石川一雄(狭山事件の犯人)の現在!冤罪説と真犯人など真相・年齢と経歴・結婚した嫁と子供など家族もまとめ

石川一男は女子高生殺人死体遺棄事件「狭山事件」で無期懲役判決が確定するも冤罪を主張し続けている人物です。

 

この記事では石川一男の年齢や生い立ち、家族や、結婚した嫁や子供、素行が悪かった説、狭山事件の被害者、冤罪の根拠や真相、真犯人、現在の活動についてまとめました。

石川一男は狭山事件の犯人として実刑判決を受け冤罪を主張している人物

 

出典:https://cdn.mainichi.jp/

 

石川一男は、1963年5月に埼玉県狭山市で発生した、当時高校1年生だった女性を被害者とする強盗強姦殺人事件の犯人として無期懲役の有罪判決が確定した男です。

 

石川一男は冤罪を主張しており、強盗強姦殺人事件から裁判、冤罪を争っている現在までの一連の騒動の全てをまとめて「狭山事件」と呼ばれています。

 

石川一男は逮捕から約30年後の1994年12月に仮釈放(冤罪が認められた訳ではなく、通常の手続きによる仮釈放)されていますが、現在も冤罪を訴える活動を続けています。

 

 

石川一男が犯人とされる狭山事件の経緯

 

出典:https://image.jimcdn.com/

 

はじめに、石川一男が犯人だとされている狭山事件の経緯を簡単に見ていきます。

 

 

1963年5月1日〜3日、狭山事件の発生

 

1963年5月1日、埼玉県狭山市大字上赤坂の農家の四女で川越高校入間川分校の1年生だった中田善枝さん(当時16歳)が行方不明になりました。

 

その日の19時40分頃、善枝さんの兄(長男、当時25歳)が、自宅玄関で犯人からと思われる脅迫状を発見。

 

脅迫状は独特な筆跡による誤字だらけの文章で、「子供(善枝さん)の命が惜しければ、5月2日の夜12時に現金20万円を所定の場所へ女性に持って来させろ、時間が1分でも遅れたり警察に行ったりすれば子供を殺害する」という趣旨の内容が書かれていました。

 

長男は19時50分頃にすぐに警察に届け出たため捜査を開始されました。

 

犯人が指定した5月2日の夜12時に合わせて、警察官を周囲に隠蔽配置した上で被害者の善枝さんの姉(次女、当時23歳)に20万円分の偽装紙幣を持たせて犯人の指定した場所に待機させていたところ、日付が変わった5月3日の0時10分〜15分頃に犯人が現場に現れました。

 

しかし、犯人は周囲に警察官が配置されている事に気がつき0時25分に現場から逃走し、警察は犯人を取り逃しました。

 

 

5月4日〜11日、狭山事件の被害者・善枝さんの遺体や遺留品が見つかる

 

5月4日、狭山市大字入間川(現在の祇園)の雑木林近くの農道の地中から、被害者の善枝さんの遺体が見つかりました。遺体は死後2日〜3日で死因は首を絞められた事による窒息死でした。

 

また、被害者は生前に強姦された形跡があり、体内から検出された精液は血液型B型のものである事も判明しています。

 

警察が付近の聞き込みを行ったところ石田養豚場から作業用のスコップが盗まれていた事が判明。このスコップが5月11日に狭山市内の麦畑から発見され、被害者の遺体が埋められていた場所の土と同様の成分の土が付着していたため、犯人はこのスコップを使い遺体を埋めたと断定されました。

 

石田養豚場には番犬もおり、内部事情に通じたものでなかればスコップは盗めなかったとして、警察は犯人は石田養豚場の関係者と見て捜査を続けました。

 

 

5月23日〜7月9日、石田一男が犯人として逮捕され証拠発見により起訴される

 

5月23日、警察は3か月前まで石田養豚場に勤務していた被差別部落に住む石田一男を別件で逮捕し、6月17日までに被害者に対する強盗強姦殺人・死体遺棄容疑で逮捕しました。

 

6月18日までに、警察は石川一男の自宅を2度家宅捜索していますが、事件に結びつく証拠は見つかりませんでした。

 

石川一男は6月20日までに石田養豚場の元同僚2人と共謀して犯行に関わったと自供しますが、自分は被害者を強姦・殺害はしておらず、脅迫状を書いて届けた事と死体を埋めるためのスコップを盗んだだけだと主張しました。

 

6月21日には、石田一男の説明した通りの場所から被害者の鞄が見つかり、23日には石田一男が単独で犯行に及んだ事を自供します。

 

6月26日、3度目の家宅捜索が行われ、石川一男の自供の通り、被害者の万年筆が台所の鴨居の上から見つかりました。

 

6月29日、石川一男は被害者の腕時計を捨てた場所を自供し、7月2日にその通りの場所から被害者のものと思われる時計が見つかりました。

 

7月9日、上記の内容を証拠として、石川一男は強盗強姦死体遺棄などの容疑で起訴されました。

 

 

1964年3月〜1977年8月、石川一男が冤罪を訴えるも無期懲役が確定

 

裁判では、1964年3月11日に石川一男に対して死刑判決が言い渡されます。この時まで、石川一男は裁判で1度も罪状を否認していませんでした。

 

3月12日、石川一男は死刑判決を不服として控訴。9月10日に始まった控訴審では、石川一男は「刑事から犯行を認めれば10年で出してやると言われて嘘の自供をした」と供述し、裁判が開始されてから初めて冤罪を訴えました。

 

1974年10月31日、東京高裁は石川一男と弁護側の冤罪の訴えを退けて無期懲役の判決を言い渡しました。石川一男と弁護団は判決を不服として上告。しかし最高裁は上告を棄却し1977年8月に石川一男の無期懲役が確定しました。

 

 

 

石川一男の狭山事件当時と現在の年齢

 

出典:https://img.fril.jp/

 

上でも触れていますが、石川一男の狭山事件発生当時の年齢は「24歳」でした。

 

石川一男の生年月日は「1939年1月14日」で、2023年10月現在の年齢は「満84歳」です。

 

 

 

石川一男の生い立ち① 埼玉県狭山市の被差別部落で生まれる

 

石川一男は、1939年1月14日に埼玉県狭山市の被差別部落で生まれています。父親は石川富造、母親はリイという名前で農業を主な生業としていました。

 

石川一男は太平洋戦争末期の1945年4月に入間川国民学校に入学しますが、家族は被差別部落の住民であり、生活は極めて貧しかったために、石川一男も家の手伝いのために小学校にはほとんど行けず十分な教育を受けられなかったという事です。

 

 

 

石川一男の生い立ち② 家族のもとを離れ年季奉公に出される

 

出典:https://encrypted-tbn0.gstatic.com/

 

石川一男は小学5年生の時に家族のもとを離れて「年季奉公」に出され、所沢の十四軒(現在の

埼玉県所沢市下富)に住み込みで働くようになります。
 
そのため、1951年に小学校を卒業して中学へと進学するも、進学する事ができずに1954年に「義務年限終了」で除籍となっています。
 
その後、石川一男は、東京・修繕時の修繕専門の靴屋に奉公に行かされて1年ほど働き、続いて狭山の市議会議員だった宮岡長三の経営する製茶工場で住み込みで働いています。
 
製茶工場で1年半ほど働いた後、東京・保谷の漬物店で1年10ヶ月ほど働いて年季奉公の日々を終えています。
 
 
 

石川一男の生い立ち③ 日当の仕事を転々とする生活〜逮捕へ

 

出典:https://img.fril.jp/

 
年季奉公を終えた石川一男は、東京・保谷のプレス工場で日当で働き始めています。
 
しかし、プレス機に手を挟む事故を起こし、右手の人差し指を失ったため1年2ヶ月ほどで辞めています。
 
続いての勤務先は江東区東雲のゴルフ場の住み込みの仕事でしたが、3ヶ月後に上司が給料を持ち逃げしてしまいます。警察や仕事の斡旋者に訴えるも取り合ってもらえずタダ働きをせられた形になりました。当時の石川一男の年齢は17歳頃だったようです。
 
石川一男は、18歳なった1957年からは、米軍基地内にあった飛行機部品製造工場「ビクターオート」で働き始めすが、読み書きが出来ない事がネックとなって半年ほどで解雇されています。
 
その後、19歳になった石川一男は、1958年3月から、東鳩の製菓工場で臨時工員として働き始めています。ここでは3年10ヶ月ほど働きましたが、文字が書けない事がバレてしまい、それを恥ずかしく思った石川一男は逃げるようにして無断で辞めています。
 
その後は、入間郡武蔵町の藤沢にあった土建会社で半年ほど働いた後、狭山市の堀兼という地域にあった石田養豚場で働きました。
 
その後、1962年(狭山事件の前年)に石川一男は石田養豚場を辞め、実家に戻って兄の六造の仕事を手伝うようになりました。そして、1963年5月23日、石田一男は中田善枝さん殺害の容疑をかけられ逮捕(いわゆる別件で引っ張られた)されました。

 

 

 

石川一男の家族は両親と7人のきょうだい

 

兄の六造と次姉の静枝

 

石川一男の家族は、父親の富造と母親のリイの他に、きょうだいが7人いました。

 

石川一男のきょうだいは、長姉のヨネ、次姉の静枝、3歳年上の長兄の六造、長妹の雪枝、長弟の清、次妹の美智子がいました。(六造の上に兄が2人いたが幼児の時に死亡)

 

父親の富造は、母親のリイと出会う前に別の女性と結婚していましたが、長姉のヨネを出産した後の産後の肥立ちが悪く亡くなり、リイと再婚しています。

 

この長姉のヨネですが、部落解放同盟初代狭山支部長の石川仙吉と結婚し、冤罪を主張する石川一男を熱心に支援しました。

 

 

 

石川一男は仮出所後に結婚しており嫁は支援者の女性・早智子さん

 

出典:https://static.chunichi.co.jp/

 

石川一男は1994年12月に仮釈放されてから2年後の1996年12月21日に結婚しています。

 

石川一男の結婚した嫁は、徳島県の被差別部落出身の女性で、石川一男の冤罪を訴える支援活動に加わっていた早智子さんという一般の女性です。

 

石川一男の嫁の早智子さんは、2023年3月配信のニュースで年齢が76歳とされているため、石川一男の8歳年下です。

 

一雄さんと妻の早智子さん(76)

 

引用:「袴田事件」の再審決定に「次はうちの番」 「狭山事件」の石川さん

 

石川一男は服役中に受け取った多額のカンパ(1ヶ月数百万円)で8階建てのマンションを建てており、その不動産収入で嫁の早智子さんとの結婚生活を送っているようです。

 

 

 

石川一男と嫁の早智子さんの間には子供はおらず愛犬2匹を飼っていた

 

石川一男と嫁の早智子さんの間に子供はいませんが、早智子さんが結婚前から2匹の犬を飼っていおり、この愛犬達を子供の代わりのように可愛がっていたようです。

 

結婚前から飼っていた2匹の犬が、一昨年1月と今月5日に死んでしまった。家族の一員だっただけに、一日も早く無実の罪を晴らして天国に報告するつもりだ。

 狭山市で一雄さんと2人で暮らす。68歳。

 

引用:狭山事件で無実を訴える石川一雄さんと結婚し今年で20年石川早智子(いしかわさちこ)さん

 

 

 

石川一男が狭山事件の犯人とされる根拠① 控訴審までは犯行を認めていた

 

石川一男が狭山事件の犯人とされる最大の根拠となっているのは、石川自身が犯行を自白しており、裁判でも一審で死刑判決が出たあともそれを変えず、控訴審に入ってからようやく冤罪を主張し始めました。

スポンサーリンク

 

石川一男が死刑判決が出た後もしばらくの間、冤罪を主張しなかったのは、石川一男が狭山事件の犯人である根拠だとされています。

 

 

 

石川一男が狭山事件の犯人とされる根拠② 脅迫状の筆跡や特徴が一致

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

警察は、石川一男が狭山事件の犯人である証拠として、被害者の自宅に届いた脅迫状の筆跡と石川一男の筆跡や文字の使い方のパターンが似ている事を示しています。

 

下は、犯人により被害者宅に届けられた脅迫文の全文です。

 

少時 このかみにツツんでこい

子供の命がほ知かたら4月29日五月2日の夜12時に、

金二十万円女の人がもツてさのヤの門のところにいろ。

友だちが車出いくからその人にわたせ。

時が一分出もをくれたら子供の命がないとおもい。―

刑札には名知たら小供は死。

もし車出いツた友だちが時かんどおりぶじにか江て気名かツたら

子供わ西武園の池の中に死出いるからそこ江いツてみろ。

もし車出いツた友だちが時かんどおりぶじにかえツて気たら

子供わ1時かんごに車出ぶじにとどける,

くりか江す 刑札にはなすな。

気んじょの人にもはなすな

  子供死出死まう。

もし金をとりにいツて、ちがう人がいたら

そのままかえてきて、こどもわころしてヤる。

 

この脅迫状と、石川一男の書いた過去の勤務先での早退届、埼玉県警狭山署長宛の上申書の文字と一致する特徴が多いとして以下のような点が挙げられています。

 

平仮名で「つ」と書くべきところを片仮名で「ツ」と書くこと。

 

日付の記載は漢数字とアラビア数字を混用すること

 

助詞「は」は「は」と「わ」を混用すること

 

筆跡が似ている事については、実際に例を挙げて比較してみると確かに似ているように見えます。

 

下は脅迫状の「な」です。

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

そして、下が石川一男の書いた「な」です。

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

さらに下は、脅迫状の「え」と「江」です。

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

そして下が石川一男の書いたものです。

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

 

 

石川一男が狭山事件の犯人とされる根拠③ 元々素行が悪かった

 

出典:https://img.fril.jp/

 

石川一男が狭山事件の犯人だとされる根拠として、元々石川一男が素行の悪い人間であったという事も言われています。

スポンサーリンク

 

狭山事件発生後の1963年6月24日付の「東京新聞」は「石川一男はこんな男」と題して、石川一男の素行の悪さを書き立てています。

 

学校にはほとんど行かず、チンピラ仲間と狭山、所沢の盛り場を遊び歩き、二十九年には「義務年限終了」という理由で学校から除籍されている。このため中学での成績の記録はひとつもないが、小学校では全教科マイナス三の劣等生という記録がある

 

引用:「東京新聞」(1963年6月24日) 石川一男はこんな男

 

この他にも、石川一男の素行の悪さとして、「働き始めてからも素行不良で欠勤が続いた」、「競輪、競馬、パチンコ、麻雀などのギャンブルにのめり込んで給料のほとんど注ぎ込み、仕事をサボって競輪場に行っていた」などの情報や、金銭トラブルや対人トラブルも多かった事などが示されています。

 

また、逮捕後の石川一男の素行についても、取り調べの刑事に「警察は犯人を逃しておきながら、俺をこんなところに入れやがって、お前なんか出たら殺してやる」などと食ってかかり、筆跡の類似を示された際にも「同じ日本語だから似ているのが当たり前」などと開き直ったとされています。

 

他にも石川一男が取り調べの刑事に「何度同じことを聞くんだ」と言って突然暴力を振るったり、鉛筆を投げたり、そっぽを向いたりと、石川一男の素行の悪さを示す内容が伝えられています。

 

極め付けは、石川一男が取調室で示された被害者の写真をビリビリに引き裂いた事もあったようです。

 

 

 

石川一男が冤罪とされる根拠① 自供は警察に誘導されての虚偽の可能性

 

石川一男は中田善枝殺害については冤罪を主張しています。

 

石川一男は、身代金をとりにきた犯人が残した足跡と、兄の六造の地下足袋の足跡が同じだと言われた上で、「兄の六造が犯人だから、お前が自供しないと兄を逮捕する事になる」と警察に脅されたと主張しました。

 

さらに、石川一男は、この時に窃盗や暴行などの別の罪9件(石川一男が自分の意思で行なった犯罪はそのうち3件)でも逮捕されており、警察からは「これらの罪だけでも懲役7年の罪だが、中田善枝殺害を自白すれば懲役10年で出してやる」と持ちかけられ、それを信じたため嘘の自白をしたとも説明しました。

 

石川一男は何よりも、両親や姉妹ら家族の生活を支えていたのが兄の六造であり、もし六造が犯人として逮捕されれば家族が困窮すると考え、「10年の懲役ならまだ36歳だからやり直せる」とも考えて、警察の言うとおりにしようと考えたと主張したのでした。

 

 

 

石川一男が冤罪とされる根拠② 証拠を警察が捏造の可能性

 

警察は、犯人が送った脅迫状の筆跡と石川一男の筆跡が一致した事を石川が犯人である証拠としましたが、そもそも石川和夫は事件当時読み書きができず字はほとんど書けませんでした。

 

また、警察は石川一男の自宅から、被害者の中田善枝さんの万年筆が見つかった事を石川が犯人である証拠としましたが、5月23日の別件逮捕の当日と、再逮捕の翌日の6月18日に行われた2度の家宅捜索ではこの万年筆は見つかっていませんでした。

 

ところが、6月26日に警察は再び家宅捜索をし、石田一男が自白をして描いたとされる図面をもとに探したらわずか24分ほどで、に被害者の万年筆が発見されたとして、それを証拠としました。万年筆が発見されたのは鴨居の上でしたが、決して「見落としやすい場所」や「見えにくい場所」ではなく、なぜ2度にわたる徹底した家宅捜索でこれが発見されなかったのかが不可思議です。

 

これもまた、警察が石田一男を犯人に仕立て上げるために捏造したものだとされ、石田一男冤罪の根拠とされています。

 

同様に、証拠とされた被害者の鞄や腕時計なども、警察の誘導によって石川一男が嘘の自白をさせられた可能性が高いとされており、冤罪の根拠とされています。

 

 

 

石川一男が冤罪とされる根拠③ 素行が悪い人物像も捏造された可能性

 

石川一男は素行が悪かったと言われていますが、これも当時の警察やマスコミによって作り出された誤ったイメージで、実際はそこまで素行が悪いという事はなかったとの情報もあります。

 

主に石川一男の冤罪を訴える支援者側から出ている情報ではありますが、狭山事件以前の石川一男は、どこの職場でもよく働くと評判が良く、本来1年の年季奉公を延長して欲しいと請われる事も多かったそうです。

 

また、石川一男は狭山事件の容疑者とされた際に、いくつかの窃盗と暴行で別件逮捕されていますが、これらも石川一男自身の意思で行ったものはわずかで人に指示されて仕方なくやったものが多かったという事です。

 

また、そうした犯罪行為も部落差別が生んだ貧困と教育不足が根本的な原因であるとして、石川一男本来の人間性がそこまで悪いとは言えないとの主張もあります。

スポンサーリンク

 

 

 

石川一男がが犯人とされる狭山事件の被害者の女子高生は中田善枝さん

 

出典:https://stat.ameba.jp/

 

石川一男が犯人だとされている(有罪判決を受けている)狭山事件の被害者の中田善枝は、1947年5月1日に埼玉県狭山市上赤坂で四女として生まれました。狭山事件は16歳になったばかり、川越高校・入間川分校の別科の1年生(高校ではあるが別科は専門学校のような学校だった)になったばかりでした。

 

被害者の中田善枝の家族は父親の栄作、母親のミツ、きょうだいは、姉が3人と兄が2人、弟が1人でした。きょうだいのうち長姉は狭山事件から見て9年ほど前に家を出て働いており、三女は幼い頃に死亡していました。

 

被害者の中田善枝の生まれた家は地元で「百万円様」と呼ばれた裕福な農家で、明治時代の1905年生まれの父親の栄作は区長を務めた事もある地元の名士でもありました。

 

 

 

石川一男が冤罪なら狭山事件の真相や真犯人は誰か…被害者の兄犯人説

 

狭山事件の犯人は石川一男として有罪判決出ていますが、冤罪説も根強くそれなりの根拠も示されています。

 

仮に石川一男が冤罪だとした場合、狭山事件の真相や真犯人が誰だったのかも、ネット上ではよく議論されています。

 

その中で真相としてよく言われているのが、被害者の中田善枝の兄の中田健治が真犯人とする説です。

 

被害者の中田善枝は狭山事件が発生した日、遅くなっても学校から帰宅せずそのまま行方不明となりましたが、それを心配して学校まで迎えに行ったのが兄の中田健治でした。

 

そして、自宅に帰り、玄関に挟まっていた中田善枝を誘拐したとする脅迫状を見つけたのもこの兄の中田健治でした。

 

脅迫状には、警察に通報した中田善枝を殺すと書かれていましたが、中田健治は躊躇する事なく即座に警察に通報しています。

 

こうした事から、真犯人は兄の中田健治で、妹を探しに行ったのは自分が犯人と疑われないようにするための演技で、脅迫状を玄関に挟んで見つけたのも自作自演で、最初から近くに住む被差別部落の石川一男を犯人に仕立て上げようとしたのが真相ではとする説です。

 

それでは、なぜ実の兄の中田健治が中田善枝を殺害する必要があったのかについてですが、これは長男である自分が中田家の財産を相続する際に、女きょうだい達の中で唯一学校に通わせてもらうなど父親から特別扱いされていた中田善枝が自分にも財産を渡すように求めてくるのではないかと考えて邪魔になったのが真相ではないかと言われています。

 

また、1964年7月14日に、被害者の中田善枝の姉の登美恵(当時24歳)が農薬を飲んで自殺しています。これは石川一男の一審での死刑判決にショックを受けたためと言われています。

 

普通であれば、妹を殺害した犯人に死刑判決が出た事にショックを受けて自殺をするというのは不自然です。そのため、登美恵が自殺をしたのは、真相を知っていて石川一男が冤罪だと知っており、罪の意識を感じて死を選んだか、あるいは、発覚を恐れた真犯人の兄が口封じのために殺害したのではないかとの説が出ています。

 

さらに、狭山事件の控訴審で石川一男に無期懲役判決が確定した2ヶ月後の1977年10月4日には、被害者の中田善枝の次兄の喜代治が首吊り自殺をしています。

 

この中田善枝の次兄の自殺の理由は経営していた飲食店の不振だとされていますが、下のような奇妙な遺書を残しています。

 

私の生きる道はどこかしら。社会も流れ、私も流されるとしたら、余りにもさみしい夜になるでしょう。あすの社会も、きょうの社会も余り変わりはないけれど、私はただ、私はただ、私の社会のなかに、きょうという日を見つめて生きるのです。そしてまた、私は古いものの中に、いつまでもいいところもあることを願いたい。いまを生きるのです。けれども、これは余りに遠すぎた夢かしら。すべては終わり、すべては夢だったのね

 

当時、喜代治の年齢は33歳でしたが、大人の男の遺書としては、女言葉のような文面で描かれておりおかしな印象を受けます。

 

こうした事から、喜代治もまた、石川一男が冤罪で真犯人が自分の兄の健治だという事を知っていたが口裏を合わせており、その罪の意識から精神を病んでいたのではないかとの推測がされています。

 

 

スポンサーリンク

 

石川一男の現在

 

出典:https://www.asahicom.jp/

 

狭山事件の犯人として無期懲役の判決を受けた石川一男ですが、1994年12月に仮釈放されており、現在は社会復帰しています。

 

石川一男の2現在の年齢は84歳ですが、現在も狭山事件の冤罪を訴えて活動を続けています。これまでに3度の再審請求の申し立てが行われ、現在は第3次再審請求の審理が行われています。

 

2023年3月に、同じく冤罪を訴える袴田巌さんの「袴田事件」の再審開始が決定した際には、石川一男もメディアの取材に答えていました。

 

死刑が確定した袴田巌元被告(87)の再審請求の差し戻し審で東京高裁が再審開始を決定した13日、埼玉県狭山市内で女子高生が殺害された狭山事件で再審を訴えている石川一雄さん(84)は毎日新聞の取材に「袴田さんの再審開始は確信していた。次はいよいよ狭山だ。私の番です」と力強く語った。

 

引用:冤罪訴える石川一雄さん「次は狭山だ」 袴田事件の再審開始決定で

 

 

 

まとめ

 

今回は、1963年5月に発生した女子高校生殺人死体遺棄事件「狭山事件」の犯人として無期懲役の判決を受けるも冤罪を主張し続けている石川一男についてまとめてみました。

 

石川一男の現在の年齢は「84歳」で、狭山事件当時の年齢は「24歳」です。

 

石川一男は被差別部落出身で家族は貧困状態で、働きに出なくてはならなかったためまともな学校教育を受けずに育った生い立ちを持ちます。石川一男の家族は両親と兄が1人、姉が2人、弟が2人、妹が1人でした。

 

石川一男は狭山事件で無期懲役の判決を受けましたが、1994年12月に仮釈放されており、1996年12月に一般の女性と結婚しています。石川一男の結婚した嫁は冤罪を訴える活動を支援する団体に所属する早智子さんという8歳下の女性です。石川一男と嫁の早智子さんの間には子供はいません。

 

狭山事件当時、石川一男は被差別部落出身で差別を受けており、メディアでは過去の素行の悪さなども書き立てられましたが、冤罪を訴える側の主張ではこれは誤ったイメージで、実際の石川一男は働き者で真面目な人間だったとされています。

 

石川一男が犯人とされる狭山事件の被害者は当時16歳の高校生だった中田善枝で、裕福な家族に生まれ、女性が高校に通うのが珍しい時代にあっても進学させてもらっていました。

 

石川一男は冤罪だとする根拠は、犯人の脅迫状の筆跡と石川一男の筆跡が一致する事が証拠として挙げられているが当時の石川一男はそもそも字がほとんど書けなかった事や、警察が証拠としてあげたものに捏造の疑いがある事、石川一男が警察に言われる通りに嘘の自白をしたと供述している事などが挙げられています。

 

仮に石川一男が狭山事件の犯人ではないとした場合の真相や真犯人についても話題になっており、ネット上では被害者の中田善枝の兄が真犯人ではないかとする説が有力とされています。

 

石川一男の現在は84歳になっていますが、現在も冤罪を訴えて活動を続けています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

大韓航空機撃墜事件の犯人と真相は?日本人の犠牲者や生存者・機長・その後現在まで総まとめ

篠崎ポンプ所女性バラバラ殺人事件の犯人と真相・心霊の噂!事件の場所や内容・被害者もまとめ

山一抗争のヒットマンやその後!山口組と一和会の抗争の真実や原因・死者と逮捕者・わかりやすく解説

工藤加寿子(城丸君事件)の現在!生い立ちや経歴・家族や結婚歴と娘・無罪判決の詳細とその後を総まとめ

大道寺あや子の現在!生い立ちと家族・夫/大道寺将司や子供・かわいい評判・事件とその後まとめ

勝田清孝の事件と最期の言葉!生い立ち&息子と嫁など家族の現在・死刑判決・ドラマや映画も総まとめ

渋谷暴動事件の中村巡査&犯人/大坂正明の現在!指名手配から逮捕・判決・慰霊碑の場所まとめ

おせんころがし殺人事件の犯人は栗田源蔵!生き残りの長女や子孫のその後現在・生い立ちと家族・死刑執行と最後の言葉もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

勝田清孝の事件と最期の言葉!生い立ち&息子と嫁など家族の現在・死刑判決・ドラマや映画も総まとめ

華厳滝の現在!自殺や事件・心霊体験談・場所もまとめ【藤村操が投身自殺】

ダイヤモンド・プリンセスの現在!コロナ事件の経緯・原因や犯人・その後まとめ

猿払村(金持ち村)の現在!年収や豪邸・ホタテ御殿やフェラーリ・事件や中国との関係もまとめ

かっぱ寿司の都市伝説の内容と真相!地下で河童が強制労働のデマと元ネタまとめ

猪原修(熊本県菊陽町5歳男児)くん失踪事件と現在!行方不明の経緯・真相の考察もまとめ

鈴木俊之くん行方不明事件の真相と現在!伊東市宇佐美区小2男児誘拐事件まとめ

伊藤明理那の現在!国籍は中国の噂や家族・電動キックボードひき逃げ事件とその後まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

通州事件をなぜ教えない?殺され方や犯人・写真と真実・目撃者の証言もわかりやすく解説

悲惨な死に方の芸能人/有名人46選・日本と海外別!死亡と死因・最期が壮絶【最新決定版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す