チャンプ(UMA)の正体は?目撃場所・写真や動画・実在の可能性まとめ

チャンプ(Champ)は米国シャンプレーン湖に棲息するとされる巨大生物でUMAです。

 

今回はチャンプの実在の可能性、目撃場所、写真や動画、正体についてまとめました。

チャンプ(UMA)は米国シャンプレーン湖に棲息するとされる巨大生物

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

「チャンプ(Champ)」とは、アメリカ合衆国のニューヨーク州とバーモント州、カナダのケベック州の境の場所に位置する湖「シャンプレーン湖(Lake Champlain)」に棲息すると言われている巨大生物で、いわゆる「UMA(未確認動物)」の1種です。

 

これまでの目撃情報などから、「チャンプ」の特徴は、長い首に馬のような頭部を持ち、髭のようなものが生えていると言われています。体長は目撃例によってかなりばらつきがあり、14フィート〜187フィート(4.3m〜57m)となっています。

 

 

チャンプ(UMA)は実在する可能性が高いと言われている

 

チャンプは、これまでに目撃情報が多数出ていて、動画や写真なども撮影されているため、実在の可能性が高いUMAとして知られています。

 

アメリカには、チャンプは実在の可能性が高いとして、研究団体なども設立されて出現の可能性が高い毎年夏の時期に1か月にもわたる現地調査が実施されています。

 

さらに、ニューヨーク州とバーモンド州の州会議では上下院の両方で「チャンプを殺傷した者は厳罰に処す」という決議が採択されており、チャンプの実在の可能性が高いと見られている裏付けとなっています。

 

 

チャンプ(UMA)の目撃情報や撮影された写真

 

出典:https://pbs.twimg.com/

 

チャンプの目撃情報は、これまでに300件以上にものぼるようです。そのうち代表的なものを紹介していきます。

 

1609年に最初の目撃報告

 

チャンプの最も古い目撃情報は、フランスの探検家のサミュエル・ド・シャンプランという人物の、1609年の目撃報告です。この人物は「シャンプレーン湖」の名付け親でもあります。

 

ただ、このサミュエル・ド・シャンプランの報告については、ロングノーズ・ガーという8〜10フィートの巨大魚を目撃したという報告内容を、地元紙「Vermont Life」が「全長20フィート(約6m)で、樽のように太い胴と馬のような頭を持つ蛇の目撃を報告した」などと大袈裟に内容を脚色して報じた結果、チャンプの最初の目撃例という事にされてしまったというのが真相だったようです。

 

しかも、シャンプランが巨大魚を目撃したのは、シャンプレーン湖の近くを流れるセント・ローレンス河での事だった事もわかっています。

 

1977年のマンシー夫人の目撃情報と撮影された写真

 

出典:https://s.hdnux.com/

 

1977年、サンドラ・マンシーという夫人によってシャンプレーン湖で巨大な生物の写真が撮影されています。

 

この写真はアリゾナ州立大学で分析され、「捏造ではない」との判定が出され、何らかの巨大生物が棲息している可能性が示されました。

 

さらに、ブリティッシュ・コロンビア州立大学のポール・レブロンド博士が、この写真を分析して出現時に生じている波形などからチャンプの体長を4.8m~17.2m程と推定しています。

 

2005年7月11に釣り人の目撃情報

 

  • 2005年7月11日に、シャンプレーン湖に義理の息子と2人で釣りに訪れていたディック・アフォルターという弁護士が、巨大な生物を目撃し動画撮影にも成功しています。この動画映像はABCニュースでも紹介され、元FBI長官も同湖に何らかの巨大生物の実在の可能性を認めています。

 

この時撮影されたチャンプの動画は後半で改めて紹介します。

 

 

チャンプ(UMA)が棲息するとされるシャンプレーン湖の場所

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

チャンプが棲息するとされるアメリカの「シャンプレーン湖」の場所は、アメリカ、ニューヨーク州とバーモント州そして、カナダのケベック州の境です。

 

アメリカ合衆国全体では北東の端に位置し、湖の一部はカナダ内ですがほとんどはアメリカの国内にあります。

 

地図で見てもわかるように、シャンプレーン湖はかなり巨大な湖で、全長と幅は201km×23 km、面積は1269キロ平方メートルにも達し、最大水深も122mと、巨大生物が隠れ住む事も十分に可能な大きさとなっています。

 

 

 

チャンプ(UMA)の動画も撮影されている

 

下の動画は、2005年7月11日に、シャンプレーン湖に釣りに訪れていた弁護士、ディック・アフォルターという方が撮影したチャンプとされる動画です。この動画はABCニュースでも紹介され大きな話題になりました。

 

 

 

 

チャンプ(UMA)の正体

 

チャンプの正体については様々な説が囁かれています。

 

 

チャンプの正体① プレシオサウルスなどの首長竜の生き残り説

 

出典:https://upload.wikimedia.org/

 

チャンプの正体としてよく言われているのが、太古の時代に生きていた、プレシオサウルスなどの首長竜の生き残りという説があります。

 

これ以外にも、バシロサウルスなどの古代生物の生き残りではないかとする説はよく言われています。

 

 

チャンプの正体② チョウザメなどの他の生物の見間違い

 

チャンプの正体としては、チョウザメやガーなどの巨大魚を見間違えたという説や、カワウソの個体を巨大に誤認したとする説、ワニを見間違えた説、リュウグウノツカイ説など、他の生物を見間違えたという説も根強いようです。

 

また、生物ではなく、巨大な流木や、湖に沈んでいる巨大な物体を見間違えた可能性なども指摘されています。

 

 

チャンプの正体③ 先住民の伝説に残る巨大生物「ジータースコグ」

 

シャンプレーン湖の近くに住む、アベナキ族とイロコイ族といったネイティブアメリカンの伝承に、この湖には巨大な生物が住んでいるというものがあります。

 

伝説によると、シャンプレーン湖には、大蛇を意味する「ジータースコグ(Gitaskog)」と呼ばれる巨大生物が住んでおり、この生物はツノがある巨大な蛇の化物で、湖の底に潜んでいて、人を湖に引き摺り込んで食べてしまうと伝えられています。

 

 

まとめ

 

今回は、アメリカの北東部、カナダとの国境近くにある巨大な湖「シャンプレーン湖」に棲息するとされる巨大UMA「チャンプ」についてまとめてみました。

 

チャンプは実在する可能性が高いとされるUMAで、14フィートから最大で187フィートとも言われる巨体で、長い首と馬のような頭部を持ち、髭を生やしていると言われています。

 

これまでに何度も目撃情報があり、写真や動画も撮影されています。

 

その正体については、プレシオサウルスなどの首長竜の生き残り説をはじめ、チョウザメなどの他の生物を誤認した説や、原住民の伝説の怪物「ジータースコグ」ではないかとする説も存在します。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

タキタロウの正体や写真は?伝説と真相・実在説やいない説・現在もまとめ

イエティ(UMA)の正体と現在は?写真と目撃場所・伝説や実在する証拠もまとめ

雪男(UMA)は実在?写真と目撃場所・正体・イエティとビッグフットの違いまとめ

スカイフィッシュ(UMA)は実在?正体はハエ?目撃場所・写真と動画・正体の解明まとめ

未確認生物(UMA)の有名・人気ランキング50選!世界・日本別【最新決定版】

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

青木ヶ原(富士の樹海)の怖い話と都市伝説!事件と事故・心霊と落とし物・場所や行き方もまとめ

十和利山熊襲撃事件の被害者の遺体&その後!原因がタケノコ採りで自業自得だという声・なんJでも話題の件をまとめ

DQNの川流れ(玄倉川水難事故)と現在!生き残り加藤直樹&娘の加藤朝香のその後・犠牲者や原因も総まとめ

犬鳴峠の現在!犬鳴トンネル殺人事件と犯人・怖い話6選と都市伝説・映画化や心霊スポットも総まとめ

みどり荘事件の真犯人や被害者は?宗教との関係や真相の考察・その後現在もまとめ

篠崎ポンプ所女性バラバラ殺人事件の犯人と真相・心霊の噂!事件の場所や内容・被害者もまとめ

きぬ川館本店の昔と現在!廃墟の場所と経営者の夜逃げ・心霊スポット化したその後まとめ

リンフォンの元ネタや実物は?実在する?地獄の門を開くパズルの洒落怖・怖い話・考察まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

警視庁独身寮爆破事件の詳細と犯人!発生場所・その後の時効成立まとめ

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す