川治ダムの現在!事件と事故や心霊・kota(バイク日本一周)や芦原妃名子の飛び降り自殺も総まとめ

栃木県日光市にある川治ダムは、以前からダムマニアの間では有名で人気のダムの1つでしたが、ここ数年で自殺の名所・心霊スポットと呼ばれるようになりました。

 

川治ダムの概要や場所、バイクで日本一周のkotaさんや漫画家の芦原妃名子さんの飛び降り自殺や事件・事故、自殺の名所になった原因、心霊スポットの噂と現在をまとめました。

川治ダムとは

出典:tochigiji.or.jp

 

川治ダムは栃木県日光市にある利根川水系鬼怒川の上流に作られたダムです。

 

 

川治ダムが作られた経緯

川治ダムは1968年に工事が始まり、1983年に完成しました。

 

川治ダムがある鬼怒川流域は1929年に五十里ダム事業から始まっていて、1956年には五十里ダムが完成し、1966年には川俣ダムが完成したことで、鬼怒川の治水・利水は飛躍的に改善しています。

 

しかし、鬼怒川流域の人口が増えて宅地化が進んだこと、さらに農地面積が拡大したこと、首都圏の人口増加で水需要が増加したことなどから、鬼怒川の治水のさらなる開発が求められるようになりました。用地取得などの問題があることからダムによる総合開発が計画され、1968年から計画が策定され、1973年に実地計画調査に入り、1983年に完成しました。

 

川治ダムの目的は、次の3つです。

 

・洪水調節
・不特定利水
・水がめ

 

特に、水がめとしてはたくさんの地域・用途として使われていて、川治ダムがある地元の日光市や栃木県の宇都宮市・真岡市、さらに千葉県成田市などの北総地域や京葉工業地域に上水道・工業用水・灌漑用水を供給しています。

 

昭和48年に施行された水源地域対策特別措置法の適用を受けた全国で第一号のダムです。

 

川治ダムを作ったことで「八汐湖」というダム湖ができました。このダム湖ができたことで、73世帯の住民が住居移転を余儀なくされていますが、水源地域対策特別措置法が適用されていますので、国庫補助による用地補償を受けました。

 

 

川治ダムの特徴

川治ダムは高さ140mのアーチ式コンクリートダムという特徴があります。

 

・堤高:140m
・堤長:320m

 

この高さ140mというのは全国でも第4位になります。

 

この川治ダムは水圧の大部分をダムの両側の岩盤が支えているので、コンクリート部分を薄くすることができています。

 

川治ダムは貯水能力が76,000千㎥と大きいため、たくさん溜めることができるというメリットはある者の、いったん貯水位が下がるとなかなか回復しないというデメリットがあります。

 

川治ダムの場所

出典:ktr.mlit.go.jp

 

川治ダムは栃木県日光市川治温泉川治にあります。東京から車で2時間半程度の場所です。

 

栃木県にある有名温泉地である鬼怒川温泉をさらに奥に進み、川治温泉に向かいます。川治温泉からはダムが見えるくらい近くにあり、ダム天端からは川治温泉を眺めることができます。

 

川治ダムはすぐ近くには、同じ鬼怒川上流ダム群の1つである五十里ダムや湯西川ダムもあります。

 

 

ダム湖である八汐湖とダムの境目(堤上)には県道23号線(川俣温泉川治線)が通っていて、堤上を車で通ることができ、アクセスしやすいダムです。

 

川治ダムは川治ダムのすぐ近くにあり、有名観光地の鬼怒川温泉にも近く、堤上を県道が通るなどアクセスが良いことから、観光地となっていて、多くの観光客が訪れる場所でもあります。

 

 

川治ダムの飛び降り自殺や事件・事故①:2016年に女性の遺体は見つかる

出典:twitter.com

 

川治ダムでは2016年7月1日に女性の遺体が発見された事件がありました。

 

7月1日午前9時40分ごろ、ダムの点検作業をしていた男性が、ダムの底に女性の遺体があるのを発見し、ダムの事務所に報告し警察に通報しました。

 

この女性の遺体は、年齢は不詳で身長は約150cm、中肉で髪型は長さ約40cmの黒髪、灰色のパーカー、青ジーパン、緑色のストラップシューズを着用していたとのことです。

 

この事件では詳しいことはわかっておらず、報道時は警察で死因を調べているとのことでした。

 

この事件の遺体はおそらく飛び降り自殺をして、そのままダムの底に遺体が沈んでいたものと思われます。そして、性別はわかるけれど年齢は不詳とのことですので、腐敗が進んでいたものと思われます。

 

点検作業がなかったら、この川治ダムの遺体は発見されなかったものと思われます。

 

 

川治ダムの飛び降り自殺や事件・事故②:kota(バイクで日本一周)が自殺

川治ダムでの飛び降り自殺や事件・事故の2つ目は、バイクで日本一周をしていたkotaさんの自殺です。

 

kotaさんは2022年10月2日に、川治ダムで飛び降り自殺をしました。

 

 

kotaは川治ダムで飛び降り自殺

出典:twitter.com

 

kotaさんは2022年4月下旬からバイクで日本一周をし、その様子をTwitterに投稿したり、YouTubeにアップしたりしていました。

 

kotaさんはもともとバイクが大好きで、高校卒業後はバイクを購入し、日本全国をツーリングし、2021年には47都道府県を走破していたんです。

 

そして、2022年4月に180日かけて日本一周2周目の旅を行うことを宣言し、日本一周の旅に出かけていました。そして、2022年10月2日に行きたいところに全て行き、47都道府県を周ったことをTwitterで報告して、日本一周の旅が終わったことを報告しています。

 

 

それから、一気に不穏なtweetになっていきました。

 

 

このツイートを最後に、SNSの投稿は途絶えました。

 

・10月2日18時20分
「僕の日本一周は終わりです。
期間中に僕と会ってくださった方、ありがとうございました、とても楽しかったです。」

 

・10月2日20時10分
「最後にご迷惑をおかけします、本当にごめんなさい。」

 

・10月2日20時42分
「ここで僕の旅は終わり。
もう苦しみたく無いし悩みたくも無い。
最後に日本一周出来て幸せだった、楽しかった。
さようなら。」

 

最後のツイートで、kotaさんが自殺をする可能性が高いということで、フォロワーの方たちによるkotaさんの居場所の特定が始まりました。そして、この画像から川治ダムにいることが判明したのです。

 

スポンサーリンク

 

出典:twitter.com

 

出典:google.com

 

このGoogleMapの画像と見比べると、確かに川治ダムであることは間違いなさそうです。

 

出典:twitter.com

 

そして、この画像の明るさを変えてみると、kotaさんと思われる男性が橋の欄干に乗っていて、今にも飛び降り自殺をしようとしているところで写真を撮ったと思われることがわかります。

 

 

その様子はライブ配信されていた

出典:twitter.com

 

kotaさんが飛び降り自殺をしようとしている場所は川治ダムであると特定したフォロワーの方がTwitterに「場所は川治ダム」と投稿したことから、ほかのフォロワーも事の成り行きを心配そうに見守っていました。

 

川治ダムにはライブ映像のカメラがあり、それを「国土交通省 関東地方整備局 鬼怒川ダム統合管理事務所」が配信しているので、ほかのフォロワーはそのライブ映像を見ていたのですが、突然ライブ映像が配信中止になりました。

 

出典:twitter.com

 

この時、おそらくkotaさんの遺体が発見されたのだと思います。kotaさんの遺体が川治ダムのライブ映像に移ってしまうと、kotaさんのプライバシーにかかわる問題ですし、倫理上好ましくないという判断があったのでしょう。

 

kotaさんは川治ダムで飛び降り自殺をして、その数時間後に遺体が発見されました。kotaさんはこの時まだ22歳でした。

 

kotaさんが自殺をした理由はADHDと診断されたためと思われます。日本一周2周目の旅に出ると決めた約2週間前に、kotaさんは注意欠陥多動性障害と診断されていました。そして、その診断書の画像が最後のツイートに添付されていたんです。

 

ご本人にとってはこのADHDと診断されたことが本当に辛くて苦しかったものと思われます。

 

 

kotaさんは川治ダムなら死ねると言っていた

kotaさんは自殺すると決めて、バイクで日本一周2周目の旅に出ることを決めたと思われます。この時すでに「自殺は川治ダムで」と決めていたかは不明ですが、kotaさんは自殺するなら川治ダムという趣旨の発言をしていたようです。

 

 

「以前から、川治ダムは投身したらイッパツで死ねると本人が言っていたのでこの場所を選んだのかもしれません。」

 

では、なぜ川治ダムで自殺できると知っていたのでしょうか?実はkotaさんは自殺する2年前にツーリングで川治ダムに行っていました。

 

 

この時に自分の目で川治ダムを見て、「ここならイッパツで死ねる」と思ったのかもしれませんね・・・。

 

 

川治ダムの飛び降り自殺や事件・事故③:芦原妃名子が自殺

 

川治ダムの飛び降り自殺や事件・事故の3つ目は、漫画家の芦原妃名子さんの自殺です。

 

スポンサーリンク

芦原妃名子さんは日本テレビのドラマ「セクシー田中さん」のドラマ化で脚本のトラブルをブログやSNSで訴えた後、川治ダムで自殺しました。

 

 

芦原妃名子は有名漫画家

出典:sponichi.co.jp

芦原妃名子

本名:松本律子
生年月日:1974年1月25日
没年月日:2024年1月29日
出身:兵庫県
血液型:O型
活動:漫画家

 

芦原妃名子さんは兵庫県出身・東京在住の漫画家です。1994年に「その話おことわりします」でデビューし、2005年に「砂時計」が小学館漫画賞少女向け部門を受賞し、2007年にテレビドラマ化、2008年に映画化されました。

 

また、2023年10月には「セクシー田中さん」が日本テレビでドラマ化されています。

芦原妃名子さんの主な作品には次のようなものがあります。

 

・天使のキス
・天然ビターチョコレート
・砂時計
・月と湖
・Piece
・Bread & Butter
・セクシー田中さん

 

芦原妃名子さんは「セクシー田中さん」のドラマ化にあたり、脚本トラブルがあったことを2024年1月に公表し、その後すぐに川治ダムで自殺をしています。亡くなった時、芦原妃名子さんは50歳でした。

 

 

芦原妃名子は「セクシー田中さん」でトラブルを訴えた

出典:jisin.jp

 

芦原妃名子さんは「セクシー田中さん」を姉系プチコミックで2017年から連載していました。そして、2023年10月に日本テレビでドラマ化することになったのです。

 

ドラマの「セクシー田中さん」は生きづらい人に寄り添った優しい作品として好評のうちに最終回を迎えたのですが、最終回から約1ヶ月後の2024年1月26日に芦原妃名子さんはブログとXに「ドラマ化にあたっての経緯の説明とお詫び」というコメントを掲載しました。

 

そのコメントの中には、芦原妃名子さんは原作者として漫画に忠実にすること、そうでない場合は原作者が加筆修正すること、漫画が未完のためドラマ終盤は原作者があらすじやセリフを用意することなどを日本テレビ側と約束したのに、それが守られなかったという事実が書かれていました。

 

最終回後に芦原さんがこのようなコメントを出したのは、脚本家の相沢友子さんが原作者の芦原さんに対して攻撃的なコメントをインスタグラムに載せたことが関係していると思われます。

この芦原妃名子さんのコメントはXで一気に拡散され、脚本家が大炎上し、マスコミもこぞって取り上げる事態となりました。

 

 

川治ダムで自殺・・・

出典:youtube.com

 

芦原妃名子さんがXやブログで「セクシー田中さん」の脚本トラブルを訴えたのが2024年1月26日。

 

その後、すぐにXで芦原さんのコメントが拡散されて炎上し、脚本家の相沢友子さんのインスタグラムはカギがかけられて非公開になりました。

 

1月28日には芦原妃名子さんは脚本トラブルのコメントを書いたXとブログ記事を削除して、「攻撃したかったわけじゃなくて。ごめんなさい。」とポストし、その後行方不明になりました。

 

 

このポストの3時間後である1月28日の16時ごろには芦原妃名子さんの職場関係者と知人が大崎署に行方不明届を出しています。

 

その後、「栃木県に向かった」という情報があり、栃木県警と連携して捜索したところ、翌29日に川治ダムで死亡しているのが発見されました。事件性がなく、自宅に遺書が残されていたことから、自殺と見られています。

 

行方不明届を受理した警視庁は、芦原さんが栃木県に向かったとの情報を得て栃木県警と連携して捜索。翌29日、栃木県日光市の川治ダムで死亡しているのを見つけた。近くから身分証が発見され、親族が本人のものだと確認した。

 

引用:「セクシー田中さん」漫画家・芦原妃名子さん周囲に「ドラマ化を今からでもやめたい」 遺書に失踪理由― スポニチ Sponichi Annex 芸能

 

「セクシー田中さん」の原作者が自殺という最悪の結末によって、映像化をする際の原作者の権利などが大きく脚光を浴びることになりました。

 

 

川治ダムは飛び降り自殺や事件・事故は多くなかった

ニュース検索すると3件しかない

スポンサーリンク

出典:ktr.mlit.go.jp

 

川治ダムは2022年にバイクで日本一周のkotaさんが、2024年に漫画家の芦原妃名子さんが相次いで自殺をしたことで、「自殺の名所」「飛び降り自殺者が多い場所」というイメージがあるかもしれません。

 

でも、実は川治ダムはそれほど自殺や事故・事件が多い場所ではありませんでした。

 

川治ダムが完成したのは1983年。今から約40年前のことです。それから40年で、ニュース検索をしてヒットする自殺・事件・事故は3件しかありません。

 

・2016年:女性の遺体
・2022年:バイクで日本一周のkotaさん
・2024年:漫画家の芦原妃名子さん

 

もしかしたら、インターネットが普及する前には自殺・事故・事件があったのかもしれませんが、それでも自殺の名所というわけではありませんし、全国各地の「自殺の名所」と比べると、自殺者は少ないです。

 

 

日光市の自殺の名所はほかにもある

出典:rocketnews24.com

 

川治ダムは自殺の名所というわけではありません。

 

川治ダムがある栃木県日光市にはほかに自殺の名所があるんです。

 

・六方沢橋
・華厳の滝

 

霧降高原道路にある六方沢橋は、谷底までの高さが100mあり、飛び降り自殺の名所と言われています。

 

2002年には栃木県に本社がある滝沢ハムの滝沢社長が六方沢橋で飛び降り自殺をしています。2011年度には1年で16人の自殺者が出たとも言われています。

 

華厳の滝も日本有数の自殺の名所です。1903年に藤村操が華厳の滝で自殺をしました。その後4年間で華厳の滝での自殺者は185名にも上ったとされています。

 

栃木県日光市にはこの2つの自殺の名所があるので、自殺志願者はあえて川治ダムを選ばない。だから、川治ダムは自殺の名所というわけではなかったのでしょう。

 

 

川治ダムが飛び降り自殺の名所になった原因

川治ダムは2016年から2024年1月までに少なくとも3件の自殺者が出ました。それまでは自殺の名所というわけではなかったのに、なぜここ数年で一気に自殺の名所と言われるようになったのでしょうか。

 

川治ダムが飛び降り自殺の名所になった原因を紐解いていきましょう。

 

 

自殺防止柵がない

川治ダムには2024年1月時点で、自殺防止柵がありません。飛び降り自殺者が相次ぐような自殺の名所には「自殺防止柵」や「転落防止柵」と呼ばれる高い柵やネットがつけられています。

 

同じ日光市にある六方沢橋は自殺の名所ですが、2012年に転落防止柵がつけられました。

 

出典:fifabakutyouou.cocolog-nifty.com

 

頑張ればこの柵を乗り越えられないことはありませんが、この柵を乗り越えてまで自殺をしようという意気込み・努力ができるタイプの人は、わざわざ飛び降り自殺をしないように思います。

 

出典:go-isesaki.com

 

それに対し、川治ダムは2024年1月時点ではまだ自殺防止柵は取りつけられていません。取り付ける計画があるというニュースもありません。

 

スポンサーリンク

川治ダムの堤上を走る県道23号線の柵は「ちょっとまたげば乗り越えられる」くらいの高さです。kotaさんもこの橋の欄干に立っている写真をTwitterに投稿していました。

 

六方沢橋はよじ登っても簡単には乗り越えられない柵がついているのに対し、川治ダムは簡単に跨げる柵しかないため、自殺志願者が集まるようになった可能性があります。

 

 

kotaの自殺で有名になった

出典:twitter.com

 

以前は川治ダムはダムマニアの間では人気でしたが、それ以外は川治温泉に来た人が観光するくらいで、そこまで知名度は高くありませんでした。

 

しかし、2022年10月にバイクで日本一周のkotaさんが川治ダムで自殺したことで、一気に「自殺の名所」というイメージが強くなったんです。

 

しかも、kotaさんの友達が「イッパツで死ねると言っていた」とツイートし、実際にkotaさんは川治ダムから飛び降り自殺をして亡くなりました。

 

「以前から、川治ダムは投身したらイッパツで死ねると本人が言っていたのでこの場所を選んだのかもしれません。」

 

だから、川治ダムなら確実に自殺をすることができるというイメージがついた可能性はあります。

 

 

吸い込まれそうな形をしている

出典:jalan.net

 

川治ダムは高さ140mあるため、六方沢橋よりも高いです。しかも、自殺防止柵がありません。さらに、kotaさんの自殺で「自殺の名所」というイメージがつくようになりました。

 

そして、実際に川治ダムに行ってみると、アーチ状になっていることもあり、川治ダムは吸い込まれそうになる雰囲気があるんです。

 

 

 

本当に死のうと決意した人でなく、ちょっと気分が落ち込んだ時、なんとなく死にたいなと思った人が川治ダムに行ったら、その魔力に吸い込まれて、思わず柵を乗り越えてしまうかもしれません。

 

 

川治ダムは心霊現象がある?

出典:twitter.com

 

川治ダムは現在のところは自殺の名所というほどではありませんので、心霊現象が良く観測されたり、有名心霊スポットというわけではありません。それでも、夜になると女性のずぶ濡れの霊が出ると言われています。

 

また、川治ダムは先ほど紹介したように、思わず吸い込まれそうになるような魔力を持っています。この吸い込まれそうな魔力はアーチ式コンクリートダムという形状になっているという理由もありますが、今までの自殺者の怨念が自殺志願者をダムの底に引きずり込んでいるのかもしれません。

 

本当に、川治ダムは吸い込まれそうな恐怖感があるダムで、今まで自殺の名所ではなかったことが不思議なほどです。この吸い込まれそうになる魔力こそが川治ダムの心霊現象なのかもしれませんね。

 

 

川治ダムの現在

出典:ktr.mlit.go.jp

 

川治ダムは現在、自殺の名所として有名になっています。

 

2022年10月にバイクで日本一周のkotaさんが自殺をして、さらに2024年1月には漫画家の芦原妃名子さんが自殺をしました。約1年数ヶ月で2人の有名人が自殺をしたのですから、自殺の名所になってもおかしくはありません。

 

特に、芦原妃名子さんはセクシー田中さんの脚本家トラブルの直後で注目を集めている時に、川治ダムで自殺をしました。今まで川治ダムを知らなかった人は、川治ダム=自殺の名所として認識することになったと思います。

 

また、不気味なのは芦原さんがなぜ川治ダムを自殺の場所として選んだのか不明なことです。
kotaさんは一度行ったことがあったし、「イッパツで死ねる」と言っていました。

 

でも、芦原さんはなぜ川治ダムなのか?東京在住でしたので車で片道2時間半かかる距離ですし、兵庫県在住なので、縁がある場所でもありません。報道されていないだけで何か川治ダムと縁があったのかもしれませんが、川治ダムの魔力に惹きつけられた可能性もあります。

 

kotaさんと芦原妃名子さんの自殺で川治ダムは自殺志願者が集まってくることはほぼ間違いありません。

 

また、川治ダムは現在すでに警備員や監視、見回りなどを強化している可能性はあります。

 

 

川治ダムのまとめ

川治ダムの概要や場所、kota(バイクで日本一周)や芦原妃名子さんの飛び降り自殺や事件・事故、自殺の名所となった原因や心霊現象と現在をまとめました。

 

川治ダムは今後、自殺者が増加する可能性はかなり高いです。自殺防止のための対策が急務かもしれませんね。

記事に関連するキーワード

キーワードからまとめを探す

関連する記事①

今見ているまとめと同じカテゴリーの記事

兼重宏行の現在!朝鮮総連や韓国のデマ・嫁と息子・経歴や年収や自宅を総まとめ【ビッグモーター元社長】

東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗/少年A)の現在!生い立ち&父親と母親や弟など・結婚や嫁と子供の噂・今の本名や住所もまとめ

田辺信子さん失踪事件と現在!行方不明の概要・真相の考察もまとめ

土谷正実の最後の言葉!実家の両親・獄中結婚した嫁・経歴と天才の声・オウム真理教事件での死刑執行まとめ

土師淳くん(少年A/酒鬼薔薇聖斗事件の被害者)の父親/母親など家族の現在!死因や頭部切断の経緯・その後まとめ【神戸連続児童殺傷事件】

豊川信用金庫事件の犯人/女子高生のその後現在は?詳細などわかりやすく解説

藤村操はなぜ自殺?遺書の巌頭之感の内容・現場の華厳滝のその後もまとめ

第一ホテル殺人事件の真相!犯人と被害者の女性医師・事件場所や心霊現象を総まとめ

関連する記事②

今見ているまとめに近い記事

ルナシー事件(告白)は実話?タリウム少女「母親毒殺未遂事件」との類似点もまとめ

藤牧義夫の現在!失踪事件の真相・家族情報・隅田川絵巻など作品と経歴をまとめ

渡部大地の生い立ち&姉と祖母や家族!わたなべ麻衣の弟の噂・広島バラバラ死体遺棄事件と動機も総まとめ

茂原市重機オペレーター殺害事件の犯人と現在!事件の詳細や被害者・裁判の判決とその後まとめ

平尾龍磨の現在!生い立ちや結婚・松山刑務所脱走事件の判決や出所・イケメンやいい人説まとめ

たつの市小4女児殺人未遂事件の犯人と真相は?詳細やその後も総まとめ

性の喜びおじさんの死因&犯人の現在!本名と正体・名言・家族や結婚・千鳥との対談・死去した事件とその後まとめ

世田谷腹ばいスケボー事故の加害者のその後!被害者の藤原拓海くんの親や家族・事故の原因や不起訴処分も総まとめ

記事へのコメント

気軽に意見を書いてね

前後の記事

興味があればチェックしてね

京アニ放火事件の生存者は体切断?犯人/青葉真司の動機や現在・犠牲者・死刑判決とその後まとめ

堀慶末の現在!生い立ちと兄弟や家族・結婚と子供・事件と死刑判決・その後まとめ

カテゴリー一覧

カテゴリーからまとめを探す