藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の犯人と現在!被害者など詳細・その後もまとめ

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件は、1987年2月に藤沢市内で発生した殺人及び死体損壊事件です。被害者はバンド「スピッツ・ア・ロコ」の茂木政弘さんで、犯人は茂木さんの妻・茂木美幸と従兄・鈴木正人でした。この記事では本件の詳細や判決、その後や現在を紹介していきます。

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の概要

 

出典:https://auctions.yahoo.co.jp/

 

1987年2月25日、神奈川県藤沢市亀井野内のアパートに住む鈴木正人(事件当時39歳)という人物の部屋がおかしい、という相談が藤沢北署に入りました。

 

通報をした主は鈴木正人の親戚で、鈴木宅を訪れたところ人の気配と異様なにおいがするものの誰も出てこないことを不審に思い、警察に連絡したといいます。

 

そして、藤沢北署の警察官がアパートに踏み込み、部屋の主である鈴木正人が茂木美幸(事件当時27歳)という女性とともに人間の遺体を解体していたことが明らかになり、2人は現行犯逮捕されました。

 

その後の調べで、遺体はメジャーデビューもしていたバンド「スピッツ・ア・ロコ」のリーダーであった茂木政弘さん(事件当時32歳)のものと発覚。

 

鈴木正人は茂木さんの従兄であり、茂木美幸は茂木さんの妻であることも判明しますが、殺人の動機は誰もが想像するような痴情のもつれなどではありませんでした。

 

犯人の2人は一貫して「政弘の中には悪魔がいる。悪魔祓いのために殺害、死体を解体した」と供述。証言のほかには、茂木さん殺害の動機も見当たらなかったのです。

 

そのため裁判では、本当に悪魔祓いになると思って犯人2人が茂木政弘さんを殺害したのか、通常の殺人事件なのかが争点となり、複数回、精神鑑定がおこなわれたとされます。

 

本心から悪魔祓いになると考えて人を殺したとなると、何らかの理由で精神耗弱状態にあった、責任能力を欠いていたと考えられるため、藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件の犯人は無罪になる可能性もあったのです。

 

しかし最終的に裁判所はすべての精神鑑定の結果を否定し、鈴木正人、茂木美幸の犯行を「責任能力のある成人による殺人」として扱い、それぞれに懲役刑を言い渡しました。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の詳細① 被害者と犯人の関係

 

藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件の被害者である茂木政弘さんは、音楽一筋の真面目な人物でした。

 

「スピッツ・ア・ロコ」というバンドのドラマーとして活動しており、事件が起きるまでに『人情』というLPとシングル2枚をリリースしていました。

 

なお、このバンドは「崩壊した家族」をテーマにしていたといい、茂木政弘さんはドロップ・アウトした娘という設定でステージにあがる際には女装をしています。容姿も端麗であったためにファンからは「和製マイケル・ジャクソン」と呼ばれていたそうです。

 

出典:http://tmochida.jugem.jp/

 

一方で犯人である従兄の鈴木正人は若い頃から素行が悪く、仕事は不動産関係と自称していたものの、実際には詐欺まがいの行為を繰り返していたといいます。

 

本件の前にも1979年に宝石詐欺で逮捕され(執行猶予付きの判決だったため収監はされなかった)、その後も横浜市内の土地の売買をめぐってトラブルを起こしていたとのことです。

 

あまり共通点のなさそうな2人ですが、茂木政弘さんは鈴木正人を「兄貴」と呼ぶほど慕っており、子どもの頃から事件発生に至るまで親密な関係にあったといいます。

 

もう1人の犯人である茂木美幸は、准看護婦の職についていました。茂木さんの弟が事故を起こして入院した際に美幸と知り合ったそうで、事件が起きる前年の1986年4月に2人は結婚しました。

 

この3人には全員、横浜市内に本部を持つ大山祇命神示教会(大山ねずの命神示教会)という共通の新興宗教に入信していた時期があります。

 

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

そもそも鈴木正人が大山祇命神示教会の熱心な信者だったといい、鈴木に誘われて茂木さんが1974年に入信。1979年には美幸も同宗教に入信したとされます。

 

事件の前に3人は大山祇命神示教会を退会しており、1986年に結婚してからは茂木政弘さんは美幸とともに実家で暮らし始め、鈴木は埼玉県内に転居したために一時期は交流が途絶えていたようです。

 

しかしその後、鈴木が事件の現場となる藤沢市内のアパートに引っ越して来たことで交流再開。鈴木は頻繁に茂木さんの前に現れるようになり、茂木さんの音楽活動にまで口を出すようになっていきます。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の詳細② 「救世の曲」

 

出典:https://auctions.yahoo.co.jp/

 

1986年10月、藤沢に引っ越してきた鈴木は茂木さんのもとを訪れ、「自分に神が舞い降りた」と宣言します。

 

そして「この世は悪魔だらけで、音楽で救世するのがお前が神から受けた役目なのだ」と、茂木さんに告げて、「救世の曲」を作るように説得をはじめました。

 

この頃、茂木さんは自分がリーダーを務めていたバンド「スピッツ・ア・ロコ」の方向性について悩んでいたこともあり、鈴木の話に簡単に流されてしまったとのことです。

 

なお、バンドのメンバーはかねてから鈴木に不信感を持っており、鈴木と距離を置くよう茂木さん夫婦に説得を重ねていたそうですが、上手くいかなかったといいます。また当時、茂木さんは妻との関係にも悩んでいたそうです。

 

鈴木の勧めに従って、茂木さんは美幸とともに鈴木のアパートに泊まり込んで「救世の曲」の制作に取り掛かりました。

 

そして3人でアパートに引きこもって曲の制作をはじめてから一週間が過ぎた1987年の2月20日、茂木さんが「悪魔に取り憑かれてしまった」と言い出したのです。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の詳細③ 事件の発生

 

1987年2月22日、鈴木と美幸は茂木さんの悪魔祓いを試みました。3人が大山祇命神示教会に入信していましたが、悪魔祓いなどの概念はこの宗教には存在しないそうで、この時におこなった儀式は鈴木が自分で考案したものと見られています。

 

鈴木は3本の蝋燭をつけた祭壇の前に茂木さんを座らせました。そしてその前に自分も座って互いの目をじっと見つめ、鈴木さんが目をそらしたら体内から悪魔が出ていったことになると主張しました。

 

しかし茂木さんが目をそらすことがなかったため、鈴木は「肉体を殺さなければ中にいる悪魔も死なない」と言い出して、首を締めて茂木さんを殺害。美幸もこれを手伝ったとされます。

 

その後、鈴木は「悪魔が出ていけば政弘は生き返る」と説明して美幸とともに茂木さんの遺体を眺めていたそうですが、当然ながら亡くなった茂木さんが息を吹き返すことはありませんでした。

 

そのため今度は「政弘の体にはまだ悪魔が残っている。バラバラにして清めないと悪魔が蘇る」と言い出して、美幸と2人で茂木さんの遺体を解体し始めたといいます。

 

2人は22日から事件が発覚する25日までの3日間、ほぼ眠らずに茂木さんの遺体をハサミや調理用のナイフで切り刻み、切り取った肉片や臓器、頭蓋骨などに塩を塗り込んでいたとされます。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の詳細④ 発覚

 

出典:https://www.pakutaso.com/

 

25日の夜になって、連絡がつかない茂木さんのことを心配した親戚が鈴木の部屋を訪ねました。しかし、中から人の気配はするものの誰も対応に出てこないことから、不審に思った親戚がアパートの管理人の連絡先を聞こうと駅前交番に相談に行ったことから事件が発覚します。

 

警察から連絡を受けたアパートの大家さん(管理人を兼任)は、親戚とともに鈴木の部屋に向かい、スペアキーで部屋の中に入りました。

 

そして親戚と大家さんは部屋のなかで人間の遺体らしきものをバラバラに解体しながら、肉片に塩をすり込み続ける鈴木と美幸の異様な姿を目撃してしまったのです。

 

あまりにも衝撃的な光景を目にした大家さんは腰を抜かしてしまい、親戚は慌てて110番通報。すぐさま駆けつけた警察官2名が現場に踏み込んだ時にも、鈴木と美幸はまったく動揺することなく、「悪魔…悪魔…」と呟きながら淡々と遺体の解体と塩を塗る作業を続けていたといいます。

 

カーペットには茂木さんの臓器が無造作に転がり、鈴木はカッターナイフを使って頭蓋骨の肉をそぎ取り、美幸はハサミで足の肉を切断していたところを警察官に取り押さえられて逮捕されました。

 

悪魔に取り憑かれないようにするために自分たちの顔にも何度も強く塩を塗り込んでいたそうで、逮捕時の2人の顔には異様な痣があったそうです。

 

なお、鈴木と美幸は「救世の曲」のデモテープを聴きながら茂木さんの遺体を解体していたといいます。当然ながらこの曲はリリースされていないため音源は出回っていません。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件の裁判と判決

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件の第一審は、横浜地裁で開かれました。

 

逮捕時から一貫して2人が悪魔祓いのために茂木さんを殺害したと供述していたことから、裁判では犯行時に被告人は精神分裂病の状態にあったのではないかと議論となり、責任能力の有無が争点となりました。

 

そのため裁判開始前に鈴木については3回、美幸については2回の精神鑑定がおこなわれ、それぞれの鑑定書の内容も以下のように割れました。

 

鈴木正人についての精神鑑定

 

甲鑑定…被告人は犯行時、精神分裂病を患っていた。善悪を判断する能力も欠いていたため、責任能力は無かった。

 

乙鑑定…犯行時、被告人と被害者の3人は1人の妄想が全員に伝染し、悪魔に取り憑かれたという妄想を共有する「感応精神病」の状態にあった。そのため事件に関わった者全員が心神耗弱状態だったと考えられ、被告人の責任能力は十分ではなかった。

 

丙鑑定…被告人は側頭葉てんかん患者であった。宗教的な思想に囚われており、責任能力は認められるものの、低下があったと思われる。

 

茂木美幸についての精神鑑定

乙鑑定…犯行時は感応精神病の状態にあり、責任能力は無かった。

 

丙鑑定…宗教的支配観念に囚われ、責任能力は認められるものの、低下があったと思われる。

 

鑑定ごとに責任能力の有無や程度はわかれましたが、どれも共通して「犯行時に被告人は、善悪を弁識するのに十分な責任能力を有していなかった」という内容でした。

 

しかし、横浜地裁はこれらの精神鑑定のいずれも採用できないと判断し、1992年5月13日に鈴木正人に対して懲役14年の実刑判決、茂木美幸に対して懲役13年の実刑判決を言い渡しています。

 

その後は鈴木のみ控訴しましたが、東京高等裁判所が棄却したために上記の量刑が確定しました。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件のその後① 現場となったアパートの現在

 

出典:https://m.facebook.com/

 

藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件の現場となったのは、神奈川県藤沢市亀井野1丁目22-8に建っていた築浅のアパートでした。

 

鈴木と美幸はバラバラにした茂木さんの遺体を台所の排水溝やトイレから下水に流していたため、事件発覚後は現場周辺の下水がバキュームで回収されることになり、連日大騒動だったといいます。

 

鈴木が借りていた室内も床一面が血だらけになっており、床を伝ってアパート一階の蕎麦屋の天井に染みができるほどの惨状でした。

 

一階の蕎麦屋は味がよく、人気店だったそうですが事件後は大規模な清掃と改装をしても客足が戻らず、閉店に追い込まれたとのことです。

 

また現在もアパー卜そのものは運営されていますが、大島てるにも「告知事項有り」として掲載されています。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件のその後② 犯人の現在

 

量刑どおりに刑期を終えた場合、茂木美幸は2015年に出所、鈴木正人は2016年に出所しているはずです。

 

そのため現在、藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件の犯人2人が社会に出ているものと見られます。

 

第一審の判決で鈴木は裁判官より、「被害者や遺族のみならず、事件現場となったアパートの所有者や廃業に追い込まれた飲食店経営者に対する謝罪の言葉もなく、反省しているとは思えない」と批判されていました。

 

現在はどのように暮らしているのかは不明ですが、しっかりと反省してから出所したものと思いたいですね。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件のその後③ バンドのその後

 

 

藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件の後、茂木さんが所属していたバンド「スピッツ・ア・ロコ」は解散しています。

 

もともと事件前から解散寸前で、茂木さんも音楽だけで食べていくのは厳しい状況で母親から金銭的な援助を受けていたそうです。

 

解散後、メンバーのなかで音楽活動を続けているのはボーカルを担当していた小板橋博司さんだけの様子です。

 

事件後にバンドの曲を初めて聞いたという人からは「曲もいいし、歌も上手い。もっとたくさん曲をリリースしてほしかった。もったいない」「過去の曲をまとめたアルバムを出してほしい」といった声があがっており、事件が原因でバンドや楽曲まで消えてしまったことが惜しまれています。

 

 

 

藤沢悪魔払いバラバラ殺人事件についてのまとめ

 

今回は1987年に起きた猟奇殺人事件、藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件について被害者や犯人の関係、事件の経緯・詳細や判決などを紹介しました。

 

裁判では犯人の鈴木正人は映画『エクソシスト』に傾倒していたという話も出ており、悪魔祓いという妄想に取り憑かれた背景には映画の影響も少なからずあったのかもしれません。

 

しかしながら映画に影響されて悪魔祓いの儀式を真似るのはまだしも、人殺しや遺体の損壊はとても理解できる行動ではありません。出所しているであろう犯人2人がきちんと更生し、今後は奇妙な妄想にとらわれることがないよう願いたいです。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

制服警察官女子大生殺人事件の犯人の松山純弘&その後と現在!被害者や事件の判決も総まとめ

おせんころがし殺人事件の犯人は栗田源蔵!生き残りの長女や子孫のその後現在・生い立ちと家族・死刑執行と最後の言葉もまとめ

足立区女性教師殺人事件と犯人/和田信也の現在!事件の詳細や犯行動機の謎もまとめ

警察官ネコババ事件の犯人の巡査の名前は西村正博!その後現在まで総まとめ

帝銀事件の真相と真犯人!平沢貞通は冤罪?死刑囚の家族と養子の悲劇・酒井政利が息子の噂と映画を総まとめ

浅沼稲次郎の暗殺事件&犯人の少年と現在!身長や子孫・刺される画像・その後もまとめ

ひかりごけ事件の犯人は船長!少年の食人の真相・判決などその後・現在の映画化や漫画化もまとめ

東峰十字路事件の犯人!被害者遺族と慰霊碑・発生場所・映画や漫画作品まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

千葉祐太郎死刑囚の現在!生い立ちや母など家族・高校・嫁の南部沙耶との結婚や子供の情報も総まとめ【石巻3人殺傷事件の犯人】

高知白バイ衝突死事故の真相!犯人/片岡晴彦は冤罪?発生場所と原因・被害者の警察官・疑惑のブレーキ痕・裁判官の判断・再審やその後までまとめ

福島県南相馬市女子高生失踪事件の真相と現在!清水沙也香の遺体発見と彼氏への疑惑・兄の悲劇も総まとめ

石嵜容子さん行方不明事件の真相や犯人は?失踪の現場・現在の状況もまとめ

警視庁独身寮爆破事件の詳細と犯人!発生場所・その後の時効成立まとめ

開成高校生殺人事件の犯人は父親!被害者の佐藤健一と母親の遺書・ドラマ化作品・現在も総まとめ

たつの市小4女児殺人未遂事件の犯人と真相は?詳細やその後も総まとめ

モケーレ・ムベンベ(UMA)の正体は?目撃場所や写真と動画・実在の可能性と現在まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

マデリン・マクカーン失踪事件の犯人と真相!両親の現在・死亡説と生きてる説・霊視結果・Netflixの番組もまとめ

おせんころがし殺人事件の犯人は栗田源蔵!生き残りの長女や子孫のその後現在・生い立ちと家族・死刑執行と最後の言葉もまとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す