別府3億円保険金殺人事件の犯人/荒木虎美の死因や子供の現在!生い立ちと家族・結婚・判決とその後まとめ

別府3億円保険金殺人事件とは1974年に発生した、保険金目的での母子3人殺人事件です。被害者家族の父である荒木虎美が金銭目的で妻と子供を殺害した別府3億円保険金殺人事件について、犯人の生い立ちや結婚、判決、死因や現在を紹介します。

別府3億円保険金殺人事件の概要

 

出典:https://twitter.com/

 

1974年11月17日の22時頃、大分県別府市の別府国際空港第三埠頭で、乗用車が海に転落するという事故が発生しました。

 

転落した車の車種は日産サニーで、別府国際空港付近を走る国道210号線からブレーキもかけずに時速40㎞の速度で海に飛び込んでいったとされます。

 

目の前で起きた不可解な出来事に岸壁で釣りをしていた人々が騒然とするなか、車が沈んでいった海中から助けを呼ぶ男性の声が響き渡りました。

 

釣り人たちがタモを伸ばして、この男性を救出。すると、ずぶ濡れの身体で岸壁に這い上がってきた男性は「沈んだ車の中に私の妻と娘がいる」と驚くべきことを言い出したのです。

 

到着した警察や、近くを通りかかった素潜りが得意だというタクシー運転手ら有志の市民も捜索にくわわりましたが、夜の海は暗く、沈んだ車はなかなか見つかりません。

 

そしてやっと車が見つかった時には、車中にいた男性の妻子はすでに死亡したいました。

 

この転落事故で唯一生き残った男性の名前は、荒木虎美(あらきとらみ)。当時47歳の自称・不動産経営者でした。

 

亡くなったのは荒木の妻の玉子さん(当時41歳)と、長女の祐子さん(12歳)、涼子さん(10歳)の3名です。

 

当初、荒木虎美は「運転をしていた妻が誤って転落してしまった。自分は助手席で居眠りをしていて、妻の悲鳴で目を覚ましたところ海に落ちる寸前だった」と供述しており、警察も世間もこの一件を悲劇的な事故だと見ていました。

 

しかし、その後の警察の調べで荒木虎美が妻子に合計でおよそ3億円もの保険をかけていたことが発覚。そのうえ荒木と玉子さんは事故の3ヶ月前に結婚したばかりで、荒木本人には保険金がかかっていなかったのです。

 

不審に感じた警察は、保険金殺人の疑いがあるとして捜査を開始します。その間に保険会社に保険を請求するため、荒木虎美は自交通事故証明書の発行を求めて警察を訪れますが、警察は「まだ捜査中であり、事故証明は出せない」と拒否しました。

 

これに憤りを感じた荒木虎美は、人気のワイドショー『3時のあなた』に出演して「不慮の事故で妻子を亡くしたにもかかわらず、不当な扱いを受けている」と訴え、世論を味方につけようと試みます。

 

出典:http://x94.peps.jp/

 

ところが思惑が外れてゲストコメンテーターからは批判的な指摘を受けてしまい、生放送中にスタジオを飛び出したところで、待ち構えていた警察によって逮捕。

 

裁判では決定的な証拠はなかったものの、警察の実験や証言、状況証拠などから見て妻子の死は保険金殺人以外に考えられないとして、荒木虎美には死刑判決が下されました。

 

金のために妻子を殺害しただけではなく、裁判中も自分に不利な証言をした証人を口汚く罵り、死刑が確定した後も無罪を訴え続けて反省の色がまったく見えなかったことから、荒木虎美は日本の犯罪史上に残る悪質な殺人犯の1人に数えられています。

 

また、この別府3億円保険金殺人事件のあと保険金詐欺事件は増加したとされ、世間に与えた影響も大きいと指摘されています。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件の犯人・荒木虎美の生い立ちと前科

 

出典:https://www.pref.oita.jp/

 

別府3億円保険金殺人事件の犯人である荒木虎美は、1927年3月9日に大分県佐伯市に生まれました。実家は農家で、幼少期はそれなりに裕福だったとのことです。

 

出生時の姓は「山口」といい、「荒木」というのは別府3億円保険金殺人事件の被害者の女性の姓であり、結婚時に婿養子になって改姓したため事件の際には荒木虎美となっていました。

 

津久見工業学校在学中に海軍飛行予科練習生に志願しており、周囲には「特攻隊に選ばれたが終戦で出撃しなかった」と言っていたそうです。

 

学校を卒業した後は新制中学の代用教師になりましたが、教職にありながら1949年には最初の事件を起こします。

 

この頃、荒木はすでに最初の妻と結婚をして子供もいたのですが、他の女性にも手を出して妊娠させていました。

 

堕胎させようとしたものの優生保護法によって堕胎が禁じられていたため、悩んだ挙句に知人の鍼灸師に頼んで中絶手術を行ってもらったとされます。

 

ところがこの後、あろうことか荒木は自分の窮地を救ってくれた鍼灸師を「医師法違反だ。堕胎手術をしたことを世間にばらしてやる」と脅迫しだしたのです。

 

鍼灸師は驚いたものの脅迫には応じずに荒木を逆に告訴。これにより、自分も鍼灸師の職を追われたものの、荒木は逮捕されて懲役1年2か月執行猶予3年の有罪判決をうけ、教師を辞めることになりました。

 

 

次々に犯罪を重ねて「九州一のワル」と呼ばれる

 

出典:https://www.pakutaso.com/

 

教師を辞めた荒木は生活のために1人で別府市内に出て肉屋を始めました。しかし、うまくいかず借金まみれになってしまったといいます。

 

そこで一攫千金を狙って思いついたのが、保険金詐欺でした。荒木は自宅と家財道具などに火災保険をかけた後、自分で放火して保険金を騙し取ろうと考えたのです。

 

こうして1950年1月20日、荒木は妻子と離れて1人で住んでいた別府市内の店舗兼住居に火をつけて燃やし、まんまと保険金約20万円を詐取することに成功します。

 

しかし、この火事は火災保険を契約したわずか2週間後に起きたものであり、保険会社は荒木を不審に思って保険金を渡した後に調査を始めていました。

 

そして家事の起きた当日、東別府駅に向かう途中でたまたま出会った人に荒木は「自宅が家事になったらしいからすぐに帰らないといけない」と話していたことが明らかになり、この時間から家を出る前に自分で放火することが可能だと発覚。

 

逮捕されて裁判になりますが、直接的な証拠はなかったために荒木は無罪を訴えました。

 

ところが、裁判中に「火災発生時刻に肉屋のなかに被告人がいたのを目撃した」という証人が現れ、最高裁判所で懲役8年の有罪判決を言い渡されることになります。

 

その後はサンフランシスコ講和条約締結の恩赦で2年早く出所したものの、妻とは離婚。離婚の理由は保険金詐欺の裁判の際に、妻が荒木にとって不利な証言をしたためでした。

 

出所後、今度は知人とともに不動産業を始めますが、そう簡単に更生できるはずもありません。荒木は刑務所を出てからも以下のような犯罪に手を染めては逮捕されていました。

 

・1966年4月…公文書偽造および行使

 

・1967年7月…暴行、傷害、および脅迫

 

こうして荒木はまたしても懲役3年6ヶ月の有罪判決を受け、宮崎刑務所に服役。この頃には「九州一のワル」とまで呼ばれるようになっていたそうです。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件が起きるまで① 母子家庭を狙って結婚

 

出典:https://www.photo-ac.com/

 

1972年11月、刑期を終えて出所した荒木は、別府市内で不動産ブローカー業を始めます。

 

とはいっても、これは宅地建物取引業法に則って正式な許可を得て行っていたわけではなく、取引に関わっては手数料を要求していただけのようです。

 

また、荒木は生活費の多くを女性に貢がせていたといいます。同時に複数の女性と関係を持ち、相手から金銭や家の権利書を騙し取るなどして生計を立てていたとのこと。

 

しかし、そのようなことが長く続けられるはずもなく、1973年1月には恐喝未遂事件を起こしてまたしても逮捕されます。

 

この裁判の最中、1973年6月ごろから荒木は結婚相談所に通い、民生委員にも「自分は子供が好きなので、シングルマザーで困っている、生活保護を受給しているような女性がいたら紹介してほしい」と依頼していました。

 

そして紹介してもらったのが、別府3億円保険金殺人事件の被害者となる荒木玉子さんだったのです。

スポンサーリンク

 

玉子さんは、生活保護を受給しながら3人の子を育てるシングルマザーでした。

 

一方の荒木は、結婚相談所や民生委員には良い顔をしていたとしても、まだ裁判中の身で前科持ちです。頼る相手が欲しいといっても、荒木と結婚して幸せになれる可能性は限りなく低いのは明らかでしょう。

 

結婚をためらう玉子さんに対して、荒木は「自分は不動産関係の仕事をしていて収入も良い。3人の子供を育てるにはお金も必要だろうし、結婚すれば生活保護を受けなくても済む」などと甘い言葉を言ったとされます。

 

また、玉子さんが車の免許を持っていることを知るとポンと中古自動車をプレゼントするなどして金回りの良さをアピールしていたそうです。

 

なお、この車は後に別府3億円保険金殺人事件で使用された日産サニーだということが明らかになっています。

 

こうして傾いてしまった玉子さんは、1974年8月1日に荒木虎美と入籍してしまうのです。

 

 

別府3億円保険金殺人事件が起きるまで② 家族とは一緒に住んでいなかった

 

出典:https://www.pakutaso.com/

 

前述したように、この結婚を機にこれまで「山口」姓であった虎美は、荒木虎美を名乗るようになりました。

 

これは荒木家に財産があったため、婿養子に入ることが結婚の条件だったというわけではなく、玉子さんの3人の子供のことを考えて「姓が変わらないほうが良いだろう」という判断だったそうです。

 

こう聞くと妻の連れ子のために婿養子に入るなんて、なんて優しい人なのだろうという印象を受けますが、結婚後も荒木は決して良い夫、良い父親ではありませんでした。

 

玉子さんが子供たちと暮らす家が狭いから、という理由で荒木は結婚も別居を貫いて別府市内のアパートで独り暮らしを続け、さらに数人の愛人との関係も続けていました。

 

一方で玉子さんの家には長男の友広さん(当時15歳)、長女の祐子さん(当時12歳)、涼子さん(当時10歳)の3人の子がいましたが、この子供たち、とくに長男の友広さんは荒木のことをとても嫌っており、結婚にも反対していたうえ、養子縁組をさせられてからもいっさい寄り付かなかったといいます。何か感じるものがあったのでしょうか。

 

そのため、荒木も子供たちも互いに同居せずに済む環境を良しとしていたそうです。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件が起きるまで③ 妻子に保険金をかける

 

出典:https://www.pakutaso.com/

 

通常であれば再婚相手の子供に好かれていなければなんとか理解してもらおうと努力をするでしょうし、そもそも入籍前にわだかまりをなくしておくはずです。

 

しかし、荒木はまったく玉子さんの子供たちに好かれようとせず、愛人と遊び歩いていました。

 

というのも、荒木は玉子さんのことが好きで結婚を申し入れたのではなく、もともと保険金詐欺に使おうと思って玉子さん一家に目を付けていたのです。

 

荒木は玉子さんを言いくるめて一家に次々と保険をかけ、季節が秋に変わった頃から水泳の練習を始めていたとされます。

 

なお、別府3億円保険金殺人事件で玉子さんと祐子さん、涼子さんにかけられた保険金の内訳は以下のようなものでした。

 

・住友生命で子供たちにそれぞれ死亡時に3千万円ずつ支払われる保険をかける

 

・協同生命で祐子さんと涼子さんに死亡時に3千万円ずつ支払われる保険をかける

 

・大同生命で玉子さんに4千万円、祐子さんと涼子さんにそれぞれ死亡時に2千万円ずつ支払われる保険をかける

 

・第一生命保険で玉子さんに死亡時に6千万円支払われる災害死亡保険をかける

 

・安田火災海上で搭乗者保険を妻子4人にそれぞれ500万円かける

スポンサーリンク

 

・千代田火災海上で搭乗者保険を妻子4人にそれぞれ500万円かける

 

上記の保険金の総額は3億1千万円。受取人は荒木本人がおよそ1億3千万円、祐子さん、涼子さんが合計でおよそ1億4千万円、長男の友広さんがおよそ2千600万円だったといいます。

 

これだけの保険の契約をすれば毎月の支払いも当然多くなり、荒木は月に合計で13万円も保険金を支払っていたそうです。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件が起きるまで④ 事件当日

 

出典:http://kobe.travel.coocan.jp/

 

別府3億円保険金殺人事件の当日となる1974年11月17日。この日は日曜日であったため、荒木は別の家で暮らす玉子さんに電話をかけて「家族全員でドライブに行かないか」と誘いました。

 

子供たちは当然行くのを嫌がり、とくに長女の祐子さんは友達の誕生日会に呼ばれていたことから「行きたくない」と玉子さんに言ったそうです。

 

しかし、これが原因で荒木が激高して玉子さんを怒鳴りつけているのを見て、しぶしぶ同行することにしたといいます。

 

こうして唯一、もう成人男性にも負けないほど成長していた15歳の友広さんだけが「受験勉強をしたいから」という理由で同行を断って、家に残りました。

 

荒木も友広さんだけは意のままに動かすことが難しいと思っていたのでしょう。前述の家族それぞれにかけた保険金の金額を見ても、他の3人と比べて友広さんには高額の保険をかけていないことがわかります。

 

こうして荒木は妻子3人とともに車に乗り、「海を見よう」と別府国際観光港第3埠頭へ向かいました。

 

時刻はもう22時近くなっていましたが、この日は埠頭の岸壁に数人の釣り人がチヌ釣りに来ていたといいます。

 

そこに荒木の乗る日産サニーが減速しないまま時速40㎞を保って侵入してきて、そのままの勢いで海に転落。

 

荒木虎美1人が生きたまま救出され、玉子さんと祐子さん、涼子さんの3人が海に沈んで溺死してしまったのです。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件のその後① 荒木虎美の供述と不審点

 

出典:https://www.youtube.com/

 

助け出された後、荒木は警察で「家族に関門海峡を見せようと思って、北九州まで行った。行は私が運転し、帰りは妻が運転する約束だったのだが、帰る途中で別府湾の夜景がきれいなことを思い出して、別府国際空港まで夜景を見に行くことにした」と供述。

 

さらに「事故が起きた時、私は行きの運転疲れもあって助手席で居眠りをしており、妻が大きな声をあげたのでハッとして目を覚ましたところ、車は海に転落した後だった」と、事故時に車を運転していたのは自分ではなく玉子さんなのだとアピールしました。

 

また、別府国際空港に夜景を見に行きたい、埠頭まで行きたいと言い出したのも妻だと供述したそうです。

 

家族を助けなかったことについても「車の中にドッと水が入ってきてパニックになってしまった。自分が助かることで精いっぱいで、家族のことまで頭が回らなかった」と話していました。

 

運転ミスで家族3人が溺死という事故は、翌朝の地方紙でも大々的に取り上げられ、1人助かった荒木は悲劇の父親のように扱われました。

 

しかし最初の供述を聞いた時から、大分県警の捜査員は荒木に対して違和感を感じていたといいます。

 

保険のことを聞いたところ、「そんなこと聞く必要ないだろ!」と怒鳴り返すなど、とても事故で妻子を失ったばかりとは思えないような態度がところどころに見られたそうです。

 

そのため警察はすぐに事故ではなく殺人事件の可能性もあるとして捜査を開始。現場検証の結果、実験現場となった埠頭にはスリップ痕がまったく残っておらず、いっさいブレーキをかけずに海に突っ込んだことが明らかになったのです。

 

さらに、捜査を続けると荒木が妻子に3億円を超える高額な保険をかけており、この手続きがすべて結婚した8月から3ヶ月の間にされたこと、子供とは血縁関係がないこと、自分には生命保険をかけていないことなど不審な点が次々と発覚。

 

スポンサーリンク

救助に参加した釣り人からも「自分が完全に救出されてから『まだ海に妻と娘がいる』と言ったのが気になった。自分が同じ立場なら『俺はいいから子供を助けてくれ!』と言うと思うので、不審に感じた」という証言が出ました。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件のその後② 家族の葬儀にも出ずに逃亡

 

出典:https://www.photo-ac.com/

 

警察は荒木からもう一度話を聞く必要があると判断し、接触を試みましたがそれを察したのか姿をくらまし、玉子さんと祐子さん、涼子さんの葬儀にも姿を見せませんでした。

 

さすがに家長なのだから葬儀には現れるだろうと思われたものの、来なかったことに対して警察はますます不信感を募らせ、マスコミも「疑惑の父親」として荒木を扱うようになっていきます。

 

しかし葬儀の翌日、事件から10日間も逃亡していた荒木がなぜか自分から別府署の交通課に乗り込んできたのです。

 

荒木が警察にやって来た理由は「交通事故証明書を出せ」という要求で、交通事故証明書がないと保険会社に保険金の請求ができないため焦って警察に警察に来たのでした。

 

「所長を出せ!」と暴れて警察官に「まだ、捜査中なので法律上出せないんですよ」と宥められた荒木は、「明日までに証明書をそろえとけよ!」と捨て台詞を残して去っていったといいます。

 

これを隠れて見ていた大分県警の捜査官らは「保険金殺人で間違いない」と捜査の舵を切りました。

 

 

別府3億円保険金殺人事件のその後③ 荒木虎美のTV出演と逮捕

 

出典:https://www.youtube.com/

 

その後の捜査で、事故前に荒木が事故現場付近で素潜りの練習を何度もしているのを見た、事件当日に荒木が嫌がる娘を無理に車を乗せたという証言も寄せられ、さらに玉子さんの遺体の鑑定結果から不審な点が浮かび上がります。

 

玉子さんの遺体には左膝に皮下出血があったといい、これは助手席にいたためにダッシュボードに打ち付けられたのではないかとのこと。さらに運転席にいたのなら胸部に強いショックを受けているはずなのに、その痕跡が見られないと報告されたのです。

 

外から見ただけでは助手席に座っていたのか、運転席にいたのかわからなかった玉子さんですが、鑑定の結果、助手席にいた可能性が高いことは判明。さらに事故を起こした日産サニーの中からは用途不明の金槌も見つかり、警察は荒木の逮捕状を要求し、逮捕に乗り出しました。

 

そんななか、渦中の人物である荒木は12月11日に東京へ向かっていました。当時の人気ワイドショー『3時にあなた』に生出演し、マスコミと世論を味方につけて警察の追及を逃れようと考えたのです。

 

後にさまざまな犯罪者が逮捕前にメディアを使い、自分の正当性や冤罪を訴えるようになりますが、荒木虎美と別府3億円保険金殺人事件はその先駆けだったともいえます。

 

しかし、荒木が潔白を繰り返し訴えるのに対し、ゲストとして出演していた推理小説家の戸川昌子氏や大谷羊太郎氏は落ち着いた反応でした。

 

「泳ぎながら『妻と子を助けてください』と叫んだら、陸にいた人たちが『警察に連絡だ!』と言っているのが聞こえた」と嘘を話すと、戸川氏が「泳ぎながら聞こえたんですか?」と尋ね、この質問に答えられなかった荒木が激怒。

 

そのまま放送中にスタジオから出て行ったところ、待機していた警察に逮捕されました。この時、逮捕されて連行されていく間も荒木はTV局から出てきた局員らに手を振るなどの奇行を見せ、無実を訴え続けていたとされます。

 

 

 

別府3億円保険金殺人事件の裁判と判決

 

出典:https://www.youtube.com/

 

荒木虎美を逮捕、起訴する前の段階で警察は3人の死は事故ではなく荒木による殺人だとする以下の新たな証拠を集めていました。

 

まず、事故車両である日産サニーの車体に設置されていた5つの水抜き孔のゴム栓がすべて抜かれていました。

 

これは車内に海水が入りやすくする目的での細工だと考えられ、事故を目撃した釣り人からも「転落から5秒程度で完全に車が水没した」という証言が出ていました。

 

次に運転席の前にあるルームミラーが固定式から着脱式のものに変わっていたとのことで、車外に脱出する際の障害物にならないように事前に荒木が交換したものと見られました。

 

スポンサーリンク

さらに捜査本部は別府湾と横浜港で事故時と同じ条件でサニーの中古車の転落事故を実験として行い、転落の衝撃で外側からフロントガラスが割れることがわかったといいます。

 

出典:https://twitter.com/

 

しかし、事故車両は内側からフロントガラスが叩き割られており、これは車内にあった金槌で壊したものだと判断されました。

 

こうして直接的な証拠はないものの、1975年1月2日に大分地検は荒木虎美を殺人罪で起訴。

 

荒木は罪状否認のまま同年3月17日に大分地方裁判所で初公判が行われました。

 

 

決定的な証言

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

裁判では事故の1ヶ月前に荒木が愛人とともに事故現場の下見に行っていたこと、刑務所仲間に保険金殺人を計画していると話していたことなども明らかになりましたが、荒木は反省どころか罪状認否で「人権侵害だ!」「ゲスの勘繰りだ!」と検察を睨みつけて騒ぎ立てたといいます。

 

その後も荒木は無罪を主張し、国選弁護団も検察側が提出した証拠を崩そうとかかり、裁判は膠着状態を見せました。

 

ところが第15回公判で、荒木の逮捕時には警察も把握できていなかった重要な証人が法廷に現れたのです。

 

その証人とは別府市に住む鮮魚店の店主で、店主は「事件のあった夜、現場付近の国道210号線で被告人が運転する日産サニーが信号待ちしているところを確かに見た」と証言。

 

店主は事故車と同じサニーに友人も乗っていて、声をかけようとして隣まで近づいたからよく覚えていると述べ、弁護側からの質問にも非の打ち所がない受け答えをしました。

 

すると荒木は席を立って店主に迫り、「お前が見たのは、この顔か!偽証罪で訴えてやる」と胸ぐらをつかんで怒号を浴びせたとされます。

 

続いて荒木の刑務所仲間が証言台に立ち、「事件前に荒木の家に行った時、保険金詐欺の計画を聞かされた」と証言。

 

これに対しても荒木は激怒して「裁判長、刑務所帰りの奴の言うことなんか聞く必要ありません」と、自分の前科を棚に上げて証人を罵りました。

 

 

第一審の判決

 

1980年3月28日、大分地裁は荒木虎美に死刑判決を言い渡しました。直接的な証拠がなく、起訴ができるかさえ危ぶまれた事件でしたが、大分地裁は「まれにみる残忍な犯行で、情状の余地はなく極刑が相当としか言えない」と言い切ったのです。

 

このような重い量刑に至った理由には、荒木の法廷での粗暴かつ傍若無人な態度もあったと考えられています。

 

 

別府3億円保険金殺人事件の現在① 荒木虎美の死因

 

出典:https://ja.wikipedia.org/

 

第一審の判決公判中に荒木は「口頭で控訴することを申し上げます」と断言して控訴しますが、1984年9月に福岡高裁が控訴棄却。

 

これを不服としてさらに最高裁に上告しましたが、その後、荒木は胃がんを患ってしまいます。

 

そして1987年10月、東京都八王子市にある医療刑務所に移送されて翌年の1月に手術を受けることになりました。

 

しかし、がんは膵臓や肝臓にも転移しており手遅れの状態であったといい、「それならせめて九州に戻りたい」という荒木の願いも聞き入れられず、1989年1月13日に荒木虎美は医療刑務所で亡くなりました。享年61歳。死因は癌性腹膜炎です。

 

荒木の死亡が確認された後、1月30日に「被告人死亡につき公訴棄却」としました。

 

 

別府3億円保険金殺人事件の現在② 生き残った子供

 

別府3億円保険金殺人事件で、荒木が計画した死のドライブに唯一ついていかなかった長男の友広さん。

 

友広さんは証人として荒木の裁判に出廷しており、他人と等しいほど関係が希薄な長男の姿を見て、「こんなに大きくなって、立派になって」と嘘泣きを始めた義理の父親を冷ややかな目で見ていました。

 

出廷した友広さんは裁判長に対して「家族を奪ったあの男を許せません。死刑にしてください」ときっぱりと言い、法廷から出ていく時も荒木に向かって「お前がやったんだろう!」と怒りをにじませて叫んだといいます。

 

友広さんのその後については、TVで別府3億円保険金殺人事件が特集された際などに「長男の方はご存命です」と触れられるにとどまり、ご本人がメディアの前に姿を見せることはありません。

 

 

別府3億円保険金殺人事件についてのまとめ

 

今回は1974年11月に発生した別府3億円保険金殺人事件について、犯人の荒木虎美の生い立ちや前科、逮捕までの流れ、判決後の死因などを中心に紹介しました。

 

荒木本人が最期まで罪を認めず、全貌が明らかにならないまま幕を閉じた別府3億円保険金殺人事件。それでも事故ではなく殺人だったのだろうと多くの人が思うのは、状況証拠や証言のほかに荒木の挙動が「この男ならやりかねない」という印象を与えるからでしょう。

 

亡くなった被害者3名のご冥福を祈るとともに、多感な時期に1人遺されてしまった友広さんが穏やかな暮らしを送っていることを願います。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

勝田清孝の事件と最期の言葉!生い立ち&息子と嫁など家族の現在・死刑判決・ドラマや映画も総まとめ

橋北中学校水難事件の原因は離岸流?場所と心霊や遺体の噂・映画化やアンビリバボーの特集まとめ

フライデー襲撃事件のメンバーや現在!ビートたけし愛人女性のその後・事件の原因や海外の反応も総まとめ

赤報隊事件の真相と犯人!なぜ朝日新聞を狙った?統一教会など真犯人説・誤報・その後現在までわかりやすく解説

寿産院事件の犯人/石川ミユキのその後!場所や跡地など現在もまとめ

練馬事件は共謀共同正犯の判例/犯人と被害者・判決などわかりやすく解説

ホテルニュージャパン火災の場所と原因!イギリス人と横井英樹社長のその後・生存者と犠牲者・プルデンシャルタワーとなった現在と心霊の噂まとめ

ピアノ騒音殺人事件の犯人/大濱松三の現在!被害者の奥村家や生存した夫・犯行動機・死刑執行されない理由まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗/少年A)の現在!生い立ち&父親と母親や弟など・結婚や嫁と子供の噂・今の本名や住所もまとめ

石井舞ちゃん行方不明事件の犯人は玉川和弥?真相の考察・その後や現在の状況もまとめ

佐野泰雅の現在!セブンイレブンおでんバイトテロ事件・両親や家族・大学を退学の噂や就職先・損害賠償も総まとめ

京王線事件の犯人ジョーカー服部恭太の現在!生い立ちや出身・親と家族・高校・元彼女を総まとめ

高島平団地の飛び降り自殺はなぜ?事件や事故・心霊・芸能人や現在もまとめ

ピアノ騒音殺人事件の犯人/大濱松三の現在!被害者の奥村家や生存した夫・犯行動機・死刑執行されない理由まとめ

光永マチ子の現在!夫のブログ・駆け落ちのデマ・真相の考察を紹介【大分県日出町主婦失踪事件】

イトマン事件と犯人/許永中や伊藤寿永光の現在!山口組や三井住友銀行・事件の流れをわかりやすく解説

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

切腹おねえさんは検索してはいけない言葉!動画・画像と掲載作品を紹介

弱者男性の末路は悲惨?特徴と定義・診断チェック・姫の芸能人/有名人31人も紹介

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す