洞爺丸事故の原因は船長?生存者と犠牲者・宣教師・心霊や慰霊碑・映画タイタニックとの比較もまとめ

映画のタイタニックに次ぐ世界有数の犠牲者を出したのが洞爺丸事故です。

 

犠牲者は1155人に昇り事故には宣教師までもが含まれました。生存者は僅か159人。場所は函館港であり…船長の判断ミス・台風の要因が上がります。慰霊碑にまつわる心霊現象をお話しして行きます。

洞爺丸事故の概要

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

洞爺丸は当時としては非常に巨大な船で、実に4337tもの重量を誇り、旅客定員は規定で932名・乗組員も128名という大がかりな連絡船でした。

 

洞爺丸は第二次世界大戦の直後、戦火で壊滅してしまった青函連絡船(※青森県下北半島から北海道まで運行していた船舶)の復刻のため、当時の国鉄が占領軍・GHQの許可を経て1946年から1947年の間に新しく建造された“大型客船”の一つです。この際に製造された同型の船は4隻あり、その中でも洞爺丸が、いの一番に作られた第一号船でした

 

戦後まもなくの話です。日本中が混乱を極め疲弊しきっていた中、この洞爺丸を作ったのには、とある理由があります。なぜ終戦のごたごたの中で急ピッチで作成しなければならなかったのか?それは戦火の最中で、本州と北海道を行き来する唯一のルートが完全に途絶えてしまったからです。

 

出典:https://toyokeizai.net/

 

もちろん当時は「青函トンネル」が建造される遥か以前です。「青函トンネル」は洞爺丸が運航し当該事故を起こした10数年後の1961年(昭和36年)3月23日に初めて建設の構想が開始され…その開通は1988年(昭和63年)の3月13日と、かなり後々の出来事になります。

 

そのため本州~北海道間を移動するには「船舶」を利用し、更に“しけ”の多い荒海である「津軽海峡」を通過する海路しか洞爺丸の公開航路はありませんでした。

 

事件当日、日本列島は九州南部に上陸していた当時の台風15号に襲われていました。この台風15号はかなり大型の台風です。しかも事件当日15:00ごろには青森県西方に位置し続け、話の舞台である「津軽海峡を直撃」するとなると、壊滅的な被害を与えることが予測され、ほとんどの連絡船は出航を見合わせた状態でした。

 

 

 

洞爺丸の凄惨な事故概要

 

件の洞爺丸事故は、折からの台風15号(後に“洞爺丸”の名を冠して「洞爺丸台風」とも呼ばれます)が青森県下北半島付近に接近していたというギリギリの状態で起こってしまいました。

 

ただしこの時点では日本史上最大規模、そして最悪の海難事故が起こるとは乗組員や運航会社…ましてや乗客は知る由もありません。洞爺丸は“貨車”を積み込んで運搬できる数少ない巨大船舶という事も、事故理由として付け足しておくべきでしょう。

 

出典:https://www.google.com/

 

洞爺丸の航路は当時、この上記の画像になっていました。

 

件の事故が不幸にも起こってしまったのは「1954(昭和29年)年9月26日」今から約70年前にまで遡ります。先に述べたようにこの日、日本列島には台風15号が襲いかかっていた正にその渦中です。

 

非常に運の悪いことに、奇しくもこの台風15号はこれまでの進行速度とは比較にならないほどかなりの速度で日本列島を北上し、未明に九州に上陸したばかりの巨大台風は驚くほどの速度で15時ごろに青森県西方…そして普段でも荒れやすい“津軽海峡”そのものにまで到達してしまうのです。

 

出典:https://www2.nhk.or.jp/

 

この様に本州こそ直撃していませんが、沖縄県・九州地方から日本海を横断するように、ほぼ一直線にこの台風15号は直進しています。かなり珍しい直進状の進路を取る台風…その移動の時間や極めて特異な形態が海に慣れた船乗りたちの眼を見事にくらませてしまったのです。

 

当日の洞爺丸の動向を時系列で振り返りましょう。

 

実は洞爺丸は同日11:05に既に函館港に入航しており、折り返し14:40出航し青森県に向かう予定でした。洞爺丸の近藤平市船長は台風15号が函館に上陸する前に、急ぎ青森の陸奥湾に向かい、入港する見通しを立てていました。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

しかし既に12:40頃には、函館港から先んじて青森県に出港していた『貨物専用船・渡島丸』が、津軽海峡中央付近で普段の津軽海峡より激しい“しけ”の兆候が見られた…という旨の報告を入れています。そのため後続船の『第六青函丸・第十一青函丸』の2隻は海路途中でUターンをし、函館港へと寄港しています。

 

これらの船舶運航停止に伴い『第十一青函丸』に従属するアメリカ軍人がとある車両を洞爺丸へ移し換えます。しかし思いの外悪化しつつある気候に手間取り、しかも運の悪いことは続き…当日の函館市内では断続的に停電が発生していました。

 

洞爺丸自身も約2分間の停電も余儀なくされます。当然、車両を乗せるための“船尾可動橋”が全く動かなくなり、出航を強行しようにもその見通しは電力抜きではまるで立ちません。

 

洞爺丸はこの停電による積み込みロスで大幅に出発時間を過ぎてしまい、その後来るであろう台風15号の接近を考慮して運航を見合わせてしまいました。ただ停電時間は2分間と短く、程なくして可動橋は上がり車両は積載可能となります。もしも…?はありませんが、この時停電がなく出港を強行していたならば難航を伴いますが、洞爺丸は無事に青森県に着いていたはずだったのです…。

 

このたった2分間の停電が運命のいたずらとなり、その数時間後に起きてしまった「史上まれにみる海難事故」へと洞爺丸の命運を変えてしまうのです。

 

出典:https://www2.nhk.or.jp/

 

函館港は夕刻17:00ごろになると、ようやく晴れ間がのぞきます。しかしこれは台風15号が完全に過ぎ去った訳ではなく、ましてや台風の目に入った状況でもありません。後々の事故調査で判明しましたが、その実態は『閉塞前線』だったのです。長年船長の職を務めた“近藤平市”はベテランの勘のみで17:40頃に18:25の洞爺丸の出航を提案…そして決定してしまうのです。

 

『閉塞前線』…滅多に耳にしませんが北海道の寒気と熱帯性(温帯性)低気圧である台風15号、ちょうどその狭間に一瞬できた巧妙な自然のトラップでした…。

 

出典:https://harenote.com/

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

図の朱色の部分が示すのが『閉塞前線』です。下部の茶色部分が台地であり、この僅かなスペースが『閉塞前線』に当たります。簡単に言うと閉塞前線はほんの一瞬に過ぎず、この間が終わると後続の台風がまた上陸するという訳です。

 

この様に誤った判断をしてしまった船長ですが、先にも説明したように今までに類を見ない特異かつ大型な台風であり、近藤船長を始め上層部や乗組員・クルーたちも全く疑いを持たずGOサインを出してしまったので、当時の状況から近藤船長一人の責任にはできないでしょう。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

規定時刻より僅かに遅れた18:39、青森県へと向けて洞爺丸は出航します。総人数は乗客・乗組員1314人もの多さです。ところが出航し数分後ほどなく、南南西からの強風に洞爺丸は激しく煽られます。函館港を出港した直後ですが小林船長は“いかり”を降ろし停泊させる決断を取ります。

 

実はこの瞬間、正に北海道~青森間のど真ん中を巨大台風15号が直撃しており、札幌管区気象台もまた西方50キロメートルの海上を台風15号が北北東に進行中との内容を無線で知らせています。台風一過と決めつけ既に出航させた船長・以下乗組員たちはここで事の重大さを覚えます。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

この「札幌管区気象台」の報告は完全な誤報でした。実際の位置は、函館湾と同緯度の渡島半島西方海上を通過中であり、風速40m/s、瞬間最大風速は50m/s…つまり秒速40~50mを持つ災害級の巨大台風に台風15号は成長していました。危機的状況に陥った洞爺丸は更に“いかり”で船体を固定します。しかしこの錨は「走錨」という非常に不安定な…船舶にとっては危険な状態を取っていたことが、後に明らかになっています。

 

出典:https://xtech.nikkei.com/

 

既にこの時点で海水が甲板に水たまりを作り、止水構造が不完全だった洞爺丸の「ボイラー室」「機関室」へと海水が浸水してしまい、蒸気船であった洞爺丸は完全に石炭をくべることが不可能となり制御不能に陥ります。

 

出典:https://www.nikkei.com/

 

完全に函館湾のど真ん中に取り残される形になった洞爺丸は、20:30…とうとう客員・乗組員の甲板からの引上げを余儀なくされる緊急事態に陥ります。更に20:30以降事態は最悪の一歩を辿り続けます。機関室・ボイラー室への浸水は更に酷くなり、遂には発電機すら次々と運転不能になります。ビルジ(※航海中、船底に溜まる汚水のこと)の排出も不可能な状態でした。

 

とうとう21:50に左舷主機、22:05には右舷主機が海水浸水のため機能停止します。両舷主機の機能停止で洞爺丸は完全に操舵不可になり、緊急判断として遠浅の「七重浜」への座礁を決定。乗客には「機関故障により航行不能となったため七重浜に座礁する」と22:12に報じ、3分後、乗客に救命胴衣の着用を指示します。

 

ところが僅か数分後、あと一歩の数百mの地点にて、船尾が数回岩礁・海底に接触してしまい、遂に洞爺丸は右舷に約45度傾斜した形で座礁してしまいます。この座礁で転覆の危機は免れたと船長以下クルーは勘違いし、乗客にもその旨を伝達してしまうのです。真実は洞爺丸船体は未だ不安定な状態が続き、さらには強い波風・波浪により徐々にその傾斜を増してしまいます。

 

22:39洞爺丸はSOS信号を発信し、その座礁報告を受けた『青函鉄道管理局』は救難本部を設置します。150tの救助船4隻が現場に急行しますが、余りに強い台風による2次災害を懸念し、救助活動を断念します。

 

出典:http://www.lib-hkd.jp/

 

そして遂にその時は来ます。22:43船体を支え続けていた左舷錨鎖が断裂し、ビルジキール(船底の横揺れ防止機関)が海底に突き刺さります。洞爺丸は大波の直撃を喰らい横倒しに…客室貨車が倒れてしまう轟音と共に転覆を始めてしまうのです。

 

転覆後も石炭ボイラーは噴煙を辺り一面に撒き散らし、灯りは完全沈没の約5分前まで点燈していました。22:45【函館港防波堤灯台付近】にて船舶右側に約135°も傾き、船底を上にし七重浜海岸線に並行するように船体が沈没してしまいました。船体は殆ど裏返しの状態で海底にボイラー煙突が突き刺さった状態になります。

 

乗客・クルー1314名のうち、乗客が実に1,041名・クルーが実114人…乗客乗組員合わせ1155名もの人数が死亡・行方不明となる大惨事になります。救命救助された生存者は総乗組人数1314名の内、たった159名だけでした……。

 

 

 

洞爺丸事故の発生場所

 

 

洞爺丸事故が発生したのは“函館湾”内湾付近の【函館港防波堤灯台付近(337°・2500m)】の地点になります。亡くなられた方々のご遺体…その多くが七重浜海岸に漂着したといい、しけが治まった後の当時の海岸は死屍累々…目を覆う様な凄惨な状況でした。

 

出典:https://www.hokkaido-np.co.jp/

 

七重浜は打ち上げられた溺死者で埋め尽くされ、その様子は「地獄そのものだった」と後に現場を取材した“北海道新聞”の記者により述懐されています。報道各社・マスメディアにより当時の写真は未だなお鮮明に残されています。

 

出典:https://blog.goo.ne.jp/

 

 

 

洞爺丸事故は船長の判断ミスなのか?

 

出典:http://train-garakuta.cocolog-nifty.com/

 

事故から1週間後…洞爺丸・近藤船長の遺体は変わり果てた姿で見つかります。常日頃乗船勤務に携えた愛用の双眼鏡を胸しっかりと握り締めたままの亡骸であり、その姿勢は明らかに船長としての職務を全うしたものでした。

 

ところが当然ながら残された遺族は、台風の最中その出航にゴーサインを出した近藤船長に非難が応酬するのです。「なぜ荒れ海の台風の中、洞爺丸を出航させたのか!」「家族を返せ!」とい怒声は、最後まで洞爺丸と運命を共にした近藤船長に向けられます。

 

出典:http://train-garakuta.cocolog-nifty.com/

 

近藤船長の妻は連日連夜、遺体収容所に赴き遺族の前で「近藤の妻です。大変申し訳ありませんでした」と泣きながら謝り続け「夫はこれまで、どんな事態に直面しても、絶対に慌てた事はありませんでした。生き残った部下の方から、当夜 最後までブリッジに頑張り、仁王立ちになった夫の行動を知ると同時に、世間の批判は益々募るばかりでした。夫の遺体は揚がらなくとも、乗客や船員の遺体は全部遺族の元に届けていただきたい』と残された遺族のため徹底的に尽力・奔走したのです。

 

近藤船長はこの道一筋の大ベテランであり“天気図”と仲間内では能力を認められており、気象情報を読むのに長けていました。気圧計・ラジオ…そして現場の風向き・波風などを良く把握し考慮深い船乗りのはずでした。そんな近藤船長の余りある知識でも、この大幅なイレギュラー…かつ巨大過ぎるほど巨大な“台風15号”にそれらの経験は通用せず、誤った判断を与えてしまいました。

 

それ以降、船舶航行の際の『船長全権委任』は廃止される事となるのです。

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

確かに近藤船長の判断は確実にこの大参事を産んでしまった要因の一つです。しかし後世では、この時点で戦後たった9年ほど。GHQ関連の貨物を乗せ定刻通りに本州へ到着しなければならない…近藤船長にはそんな重圧ものしかかっていたという話もあります。

 

 

 

洞爺丸事故の原因

 

出典:https://www.mlit.go.jp/

 

事故発生の翌日である1954年9月27日『函館地方海難審判理事所』が本件を重大な海難事故として『高等海難審判理事所』へと協力・応援を要請し、事故原因・生存者救助等のスピード対応を開始します。

 

犠牲・行方不明者そして生存者の捜索が依然懸命に行われている時点の10月1日『函館地方海難審判理事所所長』が中間発表記者会見を行い「調査の結果荒天準備が不十分で、船長の過失のにおいが濃くなった」との途中報告を挙げます。

 

並行し事件を追っていた当時の『最高検察庁』は…

 

「平常の経験からこの程度では航行できると判断して出航したらしいので、業務上過失にはならない。また船長が死亡しているので問題にならない」

 

引用:最高検察庁事例集

 

と独自の見解を示しました。

 

また1か月後の11月27日、函館地方海難審判理事所は函館地方海難審判庁に洞爺丸を含む5隻の沈没事故について審理申立を行ないます。実は洞爺丸と同時期に当時“函館港内”には8隻の船舶が在港していました。洞爺丸の他、青函連絡船4隻全てが沈没し『行方不明者・犠牲者・身元不明遺体、約350名』も沈没・座礁の甚大な被害を受けていたのです。

 

そして翌年の1955年2月15日、当事件の第一回審理が開始されます。受審人(被告人)は各船の所属乗組員9名(事故当時非番の職員も含まれる)。指定海難関係人は国鉄総裁「長崎惣之助」青函鉄道管理局長・中央気象台長・函館海洋気象台長を指名。そして生き残りの「乗客・クルー」「青函局部課長」などが証人として呼び出され審理が遂に審理が開始されます。

 

出典:https://bunshun.jp/

 

それに追随するように新聞社を中心とした報道各社も次々と独自の取材を展開させていき、各社報道は過熱の一途をたどります。当時の各有名新聞の一部を抜粋してみましょう。

 

須田皖次・海上保安庁水路部長 近藤船長はベテランで津軽海峡の気象変化を熟知しており、決して判断を誤るような男ではない。台風があれほど異常に発達すると予想できなかったことが誤算の原因。生存者も死者もほとんど救命胴衣を着けていたというのは、船長ができるだけの手を打ち尽くしたことを物語っている。 

 

斎藤浄元・元高等海難審判所長官 大切なことは、洞爺丸以外にも4隻が同時に遭難、沈没している事実。事故は不可抗力だったとも想像される。船に関しては船長に一切の責任がある。船長は気象台の報告を前提にいろいろ判断するが、悪い結果が起こっても船長の判断が悪かったとは必ずしもいえない。

 

引用:毎日新聞

 

高田正夫・日本船長協会会長 航海する際、当然問題になるのが天候。洞爺丸の場合も、北海道の測候所や中央気象台の発表を基にして出港したのだろうが、果たして気象台がどんな情報を提供したかは調査する必要がある。停泊中シケになった場合は、港外に出る必要があるので、洞爺丸のとった措置は正しい。結局、不可抗力な遭難ではなかろうか。

 

引用:朝日新聞

 

複雑な責任問題 気象誤報か、船長誤断か?問題は、このような強風のさなかに出港したことにあり、それは船長の判断の誤りか、船長の判断の基礎となった気象情報に誤りがあったのではないかと複雑になってくる

引用:読売新聞

 

と、この様にかなり見解の相違がみられます。

 

過熱報道の最中にも責任の所在を明らかにするための海難裁判は粛々と進みます。“読売新聞”はそれに追随するように『最後には“死人に口なし”の船長に全てをかぶせようとするなど、責任の所在をめぐって泥仕合が始まっている』とその記事で裁判の行方を示唆しています。

 

そして第1回の開廷から数えること丁度5か月後『函館地方海難審判庁』にて第30回の主文『本件遭難は、洞爺丸船長の運航に関する職務上の過失に基因して発生したものであるが、本船の船体構造、青函連絡船の運航管理が適当でなかったこともその一因である。』をもって結審します。

 

出典:https://www.youtube.com/

 

その後『高等海難審判庁』にて第二審までもつれ込みますが…その結果は第一審を完全に支持するものでした。

 

結論として“洞爺丸事故の原因”は

 

① 想定外の台風15号の脅威

② 洞爺丸自身の船体構造の欠陥

③ 船長の支持による強行出航

 

この三点に絞り込まれます。そして世論の圧力を受けるかのように海難裁判の結論は『船長の支持による強行出航』による人為的事故と結論付けられます。

 

 

 

洞爺丸事故の被害者を救助した果敢な宣教師

 

出典:https://tkymegumi.com/

 

洞爺丸事故当時の日本国内は州戦後間もない事もあり、GHQや連合国軍関係者…そして外国人が多数在日していました。その中でもキリスト教布教のための宣教師なども、当時は多数見られたそうです。

 

事故当時たまたま洞爺丸に乗船していた3人の宣教師の中にカナダ人である『アレフレッド・ラッスル・ストーン宣教師(享年52)』…そして米国出身でYMCA同盟の日本派遣主事だった『ディーン・リーパー宣教師(同32)』がいます。この2人の自身の命を顧みない果敢な行動が、後世の今日でも非常に美談として語り継がれているのをご存知でしょうか?

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

先の大戦中は「枢軸国」つまり前々回のアメリカ・オバマ大統領が名指しした“悪の枢軸国”と同列に敗戦国である日本は語られており、しかも見下されていた「日本及び日本国民」。しかしこの2人の宣教師は洞爺丸が沈没した瞬間、果敢にも自己保身に走らず“救命胴衣”を「女性・子供」に譲るという行動を取ります。

 

出典:https://www.nikkei.com

 
事件後、この題材を扱ったのは『日本経済新聞は』です。2人の宣教師が率先し人命救助に勤め、自らの救命具をゆずり、尚且つ乗客を激励しつつ自分らは七重浜でご遺体として上がったと報じられ「北海に散った勇敢なる外人宣教師」として大いにキリスト教会から讃えられました。

 

出典:https://www.bookbang.jp/

 

余談ですが…この話は日本人にも広く知られており、1966年朝日出版社から出版された『氷点(※三浦綾子著)』の題材になり、累計約70万部のベストセラーにもなっています。

 

 

 

洞爺丸事故の犠牲者と生存者

 

出典:http://kanaminokaiaomori.jpn.org/

 

洞爺丸事故犠牲者の総人数は死者・行方不明者合わせ、実に1152名にも及びます。奇跡的な生存者は159名いましたが乗船人数の僅か15%ほどです。

 

被害に合われた方には数名ですが政治家や女優などの著名人も含まれていました

 

 

冨吉榮二(政治家)

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

衆議院議員を6期務めた政治家兼農民運動家です。第47代芦田内閣では逓信大臣に就任し日本社会党代議士会長も・右派社会党顧問などを歴任しました。遊説先の北海道から帰京する際に洞爺丸事故のため55歳で亡くなっています。

 

 

冨永格五郎(政治家)

 

当時64歳と初老ながら衆議院議員2期目を任されていた政治家です。地元北海道から立候補し2度目でようやく当選しました。詳細は不明ですが、後援会や基盤が北海道にあったため洞爺丸に乗船していたのではないでしょうか?

 

 

菊川忠雄(政治家)

 

東京帝国大学経済学部を卒業し、労働運動化を経て「右派社会党」に入党…以降3期に渡り衆議院議員を勤めています。同党の冨吉榮二と北海道遊説後、洞爺丸に乗り込み53歳で遭難死しています。

 

 

佐保美代子(元宝塚女優)

 

https://platform.twitter.com/widgets.js

 

宝塚少女歌劇団(現材の宝塚歌劇団)で男役として、月組副組長から月組組長を務めた経歴を持つ兵庫県神戸市出身の元宝ジェンヌです。宝塚歌劇団対談後はメイクアップアーティストとして精力的に活動していました。

 

歌劇団史上2番目の若さ・41歳で本事故に巻き込まれ亡くなられています。

 

出典:https://www.jhowell.com/

 

出典:http://history365days.blog.fc2.com/

 

その他前述した『アレフレッド・ラッスル・ストーン宣教師(52)』『ディーン・リーパー宣教師(32)』の2名の宣教師が殉職されています。

 

また運よく助かった生存者の中にも、肉親を亡くし自殺に追い込まれたり…十分な賠償を受けれずに生活に困窮し、そしてこちらもまた自殺に追い込まれる生存者もいるほど、2次的な被害や精神的なダメージを負ってしまう“負の連鎖”もまだまだ裕福でなかった日本の時代背景から、続出したという報告が実際に記録に残っています。

 

 

 

洞爺丸事故と映画タイタニック実際の事故の比較

 

出典:https://www.animatetimes.com/

 

映画タイタニックは1997年12月、全世界で公開され当時の最高額2億ドル(約240億円)を投じた映画として、日本社会にも一大センセーショナルを巻き起こしました。国内だけでも興行収入260億円の売り上げを誇ります。

 

映画『タイタニック』は皆さんご存知の“タイタニック沈没事故”がモデルであり、この海難事故はイギリスで起こりました。豪華客船タイタニック号は1912年4月14日深夜未明、氷山に衝突し翌15日に完全沈没したのです。

 

出典:https://natgeotv.jp/

 

タイタニック事故の犠牲者は1517名。洞爺丸事故は1155名。単純な比較になりますがタイタニック号の被害は『完全沈没』『洞爺丸事故を超す犠牲者数』の観点から、その被害は“洞爺丸事故”より遥かに甚大と言えるでしょう。

 

余談ですが1981年、カナダ沖で沈没したタイタニック号が潜水艇により発見・写真に収められています。

 

出典:https://natgeotv.jp/

 

 

 

洞爺丸事故にまつわる心霊話

 

出典:https://newsee-media.com/

 

この洞爺丸事故発生からしばらくの時が経ち、1155名もの犠牲者を出した本事件は時の流れとともに、次第に落ち着きを取り戻し人々の脳裏からも忘れられていきます。

 

しかし地元民には当然、衝撃的な事故です。なかなか忘れようにも忘れられるはずもありません…。そして次第にとある噂話が流れるようになります。『心霊話』『都市伝説』『オカルト』の域を超えませんが、真偽のほどは定かではありませんが、おびただしい数の死体が流れ着いた「七重浜」附近で不可解な出来事が起こるようになります。

 

発端は不明ですが、下記の様なよもやま話が次々と耳に入るのです。

 

ある日の真夜中、七重浜の国道で一人の女性が手をあげた。
タクシー運転手はこんな夜中に女性一人とは変だと不審に思いつつ、車を止めた。
近くで見ると、何故か女は頭からずぶ濡れになっていた。
タクシーは女を乗せて、目的地まで走った。
運転手は到着したことを知らせ、後部座席を振り返った。
だが、そこは誰もいなかった。
女の居たシートは、ぐっしょりと濡れていた。
地元の人々は、洞爺丸の犠牲者の霊魂が海から自宅まで帰ったのだと噂した。

引用:洞爺丸事故の都市伝説

また洞爺丸が本来向かうはずだった青森でも、不可解な出来事が起こります。

 

港職員が就寝中にノックの音を聞き、誰かが待合室の窓ガラスを叩いているようであった。
眠い目を擦りながら、職員が見にいくと…窓ガラス越しに、ずぶ濡れの手が見えたのです。
1人のものではなく、多くの人々が助けを求めているかのように、ガラス窓には無数の手がありました。
職員は逃げ帰り、翌朝まで宿直室で震えていたという。
翌朝もう一度、窓ガラスを確認してみると、確かに無数の手形が残されていた。

引用:洞爺丸事故の都市伝説

 

更に心霊話は続きます。

 

後年、洞爺丸事故の教訓を受け、より安全な船舶が設計・入水しました。
この新型船ならば危険性は少ないと誰もが思い、この船に期待をかけていた。
だがここでも奇怪な事件が起こる。
定期点検時に、新型船のスクリューから奇妙な傷跡が発見されます。
それは、まるで爪で引っ掻いたような無数の傷跡であった。
「犠牲者たちは、幽霊となって今も海中を彷徨っている」
人々はそう噂した。

引用:洞爺丸事故の都市伝説

 

この様な洞爺丸事故についての「心霊話」は枚挙に暇がありません。その信憑性と真偽は不明ですが、大量の水死体が打ち上げられた七重浜…そして函館港を中心に、北海道有数の心霊スポットとして本意か不本意か?道内はおろか全国的に事故現場は有名になる運びになります。

 

 

 

洞爺丸事故の慰霊碑はあるのか

 

 

令和になった現在、約70年経った「七重浜」に洞爺丸事故の面影は一切残りません。ただ一つ現存するのは、洞爺丸事故の現場近くにある『洞爺丸台風海難事故慰霊碑』だけです。

 

出典:https://www.hakobura.jp/

 

出典:https://www.jalan.net/

 

地図上の『洞爺丸台風海難事故慰霊地』には後年、心半ばにし命を落とした1155名を弔う慰霊碑・慰霊の碑が建造され、今もなお日本史上最悪の海難事故・洞爺丸事故の痕跡を確かに残しているのです。

 

 

 

 

まとめ

 

今回は現在北海道と本州・青森間の「青函トンネル」着想のきっかけにもなった日本史上最悪の海難事故『洞爺丸事故』について取り上げさせて頂きました。

 

1000名の尊い生命が奪われるという大事故、そして類稀に見る『特異な台風』日本国民を震撼せたという点で「タイタニック号に次ぐ世界第二位の海難事故」と呼ばれる事もありますが、実はこれは“世界的に有名な…”という枕詞をつけるべきで、1987年にフィリピンで起きた「ドニャパス号事件」は実に4375名もの犠牲・行方不明者を出しています。

 

とはいえ当時のインパクト、国鉄がらみの連続事件という背景…そして敗戦色が色濃く残る中の事故という事もあり、国民に大きな衝撃を与えたことは否めません。

 

今でこそ青函連絡線の電車に乗り込めば、たやすく辿り着ける北海道の大地。もちろん函館空港の建設により、より迅速な訪道手段も可能になりました。

 

しかし今から70年前、その直下…そして真上で多くの先人が犠牲になったからこそ“より安全な移動技術の発展”があったことを私たちは忘れてはならないでしょう。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

浄蓮の滝で車の転落事故!心中事件や伝説も総まとめ【スピリチュアルな場所】

紫雲丸事故の原因!船長と朝日新聞カメラマン・遺体・生存者の現在や呪いの噂もまとめ

飛騨川バス転落事故の場所と原因!運転士の責任・中学生や生存者のその後・口裂け女の関連・慰霊碑に幽霊が出る噂など心霊現象まとめ

八甲田山雪中行軍遭難事件のルートと原因!生存者の写真やその後・死者と遺体や心霊の噂・写映画も総まとめ

さんふらわあだいせつ火災事故の原因の船長は?賠償などその後・現在もまとめ

DQNの川流れ(玄倉川水難事故)と現在!生き残り加藤直樹&娘の加藤朝香のその後・犠牲者や原因も総まとめ

日本のバス事故一覧と衝撃度ランキング29選【歴代・最新決定版】

全日空機雫石衝突事故の原因&犠牲者と生存者!パイロットの断末魔・遺体の状態・慰霊の森の慰霊碑の心霊スポット化・その後現在まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

札幌丘珠事件の詳細!ヒグマの胃の内容物のホルマリン漬けや剥製に纏わる逸話・新渡戸稲造など著名人の関わりもまとめ

松本サリン事件の場所と犯人!河野義行さんの冤罪・その後現在も総まとめ

コトリバコの怖い話は実在する?実物や考察・検索してはいけない言葉の理由・映画情報も総まとめ

エベレスト大量遭難事故(1996年)の原因とメンバー&不適切行為とは?映画やその後もまとめ

橋北中学校水難事件の原因は離岸流?場所と心霊や遺体の噂・映画化やアンビリバボーの特集まとめ

マブチモーター社長宅殺人放火事件の犯人/小田島鐵男と守田克実の現在!生い立ちや家族と結婚・裁判の判決・その後を総まとめ

町田莉菜さん行方不明事故の真相は?現場の長野県小谷村や事件性を疑う声まとめ

ホテルニュージャパン火災の場所と原因!イギリス人と横井英樹社長のその後・生存者と犠牲者・プルデンシャルタワーとなった現在と心霊の噂まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

辻出紀子(伊勢市女性記者)失踪事件の犯人と真相!上村の黒い噂・両親が頼った霊能者・北朝鮮拉致説もまとめ

中村橋派出所警官殺害事件の犯人/柴嵜正一の現在!生い立ちと家族や結婚・今も死刑執行されない理由など総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す