大阪個室ビデオ店放火事件の犯人/小川和弘の現在!生い立ちと学歴や家族・死刑判決までの裁判の様子とその後まとめ

大阪個室ビデオ店放火事件は2008年に起きた放火殺人事件で、16人もの命を奪った凶悪事件です。

 

この記事では大阪個室ビデオ店放火事件の犯人とされる小川和弘の犯行動機や生い立ち、家族、学歴、死刑判決までの裁判の様子と現在についてまとめます。

大阪個室ビデオ店放火事件とは

 

出典:https://hatuncle007.hatenablog.jp/

 

2008年10月1日の午前2時55分頃、大阪市浪速区の難波駅前商店街にある7階建ての雑居ビル・檜ビルの1階に入っていた個室ビデオ店「試写室キャッツなんば店」から火災が発生しました。

 

出火時、店内には26人の客と3人の店員の合計29人がいたとされ、15人が一酸化炭素中毒で死亡、10人が火傷などの重軽傷を負いました。

 

さらに事件発生から約2周間が経った10月14日、重症者の1名が意識不明のまま入院中の病院で息を引き取ったため、最終的に大阪個室ビデオ店放火事件による死者は16名となっています。

 

鎮火したのは火災発生から約1時間40分が経った後で、最終的にビル1階部分の約37平方メートルが焼けたとされます。

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件の犯人・小川和弘

 

出典:https://tocana.jp/

 

「試写室キャッツなんば店」で起きた火災は、発生当初タバコなどによる失火が原因の事故と見られていました。

 

しかし、事件当日の午後に火元となった部屋を使用していた男性客が犯行をほのめかす発言をしたため、警察は現住建造物等放火と殺人、殺人未遂の疑いで男を逮捕することとなりました。

 

逮捕された男性客の名前は小川和弘。犯行当時46歳で職業は無職、住所地は大阪府東大阪市加納でした。

 

大阪府警捜査本部によると、火災発生後に小川和弘は白い肌着とトランクスのみを着けた姿で店の前にいたといい、通報を受けて駆けつけた警察官から「怪我はないか?」と尋ねられた際には「ごめんなさい。たばこを吸った、寝ていた」などと答えたそうです。

 

この発言と客の1人が「あの男が犯人や!」と小川和弘を指さしたことから小川和弘は任意同行され、事情聴取で犯行を認めたといいます。

 

火元となった部屋は「試写室キャッツなんば店」の18号室で、小川和弘はキャリーバッグに入れて持ち込んだ新聞紙と衣類に放火したとされます。

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件の犯人・小川和弘の犯行動機

 

出典:https://tanteifile.com/

 

大阪個室ビデオ店放火事件は、単独の殺人犯としては日本の犯罪史上で6番目に多い被害者を出した凶悪事件です。(2022年6月時点)

 

このような事件を起こした小川和弘は、逮捕前の事情聴取時に「死にたかった。火をつけてから怖くなって逃げ出した」と、自殺するつもりで火をつけたと犯行動機を供述していました。

 

しかしながら大阪地裁の第1審の判決文で、たまたま同じ店に居合わせただけの被害者に対して小川和弘がどうして殺意を持ったのかが明らかになり、その衝動性と身勝手さに非難の声が集中したのです。

 

店に入ってから放火に至るまでの小川和弘の感情の変化は、おおまかにまとめると以下のような流れだったとされます。

 

数日前に知り合った占い師に連れられて「 試写室キャッツなんば店」に来たが、店内を見てから「なんやここ、しょーもなー」と感じた。

 

受付で店員にキャリーバッグを預けようとしたものの断られ、18号室の鍵を開けようとしたが開かず、近くにいた店員に鍵を開けるように頼んだら小馬鹿にした態度をとられた。(ように思えた)

 

室内に入ったとき「せまっ」と感じた。

 

トイレに行くと大便をきばる他の客の声が聞こえ てきて「なんでこんな奴がいるトイレを使わなあかんねん。情けなー」と思った。

 

狭い18号室にいるのが嫌で通路を歩いていると、南側の奥の部屋から男の「あー」というもだえ声が聞こえてきた。「こんなやつと同類なのか」と思い、情けなく感じた。

 

仕方なく18号室に戻って寝ようとしたが眠れず、イライラした。こんな変態ばかりの場所にいるのもいやだった。

 

ここに自分を連れてきた知り合いの男も嫌いだった。あんな奴と一緒にこんな場所にいる自分が惨めになり「俺の人生はなんやったんや」と考えているうちに、死にたくなった。

 

 

急に自分が置かれている状況や環境が嫌になることや、些細なことで自己嫌悪に陥ることは誰にでもあることだと思われます。しかし、自分と同じ環境にいる人間も同類だ、自分と同じように情けない人間に違いないと決めつけるのは、あまりにも傲慢です。

 

上述の犯行動機からは「この店にいる奴は、どうせ大したことのない人間なのだから自殺に巻き込んでもいいだろう」という驕った考えが透けて見えます。

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件の判決

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

逮捕後の事情聴取では罪を認めていた小川和弘ですが、起訴直前になって一変し、無罪を主張するようになりました。

 

2009年9月14日に大阪地裁でおこなわれた初公判では、「自分のタバコが出火元だと勘違いして罪を認めてしまった」等と発言。しかし、12月2日には求刑通りの死刑判決が下されました。

 

小川和弘と弁護士はこれを不服として大阪高等裁判所に即日控訴しました。弁護側はまたもや「事情聴取での供述は、警察に恫喝されておこなったもので証拠にならない」「火元になったのは別の部屋」等として小川和弘の無罪を訴えたとされます。

 

しかしながら、大阪高等裁判所は2011年月26日にこの訴えを棄却して一審の死刑判決を支持。弁護側は最高裁判所まで上告しましたが、2014年3月6日には上告が退けられて小川和弘の死刑が確定しています。

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件犯人の小川和弘の生い立ち・家族・学歴

 

小川和弘の最終学歴は高校卒業で、高校を出てからはトラック配達の助手として運送業に就いた

のちに大手電器メーカーでライン工として働いていました。

 

この頃は結婚をしていて真面目に働いていたとされますが、2001年に30代で早期退職をしてから歯車が狂い始めたといいます。

 

電器メーカーを退職する際に小川和弘は多額の退職金を受け取っていたのですが、小川和弘はこのお金でギャンブルに明け暮れるようになり、夫婦仲が険悪になっていったのです。そしてついに、離婚に至りました。

 

妻が出ていった後は実の母親と2人で暮らしていたのですが、ほどなくして母親が病死。小川和弘は母親の生命保険金を手にしました。

 

退職後もタクシー運転手などをしていたものの、長続きはせずに無職となっていた小川和弘は、保険金数千万円をギャンブルやキャバクラ遊びなどにつぎ込んで浪費し、2年ほどで使い果たしてしまったといいます。

 

そして実家を売却して東大阪市のワンルームマンションに引っ越し、2008年からは月12万円の生活保護を受給して暮らしていました。

 

しかし生活保護を受けながらもギャンブルや女遊びがやめられず、逮捕時には消費者金融に多額の借金があったことも明らかになっています。

 

また東大阪に引っ越した頃から、下着姿で外をうろついたり、他人の部屋に不法侵入をしたりといった奇行が目立つようになっていたそうです。

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件の犯人・小川和弘死刑囚の現在

 

出典:http://wahuunews.blog.jp/

 

2022年現在、小川和弘は死刑囚として大阪拘置所に収監されています。

 

しかし死刑が確定した後も無罪を訴えており、2014年5月には小川和弘の弁護団が大阪地裁へ再審請求を行いました。再審請求とは判決が下された裁判に対するやり直し請求のことで、一定の要件を満たす重大な理由がある場合に限って認められます。

 

小川和弘の弁護団は再審請求をするうえで、事件現場となった「試写室キャッツなんば店」の20分の一スケールの模型を提出したうえで、以下の2点を請求の根拠として主張しました。

 

  • 火元となったのは小川和弘がいた18号室ではなく、9号室の可能性がある
  • 18号室の出火は放火ではなく、テレビなどの発熱による自然発火の疑いがある

 

弁護団は火災の専門家の大学教授の協力を仰いだうえで、模型を使って「試写室キャッツなんば店」での炎の広がり方を検証したといいます。その結果、18号室と9号室の両方から火が出ていた可能性が高いと判断したのです。

 

しかし、この鑑定書を受け取った大阪地裁は「2箇所から同時出火したという主張は、経験則上も大きな疑問が残る」として、2016年3月に再審請求を棄却しました。

 

鎮火時にもっとも損傷が激しかったのは18号室ではなく9号室であったために弁護団もこのような実験をしたのですが、9号室が火元で18号室は別の理由で出火していたというのは無理があると判断されたのです。

 

この決定に対して弁護団は大阪高裁に即時抗告をおこないましたが、大阪高裁も2018年10月に即時抗告の棄却をしており、その後の特別抗告も最高裁判所が2019年7月に棄却しています。

 

 

冤罪の可能性?日本弁護士連合会が支援に入る

 

2019年6月に日本弁護士連合会が、最高裁に特別抗告中であった小川和弘の再審請求を支援するとの発表をしました。

 

小川和弘は2014年から支援を求めていましたが、その後の調査の結果、冤罪の可能性が高いと認めたために日弁連が支援に乗り出したといいます。

 

その後、2019年11月には川和弘の弁護団は第2次再審請求をおこなっており、2021年1月には火元は18号室にあったキャリーバッグではなく、出火原因は外部にあったとする実験結果を証拠として提示しています。

 

現在は新しく提出された証拠を大阪地裁がどう判断するのかに対し、注目が寄せられています。

 

 

小川和弘は警察から脅されたと主張

 

小川和弘本人は事情聴取で浪速署の生活安全課に連れて行かれた後、刑事が入れ代わり立ち代わりやって来て「お前がやったんだろ!」と恫喝してきて、恐怖と疲れから事件当日の午前5時20分にはやっていない放火を認めてしまったと話しています。

 

また小川和弘は拘置所からノンフィクション作家の小野一光さんに宛てて無罪を訴える手紙を送っており、そのなかでも事情聴取で罪を認めたことを悔やむ記述をしていました。

 

B検事(*本文は実名)の取調べでは放火も失火も死刑やみたいな言い方をしていました。私は上手くA刑事とB検事に利用されたと思いました。犯人にする為に優しく接し親切にしてくれたんだと思いました。しかしもうその時には今までの取調べで2人の質問にハイハイと答えていた調書が11通も出来上がっており、私は何でもっと早くに否認して、やってないと言う事を言うのが遅かったと後悔しています

 

引用:フライデーデジタル・16人死亡「個室ビデオ店放火事件」被告から届いた手紙

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件のその後と指摘された問題点

 

 

出典:https://guardians7.com/

 

大阪個室ビデオ店放火事件では、店側の過失の有無も争点になりました。主に問題視されたのは以下の点です。

 

  • 店員による消火活動や、避難誘導など適切におこなわれていなかった可能性がある
  • 個室エリアの出入り口が一箇所しかなかったため、スムーズな避難ができなかった(実際に出入り口から離れた部屋にいた利用客の多くが犠牲になった)
  • 建築基準法に違反していた疑いがある(定められた数に対する窓や排煙設備の不足、個室に非常用照明が設置されていなかった、通路の壁の一部に難燃建材が使用されていなかった)
  • 小さな個室が密集しているうえ、通路も狭く複雑で、災害時の避難経路が確保されていない
  • ビデオ店が入っていた雑居ビルの管理人が、出火時に警報が鳴っていたにもかかわらず、誤作動だと判断して受信盤を操作して非常ベルを切っていた。そのためビデオ店内の誘導灯が消えていた

 

大阪府警の捜査本部は店側の責任についても調査を進めていましたが、2009年9月に業務上過失致死傷容疑での「試写室キャッツなんば店」の経営者らの起訴を断念しています。

 

店の構造は建築基準法に違反していたものの、検証の結果、仮に建築基準法を満たしていても被害は回避できなかったことが判明したためです。

 

大阪個室ビデオ店放火事件では一酸化炭素中毒で16名もの死者が出ましたが、十分な数の窓や排煙設備があったとしても、個室内の一酸化炭素の濃度は変わらなかったことがわかったといいます。

 

また火が燃え広がる速度もはやかったため、仮に誘導灯が点いていたとしても避難の難しさは変わらなかったとされます。

 

また、難燃性の建材を使用していたとしても一酸化炭素の濃度は変わらず、火が広がる速度から考えても、同様の数の死傷者が出た可能性は高い、と判断されました。

 

出典:https://guardians7.com/

 

なお、事件現場となった「試写室キャッツなんば店」のあった檜ビルは現在取り壊されており、現在は駐車場になっています。

 

 

大阪個室ビデオ店放火事件のまとめ

 

この記事では2008年10月に起きた大阪個室ビデオ店放火事件について、事件の概要や犯行動機、犯人とされる小川和弘に下された判決や現在も続いている再審請求の状況などをまとめました。

 

日本弁護士連合会が再審請求を支援した事件のなかには、無期懲役や死刑判決が覆されて無罪判決を勝ち取ったものも多く、大阪個室ビデオ店放火事件についても冤罪を認める根拠があって支援を決めたものと見られます。

 

そのため、大阪個室ビデオ店放火事件の真実は現在明かされているものとは違う可能性もあります。しかし犯人が誰であれ、16名もの尊い命が奪われた事実は変わりません。被害者の方々のご冥福とともに、事件現場に居合わせた方々やご遺族の心が少しでも安らかであるよう、お祈り申し上げます。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

森祐喜(森喜朗の息子)の死因!押尾学事件や田中香織との関係・タイで生きてる説・結婚した嫁と子供など家族もまとめ

愛知豊明母子4人殺人放火事件の真相と犯人!旦那(父親)のホステスとの浮気・その後現在も総まとめ

浅山克己の生い立ちと現在!山形&東京連続放火殺人事件の共犯の嫁・裁判の判決もまとめ

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

小室敏勝(小室圭の父親)の死因は?実家や家族・学歴と経歴・結婚や嫁と子供・多摩川での自殺や保険金目的での他殺説まとめ

東尋坊殺人事件と犯人の現在!被害者の嶋田友輝・加害者7人の判決などその後も総まとめ

老人火あぶり致死事件(フジテレビ退屈貴族)は真実?嘘?事件の犯人と出演者などを総まとめ

附属池田小事件の犯人は宅間守!逃げた教師の岩崎真季の真相・犯行動機など詳細・犠牲者と生き残りのその後・現在も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

アステカの祭壇の現在!場所や心霊写真・生贄や心臓の扱いと真相・危険の理由・アンビリバボーや映画も総まとめ

ウトロ地区の現在!歴史と怖い噂・不法占拠や放火の火災事件・出身の芸能人は安田美沙子のデマも総まとめ【場所と地図あり】

小樽資産家女性殺害事件の犯人と現在!被害者女性や事件の発生場所・その後まとめ

坪野鉱泉の現在!女性失踪事件の真相・場所と廃業理由・宜保愛子が恐れた心霊の噂・牛首村の映画化まとめ

嵐真由美さん失踪事件と現在!姉や夫と子供など家族・真相の考察や解決した噂もまとめ

高山忠克の現在!失踪や詐欺事件での逮捕・結婚や息子の噂・国鉄と阪神での成績を総まとめ

慶応大学生・篠崎耕太さん失踪事件と現在!インドで行方不明とその後まとめ

星野道夫の死因と最後の写真!ヒグマ襲撃事件・嫁と息子・映像作品もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

黒猫はなぜ不吉?その由来と理由・幸運の説・日本と海外の都市伝説まとめ

きぬ川館本店の昔と現在!廃墟の場所と経営者の夜逃げ・心霊スポット化したその後まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す