下山事件の真相や真犯人は?犯人候補と謎・最後の証言や映画化も総まとめ

国鉄三大ミステリー事件である下山事件。この事件は自殺説・他殺説が入り乱れ、さらに日本の戦後の闇を感じずにはいられない事件と言われています。

 

下山事件の概要・流れや現場・時代背景、下山定則について、事件の真相や真犯人、下山事件の関連作品(本や映画)などをまとめました。

下山事件とは

出典:ja.wikipedia.org

 

下山事件は1949年7月5日に国鉄総裁の下山定則が行方不明になり、7月6日の未明に轢死体となって発見された事件です。

 

下山定則の死は、自殺とも他殺とも言われていて警視庁内でも捜査一課と捜査二課で意見が割れていましたが、約半年後の12月31日には強引に捜査本部は解散となり、捜査は強制終了となって、事件は迷宮入りとなりました。

 

 

下山事件をわかりやすく解説①:下山定則の当日の動き

出典:blog.livedoor.jp

 

国鉄総裁だった下山定則は東京都大田区池上に住んでいて、毎朝公用車のビュイックが迎えに来て出社することになっていました。

 

1949年7月5日、午前8時20分(夏時間)にいつものように迎えに来た公用車に乗り込み、自宅を出ました

 

その途中、下山定則は運転手の大西に日本橋の三越に行くように指示します。三越に到着ましたが、まだ開店前だったので、いったん東京駅前にある本社に行こうとしますが、途中で神田駅に行くように運転手に指示しました。神田駅に車が着きましたが、下山定則は降りようとせず、運転手から降りるのか尋ねられると「いや」と不機嫌に言い、また本社に向かいます。近くまで来た時、下山定則は今度は「三菱銀行に行け」と命じます。午前9時5分ごろに銀行の前に車を停めると、下山定則は1人で銀行の中に入っていき20分ほどで戻ってきました。

 

今度こそ、銀座の三越に向かい、到着すると下山定則は「5分で済む」と言い残して、銀座三越の中に入っていきました。午前9時37分に運転手が三越に入る下山定則を見たのが、下山氏の生存を確認できた最後になります。

 

この日の下山定則の動きをわかりやすくまとめました。

 

自宅
→銀座三越
→神田駅
→三菱銀行
→銀座三越

 

この日の下山定則は、いつもとは全く違う動きをしていました。

 

 

下山事件をわかりやすく解説②:下山定則が行方不明に

出典:us-vocal-school.com

 

午前9時37分に下山定則が銀座三越に入っていくのを運転手の大西が見送ってから、下山定則は行方不明になりました。

 

下山総裁の秘書は毎朝8時45分ごろから本社玄関前に立って、下山を出迎えることになっていましたが、この日はいつまで待っても下山が現れることはありませんでした。

 

しかも、この日は午前9時から局長会議が開かれて、下山も参加することになっていたのです。秘書は下山の自宅に電話をかけて確認しましたが、「いつもの時間に出ました」と言われてしまい、いよいよ本当に下山定則の行方が分からなくなってしまったのです。

 

ここからの動きは時系列で見ていきましょう。

 

・午前9時30分:下山が立ち寄りそうなGHQやCTS(民間運輸局)に電話で確認
・午前9時30分~10時:警視総監や国家地方警察の長官にも一報が入る
・午前10時:下山の自宅に下山は自宅を出たかどうかの電話が入る(電話の主は不明)
・午後0時:鉄道公安局の局長が警視総監に状況説明
・警視庁管内の警察署に公用車ビュイックを捜索するように指示
・CTSに下山定則が行方不明であることを伝達
・午後5時:下山総裁行方不明が公表され、NHKの臨時ニュースで流される

 

この臨時ニュースを聞いて驚いたのが、公用車の運転手の大西です。大西は三越前に車を停めたまま、下山総裁が戻ってくるのを待っていましたが、その時にラジオを聞いて、下山総裁が行方不明であることを知ったのです。大西は過去にも下山総裁がなかなか戻らないことがあったので、7時間以上戻ってこなくても不審には思わなかったそうです。

 

運転手の大西は急いで三越内を探しましたが、下山を見つけることができず、国鉄本社に電話しました。その後、大西は警視庁で取り調べを受けることになりました。

 

午後6時半ごろ、警視庁の捜査員が三越に駆け付け、三越の店員に聞き込みが行われると、

 

・下山総裁は地下鉄の駅に降りて行った
・3~4人の男性と一緒にいた

これらの目撃証言が得られました。

 

下山は三越に行く前に「白木屋(現在の日本橋コレド)」でも良いと言っていました。白木屋も三越同様に地下鉄駅に通じていますし、地下鉄の車内での目撃証言があることから、下山総裁は三越から地下鉄の駅に行き、地下鉄に乗ったと思われます。

 

 

下山事件をわかりやすく解説③:遺体の発見

出典:bunshun.jp

 

日付が変わって1949年7月6日午前0時25分、上野発松戸行の国鉄常磐線最終電車の運転士が、東京都足立区五反野南町の常磐線と東武鉄道伊勢崎線の交差点ガードあたりを通過中に、線路上に遺体らしきものがあるのを発見し、次の駅である綾瀬駅に到着すると、ホームにいた駅員に知らせました。

 

駅員はすぐにカンテラを持って現場に駆け付けると、首と手足がない胴体がレール横に転がっていたのを発見します。駅員たちは一度駅に戻って、上に報告を挙げます。その報告を受けて、国鉄社員が現場に駆け付けたのが午前1時30分。そして、午前1時45分、遺体を調べている中で下山定則の名刺や総裁名義の乗車券が入っているのを発見しました。

 

すぐに警察に通報し、午前2時40分に駐在所の巡査が現場に到着します。遺体は首・胴体・右腕・左脚・右足首の5つの部分に轢断されていてました。この日は遺体発見時から小雨が降っていましたが、午前3時すぐには雨が強くなり、証拠となるものは洗い流されてしまいました

 

ただ、下山は7月6日午前0時19分に現場を通過した貨物列車によって轢かれたことが判明し、次の列車だった常磐線最終電車の運転士によって発見された形になります。

 

下山事件の下山定則とは

出典:bunshun.jp

 

下山定則は1901年7月23日に兵庫県神戸市で生まれます。1925年に東京帝国大学工学部機械工学科を卒業し、鉄道省に入省しました1936年にはヨーロッパ、南アフリカ、南アメリカ、北アメリカを視察します。

 

戦後は名古屋鉄道局長、東京鉄道局長などを歴任し、1948年4月には運輸次官に就任しました。そして、1949年6月1日には国鉄が発足し、下山定則が48歳で初代総裁に就任しています。当時の国鉄は人員整理、つまりリストラを課せられていたため、誰も総裁なり手がいませんでした。その中で下山定則が事件の約1ヶ月前に国鉄の最初の総裁に就任したのです。

 

下山定則は将来的に参議院議員選挙に出馬する意欲を見せていて、そのために「国鉄総裁」という肩書が必要あったのではないか?と言われています。

 

 

下山事件の時代背景

出典:www3.nhk.or.jp

 

下山事件はアメリカ占領下の1949年7月に起こっています。

 

下山事件当時の時代背景をわかりやすくまとめると、次の3点になります。

 

・アメリカは日本を反共産主義の砦にしようとしていた
・日本共産党も躍進
・日本国内では吉田茂の民主自由党が単独過半数を獲得

 

当時は東西冷戦の初期で、中国共産党が国内を掌握し、国共内戦での勝利が確実視されてました。また、朝鮮半島でも共産政権と親米政権が一触即発の状況で対峙している状態でした。

 

そのため、GHQは日本を反共産主義の砦とするために、まずは経済を立て直すべく、緊縮財政を実施して、国鉄職員の人員整理を行うことを決めたのです。

 

また、日本国内でも1949年の選挙では吉田茂の民主自由党が単独過半数を獲得しましたが、同時に日本共産党も35議席を獲得し躍進しています。

 

つまり、アメリカは日本を反共産主義の砦にしようとしたけれど、国内でも日本共産党の勢力は拡大していた。ただ、アメリカと親密な関係にある吉田茂率いる政党が単独政権を築いた。ということになります。

 

この共産主義の躍進とアメリカの思惑、アメリカに近い吉田茂が日本のトップに立ったという事実が、この下山事件の真相に迫る大きなカギとなります。

 

 

下山事件前の下山定則の状況

出典:study-z.net

 

下山事件前の下山定則はどのような状況下に置かれていたかを確認しておきましょう。

 

 

下山定則の役割はリストラ

下山定則は1949年6月に初代の国鉄総裁に就任しました。国鉄は戦地からの引揚者などで職員が60万人にも膨れ上がっていました。

 

経済立て直しのための緊縮財政のために、下山はGHQのCTS(民間運輸局)から、約10万人の人員整理をするように命じられています。つまり、下山定則の最初の仕事は10万人のリストラでした。この10万人のリストラをするために、下山定則は国鉄総裁になったのです。

 

 

事件直前にはプレッシャーも

下山定則が1949年6月1日に国鉄総裁に就任すると、すぐにリストラに着手します。しかし、労働組合の抵抗で、交渉は平行線のまま7月2日に打ち切られました。1949年1月の選挙で日本共産党が躍進していますが、その勢いそのままに国鉄の労働組合は激しく反発したのです。

 

しかし、CTSのシャグノン中佐は7月3日の深夜に下山の自宅を訪れ、「もっと早くやれ」と下山に脅しをかけたのです。この時、ピストルを向けて脅したという話もあります。

 

下山定則は国鉄総裁就任1ヶ月で、GHQ(アメリカ)と労組の板挟みに苦しむことになったのです。

 

 

下山事件の謎

出典:twitter.com

 

下山事件には謎がたくさんありました。

 

 

死後轢断か生体轢断かで意見が分かれる

下山事件では死後轢断か生体轢断かで意見が分かれました。司法解剖を下東京大学法医学教室は死後轢断と判定しています。それに対し、現場検証で遺体を見聞した東京都監察医務院は生体轢断であるとしたのです。さらに、慶應義塾大学の教授も生体轢断を主張しています。

 

死後に轢断されれば下山事件は他殺になりますし、生体轢断であれば自殺になりますが、専門家でも意見が大きく分かれました。

 

 

生前に暴行?

下山定則の遺体は損傷が大きかったですが、局部に生活反応を示す傷が見られました。この傷は暴行が加えられた可能性があることを示しています。

 

また、遺体や轢断現場では血液がほとんど確認されていないため、ほかの場所で殺害されて失血死し、遺体を線路に運んで轢断された可能性もあります。

 

 

行方不明後の目撃情報

7月5日午前9時37分に下山定則が行方不明になった後、同日午後1時40分ごろに遺体が発見された場所近くの東武伊勢崎線五反野駅で下山と見られる人物の目撃情報が多数あります。目撃情報によると、駅近くの末広旅館に3時間ほど滞在し、その後外出しています。

 

・下山本人はタバコが好きなのに旅館ではタバコを捨てていない
・外出後の目撃証言ではネクタイと眼鏡を外していた(眼鏡は入浴時でも常に装着)
・下山本人は色白だが目撃証言では日焼けして色が浅黒い

これらのことから、この五反野駅近くで目撃された下山定則は替え玉だったのでは?という説も出ています。

 

 

衣服に大量のヌカ油

下山総裁のワイシャツや下着、靴下には大量の植物性ヌカ油が付着していました。機関車の整備で使う油とは違うもので、しかも上着や革靴内部にはこの油は付着していませんでした。

これらのことから、下山はどこかで監禁されていて、その際にヌカ油が着いたのではないか?と推測することができます。

 

 

不審な血痕

枕木にわずかな血痕があるのを発見し、ルミノール検証を行ったところ、現場から断続的に続く血痕が確認されました。この血痕はAMQ型で下山と同じ血液型です。

 

しかし、その血痕は現場から上り方面に続いていたのです。下山定則を轢断した貨物列車は下り列車でした。それなのに、血痕は現場から上り方面についていたのです。普通、下り列車が轢断したら、進行方向に向かって、つまり現場から下り方面に血痕はつくはずです。

 

それなのに、なぜ血痕は上り方面についていたのでしょう。

 

また、血痕は現場から断続的についていましたが、ある場所で途切れていて、その土手の下にはロープ小屋と呼ばれる廃屋がありました。この廃屋にも血痕が残っていました。ただ、この血痕が下山のものとは断定することができませんでした。ある日、捜査一課がこの小屋で斧で大けがをしたという人物を見つけ出してきましたが、この人物と小屋の血痕の血液型は一致しませんでした。

 

 

靴がおかしい

下山の靴はいつもと違うクリームを使って乱雑に磨かれた跡がありました。また、靴紐はいつもと違う磨き方でした。しかも、下山は紐をほどかないと靴を脱げないほどきつく紐を結ぶ癖がありましたが、遺体発見時は両足とも靴は脱げていました。特に右足は傷一つなかったのに、靴は革が引き裂かれるほど大きく破損していたのです。

 

 

死後硬直の時間と死亡推定時刻

下山定則の遺体の死後硬直から考えると、死亡推定時刻は7月5日の午後9時~午後11時と考えられます。

しかし、列車が轢断したのは7月6日の午前0時19分です。

 

となると、死後硬直からの死亡推定時刻と、列車の轢断時間には最低でも1時間19分、最大で3時間19分の差が出てきてしまいます。

 

 

下山事件の真相は自殺か他殺か?

出典:mainichi.jp

 

下山事件の真相は自殺か他殺かわかっていません

 

警視庁捜査一課は自殺で決着しようとしましたが、GHQから待ったがかかり、自殺での発表は見送られました。

それに対し、捜査二課は独自に捜査を進め、ヌカ油の付着など不審な点が見つかり、他殺の線で事件を追っていました。これを知った捜査一課長は捜査二課がこれ以上捜査を進めると、自殺説で片付けられなくなるため、警視総監や刑事部長を担ぎ出し、1949年12月初めに捜査二課二係長を配転、12月31日には捜査本部を解散、1950年4月には捜査二課の刑事たちを都内警察署に分散異動させて、下山事件の捜査を強制的に終了させたのです。

 

・捜査一課:自殺説
・捜査二課:他殺説

捜査一課長が下山事件の捜査を強制終了させたわけですが、それは捜査一課に何らかの圧力がかかったのか?それとも、捜査二課が事件を解決すると捜査一課のメンツにかかわるからなのかは不明です。

 

 

自殺説の根拠

まずは、捜査一課が主張していた自殺説の根拠を見ていきましょう。

 

・遺体が発見される前、失踪を知った下山の妻が「ひょっとしたら自殺じゃないか?」という発言をしていた
・神経衰弱症で睡眠薬を服用していた。
・抑うつ状態にあったと思われる行動があった
・事件現場に土地勘があった
・事件前日に要人に面会していた
・枕木の血痕は列車のトイレから垂れ流された女性の経血の可能性もある
・大量解雇の指示に弱っていると話していた

 

下山事件の前に、下山定則がGHQから10万人のリストラを急かされ、精神的に参っていたことは間違いないようです。

 

 

 他殺説の根拠

続いて、捜査二課が主張していた他殺説の根拠です。

 

・国鉄マンが鉄道で自殺するはずがないという矜持があった
・下山の性格的に遺書を残さないはずがない
・轢断面や出血痕がないのは他殺の可能性が高い
・事件前日に「今日か明日、吉田か下山かどちらかを殺す」という予告電話があった
・事件当日、長男が名古屋から帰京する予定で「会うのが楽しみ」と語っていた
・生前に暴行されたような痕跡あり
・行方不明後の目撃情報が怪しい(替え玉説もあり)
・なぜか衣服に大量のヌカ油
・不審な血痕(進行方向とは逆方向に)があった
・靴の状態など不審な点がある
・死後硬直からの死亡推定時刻と轢断時刻が合わない

 

冷静な視点で、自殺説と他殺説の根拠を見比べてみると、他殺説のほうに軍配が上がりそうですが・・・。

 

 

下山事件の真相と真犯人①:労働組合や共産主義勢力

出典:kowaiohanasi.net

 

下山事件の真相と真犯人説、1つ目は国鉄の労働組合・共産主義勢力です。国鉄総裁の下山定則は、GHQから10万人のリストラを命じられていました。

 

労働組合は基本的に左派、つまり共産主義の色が強いです。そして、当然のことながら、リストラに労働組合は大反対しますよね。

 

リストラに反対した労働組合員やその後ろ盾となっている共産主義勢力が下山事件の真犯人ではないか?という説です。

 

下山事件の10日後には三鷹事件(無人列車が暴走・脱線)が起こって共産党員や国鉄労組員の10名が逮捕されています。また下山事件の約40日後には松川事件(故意にレールが外され脱線)が起こり、この事件でも国鉄労組員などの20名が逮捕されました。

 

たった40日の間にこれだけの事件が起こり、三鷹事件・松川事件では国鉄労組員が何人も逮捕(有罪は1人だけ)されているのです。

 

だから、この下山事件も労働組合員や共産党勢力が関係しているのではないか?と言われているんですね。

 

ただ、下山総裁は国鉄育ちの総裁でしたので、国鉄職員を守ろうとしていた。リストラを回避しようとしていたとも言われています。それを考えると、労働組合員・共産主義勢力が真犯人という説は、やや根拠に乏しい気もします。

 

 

下山事件の真相と真犯人②:犯人を労組にしたGHQ

出典:webronza.asahi.com

 

下山事件の真相と真犯人説の2つ目は、犯人を労働組合員に仕立て上げようとしたGHQです。GHQは日本を反共産主義の砦にしようとして、経済の立て直しを図りました。その一環として、国鉄職員の大量リストラがありました。

 

7月5日はGHQから解雇発表の期限とされた日でした。その日に下山総裁は行方不明になったのです。

 

なかなか進まない大量リストラ。業を煮やしたGHQは、リストラに反対する労働組合員が下山総裁を殺害したように見せかけようとした可能性はあります。労働組合員がリストラ反対で下山総裁を殺害したら、世論は労組叩きに傾きます。

 

実際に、下山総裁の後に国鉄総裁に就任した加賀総裁は、特に大きな混乱もなくリストラをやり遂げました。これは、国鉄三大ミステリー事件で労組・共産主義勢力が勢いを失ったことが関係していると言われています。

 

この下山事件によって、GHQは狙い通りのリストラを推し進めることができたのです。

 

下山事件で得をしたのは労組側ではなくGHQだった。となると、下山事件の真相はGHQの陰謀だった可能性が出てきます。

 

 

下山事件の真相と真犯人③:亜細亜産業とCIA

出典:arimacc.jp

 

下山事件の真相と真犯人、3つ目は亜細亜産業とCIAの共謀です。

 

亜細亜産業は東京中央区にあった会社です。この亜細亜産業はただの会社ではなく、満州で特務機関をやっていた三浦義一と矢板玄の2人が設立した右翼系の組織で、特務機関出身の「プロ」が集まっていたと「右翼サロン」のようなものでした。

 

この亜細亜産業は次のような重要人物とも密接なつながりがあったとされています。

 

・吉田茂
・白洲次郎
・佐藤栄作

 

このメンツを見ただけで、「なんとなくヤバい組織」という気がしてきます。

 

当時、国鉄は贈収賄の温床のような場所で、その賄賂は亜細亜産業が吸い上げていたようです。
そして、下山総裁はそれを暴露して、何とか大量リストラを回避しようと画策していた。だから、亜細亜産業としては下山総裁が邪魔な存在だったのです。

 

また、アメリカの財閥は日本の国鉄を乗っ取ろうと画策していたという情報もあります。そのため、亜細亜産業とCIAはメリットが一致し、共謀して下山定則を殺害したとしています。

 

亜細亜産業の設立者である矢板玄は下山事件にかかわっていたと証言していますし、週刊朝日で連載していた「下山事件-50年後の真相」や諸永裕司著『葬られた夏』、森達也著『下山事件(シモヤマ・ケース)』、柴田哲孝著『下山事件-最後の証言-』はみんなこの亜細亜産業がかかわっていると結論付けています。

 

 

下山事件の現場

出典:city.adachi.tokyo.jp

 

下山事件から2年後の昭和26年には、下山事件の現場付近に下山国鉄総裁追憶碑が建立されました。その後、平成3年5月には常磐線荒川橋りょう改良工事が行われることになり、それによって追憶碑は現場から約100m離れた場所に移転となっています。

 

 

下山事件の最後の証言や映画

出典:amazon.co.jp

 

下山事件は迷宮入りし、自殺か他殺かさえも分からず、GHQやCIAまでもかかわっているのでは?と言われる複雑な事件です。そのため、いろいろな関連作品が生み出されています。

 

・松本清張『日本の黒い霧』
・矢田喜美雄『謀殺・下山事件』
・森達也『下山事件(シモヤマ・ケース)』
・柴田哲孝著『下山事件 最後の証言(完全版)』

 

特に、「下山事件 最後の証言」は評価が高く、下山事件の真相に迫るものと言われています。また、ノンフィクションだけではなく、ゴルゴ13の題材にもなっていますし、手塚治虫や浦沢直樹の漫画にも登場しています。

 

また、下山事件は映画化もされています。1954年には日活映画『黒い潮』が公開され、1981年には「謀殺・下山事件」を題材にした『日本の熱い日々 謀殺・下山事件』が公開されました。

 

 

下山事件のまとめ

下山事件をわかりやすく解説してきました。真相や真犯人はまだわからないまま迷宮入りしています。ただ、根拠を並べてみると、他殺説が濃厚であることがわかると思います。戦後の闇を映し出す下山事件。事件発生から70年以上経っていて、当時の真相を知る人たちも亡くなっていると思いますので、真相がわかる日は永遠に来ないのかもしれません。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

新宿歌舞伎町ディスコナンパ殺傷事件の犯人と真相!政治家関与の噂・被害者のその後現在も総まとめ

浅沼稲次郎の暗殺事件&犯人の少年と現在!身長や子孫・刺される画像・その後もまとめ

橋北中学校水難事件の原因は離岸流?場所と心霊や遺体の噂・映画化やアンビリバボーの特集まとめ

開成高校生殺人事件の犯人は父親!被害者の佐藤健一と母親の遺書・ドラマ化作品・現在も総まとめ

ひかりごけ事件の犯人は船長!少年の食人の真相・判決などその後・現在の映画化や漫画化もまとめ

日本航空350便墜落事故・片桐清二機長のその後現在!顔写真と自宅や家族・事故原因の逆噴射装置・石川幸史副操縦士とのボイスレコーダーまとめ

生坂ダム殺人事件の犯人と真相!場所や被害者・現在まで紹介

八王子市歯科医師フッ化水素事故の原因とその後/被害者の母親やなんJのコピペ・医師の現在まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

嵐真由美さん失踪事件と現在!姉や夫と子供など家族・真相の考察や解決した噂もまとめ

大阪個室ビデオ店放火事件の犯人/小川和弘の現在!生い立ちと学歴や家族・死刑判決までの裁判の様子とその後まとめ

中川沙弥香さん行方不明事件の真相と現在!統一教会との関係や発見場所・家族(両親/兄)の対応も総まとめ

庄山仁くん失踪事件の真相!行方不明後の手紙や隠蔽された内容もまとめ

ビッグフット(UMA)の正体は?実在する?写真や映像・目撃情報・イエティや雪男との違い・映画もまとめ

岡田更生館事件の館長の実名と写真!跡地の場所と現在・映画やひぐらしのなく頃・アンビリバボーの特集も紹介

帝銀事件の真相と真犯人!平沢貞通は冤罪?死刑囚の家族と養子の悲劇・酒井政利が息子の噂と映画を総まとめ

藤牧義夫の現在!失踪事件の真相・家族情報・隅田川絵巻など作品と経歴をまとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

カッパピア(高崎の遊園地)の現在!事故や放火事件・閉園理由・心霊現象・アトラクションもまとめ

刑務所(日本)の種類一覧とランク!部門別ランキング20選も紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す