警視庁独身寮爆破事件の詳細と犯人!発生場所・その後の時効成立まとめ

1990年11月1日から2日にかけて東京都内で発生した爆弾テロ事件「警視庁独身寮爆破事件」が話題です。

 

この記事では警視庁独身寮爆破事件の詳細、発生した場所、犯人の過激派左翼「革労協」とその後の実行犯を特定できないままの公訴時効成立などについてまとめました。

警視庁独身寮爆破事件の詳細

 

出典:https://www.dailyshincho.com/

 

「警視庁独身寮爆破事件」は、1990年11月1日22時50分に東京都新宿区の警視庁の独身寮「清和寮」で仕掛けられた爆弾2発が時間差で爆発し、警視庁新宿警察署の署員1名が死亡し、他7名が重軽傷を負った爆弾テロ事件です。

 

翌2日の深夜にかけても、世田谷区にあった警視庁の独身寮「誠和寮」で同型の爆弾が見つかっています。この爆弾は爆発物処理班によって撤去されています。

 

ここではこの警視庁独身寮爆破事件の詳細を見ていきます。

 

 

清和寮事件

 

1990年11月1日22時50分頃、東京都新宿区にあった警視庁の署員・職員向けの独身寮「清和寮」の周りに仕掛けられていた手製の爆弾が爆発しました。

 

この爆弾は、魔法瓶を利用したもので、宿直で寮の周囲を巡回していた当時48歳の巡査長が、この魔法瓶型の爆弾を誰かの置き忘れだろうと思い拾い上げた瞬間に爆発し、巡査長は殉職しました。爆弾の破片が心臓部分を直撃し、巡査長は即死状態だったという事です。

 

爆発音を聞きつけて、寮に住んでいた警察署員や職員(調理人)が現場に駆けつけ、警察官の1人が、すぐ近くに置かれていた別の魔法瓶型の爆弾に手を触れると、こちらも爆発顔面を火傷する重傷を負いました。この2度目の爆発に巻き込まれて、一般の会社員を含む7名が重軽傷を負っています。

 

当時の報道では、2度目の爆発は、1度目の爆発音を聞いて駆けつけた人々に確実に被害を与える目的のために意図的に異なった時間に設定された時限式の爆弾だったと報じられていましたが、のちに元公安関係者から明かされた情報によると、どちらの爆弾も単純に振動で点火する仕掛けになっていたという事です。

 

どちらの情報が事実かは不明ですが、2度目の爆弾は1度目の爆発からちょうど5分後の事で、この時間差が結果として大きな二次被害をもたらしました。

 

下の動画は、警視庁独身寮爆破事件発生当時のニュース映像などを含むTBSニュースの動画です。

 

 

 

 

誠和寮事件

 

「清和寮」での爆発を受けて、警視庁はすぐに都内の全ての所轄書に警戒するように連絡をしています。その結果、「清和寮」での爆発から約2時間後の日付が変わった翌2日午前0時50分頃に、世田谷区にあった同じく警視庁の独身寮「誠和寮」の周辺でも同様の爆弾が発見されました。

 

こちらの爆発物は、爆発物処理班によって処理されたため、被害は発生しませんでした。(処理作業中に爆発は発生したものの負傷者などは出なかった)

 

下の動画は、警視庁独身寮爆破事件の2度目の爆発の瞬間の動画として紹介されていますが、正確には「誠和寮」での爆発物の処理の瞬間を捉えた動画のようです。

 

 

 

 

警視庁独身寮爆破事件が起きた場所

 

出典:http://sharetube.jp/

 

「警視庁独身寮爆破事件」が発生した場所は、警視庁の独身寮「清和寮」の敷地内でした。

 

この清和寮は、JR中央線大久保駅から西に約700メートルの住宅地の中にありました。

 

この清和寮は既にこの場所にはなく、現在も千代田区にある、神田警察清和寮とは別の場所です。

 

 

 

警視庁独身寮爆破事件の犯人は日本の新左翼の革労協

 

出典:http://sharetube.jp/

 

「警視庁独身寮爆破事件」の犯人は、過激派の左翼団体「革命的労働者協会(革労協)」でした。

 

現場で使用された爆弾に使用されていた部品のうち、起爆させるためのマイクロスイッチやIC基盤の破片が、これまでに革労協がテロなどで使っていた部品だったため、警視庁公安部はこのテロ事件の犯人は革労協だと断定し捜査を開始しています。

 

そして、最初の爆発事件から6日後11月7日に、この革労協から、「革命軍軍報」なる犯行声明文書が各報道機関に郵送されました。この文書には、「即位の礼・大嘗祭爆砕」などと書かれ、平成天皇の即位の礼・大嘗祭に反対する主張などが書かれていました。(爆弾テロの目的については天皇制の打倒や国家権力打倒などが挙げられている)

 

この年には、平成天皇の即位をめぐり、過激派の極左組織などによるテロ行為が127件も発生しており、この「警視庁独身寮爆破事件」もそうしたテロ事件の中の1つでした。

 

 

 

警視庁独身寮爆破事件のその後…実行犯を特定できないまま時効が成立

 

「警視庁独身寮爆破事件」発生のその後、警視庁は警察の威信をかけて犯人と断定した革労協に対する捜査を開始し、延べ16万4000人もの捜査員を投入し、徹底的に追求しました。

 

当時の革労協の構成員は200名以上いたという事ですが、警視庁は、革労協の拠点8か所にガサ入れしてパソコンや膨大な書類を押収。あらゆる法令を駆使して構成員を大量検挙し、結果として革労協は弱体化しました。

 

しかし、懸命な捜査にも関わらず、警視庁独身寮爆破事件の実行犯を特定する事はできず、2005年11月に公訴時効が成立しています。

 

 

 

まとめ

 

今回は、1990年11月1日の夜から翌2日にかけて発生した、過激派左翼による爆弾テロ事件「警視庁独身寮爆破事件」についてまとめてみました。

 

警視庁独身寮爆破事件の詳細は、当時東京都新宿区にあった警視庁の独身寮「清和寮」で、巡回中だった宿直の巡査長が、周囲に置かれていた魔法瓶型の爆発物に触れたところ、これが爆発し殉職しました。爆発音を聞きつけた寮に住む警察官や職員などが現場に駆けつけたところで2度目の爆発が起こり、7名の重軽傷者が出ました。

 

さらにその2時間後には、世田谷区にあった警視庁独身寮「誠和寮」でも同様の形状の爆発物が見つかり、爆発物処理班によって処理されています。

 

その後、犯人は過激派左翼団体「革命的労働者協会(革労協)」である事が判明。警視庁は延べ16万4000人もの捜査員を投入して同組織の追求を行なっています。結果として革労協は弱体化しましたが、爆発物を仕掛けた実行犯は特定できずに、2005年11月に公訴時効が成立しています。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

小室敏勝(小室圭の父親)の死因は?実家や家族・学歴と経歴・結婚や嫁と子供・多摩川での自殺や保険金目的での他殺説まとめ

千葉県茂原市女子高生殺人事件と犯人5人の現在!斎藤義仁・神明勝信らの裁判の判決と被害者情報も総まとめ

ネバダたん(辻菜摘)の現在!佐世保小6事件加害者の生い立ちや家族・事件の動機・改名と結婚や病気の噂もまとめ

大阪個室ビデオ店放火事件の犯人/小川和弘の現在!生い立ちと学歴や家族・死刑判決までの裁判の様子とその後まとめ

福島悪魔払い殺人事件の犯人/江藤幸子の生い立ちや娘!自宅や宗教・愛人の根本裕・死刑判決と最期まとめ

京都精華大学生通り魔殺人事件の犯人と真相!場所と被害者・漫画や再現動画・その後現在もまとめ

小樽資産家女性殺害事件の犯人と現在!被害者女性や事件の発生場所・その後まとめ

勝田州彦の現在!実家の父親や家族・加古川事件など余罪・判決まとめ【津山女児・筒塩侑子さん殺害事件の犯人】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

チャンプ(UMA)の正体は?目撃場所・写真や動画・実在の可能性まとめ

藻南公園の都市伝説!事件と事故・場所や心霊スポット・熊の出没情報まとめ

みどり荘事件の真犯人や被害者は?宗教との関係や真相の考察・その後現在もまとめ

秋葉原通り魔事件の犯人/加藤智大の生い立ち&弟と母親など家族!事件のおかしい点・死刑執行などその後も総まとめ

DQNの川流れ(玄倉川水難事故)と現在!生き残り加藤直樹&娘の加藤朝香のその後・犠牲者や原因も総まとめ

日本航空350便墜落事故・片桐清二機長のその後現在!顔写真と自宅や家族・事故原因の逆噴射装置・石川幸史副操縦士とのボイスレコーダーまとめ

佐久間奈々さん誘拐失踪事件の犯人と真相!ガソリンスタンド店主や赤木良治・霊視の結果・死亡説や遺体の発見の有無まとめ

西成あいりん地区の現在!女性売買と怖い話や事件・出身の芸能人/有名人・場所や地図も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

たつの市小4女児殺人未遂事件の犯人と真相は?詳細やその後も総まとめ

チャンプ(UMA)の正体は?目撃場所・写真や動画・実在の可能性まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す