唐澤貴洋弁護士の現在!ハセカラ騒動で何をした?学歴と経歴や事務所・犯人の逮捕・ブリブリの元ネタを総まとめ

弁護士の唐澤貴洋氏は長谷川亮太の炎上に巻き込まれ、誹謗中傷を受け続けることになりました。唐澤貴洋の生い立ちや学歴・経歴、事務所の変遷、ハセカラ騒動で何をしたのか、その炎上理由やブリブリ脱糞の元ネタ、誹謗中傷の犯人逮捕や現在をまとめました。

唐澤貴洋は2ちゃんねるで炎上した弁護士

出典:bunshun.jp

 

唐澤貴洋氏は2ちゃんねるで大炎上した弁護士です。

 

2ちゃんねるのなんJで個人情報が特定された長谷川亮太という高校生から依頼を受け、法的な対処をすべく行動を起こしましたが、その行動の結果、ハセカラ騒動と言われる大炎上騒動に発展しました。

 

そして、唐澤貴洋氏は長谷川亮太以上に2ちゃんねるで攻撃・誹謗中傷を受けることになり、ハセカラ騒動が始まってから10年以上経った今でも、「恒心教」の人たち(恒心教徒)から攻撃・誹謗中傷を受け続けていて、唐澤貴洋氏の炎上はネット史上最大級の炎上・世界最大級の炎上と言われています。

 

 

唐澤貴洋の生い立ちや学歴

出典:mainichi.jp

 

唐澤貴洋氏の学歴は次の通りです。

 

・小学校:聖ヨゼフ学園小学校
・中学校:法政大学第二中学校
・高校:法政大学第二高校→中退
・高校:新宿山吹高校(通信制)
・大学:慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス環境情報学部
・大学院:早稲田大学法科大学院

 

セレブな子供時代でしたが、高校で少し方向転換しています。また、大学は法学部ではないのに、そこから法科大学院に進学するという少し変わった学歴を持っています。

 

 

唐澤貴洋の生い立ち~高校まで

唐澤貴洋氏は1978年1月4日、東京で生まれました。祖父は「会計学の泰斗」と呼ばれ、正七位勲四等であるレジェンド会計士の河野一英氏、父親は公認会計士の資格を持っている唐澤洋氏ですので、子どもの頃から裕福な生活を送っていました。

 

小学生の時には横浜市に引っ越し、聖ヨゼフ学園小学校に通っていましたが、中学生になった1993年5月には祖父の河野一英氏が住む田園調布に引っ越し、法政大学第二中学校に通いました。

 

中学卒業後は、そのまま附属の法政大学第二高校に進学します。しかし、高校は中退しました。

 

そこでオレはただ辞めたいという目的以外の目的もなく、高校を辞め、フラフラする生活をしていた。
体を鍛え、映画を見て、競馬をする日々。

 

引用:弟|唐澤貴洋

 

高校退学後は体を鍛え、映画を見て、競馬をして(※唐澤貴洋は当時未成年)過ごしていました。精神科で精神鑑定をしたこともあると著書で語っていました。

 

 

高校再入学と弟の死

何もせずに過ごす唐澤貴洋氏を見かねた両親の紹介で都立新宿山吹高等学校に再入学します。新宿山吹高校では通信制に通っています。

 

唐澤貴洋氏が17歳の時、1歳年下の厚史さんが自殺しました。

 

昼に弟の部屋の鍵が開かないと親父が言った。
開けてみると骸になった弟がいた。
親父は、弟を下ろして、家族は慟哭した。

 

引用:弟|唐澤貴洋

 

この唐澤氏の記述から、自宅で首つり自殺をしたものと思われます。この弟さんの自殺で自分の無力さと人が人に優しい社会を作りたいと思うようになり、1年浪人して、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス環境情報学部に入学しました。

 

 

大学から司法試験合格まで

高校中退+浪人だったので、3年遅れでの大学入学でした。大学では総合政策学部に編入し、社会問題の解決を志して政治学を学びましたが、これでは弱者を今すぐに助けることはできないと思い、弁護士を志すようになります。

 

大学卒業後は早稲田の法科大学院に進学し、司法試験は一発合格という快挙を成し遂げました。

 

 

唐澤貴洋の経歴

出典:mainichi.jp

 

司法試験に合格した唐澤貴洋氏は2010年に新63期司法修習を終え、弁護士としてのキャリアをスタートさせました。この時、唐澤氏は32歳になっていました。

 

弁護士になった翌年には独立して自分の事務所を開業し、ネット上の誹謗中傷を専門に扱うようになりました。

 

どうせなら、人があまりやっていないこと、そして意義があることをやりたかったので、ネット上の誹謗中傷で苦しむ人たちの役に立ちたいと、この道を選びました。

 

引用:「インターネットの闇は深い」 匿名の「誹謗中傷」と戦う唐澤貴洋弁護士インタビュー – 弁護士ドットコム

 

当時はネットでの誹謗中傷は現在ほど社会問題化していなかったものの、悩んでいる人は多かったために、専門をネットの誹謗中傷にしたようです。

 

独立して約9ヶ月後(弁護士2年目)には、あのハセカラ騒動が起こって大炎上します。

 

ハセカラ騒動に対応していたころは、唐澤貴洋氏のプロフィール写真は似顔絵でしたが、2016年ごろからSNSでの誹謗中傷や特定による被害、ネット炎上問題などでテレビやメディアに積極的に出演するようになりました。

 

また、このような経歴・役職に就いています。

 

・第一東京弁護士会 常議員(2015年)
・第一東京弁護士会総合法律研究所 IT法研究部会
・第一東京弁護士会業務妨害対策委員会 委員
・IT企業 役員

 

さらに、自身の炎上・誹謗中傷経験などをもとにした「炎上弁護士」など多数の著書を出版し、ネット問題に関する法律の第一人者になっています。

 

 

唐澤貴洋の事務所の変遷

出典:excite.co.jp

 

唐澤貴洋氏の事務所の変遷を見ていきましょう。

 

・2010年12月:坂本総合法律事務所入所
・2011年7月:恒心綜合法律事務所設立
・2015年2月:法律事務所クロス設立
・2018年10月:法律事務所Steadiness設立

 

司法修習修了後すぐに、坂本総合法律事務所に入所しました。これは祖父のコネではないか?とネット上では言われていますが、真実はわかりません。ただ、翌年7月には独立していますので、この坂本総合法律事務所に在籍していたのは半年程度だったと思われます。

 

2011年には父親の唐澤洋と共に恒心綜合法律事務所・公認会計士唐澤洋事務所を開設しています。弁護士1年目での独立開業というのはすごいですよね。そして、この事務所でハセカラ騒動が起こって炎上します。

 

2015年には山岡裕明弁護士と共に法律事務所クロスを設立、2018年には山岡弁護士と別れて法律事務所Steadinessを開設しました。

 

このように弁護士になってからわずか8年間で4つの事務所を渡り歩いている唐澤貴洋氏ですが、注目すべきは父親の唐澤洋氏の存在です。

 

父親の唐澤洋氏の公認会計士事務所は、息子の唐澤貴洋氏の法律事務所と住所が同じなのです。恒心綜合法律事務所・法律事務所クロス・法律事務所Steadinessすべてで住所が同じとのことですので、法律事務所に間借りしている状態のようです。

 

もちろん会計士事務所と一緒だと、いろいろと法律手続き上便利なこともあると思いますが、税金対策なのでしょうか?それとも、唐澤貴洋氏は父親におんぶにだっこ状態が続いているのでしょうか。

 

 

唐澤貴洋はハセカラ騒動で大炎上

出典:togetter.com

 

唐澤貴洋氏は2012年3月からハセカラ騒動と呼ばれる2ちゃんねるの炎上騒動に巻き込まれ、それ以降ずっと炎上し続けています。

 

ハセカラ騒動とは、2ちゃんねるのなんJ(なんでも実況J)でコテハンの八神太一 ◆YAGAMI99iUから始まった炎上騒動のことで、八神太一こと長谷川亮太の「ハセ」と唐澤貴洋の「カラ」をあわせてハセカラ騒動と呼ばれています。「ハセカラ」や「チンパカ騒動」、「なんハセ戦争」呼ぶこともあります。

 

 

ハセカラ騒動のきっかけ:八神太一の特定

なんJで八神太一というコテ(固定ハンドルネーム)が3年間にわたり、暴れまわっていました。自分語りをして、さらに差別や煽りを繰り返すことで、八神太一はなんJ民のヘイトを溜めまくっていました。つまり、八神太一はなんJ民みんなから嫌われていたんです。

 

そんな中、2012年3月7日に八神太一はなんJ民に煽られて、1枚の大学合格証書をなんJにアップしました。もちろん、この合格証書は名前や大学名は隠されていましたが、証書のフォントから「国士館大学」であることが判明し、そこから一気に高校名や本名(長谷川亮太)が特定されていきます。

 

3月15日には八神太一(長谷川亮太)の卒業アルバムや顔写真がなんJに投下されていきました。長谷川亮太は自作自演で何とかミスリードしたり、矛先を逸らそうとするなど火消し工作に走りますが、炎上は終わることはありませんでした。

 

それどころか、過去の書き込みから未成年飲酒疑惑まで発掘されてしまい、「未成年飲酒」による進学取り消しの可能性が出てきたのです。

 

 

唐澤貴洋氏の登場

そこで長谷川亮太はインターネットでの誹謗中傷対応を専門にする弁護士の唐澤貴洋氏に相談・依頼します。

 

唐澤貴洋氏は長谷川亮太に対する誹謗中傷の投稿の削除要請や誹謗中傷をしたなんJ民のIPアドレスの開示などを行います。当時はネット炎上に対して、弁護士が介入し、IPアドレスが開示されるなどはなかったため、なんJ民は弁護士の唐澤貴洋氏の登場にひるみます。

 

これで長谷川亮太の炎上は終わるかと思ったのですが・・・。

 

 

唐澤貴洋氏にも誹謗中傷の矛先が向く

唐澤貴洋氏は2ちゃんねるの運営に誹謗中傷の削除要請をして、IPアドレスの開示への対処をするなど動きましたが、その中でいろいろとやらかしてしまいます。

 

・IPアドレスの開示にはあまり意味がない
・言葉や文章がおかしい
・スパムのような宣伝手法を用いる
・事務所のTwitterでアイドルをフォロー
・ネットに強いはずなのに知識不足を露呈

 

これらのことが少しずつわかってきたことで、長谷川亮太に向いていたなんJ民の攻撃・誹謗中傷は、唐澤貴洋に向くようになっていきます。

 

 

唐澤貴洋氏は反撃するが・・・

なんJ民に誹謗中傷を受けるようになった唐澤貴洋氏は、自分に対する誹謗中傷の投稿に対して無差別にIPアドレスの開示請求をするようになります。

 

しかし、なんJ民はIPアドレスの開示だけではそれほど威圧効果がない、自分たちにダメージがないことをすでに知っているため、なんJ民の誹謗中傷はどんどん激化していきます。

 

そして、唐澤貴洋氏と長谷川亮太は2ちゃんねるを中心としたインターネット上で誹謗中傷を受け、大炎上してくことになりました。

 

 

恒心教の誕生

ハセカラ騒動で唐澤貴洋氏が大炎上すると、唐澤氏をネタにして誹謗中傷するグループ「恒心教」が誕生するようになりました。この恒心教は執拗に唐澤貴洋氏を攻撃していきます。

 

ただ単にネタにしたり、悪口をネット上に投稿するだけでなく、犯罪行為まで行うようになりました。

 

・唐澤貴洋氏への殺害予告
・事務所の爆破予告
・唐澤貴洋氏の個人情報を特定し流出させる

 

唐澤貴洋氏いわく、唐澤氏は「100万回の殺害予告を受けた」とのことです。

 

業務上の書き込みをきっかけにインターネット上で「炎上」し、約100万回に及ぶ殺害予告など壮絶な被害を受けた唐澤貴洋(たかひろ)弁護士(第一東京弁護士会)は、複数の加害者を特定し、面会した。

 

顔の見えない相手から勝手に個人情報を特定され、殺害予告が日常的に届き、爆破予告まであるなんて、唐澤貴洋氏が受けた恐怖・ストレスは計り知れないものがあります。

 

 

唐澤貴洋が巻き込まれたハセカラ騒動の長谷川亮太とは?

出典:togetter.com

スポンサーリンク

 

ハセカラ騒動の発端は、八神太一というコテが特定され、本名は長谷川亮太であることがわかったことです。八神太一こと長谷川亮太とは、どんな人物なのでしょうか?

 

長谷川亮太は、高校1年生の頃から「八神太一 ◆YAGAMI99iU」というコテハンを使い始め、なんJの王を自称し始めました。

 

八神太一は悪質な書き込み、なんJ民から嫌われるような自分語り、差別・煽り・嘘などを毎日のようにしつこく書き込み、なんJ民からは「荒らし」と見なされて、ヘイトを集めます。

 

なんJ民からはことごとく嫌われ、「アンチが多いコテリスト(名前が売れてるの限定)」というスレでは、S(名前が出たら常に叩かれる)ランクに分類されるほどの嫌われっぷりでした。

 

そんなヘイトを約3年間集め続けた長谷川亮太は、指定校推薦で国士舘大学合格を決めていました。しかし、高校3年生の3月に致命的なミスを犯します。なんJのスレの中で、大学合格を嘘だと煽られた長谷川亮太は、合格通知書をアップしてしまうのです。

 

自分の名前はもちろん、大学や学部、高校名も隠されていたので、普通に考えたら、特定されないはずなのですが、まさかの事態が起こります。

 

ネット上には「2009年度合格通知書まとめwiki」というマニアックなWikiが存在し、そこからその合格通知書は国士舘大学特定されました。本人が合格通知書をアップしてから、国士舘大学特定までわずか25分しかかかりませんでした。ネットの特定班おそるべし・・・。そこから次の順序で特定作業が進んでいきました。

 

国士舘大学合格
→ 指定校推薦で合格(過去の書き込みから)
→ 高校を特定(本人がアップした卒業証書の日付や高校野球板の本人書き込みから)
→ 本名特定(過去の書き込みとSNSなどから)
→ 飲酒していると思われる書き込み発見
→ 国士館大学の学部や通っていた自動車学校を特定
→ バイト先や小学校も特定
→ 卒業アルバムや顔写真が流出

 

本人が合格通知書をアップしてから、国士舘大学特定までわずか25分。そこから長谷川亮太のmixi特定まで3時間半程度でした。

 

そして、その日のうちに、自分(長谷川亮太)が八神太一であると宣言し、コテ引退を宣言しました。

 

その後はコテを引退したものの、「名無し」の状態で火消し工作を行いますが失敗し、法テラスに駆け込んで唐澤貴洋氏に相談することになりました。ここからハセカラ騒動が始まるのです。

 

 

唐澤貴洋は何した?①:ハセカラ騒動で炎上した理由

 

唐澤貴洋氏は一体何をしたのでしょうか?何をしてこんなに炎上したのか?その炎上理由を見ていきましょう。

 

 

IPアドレスは大きな意味がない

出典:daily.co.jp

 

長谷川亮太に2ちゃんねるでの炎上を相談された唐澤貴洋氏は、運営に削除を依頼するほかに、IPアドレスの開示申請を行いました。

 

当時は、炎上してもIPアドレスの開示が行われるケースなんてほとんどなかったので、IPアドレスを開示されると、投稿者が特定されると思ったなんJ民は多かったんです。

 

しかし、IPアドレスが開示されただけでは、投稿者は特定できません。IPアドレス開示でわかるのは、使用しているプロバイダまでです。個人が特定されることはありません。

 

もちろん、そこからプロバイダに個人情報を開示するように裁判所に請求しそれが許可されれば、個人を特定していくことは可能です。しかし、IPアドレス開示だけでは個人の特定はできません。

 

それなのに、唐澤貴洋氏はただ単にIPアドレスの開示請求を行っただけだったので、「IPアドレスだけで故人を特定できない」と知ったなんJ民は、唐澤貴洋氏に「無能な弁護士」という烙印を押し、炎上が加速していきました。

 

 

言葉がおかしい

出典:nlab.itmedia.co.jp

 

弁護士は契約書を作成したり、裁判所への書類を提出したりしますので、文章作成能力を要求されますし、誤字脱字には気をつけなければいけません。

スポンサーリンク

 

しかし、唐澤貴洋氏は残念なくらい誤字脱字があり、句読点が少しおかしかったりしました。これに関しても、「弁護士なのに誤字脱字が多いのはおかしい!」と思ったなんJ民は多く、炎上する燃料の1つになっています。

 

誤字脱字はともかく、唐澤貴洋氏のX(Twitter)のポストやnoteの文章を見ると独特な文体で、言葉選びが少し下手なように感じます。

 

 

スパムのような宣伝手法

出典:warotanien.net

 

唐澤貴洋氏は、自身の法律事務所を宣伝するために、多数のスパムブログやスパムツイートをしていたことが発覚しました。

 

2012年ごろはまだ、内容のない宣伝ブログ・ツイートを乱立させて、そこからリンクを貼ることで検索上位に来るSEO手法が有効でした。

 

唐澤貴洋氏にネガティブな感情を持っているなんJ民は、この唐澤貴洋氏の宣伝手法に「弁護士は信用が一番大切なのに、こんなスパムブログ・スパムツイートをするなんて言語道断!」と思った人が多かったようです。

 

 

事務所のTwitterアカウントでアイドルフォロー

出典:bengo4.com

 

ハセカラ騒動の時に唐澤貴洋氏が在籍していた法律事務所は、独立して開設した恒心綜合法律事務所です。この恒心綜合法律事務所はTwitterアカウントを持っていましたが、そのアカウントでアイドルをフォローしていたんです。

 

AKB48のメンバーやグラビアアイドル、ももクロのスタッフ、声優、ハロープロジェクトのアイドルなどをフォローしています。

 

もちろん、政治家や経済界の大物、アカデミアもフォローしていましたが、フォローした順番を見ると、まずは50人くらいアイドルをフォローした後に政治家などをフォローしています。

 

アイドルのTwitterをフォローすることが悪いわけではありませんが、自身が経営する法律事務所のアカウントを使って、アイドルを多数フォローするのは、事務所の信用に関わりますよね。

 

 

ネットに強いはずなのに・・・

出典:jin115.com

 

唐澤貴洋氏は独立開業した後は、「ネットの誹謗中傷問題に強い」というアピールをしていました。しかし、ハセカラ騒動での唐澤貴洋氏の対応は、ネットに強いとは思えないものでした。

 

スレッドの建て方や2ちゃんねるの「忍法帖」のシステムをわかっていなかったんです。当時のネットの誹謗中傷は、SNSよりも2ちゃんねるがメインでした。それなのに、2ちゃんねるのシステムを全く理解していなかったため、なんJ民は「ネットに強い弁護士のくせに、ネットに弱いのはどういうこと???」と思い、唐澤貴洋氏をさらに攻撃するようになりました。

 

 

自己保身に走る

出典:blog.esuteru.com

 

ハセカラ騒動全盛期の2012年4月17日、なんJのスレッドで遊戯王のオリジナルカードが話題になり、唐澤貴洋氏や長谷川亮太をネタにした遊戯王カードが作成されました。

 

それに気づいた唐澤貴洋氏は、遊戯王オリジナルカード作成サイトの管理人に削除要請をします。その後、唐澤貴洋氏のオリジナルカードは削除されたのですが、長谷川亮太のカードは残ったままだったため、唐澤貴洋氏は自分の誹謗中傷カードだけを削除依頼し、依頼人である長谷川亮太は見捨てたのではないかという疑惑が出てきました。

 

自己保身に走り、依頼人は見捨てるなんて、弁護士失格ということで、唐澤貴洋氏はさらに炎上しました。

 

 

未成年に300万円を請求する

スポンサーリンク

2012年7月ごろから、2ちゃんねるの掲示板に唐澤貴洋氏の殺害予告が投稿されるようになりました。これは東京の高校生が書き込んだとされています。

 

唐澤貴洋氏はこの投稿者を特定し、300万円の賠償請求の書面を送付しました。しかも、刑事告訴を行うことを検討していること、この300万円はあくまでも請求額の一部で、示談が遅くなったら金額を引き上げる可能性があることも書かれていました。

 

しかし、脅迫事件の示談金相場はおおむね10~30万円で、これは「弁護士ドットコム」にも記載されています。

 

この高校生は自分の非を認めたうえで、「この300万円という金額が適正かどうかわからないので、祖父に相談したら、弁護士を立てることになった」と2ちゃんねるのスレッドに報告します。その後、高校生からはしばらく報告はありませんでしたが、3年後に「その後は唐澤氏から連絡はなかった」という旨の報告がありました。

 

つまり、唐澤貴洋氏は脅すだけ脅して、向こうが弁護士を立てるとわかったら逃亡したということになります。しかも、唐澤氏はこの高校生の親の会社を特定し、子供の監督責任を問うような電話をかけていたと言われています。

 

 

唐澤貴洋の絶叫脱糞ブリブリの元ネタ

出典:nicovideo.jp

 

唐澤貴洋氏は、なんJ(なんでも実況J)だけでなく、ニコニコ動画でもネタにされています。

 

唐澤貴洋氏は、なんJでなぜか脱糞ブリブリ系のネタにもなりました。元ネタは2012年10月のなんJの「小太りの弁護士「…(ドンッ)」 少女「?!!」」というスレッドの中の以下のレスです。

 

40 : 風吹けば名無し[] 投稿日:2012/10/04(木) 19:59:56.79 ID:dcrV2us/ [1/1回] 唐澤貴洋(授業中に出したら学生生活終わるナリ…)
唐澤貴洋(そうだ、大声出して音をかき消すナリ!)
唐澤貴洋「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!」
先生「唐澤貴洋くん、ど、どうしたんだいきなり大声出して」
唐澤貴洋「なんでもな(ブリブリブリブリュリュリュリュリュリュ!!!!!!ブツチチブブブチチチチブリリイリブブブブゥゥゥゥッッッ!!!!!!!)

 

引用:インターネットで一番有名なコピペって

 

これは、中学生時代の唐澤貴洋氏が授業中に便意を催し、トイレに間に合わなくて、脱糞をごまかすために大声を出す作戦を決行したけれど、タイミングがずれてしまったというネタです。

このバカらしいネタがなぜかなんJ民の心をつかみ、爆発的に広がりました。

 

また、この唐澤貴洋氏の脱糞ブリブリネタは、2ちゃんねるを飛び出して、ニコニコ動画でも流行りました。2015年の第14回MMD杯でルナルナにより「一般男性脱糞シリーズ」として映像化され、さらにいろいろと派生していったのです。

 

 

唐澤貴洋を攻撃した恒心教の犯人が逮捕

出典:cyzo.com

 

唐澤貴洋氏を誹謗中傷したことで、逮捕者が出ています。

 

2015年に「恒心教サイバー部」というサイトの管理人「0Chiaki」が、不正アクセスの容疑で逮捕されました。

 

0Chiakiは、もともとクラッカーで15歳の時にスクリプト荒らしやトラップサイト作成などで逮捕されたことがあります。最初の逮捕後に、唐澤貴洋氏に興味を持ち、いわゆる「恒心教」に入りました。そして、自身で唐澤貴洋氏を誹謗中傷する「恒心教サイバー部」を立ち上げます。

 

そして、唐澤氏の法律事務所クロスを開設したり、フィッシングメールを送ってアカウント情報を用いてサイトを回収したり、Twitterスパムに侵入して引っかかったTwitterアカウントが一斉に唐澤貴洋氏に殺害予告をツイートする「Twitterスパム乗っ取り事件」を起こしたりしました。

 

10代の少年に粘着される唐澤貴洋氏。10代でクラッカーになるほどの才能を持つ少年はなぜ、そんなにも唐澤貴洋氏に粘着するのでしょうか。すごい労力と時間を唐澤貴洋氏に割いていますよね。

 

 

唐澤貴洋の現在①:知名度を生かしてメディア出演

出典:twitter.com

 

唐澤貴洋氏は現在、その知名度を生かしてメディア出演をしています。特に、ネット炎上や誹謗中傷などの特集をする時に、経験者・当事者として出演することが多いです。

 

・ニュースウォッチ9(2016年)
・所さん!大変ですよ(2016年)
・news every.(2017面)
・クローズアップ現代+(2017年)
・バラいろダンディ(2018年)
・世界一受けたい授業(2019年)

スポンサーリンク

 

その他、著書を出版したり、取材を受けたりすることも多いです。また、2022年ごろからはポンジ・スキームの投資詐欺をしていたと言われる「エクシア合同会社」の闇を追及していて、話題になっています。

 

 

唐澤貴洋の現在②:恒心教の犯人が逮捕

出典:asahi.com

 

唐澤貴洋氏を誹謗中傷する恒心教の犯人が、2023年8月に逮捕されました。

 

2023年1月から5月にかけて、唐澤貴洋氏の名前を騙り、全国の大学・高校・中学・自治体に30万件超の爆破や殺害を予告するFAXを送りつけて、威力業務妨害容疑で埼玉県草加市新栄の無職大熊翔容疑者(26)と東京都小金井市中町の東京農工大大学院生佐藤直容疑者(22)が逮捕されています。

 

捜査1課によると、2人はインターネット上の掲示板で特定の弁護士を攻撃する人の集団とされる「恒心教」に共鳴。大熊容疑者は「高校生の時に恒心教を知った。ファクスでの嫌がらせを自分で考えたので自己顕示欲があった」、佐藤容疑者は「恒心教を広めたかった。大ごとになれば面白いと思った」と供述している。

 

引用:爆破や殺害予告30万件超か、威力業務妨害容疑で男2人逮捕 「恒心教を広めたかった」「自己顕示欲があった」 – サンスポ

 

「恒心教を広めたかった」という動機、ヤバいですよね。唐澤貴洋氏を誹謗中傷するハセカラ騒動が始まったのは2012年のこと。今から10年以上前になります。10年以上経った今でも、狂信的に唐澤貴洋氏を誹謗中傷し続けるなんて、何がそんなに犯人たちを突き動かすのでしょうか・・・。

 

唐澤貴洋氏は完全な被害者ですが、この犯人に対して問題発言もしています。

 

https://twitter.com/CallinShow/status/1695616221893501410

 

このように思うのは自由ですが、「弁護士」と名乗る実名アカウントでこれを発言するのは、いくら被害者でもちょっとまずいのではないでしょうか。

 

また、現在は削除されていますが、次のようなポストもしていました。

 

出典:togetter.com

 

ここまで言ってしまうと、唐澤貴洋氏を誹謗中傷する恒心教と同レベルになってしまうような気がします。

 

 

唐澤貴洋のまとめ

唐澤貴洋の生い立ちや学歴・経歴と事務所の変遷、ハセカラ騒動や長谷川亮太、何をしたのか?ハセカラ騒動での炎上理由、ブリブリ脱糞の元ネタ、犯人逮捕や現在をまとめました。

 

なぜ唐澤貴洋氏がここまでネット民(恒心教)に粘着され誹謗中傷され続けるのか、本当にわかりません。早く唐澤貴洋氏への誹謗中傷がなくなることを祈ります。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

筧千佐子の現在!生い立ちと若い頃や魅力・高校と経歴・旦那と子供(娘/息子)・青酸化合物事件の判決と死刑執行もまとめ

拷問の事件28選・日本と世界別!意味や歴史・種類一覧も総まとめ

習志野市茜浜女性殺害事件の犯人は楊暁春?真犯人は?事件の詳細と被害者・真相を考察

佐々木奈保子(日光市女児)ちゃん失踪事件と現在!行方不明の概要・真相の考察もまとめ

全日空857便ハイジャック事件の犯人は実名は小林三郎ではなく九津見文雄?事件の判決や犯人の現在まで総まとめ

海外の日本人死亡&被害事件40選!強盗や襲撃・拘束・テロなど衝撃順にランキング【最新決定版】

築地八宝亭一家事件と犯人/山口常雄の現在!店の場所・被害者との関係もまとめ

平尾龍磨の現在!生い立ちや結婚・松山刑務所脱走事件の判決や出所・イケメンやいい人説まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

樋田康則(鈴鹿市ベルシティ殺人事件)の現在!生い立ちや家族・結婚と異常性癖も総まとめ

亀井エイ子(笠置シヅ子の娘)の現在!誘拐事件・吉本興業との関係・父親や兄弟・結婚情報もまとめ

旭川女子中学生・廣瀬爽彩いじめ凍死事件と加害者の現在!母親など家族と生い立ち・事件の概要とその後も総まとめ

内閣府職員ゴムボート変死事件の真相とその後!被害者の正体や事件の詳細を総まとめ

塩沢兼人(声優)の死因は脳挫傷!階段の転落事故・結婚や子供・経歴とプロフィールまとめ

寺井ゆり子の現在!津山事件の犯人/都井睦雄との関係・遺書や子孫・その後もまとめ

風不死岳ヒグマ事件の被害者と遺体の状況/発生場所や登山の危険を選んだ経緯もまとめ

和田竜人(公開大捜索)はやらせ?北澤尚の正体・松岡伸矢と似てる件・その後現在もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

工藤会の現在!組織図と歴代トップや事件・溝下秀男・野村悟の自宅や判決を総まとめ

朝木明代/東村山女性市議転落死事件は他殺?自殺や真相・創価学会との関係や裁判まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す