日本人留学生射殺事件の服部剛丈の両親や兄弟!犯人ロドニーピアーズの現在・自業自得など海外の反応もまとめ【フリーズプリーズ事件】

日本人留学生射殺事件(フリーズプリーズ事件)は、1992年に高校生の服部剛丈さんが留学先のアメリカで殺害された事件です。この記事では日本人留学生射殺事件の犯人や判決、海外の反応、自業自得との声、両親や兄弟など被害者の家族、現在を紹介します。

日本人留学生射殺事件の概要

 

出展:https://www.youtube.com/

 

1992年10月17日、アメリカ合衆国ルイジアナ州バトンルージュで、日本人留学生の服部剛丈(はっとり よしひろ・当時16歳)さんが殺害されるという事件が発生しました。

 

当時、高校2年生だった服部さんは公益財団法人AFS日本協会を通じて交換留学生としてバトンルージュにあるホームステイ先で生活していたとされます。

 

服部さんのホームステイ先は大学教授のリチャード・ヘイメーカーさんと妻で医師のホリーさん、その長男で高校生のウェブさんの3人家族だったとのことです。

 

事件が起きた時期はハロウィンのシーズンで、17日の夜、服部さんは白のタキシードを着てジョン・トラボルタの仮装をし、ウェブさんが運転する車でハロウィンパーティーに向かっていました。

 

なお、ウェブさんは数日前にプールの飛込に失敗して負傷しており、首にギプスを巻いていたためにこれを利用してミイラ男の仮装をしていたとされます。2人ともパーティーを楽しみにしていました。

 

ところが会場周辺の土地に詳しくなかったウェブさんは道を間違えてしまい、パーティー会場となっている家ではなく、無関係のピアーズ一家の家に到着。

 

ピアーズ一家にもハロウィンの飾りつけがされていたため、「ここが会場で間違いない」と思い込んでしまった2人は、悪気なく呼び鈴を押してしまいます。

 

勝手口から仮装した2人組が玄関前に立っている様子を見たピアーズ夫人のボニーは、強盗と勘違いしたそうです。

 

夫のロドニーに銃を持ってくるように頼み、すぐにレーザースコープ付きの44マグナム拳銃を構えた家主のロドニー・ピアーズが勝手口から現れました。

 

出展:https://www.youtube.com/

 

そしてピアーズは2人に銃口を向けながら、「フリーズ(動くな)」と警告しました。しかし、服部さんは誤解をされていると勘違いしたのか、微笑みながら「パーティーに来たんですよ」と説明しながら勝手口に近づいてしまったのです。

 

この動きを見て、警告を無視して家に押し入ろうとしていると判断したピアーズは、家族を守るために発砲。まずい、と思ったウェブさんも「戻ってこい!」と声をあげましたが間に合わず、弾は服部さんの左上半身に命中してしまいました。

 

ウェブさんの通報によって救急車が駆け付け、服部さんはすぐに病院に搬送されました。しかし弾は左の肺を貫通していたために出血が止まらず、そのまま服部さんは息を引き取ります。

 

事件後、服部さんがピアーズの警告を無視してしまった理由は、「フリーズ(動くな)」と「プリーズ(どうぞ)」を聞き間違えてしまったからではないか?と考えられ、銃社会アメリカでの生活と日本での生活の大きな違い、留学の怖さなどが取りざたされました。

 

悲劇的な事件でしたが、刑事裁判では服部さんの死は不運な事故であり、ピアーズは正当防衛だったとされていました。

 

そのため事件そのものは連日報じられたのにもかかわらず、その後のアメリカで裁判の様子などはあまり大きく伝えられませんでした。

 

しかし、ピアーズ夫妻の行動や発言などから民事裁判では「日本人留学生射殺事件は、事故ではなく殺意のある事件だった」ということが認められています。

 

 

 

日本人留学生殺人事件の被害者は県立旭丘高校の生徒だった

 

出展:https://plaza.rakuten.co.jp/

 

日本人留学生殺人事件の被害者となった服部剛丈さんは名古屋市内で誕生し、父、母と2歳違いの姉と弟の5人家族で育ったそうです。

 

母親は英語教師をしていたといい、その影響で幼い頃から英語やアメリカの文化、生活に興味を持っていたとされます。

 

文武両道であった服部さんは、中学を卒業すると愛知県でもトップクラスの進学校である県立旭丘高校へ進学。

 

そして高校2年生の夏に、念願かなってAFS日本協会の制度を利用してアメリカ留学へと留学した矢先に、事件が発生してしまったのです。

 

快活な性格の服部さんは「ヨシ」と呼ばれてホームステイ先のヘイメーカー家ともすぐに打ち解け、とくに同い年であったウェブさんとはあっという間に親しくなったといいます。ウェブさんとは同じ高校に通う予定だったそうです。

 

ヘイメーカー夫人のホリーさんによると「ヨシはエネルギッシュな若者で、友達も多かった。ジャズダンスが好きで、ダンス教室にも熱心に通っていた」とのこと。

 

出展:https://www.amazon.co.jp/

 

ハロウィンパーティー用の仮装もダンスが好きだったことから、映画『サタデーナイトフィーバー』の時のジョン・トラボルタの衣装をチョイスしていました。

 

また、今でこそ日本にもイベントとして定着したハロウィンですが、当時は親しみのない行事であったことから、服部さんは事件当日に参加する予定であったハロウィンパーティーをとても楽しみにしていたといいます。

 

 

 

日本人留学生殺人事件の刑事裁判と判決

 

出展:https://377.medium.com/

 

日本人留学生殺人事件の裁判で争点となったのは、服部さんを射殺したロドニー・ピアーズに殺意はあったのか否かという点でした。

 

ピアーズの弁護を担当したアングルズビー弁護士は「被告に殺意はなく、家族を危険から守るための正当防衛だった」として無罪を主張。

 

対する検事は「被告の妻は、いきなり夫に銃を持ってくるように要求している。たとえ家の前に不審人物がいたとしても、詳細を伝えずに『銃を持ってきて!』と頼むのは常軌を逸している」と指摘します。

 

実は事情聴取の結果、ピアーズの妻ボニーが服部さんとウェブさんの姿を見てすぐ、何があったのかすら話さずに銃を持ってくるように夫に頼んでいたこと、ピアーズ本人も妻にどうしたのか聞かずにまっすぐに寝室に向かい、拳銃を持って勝手口に向かったことが明らかになっていたのです。

 

そもそも夫に不審人物の対応を任せたのならばその間にボニーは警察に通報することもできたはずですし、そうするのが一般的でしょう。

 

しかし、ボニーが警察に通報したのはピアーズが服部さんを撃った後でした。

 

この指摘に対して弁護士は「ピアーズ家は1年前に窃盗の被害に遭っていた。そのためボニーさんは不審者に対する警戒心が強く、パニックに陥っていたために細かいことを伝えられなかった」と反論。

 

検事は「強盗がチャイムを鳴らすとは考えづらい。被害者らから話を聞くことはできたはずだ」としましたが、弁護士は「ハロウィン当日でもないのに、妙な服装の男が2人、いきなり家を訪ねてきたらパニックになりますよね?」などと言って陪審員に同意を呼びかけました。

 

 

判決を左右した陪審員制度

 

出展:https://pixabay.com/

 

ピアーズは「計画性のない殺人罪」(日本の刑法上の傷害致死罪に相当する)の罪で起訴されていました。

 

当初、日本のメディアも過失致死は認められるだろうというトーンで事件補報じていましたが、結論から言うと、1993年5月ピアーズには無罪判決が言い渡されています。

 

裁判は陪審員裁判で行われ、陪審員12名(うち白人10名、黒人2名)が全員一致で無罪の評決を出したためです。

 

この陪審員らは地域に住む人々から無作為に選出された人々ですが、事件直後のインタビューから、ピアーズ家周辺の住人は「ピアーズ夫妻に罪はない」「家族を守るために不審人物を撃つのは当然」という考えを持っていたことが明らかになっています。

 

周辺住民からは「日本人を撃ったから騒ぎになっただけで、アメリカ人同士の銃殺事件なら誰も興味を持たなかった」との声まであがっていたほどです。

 

つまり、詳細はわからなくても侵入者を殺害して排除するのは当然、というのが銃社会アメリカの考え方だというのです。

 

さらに弁護士は「服部さんの右手にはカメラが握られており、ピアーズはこれを銃だと誤認した。その恐怖から『襲われる!』と思った」と主張。

 

また、現場検証の結果、事件当時ピアーズと服部さんの間の距離は90~150㎝程しかないことがわかっていたといい、弁護士は「これほど距離が縮まるまで待ったにもかかわらず、近づいて来たために恐怖を感じたのだ」とも訴えました。

 

実際、ピアーズ家の玄関の1m程前に服部さんの血痕が残されており、これはピアーズがぎりぎりまで銃の引き金を引かなかった証拠とされました。

 

また、弁護士は服部さんの衣服に付着した火薬の量からも発砲時、2人の間には90~150㎝程の距離しかなかったと主張しています。

 

陪審員が裁判の場で発表するのは無罪か有罪か、という結論のみであるため、何を思って無罪を決めたのかは不明です。

 

スポンサーリンク

しかし、これらのことから陪審員もピアーズには殺意はなく、射殺は正当防衛だったと判断したのではないかと見られています。

 

 

裁判の不自然さ

 

出展:https://www.pexels.com/

 

この裁判は、服部さんのご両親とルイジアナ州立大学で社会学の准教授を務める賀茂美則さんも傍聴していました。

 

アメリカの裁判では通常、評決には陪審員同士の3時間程度(さらに長引くこともある)の話し合いが必要となるため、服部さんのご両親と加茂さんは評決が出るまで裁判所の外で散歩していたそうです。

 

しばらくして「評決が出た」と待機していたマスコミから連絡があったため、すぐに服部さんのご両親と加茂さんは裁判所に戻ったのですが、なぜかご両親の目の前で法廷のドアが閉められ、職員に「被害者の遺族です、入れてください」と訴えても評決を聞くことを許されなかったといいます。

 

こうして被害者遺族を除け者にした状態で裁判は進み、ピアーズの無罪判決が下ったとされます。

 

 

 

ピアーズの弁護士のインタビュー内容

 

また、裁判を担当したピアーズの弁護を担当したアングルズビー弁護士は、日本のマスコミも同席する記者会見で、以下のような内容のことを語っていました。

 

日本人は、我がアメリカの正義に感銘を受け見習うべき。

 

アメリカでは銃で自分と家族の身を守る権利が保障されているうえ、民主的な陪審員制度もある。

 

この事件から日本も正義について学べるといいですね。

 

憤りを感じる人もいるのではないかと思われる挑発的な内容です。

 

当時はインターネットがなかったこともあり、日本でも大きな騒ぎにこそなりませんでしたが、この判決については新聞にも「陪審員全員一致での無罪だなんて」と悔しさをにじませる記事が掲載されていました。

 

 

 

日本人留学生殺人事件の判決後に明らかになった真相

 

出展:https://www.youtube.com/

 

刑事裁判では「殺意なし」として無罪判決を勝ち取ったロドニー・ピアーズでしたが、この判決に納得がいかないアメリカ人弁護士がいました。

 

弁護士の名前はチャールズ・ムーア。ムーア弁護士は、社会的弱者の依頼をメインに受けてきた民事訴訟のエキスパートであり、服部さんのご両親の依頼を受けてピアーズを相手取って損害賠償請求裁判を起こします。

 

そしてムーア弁護士によって、刑事裁判の時には明かされなかった意外な事実が判明していくのです。

 

ここではムーア弁護士によるピアーズの言動の矛盾と、刑事裁判で無罪判決が下った理由について見ていきましょう。

 

 

ピアーズの言動の矛盾①被害者・服部剛丈さんとの距離

 

ムーア弁護士は刑事事件でピアーズの殺意を否定する大きな理由となった、事件発生時の2人の距離について矛盾があると指摘しました。

 

刑事裁判でピアーズと弁護士は「発砲時、服部さんとの距離は90~150㎝しかなかった」と主張して、陪審員の恐怖を煽っていました。しかし、これが虚偽だとムーア弁護士は指摘したのです。

 

出展:https://plaza.rakuten.co.jp/

 

上の画像は民事裁判に際して、弁護士が被告や原告らから証言をとる「宣誓証言」の録画映像のもので、ピアーズは服部さんを撃った時の様子を再現しています。

 

こうして見ると、たしかに44マグナム拳銃の全長21㎝に、ピアーズの腕の長さ約1mを足しただけでも単純に2人の間には121㎝以上の距離があったことが明らかです。

 

しかもムーア弁護士が銃の専門家に確認をとったところ、歩いてこちらに向かってくる人を至近距離で撃った場合、被害者はもとにいた場所よりも1m近い場所に前のめりになって倒れこむとのこと。

スポンサーリンク

 

そうなると遺体が玄関から1mの場所にあったとしても、そこでピアーズが服部さんを撃ったという証拠にはならないのです。

 

実は、刑事裁判で弁護士が主張した「90~150㎝」という距離は、2人の間の距離ではなく、44マグナムの銃口から服部さんまでの距離でした。

 

それをわかっていながら、陪審員の恐怖を誘うために2人の間の距離であったかのように裁判の場で語っただけだったのです。

 

ムーア弁護士が再度、専門家に鑑定を依頼したところ、発砲時のピアーズと服部さんの間には190~250㎝程度の距離があったことが明かされました。

 

それだけの距離があれば撃つ前に後ろに下がって家に入り、ドアの鍵を閉めて警察に通報することもできたでしょう。

 

 

ピアーズの言動の矛盾②ピアーズは服部剛丈さんに恐怖を感じたのか?

 

出展:https://www.youtube.com/

 

上の画像の男が服部さんを射殺したロドニー・ピアーズです。ピアーズは刑事裁判の際、「止めても被害者が向かってきたため、恐怖を感じて撃った」と訴えていました。

 

しかし、ピアーズは身長188㎝、体重84㎏とかなりの大柄で、一方の服部さんは身長170㎝61kgの少年です。

 

しかも、丸腰で対応したわけではなく、熊を撃ち殺せるほどの高い殺傷能力を持つ44マグナムを持っていたわけですから、相手が怖くて撃ってしまったという主張には無理があります。

 

さらに宣誓証言でピアーズは「被害者の右手ははっきり見えたけれど、何も持っていなかった」と証言していました。

 

刑事裁判で、弁護士は「服部さんが右手に持っていたカメラを銃と勘違いして被告は撃ってしまった」と主張していましたが、実はピアーズはカメラに気づいていなかったのです。

 

そうなると「相手が武装していると勘違いして撃った、正当防衛だ」という訴えは通らなくなります。

 

 

ピアーズはなぜ服部剛丈さんを撃ったのか

 

出展:https://www.youtube.com/

 

実はピアーズと妻のボニーは再婚同士で、2人の間にはそれぞれの連れ子が1人ずつと、再婚後に誕生した末っ子がいました。

 

宣誓証言によるとボニーの前の夫は気が荒く、麻薬所持で逮捕されたこともある人物だったそうです。

 

前夫は連れ子の面会に定期的にピアーズ家を訪れていたのですが、ピアーズはこの前夫をたいそう嫌っていたといいます。

 

近所の住民からは「前の面会日の時、ピアーズがボニーの前夫に『次に来たら撃ち殺してやる!』と叫んでいた」という証言まで出ていました。

 

ちょうど事件が起きた10月17日も、前夫と連れ子の面会日でした。

 

しかも、服部さんとウェブさんがピアーズ家の呼び鈴を押した時間は、ちょうどボニーの前夫がやってくる時間だったそうです。

 

そのため呼び鈴の音を聞いたボニーが2人を前夫、もしくは前夫に指示されて嫌がらせに家に来た人間だと勘違いして、ピアーズに「銃を持ってきて!」と頼んだのではないか?とムーア弁護士は指摘しました。

 

そして銃を取りに行った時点でピアーズも、人違いとはいえ服部さんを撃つつもりだったのではないかと主張したのです。

 

 

刑事裁判の不自然さも指摘

 

出展:https://www.pexels.com/

 

上で挙げた矛盾点や、ボニーの前夫がどのような人物だったのかについては実は刑事裁判の資料でも明らかになっていたことでした。

 

つまり、ムーア弁護士が調べて初めて判明したわけではなく、もちろん刑事裁判を担当した検事もこれらのことを知っていたにもかかわらず、裁判時には指摘しなかったのです。

 

スポンサーリンク

実はアメリカでは地方検事は選挙によって選ばれ、有権者の不興を買ってしまった場合はリコールされることもあります。

 

  • 日本人留学生射殺事件ではバトンルージュの住民から「ピアーズは正しい」「正当防衛」という声が圧倒的に多かったため、検事も自分が次の選挙でも勝てるようにあえて住民の意に添うように反論をせず、無罪判決が下るように協力したのでは?と見られています。

 

 

 

日本人留学生殺人事件の犯人・ピアーズの人物像

 

出展:https://www.youtube.com/

 

宣誓証言によって、ピアーズが裁判の場でも平然と噓をつく人間であることも明らかになります。

 

宣誓証言の場で、ムーア弁護士から「飲酒はしますか?」と質問されたピアーズは、「酒は飲みません」と断言していました。

 

しかし、別室で宣誓証言をした妻のボニーに「あなたの夫には飲酒の習慣がありますか?」と尋ねたところ、「夫はお酒が好きでよく飲む、芝刈りの後にはビールを飲む」「事件当日もウィスキーをコーラで割ったものを飲んでいた」と、ピアーズの話とは食い違う証言が出ます。

 

つまり、事件当日は酒を飲んで酔っていたにもかかわらず、それを隠すために嘘をついてはいけない宣誓証言の場で「酒は飲まない」と堂々と嘘をついてわけです。

 

さらにピアーズは宣誓証言で、事件の凶器となった44マグナム以外に以下の銃を所持していることを明かしていました。

 

・177口径ペレットライフル

 

・22口径オートマティックライフル

 

・22口径マグナム

 

・12ゲージダブルバレルショットガン

 

・レイブン25口径オートマティックピストル

 

単なる護身用で持つには明らかにおかしな数です。

 

しかもピアーズは、これらの銃を使って自宅の裏庭に迷い込んだ犬や猫を撃ち殺していました。このことはムーア弁護士の調査で明らかになっており、ピアーズ本人も「自分のペットを守ろうと思って撃った」と認めています。

 

実は逮捕後、警察の取り調べに対してピアーズは「過去2年の間に銃を使用したことは一度もない」と供述していました。

 

しかし、実際には動物を殺していたうえに2年間に200回以上も射撃をしており、ここでも嘘をついていたのです。

 

 

 

日本人留学生射殺事件の民事裁判と判決

 

出展:https://www.pexels.com/

 

民事訴訟にあたって、ムーア弁護士は陪審員裁判を避けたいと考えました。陪審員裁判の判決は陪審員の感情に左右されるため、どれだけ証拠をそろえて訴訟を起こしても、ピアーズ優位の判決が出るのではないかと危惧したためです。

 

アメリカでは原告、被告双方による事前申請と費用負担があった場合には陪審員裁判となり、この条件が満たされない場合には自動的に判事裁判になるという決まりがあります。

 

判事裁判とは陪審員が出廷しない裁判で、判事が証拠や証言に基づいて判決を下す裁判です。裁判員裁判以外の、日本の普通の裁判と同じと考えればわかりやすいでしょう。

 

ムーア弁護士はこの制度を利用しようと考えました。そしてピアーズ側の弁護士の手前は、あたかも陪審員裁判の準備をしているように装いながら、期日内に裁判費用を納めず、判事裁判に持ち込んだのでした。

 

ムーア弁護士は刑事裁判の矛盾点や、専門家から得られた証拠を挙げ、判事に「被告人は殺意をもって服部さんに銃を向け、撃った。このことを認めることが、アメリカの真の正義と考えます」と主張。

 

こうして民事裁判では刑事裁判とは真逆の判決が下ります。

 

ピアーズには殺意があったと認められ、ピアーズ夫妻に服部さんの両親に対して65万3000ドル(約7000万円)の賠償金を支払うように命じられたのです。

 

ピアーズは控訴しましたが、ルイジアナ州高等裁判所はこれを棄却し、判決が確定しました。

スポンサーリンク

 

 

 

日本人留学生射殺事件は自業自得?当時と現在の海外の反応

 

出展:https://www.pexels.com/

 

日本人留学生射殺事件の直後は、事件現場近くでも「アメリカで知らない人の家の敷地に入るほうが悪い」「可哀そうだけど被害者は自業自得」という声がありました。

 

そのせいか現地の日本人留学生の間でもアメリカ側に寄り添うような、被害者の自業自得という意見があったといいます。

 

 

とくに服部さんの英語力についてピアーズが「なんと話しているのかわからなかった」と言ったことから、「英語力が低かったのだから仕方がない」という声があったようです。

 

たしかに服部さんの英語力についてはホームステイ先の夫妻からも「自分たちのように留学生の受け入れに慣れている人間となら会話できるが、誰にでも通じる流暢な英語を話せたわけではない。ヨシは、まだ勉強中だったのだから」と話がありました。

 

しかし、その国の母国語をネイティブ同等に習得していない人は現地で殺されても自業自得だなんて、暴論にもほどがあります。

 

現在、ネットで同事件に対する海外の反応を見ると「こんな殺人事件が不慮の事故のわけがない。呼び鈴を鳴らしただけの若者を殺すなんて、アメリカはどうなっているのか」「アメリカ国民だけど、南部はやっぱり粗野で考え方が古い地域が多い。同じ国に住んでいても理解できない」と、この事件を無罪で片付けようとした判決に批判が集まっています。

 

また、「銃で解決しようというのは、マイケル・ムーア監督のドキュメンタリー映画『ボーリング・フォー・コロンバイン』に出てくる典型的な昔のアメリカ人の考え方だ。文明の進んだ国の人間の考えではない」との厳しいコメントも見られました。

 

やはり、服部剛丈さんが亡くなったのは本人ににも責任があるなどという考え方は間違っている、刑事裁判の判決もおかしい、というのが現在の日本人留学生射殺事件への一般的な見方なのでしょう。

 

 

 

日本人留学生射殺事件のその後① 服部剛丈さんの家族(両親)の現在

 

出展:https://www.youtube.com/

 

日本人留学生射殺事件以降、服部さんのご両親は銃の規制を訴える活動を続けていました。

 

この活動には服部さんのホストファミリーであったヘイメイカー夫妻も協力し、夫妻らが橋渡しをしたことでクリントン大統領との面会も果たせたといいます。

 

その後は服部さんのご両親の活動も後押しとなって、アメリカでは1993年11月に銃の購入が制限される「ブレイディ法」が成立する運びとなりました。

 

また、ご両親は息子の名を冠した「YOSHI基金」という基金を立ち上げ、事件の翌年から留学生の支援にも努めてきました。

 

2022年10月には事件から30年の節目を迎え、「活動の一線からは身を引く」「この先は次の世代に託したい」と発表しています。

 

 

 

日本人留学生射殺事件のその後② 服部剛丈さんの家族(兄弟)の現在

 

服部さんには2歳年上の姉と2歳年下の弟がいます。しかし、表立って銃の規制を訴えるなどの活動をされているのはご両親のみであり、「YOSHI基金」のサイトにも姉弟のものと思われる名前は見当たりません。

 

ご両親も兄が巻き込まれた悲劇に縛られずに生きてほしいとの思いから、姉と弟には活動から距離を置かせていたのかもしれません。

 

弟さんはすでに結婚されているとのことですから、おそらく姉弟ともに平穏に過ごされているのではないかと思われます。

 

 

 

日本人留学生射殺事件のその後③ 犯人の現在

 

民事裁判でて65万3000ドルの賠償金の支払いを命じられたピアーズ夫妻。しかし、服部さんの遺族に支払ったのは10万ドルのみで、自己破産をしたことが明らかになっています。

 

すべての裁判が終わった後に職場も解雇され、一家で逃げるように街を出ていったとのことで、遺族にも何の連絡もないそうです。

 

 

 

日本人留学生射殺事件のその後④ 事件が映画化される

 

出展:http://www11.plala.or.jp/

 

1977年に制作されたアメリカ映画『世界に轟いた銃声』は、日本人留学生射殺事件を題材にしたドキュメンタリー映画です。

 

本作を監督したクリスチャン・チョイ氏は、この事件の後にも類似の銃殺事件が相次いで起きていることに胸を痛め、一石を投じたいと考えてメガホンをとったとのことです。

 

 

 

日本人留学生射殺事件についてのまとめ

 

今回は1992年10月に発生した日本人留学生射殺事件について、刑事裁判と民事事件の判決の違い、海外の反応などを中心に紹介しました。

 

ただ家を間違えただけで、何の罪もない前途ある若者が命を奪われてしまったという日本人留学生射殺事件。

 

亡くなった服部剛丈さんのご冥福を祈るとともに、留学や旅行に際して渡航先の文化についていっそうの周知を図るなど、類似の事件を防ぐための方法も考えていきたいですね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗/少年A)の現在!生い立ち&父親と母親や弟など・結婚や嫁と子供の噂・今の本名や住所もまとめ

張偉傑(女子アナ失踪標本事件)の真相&その後現在!犯人は薄煕来と妻?プロフィールや結婚の有無も総まとめ

レッサーパンダ帽男殺人事件の犯人/山口誠の現在!生い立ちや家族(父親/母親/兄弟)・経歴と知的障害・犯行動機と判決を総まとめ

宇都宮宝石店放火殺人事件の犯人・篠沢一男の生い立ちや家族・犯行動機・死刑執行など現在までまとめ

桐生のぞみの現在!家族(父親/母親)と学歴(高校/大学)・事件の判決も総まとめ

仙石直也の現在!父親/母親/妹など家族・出身高校・三重県中3女子死亡事件の動機とその後まとめ

タイヤネックレス(南アフリカの処刑)と現在!画像や動画を見る方法・知恵袋や生き残り・漫画やイラストもまとめ【検索してはいけない言葉】

緒方純子の現在!松永太と北九州監禁殺人事件・息子への手紙・その後も総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

マブチモーター社長宅殺人放火事件の犯人/小田島鐵男と守田克実の現在!生い立ちや家族と結婚・裁判の判決・その後を総まとめ

こげんた事件と犯人/松原潤の現在!検索してはいけない理由・画像や動画もまとめ【福岡猫虐待事件】

中村久子の生涯や死因と献体!病気と失明・結婚した夫と娘・見世物小屋でのだるま女もまとめ

旧佐敷トンネルの現在!場所と歴史・落盤事故の噂や足を引っ張られた動画もまとめ【熊本三大心霊スポットの1つ】

熊谷男女4人殺傷事件の犯人は尾形英紀!共犯の少女の吉村カオリや被害者の鈴木秀明・裁判の判決とその後まとめ

野口英昭(ライブドア事件)の死の真相は暗殺?死因や犯人・経歴と家族や結婚・堀江貴文との関係も総まとめ

メキシコカッターの動画を見る方法は?被害者や犯人のその後現在もまとめ【検索してはいけない言葉】

さんふらわあだいせつ火災事故の原因の船長は?賠償などその後・現在もまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

全日空61便ハイジャック事件と犯人/西沢裕司の現在!一橋大学など経歴・家族や結婚・長島機長の死因も総まとめ

パワーストーン愛用の芸能人/有名人47人!種類や効果も解説【最新決定版】

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す