岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の犯人は住田紘一!被害者/加藤みさとの関係・生い立ちと実家や家族・死刑執行と最後の言葉まとめ

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件は、2011年に起きた強姦殺人事件です。今回は本件の被害者の加藤みささんと犯人・住田紘一の関係や犯行動機、犯人の生い立ち、実家や家族、結婚、裁判の様子や判決、死刑執行と最後の言葉についてまとめます。

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の概要

 

出典:https://guardians7.com/

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件とは、2011年9月30日に発生した強盗、強姦殺人、死体損壊・遺棄事件です。

 

事件現場は岡山県岡山市北区高柳東町にあった株式会社シンフォームの本社倉庫で、犯人はこの会社の元社員の住田紘一(事件当時29歳)、被害者は同社の派遣社員の加藤みささん(事件当時27歳)でした。

 

事件当日、住田紘一は勤務中であった加藤みささんに「頼みたいことがある」と話しかけて倉庫に連れ込み、そこで彼女を強姦したうえで殺害。遺体を車に乗せて自宅ガレージに運び込み、遺体を解体して川に捨てるなどして、証拠隠滅を図ったとされます。

 

この事件は犯行の残忍さもさることながら、裁判中に見せた犯人・住田紘一の傲慢な様子に批難が集まり、被害者1名、犯人に前科なしという状況でありながら死刑判決が下されたことで知られます。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の動機と犯人・被害者の関係

 

出典:https://reikaidaisimao.hatenablog.com/

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の被害者である加藤みささんと犯人・住田紘一は、同じく株式会社シンフォームで働いていました。

 

しかし住田は正社員として総務でシステム管理の仕事をしており、庶務課で働く派遣社員の加藤さんとは接点がなく、2人は顔見知り程度の関係でした。つまり、住田は加藤さんになんの恨みも持っていなかったのです。

 

住田が犯行に及んだ動機は「付き合っていた彼女とうまくいかずに別れることになり、その元彼女が別の男と結婚したためイライラしていた」という理解しがたいものでした。

 

恋人にふられた住田はその苛立ちを解消するために、以前勤めていた会社の元同僚から好みのタイプをピックアップし、そのなかの誰かをレイプしようと考えたといいます。

 

そして住田がターゲットとして選んだ3人の元同僚の1人が、被害者である加藤さんだったのです。

 

住田は裁判中に加藤さんを狙った理由について「細身で胸が小さくなくて、顔が可愛くて好みだった」「とくに加藤さんは可愛いだけでなく親切で、狙った3人のなかでも一番自分に優しくしてくれた」などと供述していました。

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の詳細① 加藤みささん殺害

 

出典:http://sharetube.jp/

 

住田紘一は事件を起こす10日前の9月20日付でシンフォームを辞めており、事件時には無職でした。

 

社員証を返却するという理由で9月30日に元勤務先を訪れた住田は、あらかじめ強姦のターゲットにしていた3人の誰かに話しかける機会をうかがっていたとされます。

 

そして偶然、会社から1人で出てきた加藤みささんを発見し、「確認して欲しいものがあるのですが、少しいいですか?」などと声をかけて倉庫に誘い出したのです。

 

加藤さんと住田は別のフロアで勤務していましたが、書類のやりとりや事務連絡等で顔を合わせる機会はあったといいます。そのため加藤さんも住田のことは「同じ会社の人」と認識しており、疑いなく倉庫についていってしまいました。

 

しかし倉庫に入ると住田は豹変。背後から加藤さんを殴りつけ、怯ませてから用意していた手錠で拘束して彼女を強姦しました。

 

そしてその後、「誰にも言わないから、命だけは」と懇願する加藤さんの胸にバタフライナイフを10回以上も突き刺して、殺害を図ったのです。

 

胸部を滅多刺しにしても加藤さんに息があったことから、最終的に住田は彼女の首を掻き切って殺害したとされます。さらに住田は加藤さんの所持していたバッグと、財布の中にあった現金2万4000円を盗み、彼女の遺体を自分の車に積んで会社を後にしました。

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の詳細② 実家近くで遺体を切断

 

加藤さんの遺体を車に乗せたまま、住田は大阪市住吉区沢之町にある実家に向かいました。実家には両親と妹が住んでいましたが、家族には「岡山本社から大阪に転勤になった」などと嘘をついて、退職後は会社近くに借りていたマンションを引き払い、実家に移り住んでいたといいます。

 

事件を起こす前から住田は実家の近くにガレージを借りていました。帰宅した住田はそこに車を停めると加藤さんの遺体を降ろし、証拠隠滅のために毎日少しずつ、遺体を解体していったのです。

 

住田はガレージ内で加藤さんの遺体を5つに切断し、肋骨は素手で細かく折りました。そこからできるかぎり細かくしてゴミ袋に詰めて家庭ごみとしてゴミステーションに捨て、捨てきれなかった肉片は大和大橋の上から大和川に投げ込んだとされます。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の詳細③ 事件発覚と逮捕

 

出典:http://sharetube.jp/

 

加藤さんの両親は娘が前日に出勤したきり帰宅しないことを心配し、事件翌日の10月1日に警察に捜索願を出しました。

 

届け出を受けて警察がシンフォームの防犯カメラを調べたところ、退職したはずの住田が加藤さんと歩いている映像が確認され、警察は住田に任意同行を求めます。

 

大阪府警住吉署で事情聴取を受けた住田は犯行を自供。10月6日に住田は逮捕され、翌日の7日には自供をもとに住田が借りていたガレージに捜査が入り、犯行に使った凶器や解体に使ったノコギリ、加藤さんの衣服、血痕、遺体の一部が発見されたのです。

 

警察は発見された遺体の一部をDNA鑑定にかけ、遺体は加藤さんのもので間違いないと判明。

 

この結果を受けて10月27日に岡山地検は殺人および死体遺棄・損壊などの罪で、住田を起訴しました。

 

その後、2012年4月17日には住田が元勤務先の会社から備品などを盗んでいたことが発覚し、窃盗罪で再逮捕。さらに住田の供述から加藤さんへの性的暴行が明らかになったため、2012年5月25日に殺人から強盗殺人・強盗強姦罪に訴因変更されました。

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の裁判と判決

 

出典:https://pixabay.com/

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の初公判は裁判員裁判として、2013年2月5日に岡山地裁で開かれました。

 

公判で住田紘一は起訴内容とともに、もともと強姦だけではなく殺害まで計画しており、犯行前から準備をしていたことも認めました。

 

住田の自宅には犯行の計画を記したメモがあり、最初は実家に移り住む前に借りていたマンションの住民のなかからターゲットの女性を選ぼうとしていたことも明らかになっています。

 

また初公判で住田は、「誰にも言わないから」と命乞いをされたにもかかわらず加藤さんを殺害したことについて「(加藤さんの懇願を聞いても)殺すのをやめようとは思わなかった」と話し、「被害者や遺族に思うことはないのか」という検察官の質問に対しても「(加藤さんも被害者の遺族も)かわいそうだとは思わない」と供述。

 

2月6日に開かれた2回めの公判では、殺人という犯罪について検察官に質問され、「目的達成のためなら、殺人は是認されるべき」「犯罪者は殺されて当然」などと持論を展開しました。

 

さらに、「犯罪者は殺されて当然」という点は、何の罪もない加藤さんを殺した自分にも当てはまるのではないのか?と検察官に尋ねられた住田は、「自分だけは特別なので許される」と30歳にもなる大人の発言とは思えない稚拙な回答をしています。

 

 

結審直前で態度を変える

 

まったく反省を見せなかった住田ですが、2月7日におこなわれた第3回公判では態度を一変させ、「本当は謝りたかった」「死刑になりたくて、わざと酷いことを言ったけれど、両親を残して死ねない」などと涙ながらに語り、加藤さんの両親に謝罪がしたいと言いだしました。

 

しかし、これに対して検察側の席に座っていた加藤さんの父は「私達に謝罪してどうなるというのか、謝る相手が違う!」と一蹴。

 

加藤さんの父は「あの謝罪は本心ではなく演技だ。最初から、どこかで態度を変えて裁判員の同情を誘おうと思っていたのだろう」「(住田紘一は)人の皮を被った悪魔だ。最高刑を希望します」と、ますます態度を硬化させました。

 

さらに加藤さんの弟も証人尋問で「(住田紘一は)懲役刑になれば、いずれは元犯罪者になれます。しかし、姉は帰ってこない。私達は一生、姉を犯罪で亡くした遺族として生きていく。被害者の家族が元遺族になれる日は来ないんです」と、悲壮な訴えをしました。

 

 

論告求刑

 

前日の公判で住田は反省をしているかのような態度を見せましたが、2月8日の論告求刑で検察側は以下の理由で死刑を求めました。

 

検察側は「計画的な犯行で残虐、極めて悪質。遺族の処罰感情はしゅん烈だ」などとして死刑を求刑した。

 

引用:岡山元同僚殺害:住田紘一被告に死刑求刑

 

日本の裁判で死刑が適用される場合には、「永山基準」と呼ばれる9の項目に照らし合わせる流れになっています。

 

・犯罪の罪質

 

・犯行動機

 

・犯行手段、方法の執拗性・残虐性

 

・被害者の数

 

・事件が及ぼす社会的な影響

 

・犯行時の犯人の年齢

 

・前科の有無

 

・犯行後の情状

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件では被害者は1人、住田に前科はなく、事件当時の年齢は29歳とまだ更生が見込める若さでした。

 

しかしながら検察は、それを考慮しても死刑相当の凶悪犯罪だと判断したのです。

 

この求刑に対して弁護側は「犯行に計画性があったと言っても稚拙な内容であり、被告には前科もない。被害者の数も1人である」と反論しました。

 

 

死刑判決

 

2013年2月14日の第一審判決公判で、岡山地裁は検察の求刑どおり住田紘一に死刑判決を下しました。

 

死刑を決定した理由について、裁判長は以下のように説明しています。

 

 「被害者が一人であっても結果は重大。性的欲求不満を解消するためという動機は極めて自己中心的で、犯行は残虐。公判途中での謝罪は被害者心情を思ってのものと認められない」

 

引用:命乞いの女性をメッタ刺し 「1人殺害」で死刑、残虐殺人の真相

 

被害者が1人の事件で死刑判決が出されたのは、2009年に初めて足立区女性整体師刺殺事件で裁判員裁判が採用されて以降3回目、さらに被告に前科がなく被害者が1人で死刑が適用されたのは、この岡山元同僚女性殺人事件が初めてでした。

 

裁判に参加した裁判員のうち6名は判決後の会見に出席し、「一般的な市民感情として、極刑もやむなしと判断した」「たしかに被告は謝罪をしていたが、なぜ突然?という疑問が残った。本当に反省しているのなら、最初から遺族に頭を下げているはずではないかと思い、心に響かなかった」と、死刑求刑を支持した理由について話していました。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の死刑執行と最後の言葉

 

死刑判決が下された後、住田紘一の弁護士は判決を不服として即日控訴しましたが、住田本人によって取り下げられました。

 

住田の死刑は、刑が確定してから約4年4ヶ月が経った2017年7月13日に収監先の広島拘置所でおこなわれたとされます。享年35歳。

 

死刑前の最後の言葉などは公開されていませんが、死刑が確定した後、2013年5月29日に住田は弁護人を通して「加藤さんの命を奪っておきながら、自分が生きていることに罪悪感があります」などと、判決後の心境を記した文章を発表しています。

 

なお、2017年に死刑執行された死刑囚は4人いました。7月13日には住田紘一のほかに、1991年に起きた女性4人連続殺人事件の犯人である西川正勝の死刑が大阪拘置所でおこなわれ、12月には2011年に起きた市川一家4人殺人事件の犯人、関光彦と1994年に群馬県で3人を殺害した松井喜代司の死刑がおこなわれました。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の犯人・住田紘一の生い立ちと家族

 

出典:https://twitter.com/

 

住田紘一は1982年9月29日に大阪市住吉区内で生まれました。両親と妹の4人家族で、最終学歴は大阪市立大学の法学部卒業。司法試験の受験経験があったといいます。

 

大学を卒業した後はベネッセの情報処理系子会社であるシンフォームに入社。岡山元同僚女性バラバラ殺人事件を起こす10日前まで、同社に勤務していました。

 

なお、事件当時シンフォームに対しても「社員が退社する時間に倉庫内で殺人事件が起きていたのに、誰も気づかなかったのか?」「倉庫に血痕は残っていなかったのか?まったく見回りをしていない会社なのか?」という疑問の声があがりました。

 

また本件とは関係ありませんが、シンフォームは2014年に起きた親会社のベネッセの個人情報流出事件をうけて、2015年3月末で解散しています。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の犯人は本当に死刑になりたかった?

 

出典:https://guardians7.com/

 

裁判の様子を辿ると、住田紘一は死刑になる可能性が濃厚になってから反省したふりをして減刑を狙ったように見えます。

 

しかし、司法試験を受験していたという過去や判決後に自ら控訴を取り下げている様子、また「生きているのに罪悪感がある」という手記を発表していることから、本当はもともと死刑になりたかったのではないか?との指摘もあります。

 

裁判中に住田は「元交際相手の結婚相手も殺そうと思っている」などと供述していました。

 

このような発言をしたせいか、検察は論告求刑で「無期懲役になったとしても、平均35年で出所する。それを踏まえると現在30歳の被告は65歳で出所してくる可能性があり、出所後も新たな犯罪をおかす危険は十分考えられる」と述べ、死刑を求刑していました。

 

これについても任意同行を求められた時点で死にたい、死刑にして欲しいと思っていて、どう振る舞えば自分の立場を悪くできるか計算して、わざと不利になる発言をしていたのではないかとも考察されているのです。

 

しかし一方で住田は逮捕後の10月8日、岡山地検での検察官の取り調べ中に自ら腰縄を外して逃げようとしていたことが当時の中国新聞で報じされており、本当に最初から死刑を覚悟していたのかどうかは不明です。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の被害者は結婚を控えていた

 

出典:https://ameblo.jp/

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の被害者となった加藤みささんは、事件が起きた約1ヶ月前に婚約をしており、結婚を控えていたといいます。

 

結婚相手は4年間交際したという男性で、本人はもちろん加藤さんの両親も娘の花嫁姿を楽しみにしていたそうです。

 

とくに加藤さんの母親は裁判中に「娘は愛する人と家庭を築く予定だった。子どもも誕生していたかもしれない。それなのに、これから娘に訪れるはずだった幸せな日々を被告は奪った。死をもって償って欲しい」と無念を語っています。

 

また、加藤さんに婚約者がいたという報道を受けて事件当時のネット掲示板の書き込みでは「結婚を控えていたということは、おそらく被害者の女性は本当に誰にも住田にレイプされたことを言わないつもりだったのだろう」「親御さんは娘だけじゃなくて、いつか生まれるかもしれない孫も失ったんだな。そりゃあ許せないよ…」といった意見が見られました。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件のその後① 被害者遺族の活動

 

出典:https://livedoor.blogimg.jp/

 

死刑判決が下された後、加藤みささんの父親である裕司さんは獄中の住田紘一に手紙を出したり、面会を申し入れたりと接触を試みたそうです。

 

しかし住田からはなんの返答もなく、本人の口から遺族に直接、謝罪が述べられることは最後までありませんでした。

 

現在、裕司さんは「いつまでも住田死刑囚を恨んでいても仕方がない、娘に誇れるような父親でありたい」という思いから、犯罪被害者の支援活動をされています。

 

犯罪のない社会、そして正当な裁判の実現を訴えて2017年からは全国犯罪被害者の会「あすの会」(現在は新あすの会)にも所属し、大学などで講演活動をおこなっているとのことです。

 

また、犯罪被害者支援をおこなう岡山県の民間団体である「公益社団法人被害者サポートセンターおかやま」のサイトにも事件についての手記を寄稿しています。

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件のその後② 安倍元首相銃撃事件で注目される

 

出典:https://twitter.com/

 

2022年7月、安倍晋三元首相が奈良市での演説中に銃で襲われ、殺害される事件が起こりました。

 

安倍元首相を殺害した山上徹也容疑者は逮捕後、鑑定留置中の立場にあり、今後どのような判決が下されるのかについて注目が集まっています。

 

当初、検察側は死刑求刑を視野に入れていると報じられていましたが、山下容疑者の生い立ちや生育環境、安倍元首相と統一教会との関係が明らかになるにつれ、死刑を求める声はややトーンダウンしてきています。

 

そこで、被害者が1人であった場合に死刑相当とされるのはどのようなケースなのか、と注目を集めたのが岡山元同僚女性バラバラ殺人事件です。

 

被害者が1人で死刑判決が下った岡山元同僚女性バラバラ殺人事件と比較すると、山上容疑者の犯行には情状の余地があり、無期懲役さえ厳しいかもしれないとの見方もあるといいます。それだけ岡山元同僚女性バラバラ殺人事件は凄惨な事件だったということでしょう。

 

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件のその後③ 報道規制を疑う声

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件は犯人に前科なし、被害者1人であるにもかかわらず死刑が下されたという珍しい事件でした。

 

ネット上では、「そのような事件でありながら、あまり報道されなかった記憶がある」「犯人の住田紘一の写真も中学生くらいの時のものばかりがTVで紹介されていて不思議に思った」という声も見られます。

 

これについて住田と加藤さんの2人が勤務していた会社がベネッセの子会社であったため、報道規制があったのではないか、との噂も流れているようです。

 

一方で岡山元同僚女性バラバラ殺人事件は事件発覚が犯人の逮捕と同時であったことや、裁判も一審で終わったことからワイドショーなどでも考察の余地がなく、取り上げられる期間が短かっただけではないのかとも指摘されています。

 

 

岡山元同僚女性バラバラ殺人事件についてのまとめ

 

この記事では2011年9月に起きた岡山元同僚女性バラバラ殺人事件の動機や判決、住田紘一の死刑執行やその後について紹介しました。

 

被害者となった加藤みささんは落ち度や犯罪に巻き込まれるような行動をひとつもとっておらず、住田紘一と同じ会社にいて、親切で可愛らしい容姿だったというだけで殺害されています。

 

裁判員の方が口にしたように一般の市民感情からすれば、死刑が当然とうい残酷な事件でしたが、もしも住田が控訴をしていた場合には2審で無期懲役に減刑された可能性もあるといいます。

 

死刑判決後に被害者遺族である加藤裕司さんが語った「被害者の人数で量刑を決めるのが正しいのか」という言葉についても、考えさせられる事件です。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

十和利山熊襲撃事件の被害者の遺体&その後!原因がタケノコ採りで自業自得だという声・なんJでも話題の件をまとめ

飯塚事件の久間三千年は冤罪?真犯人は?死刑執行と最後の言葉・生い立ちや家族/息子の情報も総まとめ

米山豪憲はなぜ殺害?父親や家族・畠山鈴香の事件と心霊写真/幽霊騒動などその後現在を総まとめ【秋田児童連続殺害事件の被害者】

中村久子の生涯や死因と献体!病気と失明・結婚した夫と娘・見世物小屋でのだるま女もまとめ

秋葉原通り魔事件の犯人/加藤智大の生い立ち&弟と母親など家族!事件のおかしい点・死刑執行などその後も総まとめ

小室敏勝(小室圭の父親)の死因は?実家や家族・学歴と経歴・結婚や嫁と子供・多摩川での自殺や保険金目的での他殺説まとめ

老人火あぶり致死事件(フジテレビ退屈貴族)は真実?嘘?事件の犯人と出演者などを総まとめ

ルナシー事件(告白)は実話?タリウム少女「母親毒殺未遂事件」との類似点もまとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

中村久子の生涯や死因と献体!病気と失明・結婚した夫と娘・見世物小屋でのだるま女もまとめ

野村香ちゃん失踪事件と現在!北朝鮮など犯人の考察・女子アナ渡辺真理の失態のデマ情報など総まとめ

第一ホテル殺人事件の真相!犯人と被害者の女性医師・事件場所や心霊現象を総まとめ

ツキノワグマ

乗鞍岳クマ襲撃事件とは?女性の被害者や後日談・事故の場所や外傷例もまとめ

石井舞ちゃん行方不明事件の犯人は玉川和弥?真相の考察・その後や現在の状況もまとめ

石嵜容子さん行方不明事件の真相や犯人は?失踪の現場・現在の状況もまとめ

京都小学生殺害事件(てるくはのる)の犯人は岡村浩昌!生い立ち&母親と兄など家族・高校時代・被害者遺族のその後もまとめ

米山豪憲はなぜ殺害?父親や家族・畠山鈴香の事件と心霊写真/幽霊騒動などその後現在を総まとめ【秋田児童連続殺害事件の被害者】

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

全日空機雫石衝突事故の原因&犠牲者と生存者!パイロットの断末魔・遺体の状態・慰霊の森の慰霊碑の心霊スポット化・その後現在まとめ

名倉佳司(池袋危険ドラッグ吸引RV暴走事故)の現在!生い立ちと兄や家族・結婚・裁判の判決とその後まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す