庫県神戸市長田区に生まれ、中学卒業後に地元の会社に就職していますが、22歳の時に家で同然で上京しています。

 

29歳の時に、キャバレーで働いている時に知り合った妻子ある男性と同棲を始め、32歳の時にこの男性との子供(息子)を出産。その翌年に前妻と離婚した男性と入籍しています。

 

38歳の時に再び水商売で働き始め、41歳の頃から生活のためにピンクサロンで働くようになっています。42歳の時に夫と子供を残して家を出て、以降は都内のキャバレーやピンクサロンを転々としながら生活していたようです。

 

夫は元々喘息の持病があり、1978年に50歳で死去。残された息子は神戸の実家を経て施設へ預けられていますが、この息子も生まれつき心臓に持病があり、手術を受けたものの12歳の時に亡くなっています。

 

被害者の和田露子さんは、夫と息子が死去した事を自らが殺害される9ヶ月前の1980年6月に知ったという事です。(神戸の実家に帰省した時に知らされた)

 

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の詳細③ 第2の殺人事件と被害者

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の第2の事件は、第1の事件からちょうど1ヶ月後の1981年4月25日に発生しました。

 

同日21時頃、30代から40代くらいのサラリーマン風の男と被害者(20歳前後)が事件現場となるラブホテルにチェックイン。

 

同22時頃に、男性の方だけが料金を支払わずに1人でホテルを出ました。不審に思った従業員が、部屋を訪れ20歳前後の若い女性がパンティストッキングで絞殺されているのを発見して事件が発覚しました。死亡推定時刻はチェックイン直後の21時10分頃でした。

 

この事件でも現場から覚醒剤の成分が検出されています。

 

 

被害者の情報

 

第2の事件の被害者の身元は現在まで特定されていません。

 

身長は157cmで、年齢は20歳前後、所持品は小さな十字架のイヤリングとピンクのサンダル、タバコとライターのみで、身元が特定できるような所持品はありませんでした。濃いメイクをしていたため、水商売系の女性ではないかと推測されています。また、司法解剖の結果肺が汚れておらず、まだ田舎から上京してきたばかりではないかとも推測されています。

 

その他、腋に腋臭の手術痕があったのと、虫歯が多い事なども判明していますが、身元特定には繋がりませんでした。

 

 

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の詳細④ 第3の殺人事件と被害者

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の第3の事件は、第2の事件から約1ヶ月半後の1981年6月14日に発生しています。

 

被害者は当時17歳のNという女性で、6月14日の18時30分頃に事件現場となったラブホテルに、サラリーマン風の男とチェックインしています。

 

19時40分頃、ホテルフロントに男性の声で「これから帰る」と電話がありました。従業員が先の2件の殺人もあって部屋を確認に訪れたところ、スーツ姿の若い男が慌てた様子で料金も支払わずにその場から飛び出して行きました。不審に思ったホテル従業員が部屋を確認すると、被害者が全裸の状態で倒れているのを発見し事件が発覚しました。

 

被害者女性はこの時点で仮死状態でしたが、20時55分頃に搬送先の東京医大病院で死亡が確認されています。

 

司法解剖により、被害者の死因はストッキングで首を絞められた事による窒息死で、手足を紐状のもので縛られた事による皮下出血の痕跡が残されていました。また、被害者の体内から覚醒剤の成分が検出されています。

 

 

第3の事件の被害者Nさんの経歴

 

第3の事件の被害者のNさんは、1963年12月に埼玉県川口市で生まれています。

 

中学までは成績優秀で、演劇部に所属してクラス委員も務めていました。読書好きで文章を書くのも上手かったようです。

 

中学卒業後は、川口市立の女子高校へと進学していますが、演劇部に入部したもののすぐに退部し、その頃から素行の悪さが目立つようになり、2年生に上がる前に退学処分になっています。

 

退学後はアルバイトをしながら「竹の子族」に参加したりと、いわゆる当時の不良少女の典型のような生活を送っています。この頃から歌舞伎町にも出入りするようになり、事件前年の1980年には2度補導されています。

 

事件直前には18歳の男性との同棲生活も始めており、家族は心配していたようです。また、被害者は芸能界で働く事を希望しており、事件前日の夕方に会った友人に「演劇関係に詳しい人と知り合ったの。ひょっとしたら私もタレントになれるかもね」などと話していたという事です。

 

 

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の詳細⑤ 第4の事件の内容

 

第3の事件から11日後の6月25日、当時30歳のホステス(被害者女性)がゲームセンターで声をかけられた男と、23時頃にラブホテルにチェックイン。

 

被害者女性がうとうとしていると、突然男に首を絞められました。被害者女性は激しく抵抗したため、犯人は被害者女性の財布から現金5万円を奪いその場から逃走。

 

その後、被害女性がラブホテルのフロントを通じて通報したため事件が発覚しました。

 

 

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の場所

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の発生したラブホテルの詳細な場所です。(第1〜第3の殺人事件が発生した場所)

 

 

歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件第1の殺人事件の場所

 

出典:https://streetviewsansakunew.up.seesaa.net/

 

1981年3月20日発生した新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の第1の事件があった場所は、「東京都新宿区歌舞伎町2-45-15」です。当時は「ニューエルスカイ」というラブホテルがあり、この401号室が被害者の遺体が発見された場所でした。

 

 

 

 

歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件第2の殺人事件の場所

 

1981年4月25日に発生した新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の第2の事件の場所は「東京都新宿区歌舞伎町2-5-1」にあったラブホテル「コカパレス」の203号室でした。

 

このラブホテルもすでに取り壊されています。同じ場所で別のラブホテルが建設され営業していましたが、現在はこのホテルも別の場所へ移転しているようです。

 

 

 

 

歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件第3の殺人事件の場所

 

1981年6月14日に発生した、新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の第3の殺人事件の場所は「ホテル東丘」というホテルの2階の「箱根の間」という部屋でした。このホテルのあった詳細な住所は不明ですが、歌舞伎町2丁目の1番通りに面する場所にあったホテルだと言われています。

 

このホテルも現在はすでに廃業しており存在しないようです。

 

 

 

歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の真相と犯人

 

出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件はその後、警視庁による捜査が行われましたが、ゆきずりの犯行という事もあって犯人は見つかっておらず、事件の真相も明らかにされていません。

 

犯人については、身長160cm〜165cmほどのサラリーマン風(第3の事件では、黒縁メガネで紺色の背広姿、大人しい雰囲気という証言があり)、年齢は30代から40代(第1の事件では若い男という証言)など、類似する点が数多くありました。

 

また、被害者全員が犯人に首を絞められている事、第1から第3の事件では覚醒剤が使用された痕跡が残っている点も共通していて、警察は犯人は同一人物の可能性が高いという方針で捜査を進めていたようです。

 

ただその一方で、第2の事件では被害者の身元がわかるようなものを全て持ち去った形跡があるにも関わらず、第1と第3の事件ではそうした証拠隠滅の形跡がない事や同じ場所で似たような事件を立て続けに起こしている犯行の大胆さなどから、犯人は同一ではなく複数いるとの見方もあります。

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件の真相については様々な考察がされていますが、被害者が覚醒剤を使用した形跡がある事から、犯人は違法薬物の売人などの裏社会と関わりのある人間とする説がある一方で、犯行現場から犯人と思われる男が立ち去った時間帯が全て終電に間に合う時間帯である事や、犯人と思われる男の風貌がサラリーマン風で共通している事から、犯人はごく普通のサラリーマンとする説もあります。

 

しかし、実際には犯人逮捕につながるような手がかりは何一つ見つかっておらず、事件の真相は全くの謎となっています。

 

 

 

歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件のその後と現在

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人はその後、警視庁による捜査が続けられましたが、1996年に公訴時効が成立し未解決事件となりました。

 

現在も、新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件は、謎の多い未解決事件としてネット上などで度々話題にされていますが、事件の真相に近づくような情報は噂話も含めて出てきていません。

 

また、事件が発生した場所であるラブホテルは現在は全て廃業しており、当時の建物のも全て取り壊されています。

 

2016年に歌舞伎町のホテルで不審な火災が立て続けに発生した際には、過去の新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件と関連づけ、火災のあったホテルは全て新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件での殺人事件のあった場所と一致するという怪談話が囁かれました。

 

しかし前述のようにこの時点で既に事件のあったラブホテルは全て廃業し建物も取り壊されており、また、火災のあった場所と歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件があった場所は全く違う場所であるため、これは単なる噂話だったようです。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1981年3月から6月にかけて立て続けに発生した連続殺人事件「新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件」についてまとめてみました。

 

新宿歌舞伎町ラブホテル連続殺人事件は、10代から40代までの女性3人が、新宿歌舞伎町にあったラブホテルの室内で何者かに首を絞められて殺害された事件です。1981年6月25日には第4の事件も発生していますが、この時は被害者が抵抗したため、犯人は現金を奪っただけで逃亡しています。

 

被害者はいずれも水商売系の仕事をしていたか、不良少女で、初対面の犯人にナンパされてラブホテルへ行き殺害されたとみられています。

 

犯人像については、30代〜40代のサラリーマン風の男性で、犯行に覚醒剤が使用されているなどの共通点から、ごく普通のサラリーマンとして生活しながらも裏社会と関係する人物ではないかとの推測も出ています。

 

事件は未解決のまま公訴時効を迎えており、その真相は現在も謎のままです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

赤城神社主婦失踪事件の真実!宗教や保険金など真相考察・志塚法子の顔写真や家族などもまとめ

第一ホテル殺人事件の真相!犯人と被害者の女性医師・事件場所や心霊現象を総まとめ

琵琶湖バラバラ殺人事件の犯人と真相は?被害者の川本秀行・その後現在も総まとめ

住友銀行名古屋支店長射殺事件の犯人と真相・その後現在!事件の詳細と被害者も総まとめ

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

みどり荘事件の真犯人や被害者は?宗教との関係や真相の考察・その後現在もまとめ

八戸市女子中学生刺殺事件の犯人と真相は?詳細や場所・被害者・時効やその後もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

大西有紀さんタケノコ掘り失踪事件の真相と犯人は?イヌワシやリュックの男・霊視の結果など現在までの情報まとめ

高橋妙子さん失踪/行方不明事件の真相と犯人は?家族や現在までの情報まとめ

武富士ダンサーズCMの都心伝説!メンバーの現在・借金の噂もまとめ

ダイアナ研究所(深谷の心霊廃墟)の地下で人体実験?ゾゾゾの動画削除理由・怪文書の噂・立ち入り禁止の現在まとめ

ツキノワグマ

乗鞍岳クマ襲撃事件とは?女性の被害者や後日談・事故の場所や外傷例もまとめ

レベッカのMOONで先輩の声の心霊現象?フレンズと混同する人が続出した理由もまとめ

売春島(渡鹿野島)の現在!場所と歴史や全盛期・事件や芸能人の関連・危険の噂や廃墟もまとめ

千葉県茂原市女子高生殺人事件と犯人5人の現在!斎藤義仁・神明勝信らの裁判の判決と被害者情報も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

ホテルセリーヌ(長野の廃墟)の妊婦絵の落書き・電話番号・事件や真相!場所や心霊スポット化・現在もまとめ

第一ホテル殺人事件の真相!犯人と被害者の女性医師・事件場所や心霊現象を総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す